歌声解説 歌声解説 男性シンガー

堂本剛の歌い方・歌唱力 柔らかい声質のミックスボイスとビブラート【歌声解説】

更新日:




今回はKinKi Kidsの堂本剛さんの歌声について書いていきたいと思います。

堂本剛さんといえば、ジャニーズの中でもかなり歌唱力が高く、アイドルというより芸術家肌な人ですね。

名曲も多くデビューしてからずっとオリコン1位で記録も持っているグループですね。

堂本光一さんについても書きたいのですが、とりあえず今回は堂本剛さんについて書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方

地声・話し声は普通音域 柔らかい閉鎖感

堂本剛さんの地声から解説していきたいと思います。

堂本剛さんの地声は音域としては普通の高さです。

高くも低くもないといった感じです。

若干声帯の閉鎖がナチュラルに柔らかくあり、ミックスボイスよりの声質をしていると言えるでしょう。

歌声は綺麗でなめらかなミックスボイス

堂本剛さんの歌声はかなり綺麗でなめらかなミックスボイスです。

地声からミックスボイスよりの声なので、かなり自然にミックスボイスを発声できています。

ほとんどの音域をこの声を使って歌っていますね。

高い音もミックスボイスなので難なく出せています。それでいて低音域もしっかり出せているので、大抵の曲は歌えてしまうのではないでしょうか。

どういう歌い方か

口は常に脱力 音程や響きを重視

堂本剛さんの歌い方の特徴は口をあまり動かさないことでしょう。

口を必要最低限の動きで動かしています。

口の動きやあごの動きが歌声を阻害しないように、喉の響きをそのまま通すような発声法ですね。

音程の独特の滑らかさも口をあまり動かさないので言葉のフレーズで音が切れることが少ないのです。鼻歌の延長線上にほんの少し言葉を乗せる感覚ですかね。

おそらく堂本剛さんは口をしっかりした開け方で歌うとあまり良くないのだと思います。それ以前に個性が死んでしまいますね。笑

ミックスボイスが完璧すぎてその他の声をあまり使わない

堂本剛さんは高音までミックスボイスで出てしまうので、ファルセットをあまり使いません。たまに使うのですが、あまりお目にかかれません。

おそらくミックスボイスでなんでも歌いすぎて、あまり得意ではないのかもしれません。笑 でも使った時はかなり綺麗なんです。もっと使えばいいのに。

堂本光一さんの方がファルセットは得意なようですね。あくまで個人的に聞いている印象ですけど。

まぁあれだけ綺麗で聴き心地の良いミックスボイスが出せればファルセットはいらないですね。笑

どういう練習をすれば堂本剛のように歌えるか

堂本剛さんの歌声をコピーしていくのは結構難しいです。

しかし要点を押さえていけば、近づいていけるでしょう。

 

大事なポイントは大きくは3つですね。

  • ミックスボイスを完全に習得する
  • ビブラートができるようになる
  • 口をあまり開けずに喉でコントロールする歌い方を身につける

では書いていきたいと思います。

ミックスボイス習得はリップロールで

柔らかいミックスボイスを習得するにはリップロールが最適です。

リップロールで低い音から高い音まで脱力した状態のまま練習します。

なるべく流れるように音程を上下させる練習がいいでしょう。

繰り返し練習していけばミックスボイスは習得できるはずです。

大事なのは脱力です。

 

【リップロールの効果】高音域やミックスボイス・歌唱力UPに欠かせないトレーニング

みなさん、「リップロール」というものをご存知でしょうか? ボイストレーニング界では有名なものなのですが、歌がうまくなるための近道とも言えるトレーニングなのです。 もちろん歌だけでなく、声を仕事にしてい ...

 

ビブラートの習得

堂本剛さんの歌声にはビブラートは必須です。

ビブラートがあることでさらに滑らかさに磨きをかけていると言えるでしょう。

さて、ビブラートの練習法ですが一番ベストなのは真似をするということです。

「そんなことできるならやってるよ!」と言いたくなるでしょうがこれがベストだと個人的には思っています。

理由はですね、ビブラートというのは人によってそれぞれかなり違ってくるという点が理由です。

そこが個性を作っていると言えるほどそれぞれ人によって違うので、堂本剛さんのように歌いたいならば堂本剛さんのビブラートを良く聞いて真似するしかないのです。

ビブラートの感覚が身についている人は真似するのは簡単ですけど、ビブラートができない人にとっては難しいですよね。

 

そういう人にはビブラートができるようになるための練習があります。

ピアノを使った練習法です。

ピアノがない人はアプリでもなんでも大丈夫です。

出しやすい音程で半音ずつを交互に出します。言葉はなんでもいいです。「あ」とかで。

半音ずつピアノに合わせて交互に出していくと、次はそのスピードをだんだん上げていきます。

そして限界まで上げていきます。これをすることでビブラートの感覚がつかめます。限りなくビブラートに近い状態になるのです。(あくまでビブラートではない)

この状態を何度も練習していくうちに自然にビブラートの感覚がつかめてきてできるようになってくると思います。

ビブラートの練習方法|出し方は?喉を使う?横隔膜を使う?

今回はビブラートについて書いていきたいと思います。 歌の技法としてよく聞くビブラート。やはりビブラートがかかっている歌声ってかっこいいですし、憧れますよね。 カラオケの採点でも高得点を狙うには必要なも ...

口をあまり開けない歌い方の習得

これも堂本剛さんに近づくためには必要な技術ですね。

まずは鼻歌を歌います。その鼻歌を歌っている状態・感覚をそのままに若干言葉をつけていく感覚ですね。あまりアゴも動かさずに言葉が聞き取れる程度で発声していく、これで堂本剛さんっぽくなっていくはずです。

まぁこれは人によって合う合わないが出てくると思われますが、堂本剛さんのように歌うには必須ですね。

 

口の開け方で音色や表現が変わる|口の開け方と響きの関係性

今回は口の開き方と響きの関係性について書いていきたいともいます。 口の開き方は歌声の響き方や表現や声色に大きく関わっています。   声の最終的な出口の形を決めているのが口ですよね。 今回はそ ...

 

まとめ

堂本剛さんのように歌うために必要なのは

  • ミックスボイスを完全に習得する
  • ビブラートができるようになる
  • 口をあまり開けずに喉でコントロールする歌い方を身につける

ですね。

これ以外にももちろんあるのですが、要点を押さえていくことでしっかりと歌えるようになってくるでしょう。

 

堂本光一の歌い方・歌唱力 アタックの強い息が声量を生み出す【歌声解説】

今回はKinKi Kidsの堂本光一さんについて書いていきたいと思います。 KinKi Kidsと言えば、日本の音楽界でトップを走り続けるジャニーズグループですよね。 何と言っても、その楽曲・歌唱力は ...

おすすめ記事

-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.