歌声解説 男性K-POP

BTS(防弾少年団)ジンの歌声や歌い方についての分析

投稿日:2018年5月26日 更新日:

今回はBTS(防弾少年団)のジンさんの歌声について書いていきたいと思います。

BTS(防弾少年団)と言えば、大人気のKーPOPグループですね。その人気は今や世界中の人を魅了していて、世界レベルのグループとなっています。

 

何と言ってもあの歌声、ダンス、楽曲と本当に素晴らしいですよね。魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや低め〜普通くらいの音域で、バランスのいい鳴り系の声質

音域

地声や話し声の音域はやや低め〜普通くらいの音域です。

音域的にやや低め〜普通くらいの音域の声帯を持っていると感じます。

 

声質

声質は声帯の鳴りと息の流れのバランスのいい声質です。

どちらかと言えば声帯の鳴りがしっかりとある鳴り系の声質でしょう。やや柔らかさを感じる優しい声です。

 

歌声はしっかりと鳴るミックスボイスが特徴的

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミドル(≒ミックスボイス)
  • ファルセット(ヘッド)

 

地声

低中音域は地声

地声域は主に息の流れが綺麗な息系の発声主体です。

 

さらりとした息系の発声で低中音域を歌い、ある程度高音域なってくると声帯をしっかりと鳴らすようなミックスボイス域へと入っていきます。

 

地声

ミックスボイスやファルセットもあるフレーズですが、息系の低中音域が地声です。

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

くっきりとした芯のあるミックスボイスです。

声帯を綺麗な閉鎖させてバランスのいいミックスボイスを高音域まで自在にコントロールしています。

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

綺麗なファルセットを自在にコントロールしています。

主に高音域の抜きで使うことが多いです。

 

ファルセット

−0:15〜のボーカルがJINさんですね。

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

鼻腔や軟口蓋など上方向主体の音色作りです。

 

ビブラート

フレーズ次第ですが、自然にかけています。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

大きな癖はないのですが、低音域から高音域まで声区変化もしっかりとあり、バランスのいい歌い方が特徴的です。

優しい雰囲気のあるオールラウンダーです。

ピッチ感やリズム感も素晴らしいですね。

 

どういう練習をすればジンさんのように歌えるか

ジンさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

ジンさんのように歌うポイント

ポイント

バランスのいいミックスボイスを身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を紹介します。

 

バランスのいいミックスボイスを身につけるには

バランスのいいミックスボイスとは言っても、声帯が人それぞれなので一概に「あれをすればこうなる、これをすればどうなる」と言えるものではないです。

ただ、声帯の柔軟性が必要であるとだけは言えます。

 

ミックスボイスの導入にはリップロールのトレーニングがオススメではあります。

しかし、やはり自分に合う中高音発声のトレーニングを模索していく道も重要だと思います。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性K-POP
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.