【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌声解説 女性シンガー

ドリカム 吉田美和の声や歌唱力についての分析

更新日:

今回はDREAMS COME TRUEの吉田美和さんの歌声について書いていきたいと思います。

DREAMS COME TRUEといえば、日本の音楽界のトップを常に走り続けているミュージシャンですよね。

そのボーカルが吉田美和さん。何と言ってもその魅力は歌唱力ですよね。本当に歌うまい。あの歌唱力の高さで日本中の人を圧倒していますね。心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

 地声・話し声はやや高めの音域で、鼻腔へ抜ける声

地声・話し声の音域はやや高めの音域です。やや高めの音域帯の声帯を持っているように感じます。

声質は息が流れる綺麗な声質です。

声帯もバランス良くなっているのですが、それ以上に息が流れやすい声質と言えるでしょう。ほんのすこしだけハスキーな声質を持っているような印象を受けます。もちろん、ハスキーというには程遠いのですが、倍音の鳴り方がほんの少しハスキー系なように感じます。

共鳴はかなり鼻腔に抜けやすいですね。地声から鼻腔に綺麗に声が通る歌うためにあるような喉や声です。

持っている声帯

やや高めくらいの音域・息が綺麗に流れる声質

歌声は息の流れや共鳴が美しい歌声

歌声は3種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)
  • ファルセット(ヘッド)

の3種類です。

地声

低中音域は地声系の発声です。

息の流れがとても綺麗な声質です。息が主体というよりは発声自体はバランスの良い発声ですが、綺麗に息が流れる声です。ほんの少しハスキー感が出るときもありますね。

共鳴は鼻腔や軟口蓋などの上方向に綺麗に響く声です。特に軟口蓋へ綺麗に声を当てているので、明るく抜けるような歌声です。

地声


ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。地声の延長線上くらいの発声です。

地声よりもやや声帯の鳴りが強まり高くパワフルな歌声を生み出しています。喉周りの空間は広く保っているので広がりあるミックスボイスになるのですね。

声帯の鳴りの倍音はそこまで強く鳴らずに独特のハスキー感のある倍音が多くなるのが特徴的です。

ミックスボイス

ファルセット

高音域はファルセットを使うときもあります。

抜くような高音域で主に使います。ミックスボイスが高い音まで出るので、そこまで多く使われるわけではないですが息が綺麗に流れるファルセットです。

ファルセット

歌声

息が綺麗に流れる地声域・しっかりと鳴るミックスボイス・ファルセット

どういう歌い方か

共鳴や音色

吉田美和さんはもともと口が大きく当然ながら口の開きも大きいです。

なので、音色は明るい音色になっています。それだけではなく、軟口蓋や鼻腔など上方向へ声を当てることで、綺麗に響く声を生み出しています。共鳴する空間が広いので、浅い響きにはならずにふくよかに響く明るい音色を作り出しています。

声を斜め上前方向へ充てる意識が重要ですね。

ビブラート

ビブラートは綺麗にかけるタイプです。

フレージング・歌い回し・歌唱力

大きな癖はなく、オールラウンドになんでも歌いこなすタイプですね。

ピッチ感やリズム感も非常によく高い歌唱力を持っていると言えますね。

どういう練習をすれば吉田美和のように歌えるか

吉田美和さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

吉田美和さんのように歌うポイント

ポイント

上方向への響きを身につける

息が綺麗に流れる発声を身につける

パワフルなミックスボイスを身につける

これが重要ですね。では練習方法を書いていきます。

上方向への響きを身につける

吉田美和さんは上方向への響きが非常に強く深いです。

上方向への響き(軟口蓋や鼻腔)を身につけるにはハミングで練習するのが良いです。「ヒ」トレーニングもオススメです。

息が綺麗に流れる発声を身につける

息が綺麗に流れる発声を身につけることも綺麗な声を出す上では重要です。

息と声のトレーニングはドッグブレス「スー」「ズー」トレーニングが最適です。毎日少しづつでも続けなければ効果が出にくいものですが、日々の声の通りなどもよくなるのでやって損なしのトレーニングです。

パワフルなミックスボイスを身につける

吉田美和さんのようにパワフルで綺麗なミックスボイスを身につけるには相当の努力が必要です。特に強い声帯閉鎖に息の圧力をかけて出すようなベルティング系の発声はとても難しいです。

また、若干のハスキー感が特殊な鳴りを生み出しているので同じような声帯を持っている人でないと、あの鳴りは生み出せないでしょう。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.