歌声解説 男性シンガー

秦基博の声や歌い方についての分析

投稿日:2017年11月14日 更新日:

今回は秦基博さんの歌声・歌い方についての分析です。

話し声の特徴

話し声の音域はやや高めくらいの音域

音域的にやや高めくらいの声帯を持っているという感じです。

 

声質は息っぽい声質+隠れハスキーボイスという感じでしょうか。

パッと聴く感じでは、やや息っぽく普通に鳴るバランスのいい声質という感じですが、カサカサとかすれるようなハスキー成分が隠れているような声ですね。笑ったときや強く声を出したとき、もちろん歌声を出したときなどにその成分が強く出てくるような隠れハスキーボイスと言えるでしょう。

持っている声帯

やや高めの音域・息っぽい+ハスキーボイスな声質

歌声の発声方法

チェストボイス(地声)

低中音域は地声(チェストボイス)。

話し声に比べるとハスキー感のある鳴りが強調されますね。息の成分が多く、サラサラ・ザラザラとした倍音が多く含まれている個性的な鳴りの声質です。

息を多く吐いているというのもあるのですが、息の成分が声帯のハスキーなニュアンスによって漏れているような感じとも言えるでしょう。

 

ミドルレンジ(地声)

地声の中高音発声。

声帯に息の圧力をしっかりとかけて強い高音を鳴らしています。特殊な声帯(ハスキー)なので完全な強い鳴りにならずに、地声同様サラサラ・ザラザラしたハスキーな倍音が鳴っています。

低音域から高音域までこの息っぽい成分やザラついたハスキーな成分が乗るのが秦さんの最大の魅力でしょう。

 

ファルセット(裏声)

高音域は裏声(ファルセット)。

非常に綺麗な抜けるようなファルセットで息の成分・倍音が多い綺麗なファルセットです。比較的たくさん使うタイプと言えるでしょう。

切り替えも非常に上手いです。地声域との成分が似ているので切り替えがわかりにくいというのも特徴と言えるかもしれません。

どういう練習をすれば秦基博さんのように歌えるか

秦基博さんのように歌うポイントは

ポイント

息の多い発声を身につける

これが重要でしょう。

ハスキーさを出すには息が重要

秦基博さんの歌声は息が綺麗に流れます。

ただし、ハスキーな成分に関してはもともと持っている声質の要素でもあります。なので、ハスキーな声を持っている人は同じような声を出せるかもしれませんが、ハスキーボイスではない人がハスキーボイスを生み出すのは非常に難しいというか基本的には無理と考えた方がいいかもしれません。

 

ただし、ハスキー系の成分も根本は息の漏れる成分です。なので、息を鍛えることである程度似たような声には近づけます。

息のトレーニング

息のトレーニングは

の練習が最適です。息のトレーニングは毎日コツコツと続けることが重要だと思われます。

また、音域面でも苦労することはあるでしょう。地声の音域を広げるトレーニングは筋トレのようにコツコツとしたものなので、少しづつ広げていきましょう。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.