【お知らせ】Apple Musicの埋め込み試聴音源がiOS13.4.1ではうまく作動しないことがあります。iOS側の対応を待つしかないようです。

歌声解説 男性シンガー

スピッツ 草野マサムネの声や歌唱力についての分析

更新日:

今回は大人気のバンド「スピッツ」のボーカル 草野マサムネさんの歌声について書いていきたいと思います。スピッツといえば90年代から音楽界を牽引する大人気のバンドです。

多くの名曲を世に生み出しています。

楽曲や演奏の素晴らしさはもちろんのこと、何と言ってもあの透き通るボーカルですよね。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声からやや高めの音域で、息が抜けるハスキーな声質

地声・話し声の音域はやや高めの音域です。やや高めくらいの音域の声帯を持っているように思います。

声質はハスキー系の声質を持っていて、カサカサとしたような息が流れやすい声質を持っています。

声帯の鳴りも弱めでさらりとした澄んだ印象の声です。

持っている声帯

高めの音域・息系の声質

歌声は地声を活かした綺麗な声

歌声は3種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)
  • ファルセット(ヘッド)

の3種類です。

草野マサムネさんの歌声は少し特殊です。というよりは持っている声そのものが特殊なので、歌声もほとんどその声を活かした声という感じです。

声の種類としては、ほとんど地声と言えるでしょう。また、ほとんどミックスボイスとも言えるでしょう。判別できないような特殊なハスキー感を持っているため、声がほとんど一本化されているように思えます。ただ、若干声質が変化していてミックスボイスと呼べるような声はあるようにも聞こえます。これは本人のみわかることですね。

地声

地声は話し声をそのまま活かしたような声で、息の倍音が多い綺麗な声です。

ハスキーさがさらに息の倍音を生み出し、特有のさらりとした澄んだ歌声を作り出しています。この声で高い音域までガンガン歌っています。もともと持っている地声の音域から考えて、低い音域よりも高いほうが出しやすいのではないかと考えられます。

ミックスボイス

ミックスボイスと思われる声質はほんの若干声帯閉鎖が強まって鳴りの強い声質になります。

ただ、なんとも言えないところです。

ファルセット

さらに高音はファルセットを使っています。

ファルセットも地声の性質と似ていて、ややハスキー感のある澄んだファルセットを使っています。

歌声

息系の地声域・ミックスボイス・ファルセット

実際の歌声で確認

声の種類

地声:黒字

ミックスボイス?:黄色マーカー

ファルセット:赤色マーカー

「魔法のコトバ」で地声とミックスボイスを確認

フレーズ

い〜きてるけど〜  まほうのこ〜とば〜 ふたりだけにはわかる〜 ゆ〜め〜み〜る〜とか〜 そんなヒマもない〜このごろ〜 おもいだ〜して〜 おかしくてうれしくて〜 ま〜た〜あ〜え〜るよ〜

ミックスボイスが存在するとしたら、マーカーの部分でしょう。声質が若干変わって声帯閉鎖が強くなり(とは言えハスキーなので閉鎖しにくい)、倍音の性質も少し変わっているように感じます。

ただ、なんとも言えないところです。ハスキー系の声は特殊です。

「タイム・トラベル」でファルセットを確認

フレーズ

UH~ じかんりょこうのツアーは い〜かが〜 いかがなもの クレオパトラのいしょうのきみが〜 UH~ じかんりょこうのツアーは い〜かが〜 いかがなもの そうささやいた ああゆめのなか ああゆめのなか〜

最後に非常に綺麗なファルセットがありますね。ミックスボイスはやはりなんとも言えないところですが。

どういう練習をすれば草野マサムネさんのように歌えるか

草野マサムネさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

草野マサムネさんのように歌うポイント

ポイント

ミックスボイスを身につける

息の多い発声を身につける

この2つが重要ですね。では練習方法を書いていきたいと思います。

ミックスボイスを身につける

声が草野マサムネさんのように高い人は地声をそのまま活かせばいいのですが、大抵人はそうもいかないでしょう。そういう点でミックスボイスの習得が不可欠です。

リップロールはミックスボイスの練習に最適です。ミックスボイスがいちばん身につきやすくなる練習と言えるかもしれません。リップロールを力を入れないように高音を出せるようになること。

しっかり息を吐いてリップロールを練習すること。特に息がしっかり出てないと、草野マサムネさんのニュアンスはでません。しっかりと息を吐いていきましょう。地声が高い人もリップロールは脱力にとても有効なので練習して損はないですよ。

息の多い発声を身につける

ハスキーな性質の声に近づけるには息の量が非常に重要です(ただ、完全にハスキーになることは基本的に難しいでしょう。)

声を息をしっかりと混ぜ合わせていく練習としてはドッグブレス「スー」「ズー」トレーニングがおすすめです。

繰り返し練習していくことで声に息が乗ります。声に息を乗せると声の通りもとても良くなるので是非練習しましょう。

息を効果的に鍛えるならパワーブリーズもおすすめです。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

 

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについてです。 この記事は 効率よくボイトレする 普段かけられない負荷をかける 楽にトレーニングする など歌が上手くなるため ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『普通の記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人にある ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.