歌声解説 男性シンガー

秦基博の歌い方・歌唱力【歌声解説】

投稿日:2017年11月14日 更新日:

今回は秦基博さんの歌声について書いていきたいと思います。秦基博さんといえば、ガラスのような声とギターで日本中を魅了しているシンガーソングライターですね。ハスキー声質の綺麗な声と高音域が特徴ですね。

POPな曲からバラードまで歌いこなすので心掴まれている方も多いのではないでしょうか。今回はそんな秦基博さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声の音域はやや高めで、息の成分が多い若干ハスキーな声質

地声の音域はやや高めですね。音域的にやや高めの音域声帯を持っているように感じます。

声質はハスキーな声質です。ハスキーと入っても若干程度です。もちろん息が流れやすく息の成分の多い声質ですが、声帯も歌声と比べると自然鳴りをしている印象を受けます。歌声はハスキー感全開ですが、話し声自体はほんのり垣間見えるくらい、ですね。

歌声は息の成分の多い特殊な鳴りの声

歌声は地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類の歌声を使っています。

低中音域は地声系の発声を使っています。話し声に比べるとハスキー感のある鳴りが強調されますね。息の成分が多く、サラサラ・ザラザラとした倍音が多く含まれている個性的な鳴りの声質です。息を多く吐いているというよりは、息の成分が声帯のハスキーなニュアンスによって漏れているような感じのフレーズが多いです。

中高音いいはミックスボイスを使っています。強い鳴りと共鳴のミックスボイスを使うことが多いですね。声質は地声とあまり大差ないですが。声帯の閉鎖が強まり、そこに息の圧力をかけて強い高音を鳴らしています。声帯の閉鎖感は特殊な声帯なので締まり切らずに、地声同様サラサラ・ザラザラした倍音が鳴っています。

ベルティング系の発声方法と同じような感じの発声を使うことが多いですが、声質が特殊なので分類されづらい声です。

高音域はファルセットを使っていることも多いです。非常に綺麗な抜けるようなファルセットで息の成分・倍音が多い綺麗なファルセットです。歌の中で多用したりしますが、見事に操っていますね。

実際の歌声で確認

声の種類

地声:黒字

ミックスボイス:黄色マーカー

ファルセット:赤字

「鱗」で地声とミックスボイスを違いを確認

フレーズ

夏の風が君をどこか遠くへと奪っていく 言い出せずにいた想い ねぇ届けなくちゃ 君を失いたくないんだ OH〜

ミックスボイス部分は強い鳴りで鳴りの声質が若干変わることがわかると思います。より鳴り重視になるような感じですね。フレーズの中にミックスボイスと地声の中間色っぽいものもありますが、あえてわかりやすい部分だけをマーカーしておきます。(地声とミックスボイスは「ここから!」と綺麗に線引きできるものでもないですから)

「Girl」でファルセットを確認

フレーズ

ふわり羽のよう 僕のほほに君が触れる それだけでもう何もかも〜 許されたつもりになるよ ふわり羽のよう 君がそっ勇気くれる 歪んだむねの傷

綺麗なファルセットを連発するフレーズですね。綺麗な抜け感もあり、声区をしっかりと切り替えていることはわかりやすいのですが、自然に綺麗に移行させているので、すごいコントロールと言えるでしょう。

どういう練習をすれば秦基博さんのように歌えるか

秦基博さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

秦基博さんのように歌うポイント

ポイント

息の多い発声を身につける

強い鳴りのミックスボイスを身につける

この2つが重要ですね。では練習方法を書いていきたいと思います。

ハスキーさを出すには息が重要

ハスキー系の特殊な声帯の鳴り方は、そうでない人にとっては非常に難しいというか基本的には無理と考えた方がいいかもしれません。持って生まれたものを変えるのはなかなか難しいですからね。

ハスキーボイスについての考察|ハスキーボイスになる方法はある?

ただ、ハスキー系の成分も根本は息の成分です。息の多い発声を身につけるには息と声との連動が重要です。連動にはドッグブレスの練習が最適です。

詳しい練習方法はこちら

【ドッグブレス】のやり方・効果・練習方法について

強い高音域を身につける

秦基博さんのミックスボイスは強い鳴らし方で鳴らしています。声質が対照的な鳴りで、独特の歌声を生み出していますが、ベルティング系の発声のようなパワー系の出し方です。

ベルティングボイスについて詳しくはこちら

「ベルティング発声・唱法」のやり方・解説|ベルティングはミックスボイス?

まとめ


秦基博さんの歌声はハスキー声質なのでできればハスキーな人が近づきやすいでしょう。そうでない場合も息の流れを重視しつつ高音で強い鳴りを意識すれば、近づけるかもしれません。

その他シンガーの歌声解説はこちら

アーティスト歌声解説一覧

※タグの集合ページです

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。変わったと言うより、少しずるい方法ですが。効果は抜群です。ボイストレーニングは独学でする人も多いでしょうが、 ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いていきたいと思います。ボイトレ教室って興味が湧きますよね?ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。歌も人から習う ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.