歌声解説 男性シンガー

スピッツ 草野マサムネの声や歌い方についての分析

投稿日:2017年11月16日 更新日:

今回は「スピッツ」のボーカル、草野マサムネさんの歌声・歌い方についての分析です。

話し声の特徴

話し声の音域は高めの音域

音域的に「高め」くらいの声帯を持っていると考えられます。

 

声質は息が流れやすい「息っぽい」タイプの声質

声帯がほとんど鳴らないということでもないのですが、息が流れやすく息っぽい性質を持った声質です。

ふわっとした空気感や透明感を感じやすい声ですね。

持っている声帯

高めの音域・息っぽい声質

歌声の特徴【発声方法】

チェストボイス(地声)

低中音域は地声(チェストボイス)。

地声は話し声をそのまま活かしたような声で、息の倍音が多い綺麗な声で特有のさらりとした澄んだ歌声を作り出しています。この息の流れやすさが歌声の透明感を作っていると言っても過言ではないでしょう。

低中音域

低中音域とは言っても「草野さんにとっての」であり、一般的には比較的高め音域ですね。

0:36〜、0:51〜あたりは地声の中高音域。

 

ミドルレンジ(地声)

地声の中高音発声。

地声の低中音域と変わらない音色の発声のまま中高音に登ります。中高音域は歌声にパワーが入るのでグッと鳴りも強くなりますが、低域同様に息の倍音成分もしっかりと乗っています。

この「低音域から高音域まで透明感のある音色」というのが草野さんの最大の魅力でしょう。

中高音域(地声)

 

ファルセット(裏声)

高音域は裏声(ファルセット)。

地声の音域もかなり高いので、そこまで多く使われる発声ではないですね。

ファルセットも地声の性質と似ていて、息が綺麗に流れる澄んだファルセットを使っています。

ファルセット

0:45〜「ああ、ゆめのなか〜」↓

歌声の特徴

息っぽく透明感のある発声での地声中心の発声。時々裏声。

歌い方

共鳴や音色

歌声の共鳴は基本的に上方向(鼻腔・口腔)主体です。上方向へ明るく抜けるような音色作りで、この明るい抜け感も草野さんの特徴と言えるでしょう。

この上方向への響きがいい分、逆に下方向(咽頭腔共鳴)へはあまり響きにくいタイプかと。

もちろん下方向へ当てた声もクールで素敵ですが、やはり上方向への声の当たり方が抜群です。

 

ビブラート

ビブラートは基本的にはほとんどかけないタイプと言えるでしょう。

楽曲次第では自然にかけたりもしています。

 

フレージング・歌い回し

全体的な歌い回しは

  • まっすぐで直線的なタイプ

と言えるでしょう。

自然で素朴なイメージがあるようなストレートな表現が魅力です。

どういう練習をすれば草野マサムネさんのように歌えるか

草野マサムネさんのように歌うポイント

ポイント

息の多い発声を身につける

これが重要でしょう。

息の多い発声を身につける

草野さんは話し声からも分かるようにもともと息っぽく綺麗な声を持っていて、それを存分に活かしています。

なので、声帯のタイプ次第では同じようにはいかないかもしれませんが、とにかく「息がしっかりと流れる息っぽい発声」を鍛える必要があると言えるでしょう。

 

声を息をしっかりと混ぜ合わせていく練習としてはドッグブレスがおすすめです。

繰り返し練習していくことで声に息が乗ります。また、声に息を乗せると声の通りもとても良くなります。

歌声の透明感は「息」が作るのでまずはこの部分をしっかりと鍛えていくことが大事。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.