ボイストレーニング

『息の流れる声・通る声』を作る「スー」「ズー」トレーニング

投稿日:2018年2月15日 更新日:

今回は息の多い声、通る声を身につけるトレーニングの「スー」「ズー」トレーニングについてです。

この記事は

  • 「スー」「ズー」トレーニングについて
  • それぞれのトレーニング方法の紹介
  • 歌における息と声が連動する重要性

という内容です。

「スー」「ズー」トレーニングとは

このページで紹介するトレーニングは

  1. 「スー」トレーニング
  2. 「ズー」トレーニング
  3. 「スッ」トレーニング

の3つです。

これらのトレーニングは

  1. 息と声の連動を高める
  2. 肺活量を鍛える
  3. 横隔膜を鍛える

という効果が考えられます。

結果的に

  • 声量アップ
  • 通る声
  • 息が流れる綺麗な声

などにつながる可能性があるトレーニングです。

では3つのトレーニングをそれぞれ紹介します。

「スー」トレーニング

このトレーニングはその名の通り「スー」の発音で発声練習します。

やり方

  • 口を「ス」の発音の形を作ります
  • そのまま、ますは息だけを流す「スーーーーー」
  • 次にその息の流れに乗せて声を出す「スーーーー」
  • これを音階などに合わせてトレーニングする

これだけです。

注意点

  • しっかりと息を流すこと
  • 上の歯に向けて息と声を流すこと
  • 息の圧力が上の歯でせき止められているような感覚を持つ

このトレーニングはピアノで音階練習しても良いですし、「ス」の発音だけで歌ってみる練習もいいと思います。

息の強弱をつける練習もオススメです。

だんだんと強くしたりだんだんと弱くしたり、波のように強弱をつけたりすることで息での表現力を磨くこともできます。

練習音源に困っている方はこちらを活用してみてください。

『「スー」「ズー」トレーニング練習用』トレーニング音源ページ

『「スー」「ズー」トレーニング用』ボイストレーニング音源 「スー」「ズー」トレーニング用のボイストレーニング音源です。もちろんそれ以外でも活用できますが、「スー」や「ズー」トレーニングがやりやすいよう ...

続きを見る

「ズー」トレーニングとは

その名の通り「ズー」で発声練習するトレーニングです。

練習方法は「スー」トレーニングと同じです。

「スー」トレーニングと同じようなものですが、若干違いがあります。

違い

こちらのトレーニングの方がより横隔膜への負荷が大きいです。

「ス」と比べて舌でさらに口の中の空間を狭めるため(息の出口が少なくなるため)、より一層息を出すのが大変です。

つまり、口で息がせき止められる力が強くなるのです。

よって息を吐く力がより一層必要になるので、負荷が大きくなるということです。

また、「ズー」の方が声帯をしっかりと鳴らせるのも特徴です。

息を出すのが大変な分、負荷がかかるので息をしっかりと吐けるトレーニングになるのですね。

重いバッドで素振りして普通のバッドを持つと軽く感じるのと同じようなものです。

「スッ」トレーニング

少し派生系のトレーニングです。

このトレーニングは声を出さずに息のみに焦点を当てているトレーニングです。

つまり、『声との連動』という部分を抜いて息のみに集中したトレーニングということです。

やり方

  • 口を「ス」の形を作ります
  • そのまま息を「スッ」と吐きます
  • しっかりと吐きます
  • この「スッ」と吐くのに合わせて横隔膜(お腹)を動かすのをしっかりと意識します
  • 強い勢いで息がはけると思います
  • 「スッ!スッ!スッ!スッ!スッ!」という感じです

そのまま「スッ!スッ!スッ!スッ!スッ!」と繰り返してもいいのですが、ピアノ(もしくはスケール音源)を使ってトレーニングするといいかもしれません。

声を出さないのにピアノ?ってなると思いますが、これが結構効果ありだと思います。

「息だけなので音階なんて必要ない」と思うでしょうが、音階があるとその音階を意識した息の量が自然と出やすいのです。

高音に行くにつれて息が自然と多くなってくるはずです。

つまり息だけで音階をつけているような感覚です。

これは素早いフレーズの方がいいでしょうから、練習音源はドッグブレス系などが良さそうです。

『ドッグブレス練習用』トレーニング音源ページ

『ドッグブレス用』ボイストレーニング音源 ドッグブレス用のボイストレーニング音源です。もちろんそれ以外でも活用できますが、ドッグブレスにいい音階を作っているつもりです。音源に合わせて「ハッハッハッハ」 ...

続きを見る

音階があるとそれを想定した息の出し方を自然と体がしてしまうということです。

もちろんピアノなし(音なし)でも効果はありますよ。

注意

  • 「ス」と声を出してはいけません(ウの母音をつけない)。あくまで出すのは息だけです。
  • しっかりと口と歯で息がせき止められている感覚をもつ
  • その負荷が横隔膜への負荷になります
  • 横隔膜をしっかりと動かしている感覚があり、息をしっかりと押し出すトレーニングだと感じることができれば成功です。

歌における息と声が連動する重要性

「スー」「ズー」トレーニングの一番いいところは

『息と声が連動を鍛えること』

でしょう。

「歌は息や呼吸が8割」とか言われるくらいに息の流れは重要なのです。

もちろん普段話すだけでも息は流れていますよ。

息が流れないと声になりませんから、そういう点では息と声は誰もが常に連動していると言えます。

しかし、

歌においては普段話しているレベルの息のコントロール能力では到底足りません。

歌に必要な息の流れやブレスコントロールは別物なのです。

なので、歌に必要なレベルの息の量とそれに対応できる声帯の動きを体に染み込ませなければいけません。

これが歌に必要な『息と声の連動』です。

息に声を乗せる【”息の重要性”とその連動ついて】

今回は「息の重要性」「息と声の連動の重要性」についてのテーマです。 この記事は 息の重要性について 息と声の連動の重要性について という内容です。 息の重要性について 息の流れや息の量や呼気圧というの ...

続きを見る

そして、このトレーニングはこれを鍛えるのにうってつけというわけですね。

結論

  1. 「スー」トレーニング→『息と声の連動トレーニング』
  2. 「ズー」トレーニング→『「スー」トレーニングの高負荷』
  3. 「スッ」トレーニング→『息に特化したトレーニング』

です。

息を鍛えるトレーニングは結果的に、

『通る声』にも繋がりますし、

声が通る人・通らない人の特徴|改善やトレーニング方法

今回は『声の通りについて』です。 この記事は 通る声・通らない声の特徴について 通る声になるためのトレーニングについて という内容です。 声が通る人の特徴 声が通る人の特徴は 声に含まれる倍音が多い ...

続きを見る

『肺活量を鍛える』ことに繋がりますし、

肺活量と発声の関係性について【肺活量の鍛え方】

今回は『肺活量と発声の関係性』についてです。 この記事は 肺活量とは 肺活量と発声の関係 肺活量を鍛えるトレーニング方法 についてです。 肺活量とは 肺活量とは 『肺が出すことのできる空気の量』のこと ...

続きを見る

『声量をアップ』させることにも繋がります。

声量を上げる方法について【おすすめトレーニング5選】

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『しょうもない記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人 ...

-ボイストレーニング

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.