歌声解説 歌声解説 男性シンガー

B’z 稲葉浩志の歌い方・歌唱力 閉鎖の強い超高音ミックスボイス【歌声解説】

投稿日:2017年10月24日 更新日:




今回は日本で一番有名なロックバンド。少なくともCD総売り上げ枚数は1位のバンド「B'z」のボーカル稲葉浩志さんについて書いていこうと思います。

(ん?まだ売上枚数AKB48に抜かれてないですよね? AKBグループのCD枚数はすごいですからね。)

話が逸れました。

 

稲葉さんの歌声は誰もが一度は聞いたことがあるはずです。

何と言っても高音がすごいですよね。

痺れるようなシャウトや連続ハイトーンボイスは圧巻です。

「真のB'zファンは高音だけを見ていない!!高音だけと思うな!」

という方もいらっしゃるでしょうが、まあ高音がすごいのは稲葉さんの圧倒的武器ですね。

 

今回はそんな稲葉浩志さんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声は低いとよく言われているが実際は。。

その歌声の高さから地声は低いと言われることが多い稲葉さんですが、実はそこまで低いというわけではないんです。もちろん高いわけではないですが。

話し声の音域は普通くらいと言えそうです。

声が低いと言われたり、低く感じる要因はやはり歌声との落差でしょう。

あの高さの歌声からすれば、低く感じるのも無理はないです。

 

声質は少し息っぽく話すのが特徴ですね。声帯を閉鎖させて話すというよりも、息を先行させて話しているような感じです。

ハスキーボイスではないのですが、それに近いようなニュアンスのある話し声です。

 

歌声は声帯閉鎖の強いハイトーンボイス

歌声は大きく分けて2種類です。

地声・ミックスボイスの2種類を使っています。ほとんどがミックスボイスで歌っています。

地声もミックスボイスと似た声質で歌うことがほとんどなので、声区の判別をするのはなかなか難しいです。

 

ファルセットはほとんど使わないですね。古い楽曲で稀に聞ける楽曲もありますがほとんど使わないです。

シャウト系の発声がミックスボイスとファルセットの間のような発声として使っていますね。

 

歌声全体の割合としてはミックスボイスの割合が大半を占めています。

 

低中音域は地声寄りのミックスボイスがほとんどです。ほとんどがミックスボイス的な発声です。

話し声のような地声を使うことはあまりないですね。

低中音域、特に低音域では太めの声質を作ってミックスボイスで歌っています。低めの音域なので太くなるのは当然なのですが、ミックスボイスのまま低音域に降りてくるのも結構難しい技なのです。

 

話し声もそうなのですが、もともと持っている声帯は少し閉鎖しにくい声帯を持っていて、それを閉鎖させることでミックスボイスを作り上げています。

低音域は少しだけ閉鎖が弱いニュアンスが出ています。そのミックスボイスを喉の空間をしっかりと作って太い性質にしています。

 

中高音域は稲葉さんの代名詞とも言える閉鎖系のミックスボイスです。

大抵の曲はこの声を使っていますし、この声がなければ稲葉さんではないと言えるほどのミックスボイスですね。

 

声帯を閉鎖させるミックスボイスでかなり強い声帯閉鎖が特徴です。閉鎖が強すぎる声は金属感が出てしまうものですが、稲葉さんはそこに息の圧力をかけてしっかりと息も流れるようにしています。

この息の圧力がすごいのは当然ですが、何よりもやはりその息の圧力に耐えられるほどの声帯閉鎖の維持とコントロール能力の高さですね。

 

つまり稲葉さんのように歌うには、肺活量で持っていくというよりもそれに耐えうる声帯閉鎖のコントロール能力

を身につける必要があるということです。

 

ちなみに、このミックスボイス。シャウト系や強い高音発声の時に稲葉さんの喉の中でカラカラ・ガラガラと何か鳴っているようなニュアンスを出す時があります。うなりのようなニュアンスのロングトーンとかでよく見られるものです。恒常的に喉を鳴らすようにして出す高音ミックスボイスです。

このミックスボイスのカラカラは声帯閉鎖が息の圧力に少し押し負けて鳴っているものですが、これを鳴らし続ける声帯閉鎖と喉の維持力は稲葉さんにしかできないと思えるほどです。

 

稲葉さんの発声は声帯閉鎖はもちろんですが、喉の閉鎖もある程度必要になってくると思われます。

本来は喉は締めずに声帯のみを締めるのが理想形ですが、稲葉さんほどの閉鎖と息の圧力をかける発声は少なからず喉やその周りの空間自体も少し締める必要があると思います。

声帯だけで支えるには限界があるほどのロックな発声ですからね。

 

その証拠に稲葉さんは少し下あごに力を入れたような発声の仕方をしています。喉の空間自体も少し狭いような感じですね。力を入れると言ってもガチガチに入れているわけでなはく、動かせる程度のバランス感で力が入っているように感じます。

下あごに力を入れると喉周りが少し硬直するため声帯閉鎖を支えやすいです。(高音発声が苦手な人が苦しそうになるときも下あごに力が入りやすいです。)が、声帯のコントロールができた上で力を入れるのと声帯のコントロールが出来ない状態で力を入れるのでは全然違うということですね。

稲葉さんも苦しくてやってるわけではないはず。(苦しかったらあんなに歌えないです。)

そうすることで最適化させている、つまりベストの形なのでしょうね。

 

実際の歌で確認

OCEANで地声とミックスボイスの違いを確認

 

地声:黒字

ミックスボイス:赤字

 

フレーズ序盤

はてないおもーいを〜きみにささげよう〜にぎりしめた〜

 

このように地声とミックスボイスでは若干の声質に変化が生まれます。

 

衝動でシャウト系のミックスボイスを確認

 

黒字:ミックスボイス

赤字:シャウト系のミックスボイス
 

フレーズ中盤

うまれてたんでしょう〜ねぇ〜

 

このようにミックスボイスからさらに息の圧力をかけて、声帯がカラカラとなるような倍音のあるシャウト系の高音発声があります。

これは稲葉さん特有の発声でなかなか真似できるものではないですね。

 

どういう歌い方か

ハイトーンロックボーカリストのお手本

あまりビブラートは使わないタイプの歌い方ですね。

ただ、バラードだったりすると結構かかったりするんですよね、これが。使い分けがすごいですね。少し深めにかけたりもします。

 

基本的にはロックな楽曲が多いので、ロックな歌い方でまっすぐに歌っています。

声質は個性的ですが、結構正統派な音程やリズムのとり方をしています。

肝心なのは声質ですね。

どういう練習をすれば稲葉浩志さんのように歌えるか?

稲葉浩志さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん多くの訓練や練習が必要になってきます。

しかし、要点絞ることで近づく近道になります。

 

稲葉浩志さんのように歌うポイントは

  • 閉鎖の強い超高音ミックスボイスを身につける

これが一番重要ですね。

まずはここを練習することが重要です。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

 

「ネイ」や「ヤイ」でトレーニングで閉鎖の強いミックスボイスを身につける

その言葉通りなのですが、「ネイ」や「ヤイ」でトレーニングしましょう。

「ネイ」のまま裏返らないように高い音程へと登っていきます。

裏返ってはいけません。強い発声を身につけるためには少々苦しいですが、高い音程もファルセットにならないように訓練しましょう。少しづつ楽になってくるはずです。

「ヤイ」も同様です。

このトレーニングで喉の締めていいところだけを締める能力を鍛えます。

またすぐに声が裏返らないようなトレーニングにもなります。

普通推奨されるのどに力を入れるな ということとは別の方向性ですので無理せずに少しずつ練習してみてください。

 

この練習をかなりの高音域までできるようになると、稲葉さんのような高音域がパワフルに出せるようになってきます。

強いミックスボイスを手に入れるボイストレーニング〜「ネイ」「ヤイ」トレーニング〜

今回は強いミックスボイス・声帯閉鎖系の高音を手に入れるトレーニング「ネイ」・「ヤイ」トレーニングについて書いていきたいと思います。   特に鳴りの強い声や閉鎖系の声を鍛えるのにいいトレーニン ...

エッジボイスでさらに閉鎖感を鍛える

エッジボイスでさらに声帯閉鎖を完璧にコントロールできるようにしましょう。

声帯を無理なく閉鎖させることが肝心なのです。

そのための練習としてエッジボイスは最適なのでしっかりと練習しましょう。

 

エッジボイスについて詳しくはこちら

【エッジボイス】で声帯閉鎖を鍛えてミックスボイスをコントロール

今回は「エッジボイス」について書いていきたいと思います。 エッジボイスというのは聴き慣れない方もいると思いますが、声の出し方の名称であり、ボイストレーニングにもなります。 エッジボイスはこんな方におす ...

 

下あごに力を入れる

これもあまりおすすめされることではないのですが、稲葉さん的な発声には欠かせないですね。稲葉さんの発声を聞いていると下あごや舌に結構力が入っていることがわかります。

力が入っていると言ってもガチガチに固めているわけでなく、少し力を入れる意識です。ガチガチだと発音できませんから。バランスが非常に難しいところです。

 

下あごにやや力を入れることで、強い声帯閉鎖を支えやすいです。舌根はやや固まり気味になるかもしれませんが、強い息の圧力にも耐えられる閉鎖を声帯と喉周りで力を合わせて作るのですね。

 

これを声帯のみを閉鎖させる能力がない人がやってもうまくいかないでしょう。

喉が締まり過ぎると思われます。

あくまで発声の手助けとしてくらいの感覚が重要です。

 

高音域の練習は喉を締めろ!?|脱力からのアプローチが全てではない

今回は「喉を締めてはいけない」という教えについて書いていきたいと思います。 よく「喉を締めてはいけない」だったり「喉に力を入れてはいけない」だったりする教えがありますよね。   それはそうな ...

 

シャウト系の発声について

シャウト系の発声は練習してい人はしても良いでしょうが、やはり少し喉に無理が生じますね。

特に稲葉さんは息の圧力での押し出しが非常にすごいです。ファルセット的なニュアンスも入れているのでしょう。ファルセットとミックスボイスの中間のような音色で息の圧力をかけてシャウトします。

 

シャウト系の発声について詳しくはこちら

シャウト系の発声の仕方について

今回はシャウト系の発声について書いていきたいと思います。 シャウト系の発声は歌の中で強烈なインパクトを与えるものですよね。 まぁ気持ちとテンションでシャウト系の発声はできるのですが、コントロールできる ...

 

まとめ

稲葉浩志さんのように歌うには

  • 閉鎖の強い高音ミックスボイスを身につける

が重要です。まずはここをしっかりと練習して他の練習をしていきましょう。






-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.