歌声解説 男性シンガー

MAN WITH A MISSION Tokyo Tanakaの声や歌い方についての分析

投稿日:2018年4月16日 更新日:

今回はMAN WITH A MISSIONのボーカル、Tokyo Tanakaさんの歌声・歌い方・歌唱力についての研究分析です。

話し声の特徴

地声・話し声については全くわかりません声帯の音域のタイプも不明です。

狼ですから、仕方ありません(*そういう設定なので。笑)

もしかしたら一度くらい話したことあるのですかね?多分ないはず。

歌声から想像するに声帯の音域のタイプはやや低めくらいだろうと予想します。

 

話し声の声質のタイプも狼なので厳密には不明です。

歌声から予想するに「鳴りやすいタイプ」寄りだろうとは思われます。

持っている声帯

歌声の特徴【発声方法】

チェストボイス(地声)

低中音域は地声(チェストボイス)。

声帯の鳴りと息のバランスのいい声質がメインです。

どちらかと言えば声帯の鳴りをメインにした鳴り系の声質を使うことが多いです。独特の太さのある発声で個性的な声質です。

 

地声

 

ミドルレンジ(地声)

地声の中高音発声。

声帯を強く鳴らして強い高音域を発声しています。

喉の空間がしっかりとあり、太さのある発声を作り上げています。

 

ミドル

 

ファルセット(裏声)

高音域は裏声(ファルセット)。

使用頻度はそこまで多くはないのですが、綺麗な鳴りのファルセットを持っています。

 

ファルセット

あまりいい試聴音源がなかったのでYOUTUBEから。冒頭の部分です。

歌い方

共鳴や音色

やや咽頭共鳴(下方向への共鳴)をしっかりと保って太い音色を作り出すことが多いです。

 

ビブラート

ビブラートはかけるタイプではありません。

 

フレージング・歌い回し

基本的に英語の歌が多いので、子音をしっかりと発音するかっこいい歌い方です。

声をガツンと届けて歌うロックなタイプですね。

どういう練習をすればTokyo Tanakaさんのように歌えるか

Tokyo Tanakaさんのように歌うポイント

ポイント

太い発声を鍛える

これが重要でしょう。

太い発声を鍛えるには

まずは高音域を強く鳴らせるようなトレーニングが必要でしょう。

中高音開発にはリップロールのトレーニングがオススメです。

リップロールはミドルの導入に最適なトレーニングです。

 

また、喉の空間を保ちつつ強い鳴りを生み出すような太い発声はグッグトレーニングがオススメです。

太い空間を喉に作り出すには咽頭共鳴が重要です。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.