歌声解説 女性シンガー

薬師丸ひろ子の声・歌い方・歌唱力についての研究

投稿日:2018年7月7日 更新日:

今回は薬師丸ひろ子さんの歌声・歌い方・歌唱力についての研究分析です。

声質・発声方法について

話し声・持っている声帯の特徴

地声・話し声の音域は高めの音域

持っている声帯の音域のタイプはソプラノ(女・高音)くらいだろうと考えられます。

もちろん長く活躍されているので、年代で声の音域は変わっています(*女性は誰しも低く変化していきます。悪いことではなく、自然なことです)。

 

声質は息の流れが綺麗な「息っぽい」タイプの声質と言えそうです。

息が綺麗に流れる澄んだ透明感を持った声質を持っています。

もちろん声帯が鳴らないタイプというわけではなく、柔らかくバランスよく鳴っています。

 

歌声の特徴

チェストボイス

低中音域は地声

息が綺麗に流れるバランスのいい発声です。

 

息の流れに乗せて柔らかく声帯を鳴らすような発声で綺麗な澄んだ音色の発声を作り出しています。

優しい音色です。

 

地声

一部高音はミックスボイスですがそれ以外は地声です。

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

 

基本的に高音域はミックスボイスです。完全に裏返るようなファルセットはほとんど使っていません。

抜くような高音域でもファルセット的ニュアンスのミックスボイスで発声しています。

 

なので低音域から高音域までほとんど声質が変化せずに一本化されたような声に感じます。

おそらくファルセットよりもミックスボイスの方が出しやすいのでしょう。

 

柔らかい声帯の鳴りのミックスボイスです。

ミックスボイス

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

共鳴は上方向(鼻腔や軟口蓋)主体です。

口は横方向へ開き明るい声の響きを作っています。

 

ビブラート

ビブラートは綺麗にかけています。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

言葉のアクセントをあまりつけずに発音しますね。

そっとコップを音を立てずに机に置くような言葉の出し方です。

とは言え弱すぎずにちょうどよくはっきりと心地良い発音です。

 

どういう練習をすれば薬師丸ひろ子さんのように歌えるか

薬師丸ひろ子さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

薬師丸ひろ子さんのように歌うポイント

ポイント

柔らかい音色の声を身につける

上方向への響きを身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

柔らかい音色の声を身につける

柔らかい音色の声を身につけるにはリップロールの練習がオススメです。

リップロールは息と声帯の鳴りのバランスを整えますし、脱力に最適な練習です。

また、ミックスボイスの習得にも最適です。

 

また、薬師丸さんのように歌うには息の流れも非常に重要です。

 

息と声をしっかりと連動させるトレーニングとして「スー」「ズー」トレーニングがオススメです。

 

息のトレーニングは少しづつでも継続することで成果が出てくると思われます。

上方向への響きを身につける

上方向への響きを身につけるトレーニングは「ハミング練習」が最適です。

また、「ヒ」トレーニングもオススメです。

上方向への響きを身につけることで高音域の抜けが良くなりますし、声全体の透明感をつけます。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.