歌声解説 男性シンガー

BTS ジョングクの歌声や歌い方についての分析

投稿日:2018年5月26日 更新日:

今回はBTS(防弾少年団)のジョングクさんの歌声・歌い方についての分析です。

話し声の特徴

地声や話し声の音域はやや低め〜普通くらいの音域です。

やや低め〜普通くらいの音域帯の声帯を持っているように思います。

 

声質は声帯がしっかりと鳴る鳴り系の声質です。

息の流れよりも声帯の鳴りが先行するような鳴り系の声質を持っていると言えるでしょう。

ジリジリ・ビリビリとした鳴りが鳴りやすい声質ですが、歌声とは結構逆の性質ですね。

 

咽頭共鳴(下方向への共鳴)主体の響きで話すことが多いです。

持っている声帯

やや低め〜普通の音域・鳴りやすい声質

歌声の特徴【発声方法】

チェストボイス(地声)

低中音域は地声(チェストボイス)。

非常に綺麗なさらりとした透明感がある声質です。

基本的に息をしっかりと流すことで息の倍音成分が多く含まれる声質を生み出すような発声です。この息の倍音が歌声の透明感の鍵ですね。

 

また、鼻腔や口腔など上方向主体の音色作りも透明感のある澄んだ音色の発声を作り上げている要因です。

この地声域の発声である程度の高音まで登っていき、それ以上はファルセットへ移行するようなスタイルが多いです。

地声

 

ミドルレンジ(地声)

地声の中高音発声。

地声の延長線上でやや声帯をしっかりと鳴らすようにして綺麗でしっかりと鳴る中高音を発声しています。

基本的にはある一定の音域帯以上はファルセットへ移行することが多いです。

中高音

 

ファルセット(裏声)

高音域は裏声(ファルセット)。

綺麗なファルセットを自在に使いこなします。

息が綺麗に流れるさらりとしたファルセットを使いこなしています。ファルセットを自在に使いこなすのもジョングクさんの特徴です。

ファルセット

「I got you〜」からのボーカルはジョングクさんです。綺麗なファルセットです。

歌い方

共鳴や音色

鼻腔や口腔など上方向主体の音色作りで、透明感のある音色を作り上げています。

 

声の方向性は斜め上方向中心です。

話し声では下方向へ当たりやすいのですが、歌声はあまり下方向へ声を当てることはないです。つまり持って生まれたものではなく、意図的に音色をコントロールしています。相当の努力も必要だったのかもしれませんね。

 

ビブラート

ビブラートはフレーズ次第ですが、自然にかけるタイプです。

バラード系ではかける傾向があり、ダンス系は直線的に歌うことが多いです。

 

フレージング・歌い回し

大きな癖はなく、ベーシックかつオールラウンドに上手いタイプです。

「癖がないという個性」とも言えそうなくらいの圧倒的オールラウンダーで、万人に受け入れられるような歌い方でしょう。

 

ピッチ感やリズム感も良く、素晴らしい歌唱力を持っていますね。

どういう練習をすればジョングクさんのように歌えるか

ジョングクさんのように歌うポイントは

ポイント

地声系の発声で高音域まで綺麗に歌う

これが重要でしょう。

地声系の発声で高音域まで綺麗に歌う

ジョングクさんは持っている声帯自体は「やや低め〜普通くらい」と若干低い側と考えられるのですが、地声系の発声を綺麗に高音域まで伸ばします。

これは声帯を綺麗に引き伸ばす能力に非常に長けていると考えられます。

 

地声域を伸ばす

声帯を引き伸ばす、つまり「声帯伸展」がしっかりとできる声帯の柔軟性に富んでいるということです。

 

地声域の音域を広げるトレーニングはコツコツとしたものになります。

 

ジョングクさんのようにさらりとした息系の発声を上手く高音域まで歌えるようにするにはリップロールのトレーニングがオススメです。

 

ファルセットのトレーニングも忘れずに

グクさんは綺麗なファルセットも持っているので、ファルセットを鍛えることも必要です。

  1. ファルセットの低音・高音トレーニング

でしっかりと鍛えましょう。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.