歌声解説 男性シンガー

スキマスイッチ 大橋卓弥の歌声や歌い方の分析

更新日:

スキマスイッチと言えば、大人気の音楽ユニット。

その楽曲の素晴らしさ、そした歌唱力に心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなスキマスイッチのボーカル大橋卓弥さんの歌声について。

どういう声質・声の出し方か

話し声や地声の音域は普通の音域で、鼻腔に響きやすい声質

話し声・地声の音域は普通の音域です。

高くも低くもない普通くらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質は声帯の鳴りと息のバランスのいい声質ですね。

若干声帯の鳴りが強い感じもありますが、バランスのいい声質と言えそうです。

 

話し声からやや鼻腔に響くような声質が特徴的ですね。鼻腔に響きやすい声なのでしょう。

 

歌声は鼻腔共鳴の強い柔らかい発声

チェストボイス

低中音域は地声

フレーズ次第で息の流れる声質から声帯がしっかりと鳴るような声質まで使い分けています。

基本的に息が綺麗に流れつつ声帯もバランスよく鳴らすような柔らかい発声をすることが多いですね。

 

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

ミドルレンジは強い鳴りでグッと力強い高音域を発しています。声質的にどこか柔らかさも感じるような発声ですね。

鼻腔方向へ響きを集めることで、柔らかく丸みのある印象の声を作り出しているように思います。

 

 

ファルセット

高音域はファルセット

するりと綺麗なファルセットを自在に使いこなしています。

切り替えも非常に美しいですね。

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

大橋卓弥さんの丸い柔らかい歌い方は鼻腔への声の当て方が強い(方向のベクトルが強いという意味で)というところがポイントでしょう。

声を真上方向へ当てるような音色作りで、柔らかく明るい音色作りです。

 

多くの人の場合、この鼻腔への声の当て方を真似すると大橋さんっぽくはなるでしょうが、大橋さんはもともと上方向への当たりが良い骨格であると思われますので、誰もが同じようにはできないでしょう。

ビブラート

ビブラートは自然に綺麗にかかるタイプです。

フレーズによってまっすぐに歌ったり、自然にかけたりと使い分けています。

 

フレージング・歌い回し

  • 軽やかで滑らかな歌い回し

フレージングは万能と言いましょうか、オールラウンドな歌い回しに思います。

直線的で軽やかなフレージングもあり、曲線的で滑らかに音をつなぐようなフレージングもあり、偏りのない印象を受けます。

ピッチ感やリズム感も良く素晴らしい歌唱力です。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.