歌声解説 洋楽シンガー 歌声解説 男性シンガー

リンキン・パーク  チェスター・ベニントンの歌い方・歌唱力-パワフルなシャウト系発声-【歌声解説】

投稿日:2018年12月20日 更新日:

今回はリンキン・パークLinkin Park)のボーカル チェスター・ベニントンさんの歌声について書いていきたいと思います。

リンキン・パークと言えば、世界的に有名かつ大人気のロックバンドですね。

 

何と言ってもその楽曲、その歌声は多くの人を魅了していました。

今尚、心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなリンキン・パークLinkin Park)のボーカル チェスター・ベニントンさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、ジリッとした閉鎖感のある声質

地声の音域は普通の音域ですね。高くも低くもない普通くらいの音域の声帯を持っているように感じます。

 

声質は声帯閉鎖の鳴りがしっかりとある声質で、ジリッとした閉鎖感・鳴りのある声質です。閉鎖感はあるのですが、どちらかと言えば軽やかな印象を受ける声ですね。息も自然に流れる話し声です。

 

共鳴は鼻腔にしっかり響く声です。英語圏の人は大抵ここの共鳴が綺麗です。

 

歌声はパワフルなシャウト系の発声を使いこなす

歌声は主に2種類の歌声を使っています。

地声とミックスボイスの2種類をメインに使っています。

 

低中音域は地声を使っています。主に聴こえ方としては張り上げない発声の部分ですね。楽曲にもよるのですが、基本的には柔らかい閉鎖感と鳴りのある発声を使うことが多いですね。深めの響きを作らずに浅めの明るい響きで歌うことが多いです。

軽やかで芯のある声質と言えそうです。

 

中高音域はミックスボイスを使っています。このミックスボイスが特徴的ですね。年代によって声質が変わっている部分でもある(昔の方がシャウト色が強い)のですが、割れ気味の強い発声を使うことが特徴的ですね。楽曲によってはシャウト気味な発声で力強くパワフルな歌声を聴かせてくれます。

強い声帯閉鎖を息の圧力で押しのけやや割れるようなハスキーなようなニュアンスを作り出すミックスボイスが特徴的です。

シャウトとミックスボイスの融合のような、シャウト系の強い発声のまま、綺麗に声をメロディーに乗せています。

 

当然ながら純粋なシャウトも多々あり、自由に使いこなしています。

 

どういう歌い方か

特徴的なのはやはりダイナミクスの作り方ですね。

地声での発声と、強い鳴りのシャウトミックスボイスが別人のような声の差を演出します。このダイナミクス(声量差)が迫力あるチェスター・ベニントンさんの歌い方の特徴とも言えますね。

 

ビブラートはあまりかけるタイプではないです。まっすぐにロックに歌うタイプです。

シャウト系の発声を音楽的に綺麗に使いこなす歌唱力を持っています。

 

実際の歌声で確認

「Numb」で地声・ミックスボイスを確認

 

声の種類

地声:黒字

ミックスボイス:黄色マーカー

シャウト系ミックスボイス:赤色マーカー

 

フレーズ

another mistake to you   I've become so numb, I can't feel you there   Become so tired, so much more aware   By becoming this all I want to do   Is be more like me and be less like you  Can't you see that you're smothering me? Holding too

 

若干普通のミックスボイス系の発声がありますが、基本的には強いサビなどはこのようにシャウト系のミックスボイスで歌っています。

これだけシャウト系の声を操れる人はそうそういないでしょうね。

でもって、綺麗な声に戻ってくるあたりがまたすごいですね。

 

どういう練習をすればチェスター・ベニントンさんのように歌えるか

チェスター・ベニントンさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

チェスター・ベニントンさんのように歌うポイント

ポイント

シャウト系ミックスボイスを身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

シャウト系ミックスボイスを身につける

チェスター・ベニントンさんのようなシャウト系のミックスボイスはそうそう出したくても出せるものではありませんね。

出し方としてはエッジボイスの延長線上にありますね。強い声帯閉鎖で声帯の鳴りを作り、そこに思いっきり息を吐き出せば、それなりに割れた声にはなるでしょう。

【エッジボイス】のやり方・効果・練習方法について

 

が、コントロールするのは至難の技ですね。それこそシャウトの練習をするのが一番手っ取り早いのですが、喉への負担も考慮しなければいけないぶん練習が大変ですね。ただ、シャウト系の発声も喉の開発なので、継続して練習することで身についてくるはずです。

シャウト系の発声のやり方・練習方法について

まとめ

チェスター・ベニントンさんのように歌うポイントは

チェスター・ベニントンさんのように歌うポイント

ポイント

シャウト系ミックスボイスを身につける

 

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。それくらい歌におい ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことがあ ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 洋楽シンガー, 歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.