歌声解説 男性シンガー

B’z 稲葉浩志の声や歌い方についての分析

投稿日:2017年10月24日 更新日:

今回はB'zのボーカル、稲葉浩志さんの歌声・歌い方についての分析です。

話し声の特徴

話し声の音域はやや低め〜普通くらいの音域

長く活躍されているので年代によっての変化もありますが、相対的にやや低め〜普通くらいの声帯を持っていると思われます。歌声の印象とは随分違いますね。

 

声質は声帯の鳴りがしっかりとある声質。ジリジリ・ビリビリとした成分(倍音)がしっかりとある鳴りやすいタイプの声帯を持っていると考えられます。

時を重ねるにつれて、若干ハスキーっぽくザラついた成分が多くなっているようにも思います(*男性は歳を取ると声がどんどんかすれていく傾向にあるので、誰にとっても自然なことです)。

ご本人も「声質が変わった」と発言されていますね↓

持っている声帯

やや低め〜普通の音域・鳴りやすい声質

歌声の特徴【発声方法】

チェストボイス(地声)

低中音域は地声(チェストボイス)。

基本的には声帯をしっかりと鳴らしつつもバランスのいい発声中心です。軽やかでくっきりとした芯のあるかっこいい歌声です。

また、基本的には「鳴り」中心ですが、優しい低音域はやや息っぽい音色発声することもありますね。

0:24〜↓

高音域帯との表現の幅が広い。

 

ミドルレンジ(地声)

地声の中高音発声はかなり強い鳴りが特徴。

強い息の圧力をかけて強い鳴りを生み出すハードロックボイス。やや喉が締まるようなニュアンスもありますが、パワーのある高音を生み出すために声帯を上手く締めている、つまり余計な力なく声帯を柔軟コントロールしているという方が正確でしょう。

稲葉さんの発声方法はやはりある程度の喉全体の閉鎖感(締め)が必要になってくると思われます。

ハードロックはやはり「鋭く強い高音発声(ハイトーンボイス)」が必要になってくるので、少なからず喉やその周りの空間自体も少し締める必要があるのですね。

 

ただそうするとその分だけ音色の響きが狭くなるのですが、それは口の中にしっかりと空間を作ることでそれを回避しているように感じます。具体的には「下あご」の使い方で上手く音色のふくよかさを保つようにしているのだろうと。

 

また、シャウトなどの発声や強い高音発声の時に喉の中でカラカラ・ガラガラと鳴っているうなりのニュアンスを出すときがありますね。

0:45〜、1:07〜↓

0:14〜↓

このカラカラ・ガラガラはほんのりと『仮声帯』が鳴っているものでしょう。こういう「がなり・うなり」の発声を高音域帯で使いこなすのも稲葉さんの特徴の一つですね。

 

普通の強い高音発声からシャウトのような発声まで使いこなしていますが、息のコントール・肺活量で持っていくというのもありますが、それに耐えうる声帯のコントロール能力があるということが大きいでしょう(もちろん肺活量はものすごく、「パワーブリーズ」という肺活量グッズをありえないスピードで使用している映像がありますね。呼吸、主に吸う力に負荷を与えるグッズなのですが、普通の人ではなかなかできないレベルの鍛え方。あれはいい意味でドン引きです。笑 この息のコントロール能力も稲葉さんの歌声の根源であることは間違い無いでしょう。)

 

ファルセット(裏声)

高音域は稀にファルセットを使っています。

基本的にはほとんど聴くことはできないのですが、実はすごく綺麗なファルセットを持っているという。

歌い方

共鳴や音色

歌声の共鳴は低音域帯は咽頭共鳴(下方向への響き)をしっかりと保って太い音色作りをしています。

高音域も咽頭共鳴を保つことはありますが、基本的には鼻腔や口腔といった上方向に強く響かせています。高音域は全体の閉鎖的な音色作りで浅めの音色を作ることも多いですね。キーポイントはやはり「下あご」でしょう。ハイトーンボイスで浅めな音色なのにかっこよさを感じるのは「下あご」の使い方が鍵になるかと。

ただし、これは骨格の作り・喉の作りなども問題もあるので誰にとっても同じようになるとは限らないでしょう。

 

ビブラート

あまりビブラートは使わないタイプの歌い方です。基本的にはまっすぐにロックに歌うという感じです。ただ、バラードだったりすると結構かけたりするので上手く使い分けていますね。

 

フレージング・歌い回し

  • 直線的なロックスタイル
  • 語尾のヒーカップ

フレージングは直線的でまっすぐなロックスタイルが基本系でしょう。曲線的で音の”流れ”を作るタイプというよりも、直線的にアタック(出だし)の鋭さのある直線型という感じかと。

 

特徴的なのは、ヒーカップを言葉の語尾などで多用することが多いです。強い高音発声のフレーズ語尾で音を跳ね上げながら切ることが多いです。

0:10〜「もうここにはいなーい(キュッ⤴︎)」↓

この「キュッ⤴︎」という跳ね上げが”ヒーカップ”です。これをかなり使っているのも稲葉さんの特徴ですね。

もっと言うとほんのりと「フォール(音程をゆったりと下げる)」させてからヒーカップを使うことがかなり多くこれをコピーすると稲葉さんっぽさがかなり出るはず。

どういう練習をすれば稲葉浩志さんのように歌えるか

稲葉浩志さんのように歌うポイントは

ポイント

強い鳴りの高音発声を身につける

これが重要でしょう。

強い鳴りの高音発声を身につける

B’zの楽曲を歌うにはとにかく強い鳴りの高音発声を身につけるということが最優先になるかと。

 

強い鳴りの高音を鍛える

強い鳴りの高音域を身につけるには

で練習するのがオススメです。

 

強い発声を身につけるためには少々苦しいですが、高い音程もファルセットにならないように訓練して行くことで少しづつ楽になってくるはずです。

このトレーニングで脱力を促しながら喉の締めていいところだけを締める能力を鍛えます。声帯のコントロールを圧倒的に高めつつ、声帯周りもある程度固めるような発声が必要になってくるでしょう。

 

また、時にシャウト系の発声も必要になってくるでしょうが、無理をせずに少しづつ練習することが大事でしょう。『地声の音域を広げる』のは筋トレのようにコツコツと一歩づつ進むのがおすすめです。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.