【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌声解説 男性シンガー

B’z 稲葉浩志の声や歌い方についての分析

更新日:

B'zと言えば日本が誇るロックバンド(ユニット)ですよね。日本人で知らない人はいないくらいの人気があります。

何と言ってもその楽曲・その演奏、そして稲葉浩志さんの歌声は圧巻ですね。多くの人を魅了していますし、多くの人が憧れているような存在ですね。

今回はそんなB'zのボーカル、稲葉浩志さんの歌声について書いていきたいと思います。

稲葉浩志さんの声の特徴【持っている声帯】

まずは稲葉さんの話し声から持っている声帯を大枠で捉えましょう。

持っている声帯を分析することも発声方法を紐解くのに大切なことだと思います。

地声・話し声の音域は低めの音域で、鳴り系の声質

音域

地声・話し声の音域は低めの音域ですね。低めの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は声帯の鳴りがしっかりとある声質ですね。息よりも声帯の鳴りが先行する鳴り主体の声質です。

ハスキーと言うほどではないでしょうが、若干のザラついた倍音も声の中に含まれていますね。また、ライブのMCなどでは声帯を使わないように息っぽく話すこともあります。

 

共鳴

話し声の共鳴は咽頭共鳴(下方向への響き)寄りの響きで話しています。

 

持っている声帯

低めの音域・鳴り系の声質・下方向寄りの響き

稲葉浩志さんの歌声の分析【発声方法】

最大の特徴は

  • 鳴りの強い高音域を自在にコントロールする発声

だと思います。

歌声は声帯閉鎖の強いハイトーンボイスが特徴

歌声は3種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)
  • ファルセット(ヘッド)

地声やミックスボイス系の発声を中心としたロックスタイルな発声中心。また、ファルセットは音楽のスタイル上ほとんど使わないです。古い楽曲で稀に聞ける楽曲もありますがほとんど聴ける機会はないですね。ただ実は綺麗なファルセットを持っていますね(これが稲葉さんの歌声の秘密だと思っています)。

 

地声

低中音域は地声と地声寄りのミックスボイス系の発声を使い分けています。

低中音域は地声とミックスボイスの絶妙な音域帯を歌うことが多いので、話し声で使っているような地声を使うことはほとんどないですね。

高い地声、もしくは低いミックスボイスという使い分けで絶妙に歌っています。

地声域の特徴は声帯の鳴りが弱くやや息っぽいニュアンスになることです。とは言えそこまで息系の発声にすることはなく、声帯もバランスよく鳴らすのでわかりにくいのですね。

地声寄りのミックスボイスは低い音程まで降りてくるのですが、鳴りをしっかりと保っている(一定の声帯閉鎖を保っている)ような発声ですね。ミックスボイスのまま低音域に降りてくるのも結構難しい技なのです。

地声域とミックスボイスの低音域の重なる割合がすごいので滑らかな声区移行を可能にしていますね。

地声

低音域は地声域中心です↓

これはミックスボイスを低音域まで下ろしているような感じです↓

 

ミックスボイス

中高音域は稲葉さんの代名詞とも言える鳴りの強いの強いミックスボイスです。

大抵の曲はこの声を使っていますし、この声がなければ稲葉さんではないと言えるほどのミックスボイスですね。

かなり強い声帯閉鎖(収縮・緊張)が特徴です。閉鎖が強すぎる声は金属感が出てしまうものですが、稲葉さんはそこに息の圧力をかけて綺麗に鳴りへと変換しています。

この息の圧力もすごいのですが、それ以上にやはりその息の圧力に耐えられるほどの声帯コントロール能力の高さですね。喉が締まっているのではなく、声帯を上手く締めている。つまり余計な力なく、声帯を柔軟コントロールして締めています。

なので、息の量や肺活量で持っていくというよりもそれに耐えうる声帯のコントロール能力を身につける必要があるということです。(もちろん肺活量はものすごく、「パワーブリーズ」という肺活量グッズをありえないスピードで使用しています。呼吸に負荷を与えるグッズなのですが、普通の人ではなかなかできないレベルで使用しています。)

ミックスボイス

ちなみに、このミックスボイス。

シャウト系や強い高音発声の時に稲葉さんの喉の中でカラカラ・ガラガラと何か鳴っているようなニュアンスを出す時があります。

うなりのようなニュアンスです。

恒常的に喉を鳴らすようにして出す高音ミックスボイスです。

このミックスボイスのカラカラは声帯閉鎖が息の圧力に少し押し負けて(つまり割れている)、『仮声帯』が鳴っているものですが、これをロングトーンで鳴らし続けるなど声帯閉鎖と喉の維持力は凄まじいです。

がなり・唸りミックスボイス

特殊な鳴りで、「ゴロゴロ」「ガラガラ」と鳴っている部分が仮声帯も使っている。

稲葉さんの発声は声帯の緊張や収縮(声帯閉鎖)はもちろんですが、喉全体の閉鎖もある程度必要になってくると思われます。

本来は喉は締めずに声帯のみを締めるのが理想形ですが、稲葉さんほどの閉鎖と息の圧力をかける発声は少なからず喉やその周りの空間自体も少し締める必要があると思います。声帯だけで支えるには限界があるほどのロックな発声ですからね。

その証拠に稲葉さんは少し下あごに力を入れたような発声の仕方をしています。喉の空間自体も少し狭いような感じですね。力を入れると言ってもガチガチに入れているわけでなはく、動かせる程度のバランス感で力が入っているように感じます。

下あごに力を入れると喉周りが少し硬直するため声帯閉鎖を支えやすいです(高音発声が苦手な人が苦しそうになるときも下あごに力が入りやすいです)。しかし、声帯のコントロールができた上で力を入れるのと声帯のコントロールが出来ない状態で力を入れるのでは全然違うということですね。

稲葉さんも苦しくてやってるわけではないはず。(苦しかったらあんなに歌えないですね。)そうすることで最適化させている、つまりベストの形を作り上げているのでしょうね。

ファルセット

高音域はファルセットを使っています。稀にファルセットを使っています。ライブでもほとんど聴くことはできないでしょう。非常に綺麗なファルセットを持っているのですね。

これくらい綺麗にファルセットを発声できる声帯コントロールを持っているからこそ、ミックスボイスも柔軟に使えるのでしょう。

ファルセット

時々でいいから使ってくれ!と言いたくなるくらい綺麗ですね。笑

 

歌声

声区変化のわかりにくい地声域・閉鎖系の強い高音ミックスボイス・ファルセット

稲葉浩志さんの歌い方の傾向

共鳴や音色

低音域帯は咽頭共鳴(下方向への響き)をしっかりと保って太い音色作りをしています。

高音域も咽頭共鳴を保つことはありますが、基本的には鼻腔や軟口蓋といった上方向に強く響かせています。高音域は全体の閉鎖的な音色作りで浅めの音色を作ることも多いですね。

 

ビブラート

あまりビブラートは使わないタイプの歌い方です。

基本的にはまっすぐにロックに歌うという感じです。ただ、バラードだったりすると結構かかったりするので、使い分けているのでしょう。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

しゃくりを言葉の語尾などで多用することが多いです。

強いミックスボイスのフレーズ語尾で音を跳ね上げながら切ることが多いです。これは声帯をある程度強く閉鎖させているシンガー(特にロックシンガーやアニソン系シンガー)に多いですね。声帯をしっかり鳴らしつつ、フレーズに収束感を生み出します。

語尾を跳ね上げています。「キュッ」っと。ヒーカップと言われたりしますね。

下顎を固めて閉鎖感とかっこよさを出す歌い方が特徴ですね。

稲葉さんは強く高いパワーボイスを駆使するために、強い声帯閉鎖を作っています。声帯の閉鎖はもちろんのこと、喉の空間も広くがっぽり空いているという発声ではないですね。どんなに稲葉さんがすごくても一定の力みや閉鎖感を必要とするわけですね。(本人にとってはもはや自然な発声になっているのでしょうけれど。)

一定の閉鎖を必要とすると口の中や喉の空間が作りにくくります。特に太い響きは作りにくくなります。そうするとかっこよさが出にくくなり、キンキンとした幼い印象や明るすぎる印象を生み出します。そこで下顎をやや突き出すような、下顎で空間を作るような歌い方をすることで空間を作り高い閉鎖的な高音をかっこよく響かせているのだと感じます。

稲葉浩志さんの歌声に近づくためには

稲葉浩志さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん多くの訓練や練習が必要になってきます。

しかし、要点絞ることで近づく近道になります。

稲葉浩志さんのように歌うポイント

ポイント

強い鳴りの高音ミックスボイスを身につける

これが重要ですね。

では練習方法を紹介します。

強い鳴りの高音ミックスボイスを身につける

稲葉さんの楽曲を歌うには強い発声で高音域帯まで自在にコントロールすつ必要性があります。

強い鳴りの高音を鍛える

強い鳴りの高音域を身につけるには「ネイ」「ヤイ」トレーニングで練習するのがオススメです。

強い発声を身につけるためには少々苦しいですが、高い音程もファルセットにならないように訓練して行くことで少しづつ楽になってくるはずです。

このトレーニングで脱力を促しながら喉の締めていいところだけを締める能力を鍛えます。

普通推奨されるのどに力を入れるなということとは別の方向性ですので無理せずに少しずつ練習してみてください。

低い声の人が高い声を出すのは結構大変な道のりになるでしょう。

稲葉さんのようなハイトーンボイスを身につけるには声帯のコントロールを圧倒的に高めつつ、声帯周りもある程度固めるような発声が必要でしょう。

『音域を広げる』のは筋トレのようにコツコツと一歩づつ頑張るしかないですね。

エッジボイスでさらに閉鎖感を鍛える

エッジボイスでさらに声帯をコントロールできるようにしましょう。

声帯を無理なく閉鎖させることが肝心なのです。

そのための練習としてエッジボイスは最適なのでしっかりと練習しましょう。

下あごに力を入れる

これもあまりおすすめされることではないのですが、稲葉さん的な発声には欠かせないですね。稲葉さんの発声を聞いていると下あごや舌に結構力が入っていることがわかります。力が入っていると言ってもガチガチに固めているわけでなく、少し力を入れる意識です。ガチガチだと発音できませんから。バランスが非常に難しいところです。

下あごにやや力を入れることで、強い声帯閉鎖を支えやすいです。舌根はやや固まり気味になるかもしれませんが、強い息の圧力にも耐えられる閉鎖を声帯と喉周りで力を合わせて作るのですね。また、共鳴空間を顎で作ることで音色を太くする効果もあります。

これを声帯のみを閉鎖させる能力がない人がやってもうまくいかないでしょう。喉が締まり過ぎると思われます。あくまで発声の手助けとしてくらいの感覚が重要です。

シャウト系の発声について

シャウト系の発声の練習も重要ですが、やはり少し喉に無理が生じますので気をつけて練習しましょう。

特に稲葉さんは息の圧力での押し出しが非常にすごいです。

ファルセット的なニュアンスも入れているのでしょう。ファルセットとミックスボイスの中間のような音色で息の圧力をかけてシャウトします。なんにせよ閉鎖された声帯を強い息で押し出すような練習が必要です。エッジボイスから息を押し出すようなトレーニングもいいかもしれません。

また、息の圧力もかなり重要になってきますが、稲葉さんはパワーブリーズというボイトレグッズを使っていることで有名ですね。これで息の力を鍛えているのですね。

まずはここをしっかりと練習して他の練習をしていきましょう。

とは言え、高音の強い声を身につけることはスタート地点ですね。

稲葉さんはそれ以外のピッチやリズム感やフレージングなど挙げればキリがないほどの音楽スキルを持っています。頑張りましょう。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.