歌声解説 男性シンガー

サカナクション 山口一郎の歌声や歌い方の分析

投稿日:2018年2月23日 更新日:

今回は人気バンド、サカナクションの山口一郎さんの歌声について書いていきたいと思います。

サカナクションと言えば、独特の楽曲と世界観で多くの人を魅了しているバンドですよね。

 

何と言ってもその楽曲の世界観は唯一無二ですよね。

そんな楽曲を作り上げている山口一郎さんの歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや低め〜普通の音域で咽頭共鳴の強い声

音域

地声・話し声の音域はやや低め〜普通の音域ですね。

音域的にやや低め〜普通くらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は声帯の鳴りが強い鳴り系の声質です。息の流れよりも声帯の鳴りが先行する鳴り系の声質です。

 

共鳴

話し声の共鳴は咽頭共鳴主体で下方向へ響きやすい声を持っています。

 

歌声はバランスのいい発声

チェストボイス

低中音域は地声

 

息系の声質から鳴り系の声質までフレーズによって使い分けていますが、基本的には声帯の鳴りと息の流れのバランスの取れた声質を使うことが多いです。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

地声と比較すると声帯の息の圧力とそれを支える閉鎖感を強めて高音域を鳴らしています。

 

また、息系の倍音が弱くなり鳴り系の倍音が強くなっています。

柔らかく鳴らしかつ喉の空間も綺麗に保っている心地よい中高音です。

 

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)。

抜くような高音のフレーズなどで使われることが多いです。

 

 

どういう練習をすれば山口一郎さんのように歌えるのか

山口一郎さんのように歌うには多くの要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になるはずです。

 

山口一郎さんのように歌うポイント

ポイント

バランスのいい中高音発声を身につける

 

これが重要ですね。

では練習法を書いていきたいと思います。

 

バランスのいい中高音発声を身につける

山口さんは息と鳴りのバランスのいい心地よい発声です。

この『バランス』に関しては個人個人持っている声帯が違うでしょうから、自分の声帯と向き合いながら練習していきましょう。

 

地声系の高音を鍛えるには

がおすすめです。

また、グッグトレーニング・「ネイ」「ヤイ」トレーニングなどで鳴りを鍛えるのもいいと思います。

強く鳴らせれば弱めるのは比較的簡単ですから。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.