歌声解説 歌声解説 男性シンガー

スキマスイッチ 大橋卓弥の歌い方・歌唱力 鼻腔共鳴の強いミックスボイス【歌声解説】

投稿日:2017年11月10日 更新日:




今回は大人気ユニット「スキマスイッチ」のボーカル大橋卓弥さんについて書いていきたいと思います。

スキマスイッチと言えば、知らない人はいないほどのグループですね。

 

何と言っても楽曲の素晴らしさは、唯一無二です。また、歌声も特徴的です。

一度聞いただけで大橋卓弥さんの歌声とわかってしまうほどに特徴的なボーカルです。

スキマスイッチに心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなスキマスイッチの大橋卓弥さんの歌声について解説していきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

話し声や地声の音域は普通の音域で、鼻腔に響きやすい声質

話し声・地声の音域は普通の音域です。高くも低くもないと言うような感じですね。

声質は声帯閉鎖や息のバランスのいい声質ですね。若干声帯閉鎖が強い声質ですが、バランスのいい声質と言えそうです。

話し声からやや鼻腔に響くような声質が特徴的ですね。鼻腔に響きやすい声なのでしょう。

 

歌声は鼻腔共鳴の強い柔らかいミックスボイス中心

歌声は主に3種類の歌声を使っています。

地声、ミックスボイス、ファルセットですね。特に中心となっているのがミックスボイスです。

 

低中音域は地声系の発声ですね。低音域の段階から声帯をしっかりと鳴らすような歌い方をすることが多いですね。もちろん息が流れるように歌うこともありますが。

比較的早い段階でミックスボイスの方へ移行しているような感じです。

 

中高音域はミックスボイスです。このミックスボイスは柔らかい鳴りと鼻腔共鳴が特徴的です。鳴りの強い声を鼻腔に広い空間を作って響きを集めることで、丸い印象のある声を作り出しています。

大橋卓弥さんは元々持っている声から鼻腔に響きが集まりやすい声質なのでしょう。普通の人が大橋卓弥さんのように歌うにはかなり鼻腔に響きを集めることを意識しなければいけないでしょう。

 

さらに高音域はファルセットを使っていますね。切り替えのうまい綺麗なファルセットを聴かせてくれます。

 

どういう歌い方か

ビブラートは自然に綺麗にかかるタイプですね。フレーズによってまっすぐに歌うこともあり、伝わりやすく綺麗に聞こえる歌い方ですね。

歌い方自体はベーシックな歌い方ですが、声の特徴がかなりある、そんなタイプですね。

 

どういう練習をすれば大橋卓弥のように歌えるか

大橋卓弥さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

大橋卓弥さんのように歌うポイント

  • 太いミックスボイスを身につける
  • 鼻腔共鳴を身につける

この二つが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

太いミックスボイスを身につけるには

太いミックスボイスを身につけるには「グッグトレーニング」が最適です。

このトレーニングは強めのミックスボイスや太いミックスボイス(喉を開いたような)を身につけるのに最適です。

このトレーニングで強い高音域を身につけましょう。

 

グッグトレーニングについて詳しくはこちら

グッグトレーニング|強いミックスボイスや太いミックスボイスのボイストレーニング

今回はボイストレーニングでは「グッグトレーニング」について書いていきたいと思います。 世界的に有名なボイストレーナーのロジャー・ラブ氏の著書にあるトレーニングで有名なグッグトレーニング。 グッグトレー ...

 

鼻腔共鳴を身につけるには

鼻腔共鳴を身につけるには「ハミング練習」が最適です。

ハミング練習は大きく分けて二つの練習法があります。

「M」の発音での練習と「N」の発音での練習です。

どちらも効果が違いますので、使い分けて練習しましょう。

 

ハミング練習について詳しくはこちら

鼻歌・ハミング練習法は2種類ある〜響きを身につけよう〜

今回はハミングというボイストレーニングについて書いていきたいと思います。 ハミングといえば鼻歌ですね。でも鼻歌って口を閉じて歌うこと全てが鼻歌でしょうか?   それは人によっては「YES」 ...

 

まとめ

大橋卓弥さんのように歌うには

  • 太いミックスボイスを身につける
  • 鼻腔共鳴を身につける

が重要です。

ますはここから練習していきましょう。






-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.