歌声解説 歌声解説 男性シンガー

井上陽水の歌声・歌い方 鼻腔共鳴が声量や美しさを生む【歌声解説】

更新日:

今回は井上陽水さんの歌声について書いていきたいと思います。

井上陽水さんといえば日本の音楽界の宝とも言えるレベルのシンガーですね。

その卓越した技術と作曲能力、何よりその歌声のレベルで多くの人を魅了しています。

 

今や「少年時代」という楽曲は小学校の音楽の教科書に載っているそうです。

教科書の載ってしまうっていうのはすごいことですね。

今回はそんな井上陽水さんについて書いていきたいと思います。

 

どういう声質か?

地声・話し声は鼻腔に響く

井上陽水さんはかなり特徴的な話し方をされます。話し方を真似するモノマネの方も多いですね。

あの特徴的な話し方は鼻腔の響き方にあるのです。一般の人よりもかなり鼻腔に声が通ります。鼻の奥の方・喉の上奥の方に響きが集まっています。日本人であれだけ響きが鼻腔に行く人も珍しいです。それくらい上に響いています。

おそらくは練習したというよりは生まれつきそういう響きの話し方なのでしょう。

鼻腔に響く声というのは音楽的にかなり有利です。鼻腔に響くだけで美しい響きを得られますし。声の通りも物凄くよくなります。

響きが下の方にある人はこの鼻腔に響きを持ってくるのにとても苦労します。

下に響かせるのももちろんいいのですが、高音至上主義のPOPSにおいては鼻腔共鳴の方が圧倒的に有利です。

歌声も鼻腔共鳴MAX

当然のことながら、歌声も鼻腔共鳴がものすごいです。

もうほとんど鼻で歌っています。笑

それくらいすごいです。

声質はおそらく高音域はミックスでしょうが、綺麗な一本調子で歌っているので本人にはあまり切り替えている意識がないかもしれません。もしくは地声なのか、ですね。

どちらにせよ鼻腔共鳴のすごさからほとんどの音域を一本の声で歌っています。

ファルセットは時々使う程度ですね。

どういう練習をすれば井上陽水のように歌えるか

「N」「ん」で徹底的に発声練習

まずは、「N」で徹底的の鼻腔共鳴を練習していきましょう。

この「N」は口を閉じて発生するハミングのようなものですが、厳密にはハミングとは違います。(あくまで僕の中でです。トレーニングでの正確な定義はもう誰にもわかりません。笑)

ハミングの場合「M」の発音です。口の中にしっかりと空洞を作って鼻と口で二分するような響きを作っていきます。

なのでハミングの場合はこの時唇に響きがきてビリビリとした感覚になるはずです。

「N」トレーニングの場合は唇には響きが来ません。

舌は上アゴにつけて口の中の響きを無くしてしまいます。

そもそも「なにぬねの」行は舌を上アゴにつけて置かないと発声できませんよね。その理論です。

この「N」をすることで響きが嫌でも鼻腔に行くはずです。

しっかりと鼻から息を通して「N・N・Nー」と発声します。

この練習でかなり鼻腔共鳴ができるようになってくると思います。

この練習はコツを掴むのはもちろん体になじませなければいけないので、毎日少しの時間でもいいのでやることをお勧めします。

ハミングと「N」の違いについてはこちらにも記載があります。

鼻歌・ハミング練習法は2種類ある〜響きを身につけよう〜

 

鼻腔への響きを保ったまま歌えば、かなり井上陽水さんに似てくると思われます。

 

まとめ

井上陽水さんの歌声は『鼻腔共鳴』これに尽きます!

それ以外にも練習法はあるのでしょうが、鼻腔共鳴さえ響かせられるようになれば井上陽水さんに近づくことができるでしょう。

 














-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.