【お知らせ】Apple Musicの埋め込み試聴音源がiOS13.4.1ではうまく作動しないことがあります。iOS側の対応を待つしかないようです。

歌声解説 男性洋楽

フレディ・マーキュリーの声や歌唱力についての分析

更新日:

今回は、伝説のシンガー:フレディ・マーキュリーさんの歌声について書いていきたいと思います。

フレディ・マーキュリーさんと言えば、世界的に知らない人はいないであろうの伝説のシンガーですね。キングオブロック:QUEENというバンドのボーカルですね。

QUEENの楽曲の素晴らしさ、ブライアンメイのギター・ロジャーテイラーのドラム・ジョンディーコンのベースの素晴らしさ、メンバーでのコーラスワークの素晴らしさなどあげていけばキリがないです。

しかし、何と言ってもフレディ・マーキュリーさんの歌声なくしてクイーンは語れないでしょう。世界的なボーカリストは?という話題には必ず名前の上がる伝説のシンガーです。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通〜やや高めくらいの音域で、軽やかなバランスのいい声質

地声・話し声の音域は普通〜やや高めくらいの音域です。普通〜やや高めくらいの音域帯の声帯を持っているように思います。

声質もバランスのいい声質で大きな特徴のある声質というより、普通のバランスのいい声質です。ただ、声が軽やかに出てくるような声質で喉の柔軟性を感じさせるような声質です。

英語圏特有の響きの良さ舌の滑らかさは話し声からも聞き取れますね。また、歯が大きく口が開きやすいような、骨格をしているので明るい音色の声になるのでしょう。

持っている声帯

普通〜やや高めくらいの音域・バランスのいい声質

歌声はウィスパーから強いミックスボイス、ファルセットまで万能に歌いこなす

音域

『lowF〜hihiF』驚異の4オクターブ。

地声域でmi2A〜mid2F#、ミックスボイスはmid2F#〜hiB、ファルセットもmid2F#〜hiDくらいの音域が発声的に当たりが良さそう(フレディの声帯で美しく発声しやすい最適解)な音色をしているように感じます(*使っている限界範囲ではないですよ)。

もちろん楽曲によって使い分けは様々です。

歌声は3種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)
  • ファルセット(ヘッド)

の3種類です。

地声

低中音域は地声を使っています。

軽やかな声質で息が綺麗に流れつつ声帯の鳴りもしっかりとある発声がメインですね。

フレーズによって息を多く含ませたり、鳴らしたりと表現の幅が広いです。

特徴は鼻腔や軟口蓋への共鳴が非常に綺麗に共鳴しているというところですね。

地声

滑らかな息の流れと声帯の鳴りがある発声です。声が上アゴに綺麗に当たっているのがわかりますね。後半は綺麗なファルセットです。

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。地声の延長線上くらいの発声です。

柔らかいミックスボイスから強いミックスボイスまで使いこなすオールランドな歌声を持っています。しかも、自由自在に使いこなすという点で圧倒的な歌唱力と言えますね。バラードで綺麗に聴かせることはもちろんのこと、ロックで激しく聴かせることも圧倒的レベルでできる歌声です。

フレディの特徴的なミックスボイスは強いミックスボイスですね。フレディ・マーキュリーと言えばこの声ともイメージさせるミックスボイスですね。息の圧力が非常に強く特有の声帯の鳴りがあります。

言葉で表現するのは難しいのですが、特有の唸り感と言いますか、声帯の軽やかなガラガラ感と言いますか、これぞフレディ・マーキュリーの歌声という鳴りの強いロックなミックスボイスです。

このミックスボイスは強い鳴りと声帯のコントロール、そして息の圧力がないとできない声ですね。

ミックスボイス

かなり特有の強い鳴りのあるミックスボイス中心のフレーズです。

随所にジリジリ・カラカラ・ガラガラしたような特有のがなり声のようなの声帯の鳴りが聴こえますね。息で声帯を押し切っているようなシャウト系の発声に近いですが、声帯の閉鎖も完璧にコントロールしているので綺麗に聴こえるという「これぞフレディの声」という声です。

ファルセット

高音域はファルセットを使っています。

これまた、非常に綺麗で柔らかいファルセットを完璧に使いこなしています。歌の中では、高音を綺麗に聴かせたいところや抜きのところで使っています。

ファルセット

非常に綺麗で滑らかなファルセットへの切り替えです。

フレディ・マーキュリーの歌声の中には、含まれている倍音もとても多く、聞いていてかなり心地の良い声です。

ロックからオペラのような曲調まで自由に歌いこなせるのは、声帯を完璧に使いこなすコントロール能力共鳴の美しさが生み出しているのですね。

歌声

軽やかな地声域・強い鳴りのミックスボイス・ファルセット

どういう歌い方か

共鳴や音色

鼻腔や軟口蓋など上方向を主体とした音色作りが多いように思います。

ビブラート

ビブラートは綺麗にかかりますし、楽曲によってコントロールしている印象を受けます。

フレージング・歌い回し・歌唱力

かなり多くのバリエーションある歌い方をしているので、これといって決め付けられないのですが。

声質の癖は結構すごいのですが、歌い方の癖はあまりないです。オペラからロックまで対応できるのでかなりの万能性です。

声の出だしがスムーズで速く正確(アタックが綺麗という印象を受けますね。言葉をポンポンスムーズに出していくような感じといいましょうか。あまりしゃくったりせずに、まっすぐ音程をはめていけるピッチ感の持ち主です。

どういう練習をすれば、フレディ・マーキュリーのように歌えるか

これが分かれば、世界中がフレディ・マーキュリーだらけですね。誰もがキングオブロックの称号を手に入れてしまいます。本当に多く音楽的要素をトップレベルまで高めていかないといけません。

それくらいすごいのがフレディ・マーキュリー。ですが、練習の要点を絞ることはできます。

フレディー・マーキュリーさんのように歌うポイント

ポイント

地声域は息の流れと鳴りのバランスのいい発声を

高音域は鳴りの強いミックスボイスを身につける

これが重要でしょう。では練習方法を紹介します。

地声域は息の流れと鳴りのバランスのいい発声を

フレディー・マーキュリーさんの地声域は非常に綺麗で滑らかです。色々な声質を使い分けていますが、なんにせよ重要なので息の流れのコントロールですね。息が綺麗に流れる発声を身につける必要があります。息が綺麗に流れる発声は息と声との連動が重要になってきます。

息と声とを連動させるトレーニングはドッグブレス「スー」「ズー」トレーニングが最適です。息系のトレーニングは日々の積み重ねが重要です。

息を効率良く鍛えるにはパワーブリーズもおすすめです。

また、軟口蓋や鼻腔を中心とした上方向への共鳴のトレーニングはハミング練習がオススメです。

鳴りの強いミックスボイスを身につける

フレディ・マーキュリーさんの特徴は何と言っても、鳴りの強いミックスボイスです。声帯の鳴りが強く、声質や喉は綺麗なバランスを保ちつつ、息の圧力で声帯を鳴らすような倍音を含んでいるミックスボイスです。

強いミックスボイス太いミックスボイス「ネイ」「ヤイ」トレーニンググッグトレーニングでの練習がオススメです。それらの様々なトレーニングを複合的にかつ継続的に練習していくしかないですね。

声帯をガラガラと鳴らすようなミックスボイスは声帯閉鎖と強い息の圧力が重要です。エッジボイスのような強い声帯閉鎖に強い息を通すような練習が必要です。

ベルティングボイスの練習なんかいいかもしれませんね。

フレディ・マーキュリーさん特有のミックスボイスはとてもレベルが高いもので、そうそう真似できるものでもないです。個人で研究・喉を開発していくしかないですね。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

 

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについてです。 この記事は 効率よくボイトレする 普段かけられない負荷をかける 楽にトレーニングする など歌が上手くなるため ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『普通の記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人にある ...

-歌声解説 男性洋楽
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.