歌声解説 男性シンガー

秦基博の歌声や歌い方の分析

投稿日:2017年11月14日 更新日:

秦基博さんといえば、ガラスのような声とギターで日本中を魅了しているシンガーソングライターですね。ハスキー声質の綺麗な声が特徴ですね。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんな秦基博さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声の音域はやや高めで、息の成分が多い若干ハスキーな声質

音域

地声や話し声の音域はやや高めの音域ですね。

音域的にやや高めの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質はハスキーボイス系の声質です。

もちろん息が流れやすく息の成分の多い声質ですが、声帯も歌声と比べると自然な鳴りをしている印象を受けます。

 

歌声はハスキー感全開ですが、話し声自体はほんのり垣間見えるくらいに感じます。

歌声は息の成分の多い特殊な鳴りの声

地声

低中音域は地声

話し声に比べるとハスキー感のある鳴りが強調されますね。

 

息の成分が多く、サラサラ・ザラザラとした倍音が多く含まれている個性的な鳴りの声質です。

息を多く吐いているというよりは、息の成分が声帯のハスキーなニュアンスによって漏れているような感じのフレーズが多いですね。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

 

声帯の閉鎖が強まると同時に息の圧力がかかり強い高音を鳴らしています。

特殊な声帯(ハスキー)なので完全な強い鳴りにならずに、地声同様サラサラ・ザラザラしたハスキーな倍音が鳴っています。

 

ミドル

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

非常に綺麗な抜けるようなファルセットで息の成分・倍音が多い綺麗なファルセットです。

歌の中で多用したりしますが、見事に操っていますね。

 

ファルセット


 

どういう練習をすれば秦基博さんのように歌えるか

秦基博さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

秦基博さんのように歌うポイント

ポイント

息の多い発声を身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を紹介します。

 

ハスキーさを出すには息が重要

秦基博さんの歌声の成分はもともと持っている声質の成分が非常に大きいです。

 

ハスキーボイスなので、ハスキーな声を持っている人は近づきやすいでしょう。

しかし、そうでない人にとっては非常に難しいというか基本的には無理と考えた方がいいかもしれません。

 

ただ、ハスキー系の成分も根本は息の成分です。

息の多い発声を身につけるには息と声との連動が重要です。

 

ハスキーボイスについての考察|ハスキーボイスになる方法はある?

続きを見る

 

息のトレーニング

連動には

  • ドッグブレス
『ドッグブレス』で横隔膜の柔軟性を鍛えて息と声を連動させる

続きを見る

  • 「スー」「ズー」トレーニング
通る声を手に入れる「スー」「ズー」トレーニング

続きを見る

の練習が最適です。

 

息のトレーニングは毎日コツコツと続けることが重要だと思われます。

 

また、音域面でも苦労することはあるでしょう。

音域を広げるトレーニングは筋トレのようにコツコツとしたものなので、少しづつ広げていきましょう。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.