歌声解説 歌声解説 男性シンガー

THE YELLOW MONKEY 吉井和哉の歌い方・歌唱力 バランスのいいミックスボイス【歌声解説】

投稿日:2018年2月19日 更新日:




今回は大人気バンドTHE YELLOW MONKEY のボーカル、吉井和哉さんの歌声について書いていきたいと思います。

THE YELLOW MONKEY と言えば、絶大な人気を誇り、最近再結成もされた人気バンドですよね。

多くの名曲を残しています。

あの吉井和哉さんの歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな吉井和哉さんの歌声のついて書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、若干声帯閉鎖が強めの声

地声の音域は普通の音域ですね。高くもなく低くもなくといった感じです。テンションが高く話すときは結構軽々高い音域に行くので高い方へシフトしやすい声なのでしょう。

声質も大きな特徴はないのですが、あえていえば、若干声帯閉鎖が強めかなという心象を受けます。若干ですよ。

 

歌声はバランスのいいミックスボイス

歌声はバランスのいいミックスボイスですね。綺麗すぎず、閉鎖も強すぎず、息も普通。笑 普通づくしですが、ちょうどいいバランスのミックスボイスは結構難しいのです。

多くの人に受け入れられる声だと言えそうです。

かなり高音域まですっと出しているのですごいですね。

 

どういう歌い方か

ロックバンドらしくかっこよく、まっすぐ言葉を届けて歌うタイプですね。

なのでビブラートはあまり効かせたりしませんね。

どちらかと言えば、張り上げて歌うようなタイプですね。(そこまで張り上げてはいないのですが、どちらかと言えばです)

 

どういう練習をすれば吉井和哉さんのように歌えるか

吉井和哉さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点を絞ることで近づく近道になります。

 

吉井和哉さんのように歌うポイント

  • バランスのいいミックスボイスを身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

バランスのいいミックスボイスを身につけるには

ミックスボイスのトレーニングは大きく分けるとこんな感じです。

もちろん他にもありますが。

 

吉井和哉さんのような歌声を身につけて行くには、リップロールやタングトリルやグッグトレーニングがいいでしょう。

 

リップロールはミックスボイスが出せない人にとっては最適な導入練習方です。ミックスボイスを習得してい人はまずここから練習していきましょう。

 

まとめ

吉井和哉さんのように歌うには

  • バランスのいいミックスボイスを身につける

が重要です。まずはここをしっかりと練習して違う練習に移っていきましょう。






-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.