歌声解説 歌声解説 女性シンガー

美空ひばりの歌い方・歌唱力 超オールラウンドな歌声【歌声解説】

投稿日:2018年4月17日 更新日:




今回は美空ひばりさんの歌声について書いていきたいと思います。美空ひばりさんと言えば、記録や映像として残っている歴史上の日本人シンガーの中で最高と言われるほどのシンガーですね。なんと言ってもあの歌唱力の高さは尋常ではないです。

今尚、歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな美空ひばりさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声の音域はやや低めの音域で、咽頭共鳴・声帯閉鎖感が非常に強い声質

地声の音域はやや低めの音域です。もちろん年代によって違うのですが、相対的に見て低めと言えるでしょう。声質は非常に咽頭共鳴が強いですね。喉が鳴っているというのが、わかりやすい声です。そして鼻腔にはあまり響かないです。

咽頭共鳴が強いので、息が流れる分だけしっかりと声帯が鳴ります(息が流れるタイプではないということ)。

声帯閉鎖感のある独特な声質です。

 

歌声は基本的には地声を活かした歌声だが豊富すぎるバリエーション

歌声は基本的には地声を活かした閉鎖が効いた声で歌っています。地声よりも歌う時は共鳴腔を広げていますね。

 

恐るべきはその声のバリエーションですね。

息の多い声や抜くようなミックスボイス、綺麗なファルセットに強い発声から唸るような強烈な発声まで自由自在です。

なんでも出せてしまう声帯なのでしょうね。

 

どういう歌い方か

深いビブラートが特徴的ですね。表現力は圧倒的で、音の大小のコントロールがものすごくうまいです。言葉一つ一つ、フレーズ一つ一つに緩急があり、物語すら感じるほどの表現力です。

 

またピッチ感は尋常ではないほど優れており、美空ひばりさんはピッチ感がずば抜けていいことが歌のうまさの秘密ですね。それくらい音程を真の意味で外さないですね。(ドとド#の間にも音程はあるのです。正確にピッチが合うのは機会や楽器だけです。それだけ声のコントロールは難しいのです。)

 

どういう練習をすれば美空ひばりさんのように歌えるか

美空ひばりさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

ましてやあのレベル、一生かけても難しいレベルですが、、、笑

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

美空ひばりさんのように歌うポイント

  • 閉鎖系の声を身につける
  • 深いビブラートを身につける

この2つが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

閉鎖系の声を身につけるには

閉鎖系の声を身につけるには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。このトレーニングは閉鎖の強い声で、高音域を余計な力を抜きながらトレーニングすることができます。

このトレーニングで高音域までミックスボイスを身につけましょう。

 

「ネイ」「ヤイ」トレーニングについて詳しくはこちら

強いミックスボイスを手に入れるボイストレーニング〜「ネイ」「ヤイ」トレーニング〜

今回は強いミックスボイス・声帯閉鎖系の高音を手に入れるトレーニング「ネイ」・「ヤイ」トレーニングについて書いていきたいと思います。   特に鳴りの強い声や閉鎖系の声を鍛えるのにいいトレーニン ...

 

深いビブラートを身につけるには

深いビブラートを身につけると歌の安定感や増します。というのも音程をまっすぐにピッチを「全くブラさずに」伸ばすというのは非常に難しいことなのです。機械出ない限りは難しいのですね。その結果まっすぐ伸ばすとピッチが微妙にずれたりしてしまいます。

 

それを防ぐためにの能動的に音程を揺らすことでピッチのブレを防ぎ、聴き心地をよくしているのがビブラートです。

 

詳しい練習法はこちら

ビブラートの練習方法|出し方は?喉を使う?横隔膜を使う?

今回はビブラートについて書いていきたいと思います。 歌の技法としてよく聞くビブラート。やはりビブラートがかかっている歌声ってかっこいいですし、憧れますよね。 カラオケの採点でも高得点を狙うには必要なも ...

 

まとめ

美空ひばりさんのように歌うには

  • 閉鎖系の声を身につける
  • 深いビブラートを身につける

この2つが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。






-歌声解説, 歌声解説 女性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.