歌声解説 女性シンガー

ドリカム 吉田美和の歌声や歌唱力の分析【息や共鳴が美しい発声】

投稿日:2017年12月21日 更新日:

DREAMS COME TRUEといえば、日本の音楽界のトップを常に走り続けているミュージシャンですよね。

そのボーカルが吉田美和さん。何と言ってもその魅力は歌唱力ですよね。

あの歌唱力の高さで日本中の人を圧倒していますね。

 

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなDREAMS COME TRUEの吉田美和さんの歌声について書いていきたいと思います。

吉田美和さんの声の特徴【持っている声帯】

まずは吉田美和さんの話し声の特徴を掴みましょう。

  • 話し声≒持っている声帯

の特徴を掴むことも歌声の分析する上では重要ですね。

 地声・話し声はやや高めの音域で、鼻腔へ抜ける声

音域

地声・話し声の音域はやや高めの音域です。

やや高めの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は息が流れる綺麗な声質です。

声帯もバランス良くなっているのですが、それ以上に息が流れやすい声質と言えるでしょう。

ほんのすこしだけハスキーな声質を持っているような印象を受けます。もちろん、ハスキーというには程遠いのですが、倍音の鳴り方がほんの少しハスキー系なように感じます。

 

共鳴

共鳴はかなり鼻腔に抜けやすいですね。

地声から鼻腔に綺麗に声が通る歌うためにあるような喉や声です。

 

吉田美和さんの歌声の分析【発声方法】

吉田さんの歌声は

優しくも強い風のような声

最大の特徴は

  • 息が綺麗に流れるバランスのいい発声を自在に操ること

でしょう。

歌声は息の流れや共鳴が美しい歌声

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミドル(≒ミックスボイス)
  • ファルセット(ヘッド)

 

地声

低中音域は地声

息の流れがとても綺麗な声質です。

 

息が主体というよりは発声自体はバランスの良い発声ですが、綺麗に息が流れる声です。ほんの少しハスキー感が出るときもありますね。

 

共鳴は鼻腔や軟口蓋などの上方向に綺麗に響く声です。特に軟口蓋へ綺麗に声を当てているので、明るく抜けるような歌声です。

 

地声


 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

綺麗に地声域を引き延ばすようにして中高音を発声しています。

 

声帯に強く息の圧力をかけながら声帯が綺麗に伸展して高音域に登ることで美しくも力強い高音発声を生み出しています。

喉周りの空間は広く保っているので広がりのある音色ですね。

 

声帯の鳴りの倍音はそこまで強く鳴らずに独特のハスキー感のある倍音成分が多くなるのが特徴的です。

 

中高音域

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

抜くような高音域で主に使います。

 

ミドルレンジが高い音まで出るので、そこまで多く使われるわけではないですが息が綺麗に流れるファルセットです。

 

ファルセット

 

吉田美和さんの歌い方の傾向

共鳴や音色

吉田美和さんはもともと口が大きく当然ながら口の開きも大きいです。

なので、音色は基本的に明るい爽やかな音色になっています。

それだけではなく、軟口蓋や鼻腔など上方向へ声を当てることで、綺麗に響く声を生み出しています。

 

共鳴する空間が広いので、浅い響きにはならずにふくよかに響く明るい音色を作り出しています。

声を斜め上前方向へ充てる意識が重要ですね。

 

ビブラート

ビブラートは綺麗にかけるタイプです。

 

フレージング・歌い回し

歌い回し自体は大きな癖はなく、オールラウンドに歌いこなすタイプだと思います。

言葉で表現できるような癖は少ないのですが、

  • 圧倒的ピッチ感やリズム感
  • アドリブやフェイク

などなど素晴らしい音楽スキル全体が吉田美和さんらしさみたいなものを生み出しているように感じます。

 

個人的に思うのは、吉田美和さんの歌声って

  • 音色が似た人がいそうで全然いない声

なんですよね。

言葉で表現しやすいような特徴が見つけにくいのに、一聴すれば吉田美和さんとすぐに感じるんです。

これはやはり特有の倍音・声質でしょう。特有の美しい倍音成分を含んでいるんですね。

 

吉田美和さんの歌声に近づくためには

吉田美和さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

吉田美和さんのように歌うポイント

ポイント

上方向への響きを身につける

息が綺麗に流れる発声を身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきます。

 

上方向への響きを身につける

吉田美和さんは上方向への響きが非常に綺麗です。

声が上方向へスカーッと抜けるような音色を持っています。

これが歌声の爽やかさや綺麗さを作り上げている一つの要因ですね。

 

上方向への響きのトレーニング

響きのトレーニングはまず、意識することが第一です。

声を上方向へ当てる意識が大事です。これだけで音色が少し変わります。

 

上方向への響き(軟口蓋や鼻腔)を身につけるにはハミングで練習するのがおすすめです。

「ヒ」トレーニングもオススメ。

 

また、吉田さんは口の開きも大きく音色が外側へ広がっていくような感じです。

これに関しては持っている骨格などがあるでしょうから、自分の持っている骨格などを考慮しながら『なるべく口を大きく開くようなイメージ』で発声するといいとおもいます。

 

息が綺麗に流れる発声を身につける

吉田さんの歌声の綺麗さや倍音の多さの根幹は息の流れが握っています。

  • 『綺麗な息の流れ+ほんのりハスキー』

が吉田美和さんの音色です。

ただ、ハスキーな成分は持っている声帯によるところが大きいので、トレーニングではどうしようもないことも多いです。自分の持っている声帯と相談してみてください。

 

息のトレーニングは誰にでもオススメです。

息のトレーニング

息と声のトレーニングは

が最適です。

毎日少しづつでも続けなければ効果が出にくいものですが、日々の声の通りなどもよくなるのでやって損なしのトレーニングです。

まずはため息に声を乗せるようなトレーニングもいいかもしれません。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.