歌声解説 男性シンガー

THE YELLOW MONKEY 吉井和哉の歌声や歌い方の分析

投稿日:2018年2月19日 更新日:

今回は大人気バンドTHE YELLOW MONKEYのボーカル、吉井和哉さんの歌声について書いていきたいと思います。

THE YELLOW MONKEYと言えば、絶大な人気を誇る大人気バンドですよね。

世に多くの名曲を生み出しています。

 

何と言ってもあの楽曲・演奏・歌声の素晴らしさは心掴まれますね。

魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや低め〜普通くらいの音域で、声帯の鳴りが強い声質

音域

地声や話し声の音域はやや低め〜普通くらいの音域です。

音域的にやや低め〜普通くらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は声帯がしっかりと鳴る鳴り系の声質を持っています。

息の流れよりも声帯の鳴りが先行するような鳴り主体の声質です。ビリビリ・ジリジリとしたような鳴り系の倍音がある声質です。

 

共鳴

共鳴は下方向主体(咽頭共鳴)です。

 

歌声は鳴り系のバランスのいい発声

地声

低中音域は地声

フレーズ次第で様々な声質を使っているのはもちろんですが、基本的には鳴り系の声質です。

声帯を柔らかくもしっかりと鳴らすような鳴り系の発声で低中音域を歌っています。

 

低中音域で声帯をしっかりと鳴らす発声を作り、ミドルレンジへとそのまま移行するような感じですね。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス)

 

声帯が閉鎖的に働き、くっきりとした芯のある中高音域を発声しています。柔らかくもくっきりとした鳴りの声質の中高音を自在に使いこなしています。

 

この絶妙な鳴りもしっかりとしつつも柔らかさを感じる声のニュアンスが吉井さんの歌声の特徴ですね。

 

ミドル

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

そこまで多用する発声ではないのですが、高音域の抜きなど使っています。

スルリと抜けるように、かつ芯もあるファルセットです。

 

ファルセット

「かなしい〜けどむりね〜

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

共鳴はあまり偏りのない感じですが、どちらかと言えば鼻腔や軟口蓋などの上方向に寄っている音色作りです。

口の開きなどの音色のニュアンスも縦・横方向にバランスがいいです。

これもどちらかと言えば横方向のニュアンスが強く浅めで明るいニュアンスかな、というような感じです。

 

ビブラート

ビブラートはあまり使うことなく、まっすぐに歌うタイプです。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

比較的フレージングが長いのが特徴です。

 

鳴り系の発声主体なので母音を長く繋げるようなニュアンスがあり、一息で歌う一つ一つのフレーズが結構長いです。

こういうフレージングも鳴り系の声でも滑らかさや柔らかさを感じる一つの要因かもしれません。

 

どういう練習をすれば吉井和哉さんのように歌えるか

吉井和哉さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点を絞ることで近づく近道になるかもしれません。

 

吉井和哉さんのように歌うポイント

ポイント

鳴り系の芯のある発声を身につける

 

これが重要だと思われます。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

鳴り系の芯のある発声を身につける

吉井和哉さんは基本的に息も鳴りもバランスのいい発声なのですが、どちらかと言えば鳴りベースの発声でしょうからそこを鍛えていくのが重要でしょう。

 

鳴りのトレーニング

声帯をしっかりと鳴らす発声のトレーニングは

  • グッグトレーニング
  • 「ネイ」「ヤイ」トレーニング

がおすすめです。

バランスを整えるのは個人個人声帯が違うので、本来は自分にある練習方法で試行錯誤しながら声を開発していくのがベストです。

 

吉井さんのような音色は基本的には声帯がしっかり・かつ柔らかく鳴っている鳴りを意識した練習がいいでしょう。まずは鳴りを身につけてそこから柔らかくしていく。

 

各種ボイトレ方法はこちら

ボイトレ一覧

発声方法・テクニックはこちら

発声・スキル

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.