歌声解説 男性シンガー

スピッツ 草野マサムネの声・歌い方・歌唱力の研究

投稿日:2017年11月16日 更新日:

今回は「スピッツ」のボーカル、草野マサムネさんの歌声・歌い方・歌唱力についての研究分析です。

声質・発声方法について

話し声・持っている声帯の特徴

地声・話し声の音域はやや高めの音域です。

持っている声帯の音域のタイプはテノール(男・高音)くらいだと考えられます。

 

声質は息が流れやすい「息っぽい」タイプの声質

声帯がほとんど鳴らないということでもないのですが、息が流れやすく息っぽい声質を持った声質です。

ふわっとした空気感や透明感を感じやすい声を持っていると言えるでしょう。

 

話し声から上方向(鼻腔など)に当たりやすい骨格・喉の作りを持っている印象を受けます。

 

歌声の特徴

チェストボイス(地声)

低中音域

地声は話し声をそのまま活かしたような声で、息の倍音が多い綺麗な声です。

ハスキーさがさらに息の倍音を生み出し、特有のさらりとした澄んだ歌声を作り出しています。

この声で高い音域までガンガン歌っています。もともと持っている地声の音域から考えて、低い音域よりも高いほうが出しやすいのではないかと考えられます。

 

ミドルレンジ(地声)

中高音域(≒ミドルボイス・ミックスボイス)

 

地声の低中音域と変わらない音色の発声のまま中高音に登ります。声帯の伸展能力、柔軟性の高さを感じますね。

低域同様に息の倍音成分が透明感を生み出しています。

 

ファルセット(裏声)

高音域は。

ファルセットも地声の性質と似ていて、ややハスキー感のある澄んだファルセットを使っています。

 

どういう練習をすれば草野マサムネさんのように歌えるか

草野マサムネさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

草野マサムネさんのように歌うポイント

ポイント

ミックスボイスを身につける

息の多い発声を身につける

この2つが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

ミックスボイスを身につける

声が草野マサムネさんのように高い人は地声をそのまま活かせばいいのですが、大抵人はそうもいかないでしょう。

そういう点ではミックスボイスの習得が不可欠です。

 

リップロールはミックスボイスの練習に最適です。

ミックスボイスがいちばん身につきやすくなる練習と言えるかもしれません。

リップロールで力を入れないように高音を出せるようになること。

 

しっかり息を吐いてリップロールを練習すること。

特に息がしっかり出てないと、草野マサムネさんのニュアンスはでません。しっかりと息を吐いていきましょう。

 

息の多い発声を身につける

ハスキーな性質の声に近づけるには息の量が非常に重要です(ただ、普通の声を持っている人が完全にハスキーになることは基本的に難しいでしょう。)

 

声を息をしっかりと混ぜ合わせていく練習としてはドッグブレスがおすすめです。

繰り返し練習していくことで声に息が乗ります。声に息を乗せると声の通りもとても良くなるので是非練習しましょう。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.