ボイストレーニング

「スー」「ズー」トレーニングで通る声を手に入れよう

更新日:




今回は通る声を身につけるトレーニング、息の多い声を身につけるトレーニングについて書いていきたいと思います。
息の多い声というのはとても重要です。歌のみならず、話し声でさえ息が多い声というのは魅力的です。

息が多いとその分だけ倍音が生まれます。倍音は多ければ多いほど人の耳によく届きますし、心地よく聞こえます。

今回はそんな息の多い声を身につけるトレーニングについてです。

 

「スー」トレーニング

このトレーニングはその名の通り「スー」の発音で発声練習します。

 

 

やり方

  • 口を「ス」の形を作る
  • そのまま、まずは息だけを流す
  • 次にその息の流れに乗せて声を出す「スー」

 

これだけです。笑

注意点としてはしっかりと息を流すこと。上の歯に向けて息と声を流すことです。

 

このトレーニングで例えば、ピアノで音階練習しても良いですし、「ス」だけで歌ってみる練習もいいと思います。

息の強弱をつける練習もオススメです。

だんだんと強くしたりだんだんと弱くしたり、波のように強弱をつけたりすることで息での表現力を磨くこともできます。

 

「ズ」でも応用できる

「ズ」でも応用できます。こちらの方がより一層呼気への負荷が大きいですね。「ス」と比べて舌でさらに口の中の空間を狭めるためより息を出すのが大変です。

 

息を出すのが大変な分、負荷がかかるので息をしっかりと吐けるトレーニングになるのです。

重いバッドで素振りして普通のバッドを持つと軽く感じるのと同じですね。

まとめ

息を吐ける練習として「スー」トレーニングを紹介させていただきました。

他にもドッグブレスという練習法もありますね。こちらのトレーニングも声と息を連動させるのに最適な練習方法です。

参考にしてみてください(^ ^)

 

ドッグブレスについてはこちら

【ドッグブレス】で声量アップ。通る声を身につける

 

 

ボイストレーニングに必要なおすすめグッズ

呼吸・横隔膜を鍛えるパワーブリーズ

こちらのグッズは呼吸、特に横隔膜にかなりの負荷を与えてくれます。

スポーツにも使われるグッズです。

普通のボイストレーニングでは実現できない負荷があるので、呼吸を鍛えるのにはぜひお勧めできる最強グッズです。

 

種類によって超重負荷・重負荷・標準負荷・中負荷・低負荷とありますのでお好みで選んでください。

歌は「息」で決まります。

 

 

ビューティーボイストレーナー

普通の発声練習ではできない負荷を与えてくれます。体だけを使っておこなうボイストレーニングがうまくできない、やり方が本当にあっているのかわからない、リップロールは飽きました、という方におすすめです。

声そのものの質向上に大きな効果を発揮するグッズです。

詳しくはこちら

ボイストレーニング本

ボイストレーニング本で声について詳しく学ぶことやトレーニング方法について詳しく学ぶことは歌がうまくなる近道です。

本に書いてあることを実行していけば、100%歌が上手くなるとは言い切れないですが、間違いなくプラスにはなるでしょう。

 

おすすめボイトレ本ランキングはこちら 

【おすすめ"ボイトレ本"5選】効果のあるボイストレーニング本ランキング

 

ウタエット

アマゾンでも人気商品の「ウタエット」

こちらのグッズのいいところは何と言っても、自分の声が聞けるということ 。

防音効果もありつつ、自分の声も聞けるのでトレーニンググッズとしてはかなりいいです。自分の声を直に聞ければ、歌の成長に繋がりますしね。

 

まぁ、全くの無音にはどんなものもならないので、それなりの消音でいいという方はこれですかね。

 

 

一人deカラオケDX 防音マイク」

こちらのグッズはカラオケ機能をつけてしまっているので、防音で一人カラオケが楽しめるというグッズですね。

こちらもそこそこの防音効果があるので、カラオケにせずに単純なボイトレにも使えます。

プラス、カラオケみたいにエコー付きで楽しめてしまうグッズです。

歌の練習だけがしたい!とりあえず防音!という人には不向きかもしれませんが、トレーニングしつつ楽しみたいという人にはオススメですね。

 

 

 







-ボイストレーニング

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.