歌声解説 男性シンガー

ブルーノマーズの声・歌い方・歌唱力についての研究

投稿日:2018年2月13日 更新日:

今回はブルーノマーズさんの歌・歌い方・歌唱力についての研究分析です。

声質・発声方法について

話し声・持っている声帯の特徴

地声や話し声の音域は高めの音域です。

声帯の音域のタイプはテノール(男・高音)だろうと考えられます。

 

声質はカサカサ系のハスキーボイス

「カサッ」「シャリッ」としたようなかすれたハスキーな成分(倍音)が多く含まれる声質を持っていると言えるでしょう。ハスキー特有の息漏れ感のあるノイズ成分が多く、話し声から個性的で心地よい音色ですね。

 

共鳴は上方向(鼻腔など)に響きやすい喉や骨格を持っている印象です。

 

歌声の特徴

チェストボイス(地声)

低中音域

低中音域とは言っても、もともと持っている声帯の音域が高いのもあってかなりの高さまで地声を使っています。

ハスキー系の声質なので声帯を鳴らそうそしても特有の息の倍音があります。

 

ザラザラ・サラサラとした特殊な倍音を含む声質です。

声帯を鳴らすように歌ったり息っぽく歌ったりと表現は様々ですが、どれもハスキー系の倍音を含む魅力的な声です。

 

地声

 

ミドルレンジ(地声)

中高音域(≒ミドルボイス・ミックスボイス)

声帯閉鎖を強めてそこに強い息の圧力をかけて発声しています。

 

とは言えハスキー系の声帯を持っているので絶妙に声帯が締まりきっていないのですね。

それにより特有の倍音を含んだ強い高音域を生み出しています。

 

この強い鳴りの発声を自在に使いこなしています。

 

ミドル

 

ファルセット(裏声)

高音域

ファルセットも圧倒的ですね。非常に綺麗なファルセットを自在に使い熟しています。

 

ファルセット自体は息の倍音を含みやすい発声ですが、ファルセット発声時はハスキー感がなく綺麗な音色になっています。

 

ファルセット

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

共鳴は鼻腔や軟口蓋などの上方向主体で発声しています。

 

ビブラート

ビブラートはあまりかけずにまっすぐ歌うタイプですが、自然にかかっているフレーズも多いです。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

声のアタック感やリズム感が非常によく、抜群の歌唱力です。

ピッチ感も圧倒的です。

 

どういう練習をすればブルーノマーズのように歌えるか

ブルーノマーズさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

ましてやあれだけトップクラスならなおさら難しいですね。ですが、要点を絞ることで近づく近道にはなります。

ブルーノマーズさんのように歌うポイント

ポイント

鳴りの強いミックスボイスを身につける

ハスキーっぽく聴かせる声にする

これが重要ですね。

では練習法を書いていきたいと思います。

鳴りの強いミックスボイスを身につけるには

鳴りの強いミドル域を身につけるには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。

このトレーニングは鳴りの強い高音域を脱力を促しながら練習できます。

 

音域を広げるトレーニングは焦らずにコツコツとやることが大切です。

 

声帯の使い方的にはエッジボイスのトレーニングもしておきたいところです。

エッジボイスで声帯を締めるようなトレーニングですね。ただ、声質がハスキーなのでなんとも言えないところです。

ハスキーボイスは締めても締まらないというところが魅力なんですよね。

 

ハスキーっぽい声を聞かせるには

ハスキーな声質の人は問題ないのですが。

ハスキーでない人がハスキーな声になることはとても難しいことです。というか基本的には難しいでしょう。

相当の努力をすればなれるのでしょうけど、まぶたが一重の人が二重になるようなものです。

 

ハスキーも紐解くと息の倍音(ノイズを含む)です。

しっかりと息を吐くトレーニングをすることが重要です。寄せるのであれば息系のトレーニングは必須ですし、息と声の連動が重要になってきます。

 

息と声の連動のトレーニングはドッグブレスが最適です。

息系のトレーニングは毎日少しづつでも取り組むことが重要です。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.