発声方法

シャウト系の発声のやり方・練習方法について

投稿日:2018年7月7日 更新日:

今回はシャウト系の発声について書いていきたいと思います。

この記事は

  • シャウトの種類
  • シャウト系発声の仕方・練習方法
  • 仮声帯を考える必要性
  • シャウトの喉への負担について

という内容です。

シャウト系の発声の種類

シャウトとは

「叫ぶ」「大声で歌う」

という意味です。

 

歌においても基本的にはこういう意味で、特別細かい定義がされている訳でもありません。

なので、一言にシャウト系の発声と言っても色々ありますね。

 

単純に叫んでいるような発声ファルセットに近いシャウトデスボイス系の発声など様々な種類の発声があります。シャウト業界(ヘビメタ・ハードロック)ではもっと細分化されています。

 

ここでは大きく3つに分けたいと思っています。

シャウト系の発声

  • 地声系のシャウト
  • 裏声系のシャウト
  • デスボイス

この3つに分けたいと思います。

 

シャウト系の発声の仕方

大前提理解しておかなければいけないのが、シャウトというのは

シャウトを出したい人以外には喉の健康上あまりオススメできない発声

だということです。

 

どれだけコントロールできている人でもやり過ぎは禁物と考えられます。やはり少なからず普通の発声よりは喉に負担がかかっているものですし、声帯を痛める可能性があります。

なぜなら、声帯が割れるほどの強い息の圧力を声帯にぶつけるので、かなり強い負荷が声帯にかかります。また、シャウト系の発声のやり過ぎで普通の発声に影響してくることも考えられるはずです。

 

なのでハードロック系やメタル系の発声を目指している方は「気をつけて頑張る」

それ以外の方は「より一層気をつけて程々に」というくらいがちょうどいいと思います。

 

『地声系のシャウト』

地声系のシャウトはその名の通り地声でのシャウトです。

地声系シャウトのやり方

喉をエッジボイスの状態にします。

エッジボイスの状態でそのままの喉の形を意識します。そのままの喉の形を意識した状態で息を思いっきり吐きます

おそらく声が割れるでしょう。

これが地声系のシャウトの原理ですね。

 

ただ単純に「叫ぶ」というものですね。

まぁここまで具体的にやり方を考えなくても、本能のまま何も気にせず思いっきり叫べば大抵は地声系のシャウトになると思います。

 

『裏声系のシャウト』

裏声系のシャウトは裏声の状態で叫びます。

地声系のシャウトに比べると、高い音域のシャウトになります。

 

裏声系のシャウト

甲高い叫び声のようなものですね。

これは裏声でエッジボイスの状態(裏声を出す準備状態)を作ります。声帯を裏声を出す形にするということですね。

そこから息を思いっきり吐きます。おそらくできると思います。

ジェットコースターの高いところから下る時の「キャーーーーーー」とか「フォーーーーー」に近いですね。

裏声の状態で呼気圧を高めて、割れ気味に裏声を強く発するみたいな感じです。

 

この裏声シャウトで息の圧力をそのままに声帯閉鎖を強めて割れないほどの閉鎖を身につけるとそれがホイッスルボイス系の発声になってくるはずです。

 

 

『デスボイス系のシャウト』

デスボイスの定義は実は細かく分けるといろいろあるみたいで、裏声系のシャウトもデスボイスと言ったり言わなかったり。

厄介なので、ここではその辺は置いておきます。

 

「デスボイス」と聞いて、僕が基本的に想像するのは太い低い唸りのようなものなのですが、みなさんもそんな感じではないでしょうか。

デスボイス界では「グロウル」と呼ばれるものですね。

 

グロウルは少し特殊な声帯の使い方をします。声帯よりも仮声帯を使う割合が大きい発声です(仮声帯については後ほど)。

グロウルのやり方

  • ファルセットを出します(ファルセットができない人は地声でもいいです。)
  • その音をだんだん下げていきます
  • ファルセットで出しきれないところまで下げてきたら普通は地声に戻るでしょうが、ここでファルセットの喉の形を維持したまま音程を下げます。(地声に戻ってはダメ)
  • 当然、ファルセットにはならず声が割れていきます
  • ここでグロウル系の発声になるはずです

 

これは普通のシャウトとは種類が違うのです。

 

普通のシャウトとグロウルの違い

普通のシャウト声帯が割れるほどの、息の圧力をかけて声帯を割れ気味に発声するというものです。

グロウル息の圧力で割るのではなく、声帯が簡単に割れる状態を作り上げている発声です。

簡単に割れる状態とはここでは、ファルセットを維持できないほどの低音域にファルセットの状態のまま入ることです。

 

つまり声帯の閉鎖している部分(音を鳴らしている部分)を無くし、声帯がある程度開いた状態で無理やり鳴らすみたいな発声法です。

そうすると自然と仮声帯が鳴ってゴロゴロとした発声になるのです。

 

アプローチとしては地声からで音程を下げても入れるのですが、ファルセットの状態のまま下げた方がわかりやすくできると思います。

 

シャウトは仮声帯(かせいたい)を考える必要性がある

ここまではややこしくなってくるのである程度仮声帯を無視したような書き方で書いてきましたが、シャウト系の発声において仮声帯は無視できないものである・必ず考えなければいけないものと言えるでしょう。

 

そもそも

「声が割れる」という時点で「仮声帯」が作用している可能性が非常に高いです。

つまり「声が割れる=仮声帯が使われている」と言い換えてもいいと思います。

声帯が息の力に押し負けないように作用するのが仮声帯だからです。

 

シャウト全般、特にデスボイス系の発声は「仮声帯」が音色を作っている場合がほとんどでしょう。

この仮声帯は知っていなければ全く感覚として意識することができないのですが、知っていれば「これか!」となるような部分で、日常誰もが使っている部分です。

 

シャウト系発声の喉の負担

正しいシャウト?

おそらくですが、

  • 正しいシャウト
  • 正しくないシャウト

というものがあり、

  • 正しいシャウト(負担が少ない)
  • 正しくないシャウト(負担が大きい)

ということがあると思います。

 

まぁでもこれはシャウトに限らず、普通の発声・普通の歌声に関しても同じことが言えますね。

 

なので、

  • 正しいシャウト(余計な力が少ない)
  • 正しくないシャウト(余計な力がある)

と考えることができます。

 

ということは結局シャウトに関しても『声帯のコントロール能力』が物を言うのですね。

 

喉への負担

以上にようなことから、シャウトし続けても平気な人も多くいます。

しかし、そういう人はそういう発声ばかりしているシンガーが多いので、ポップスのような普通の発声に影響がないかと言われるとどうなのでしょうか?

 

おそらく、「普通に声を出すよりは負担が大きい」と考えられるでしょう。

声を割るという発声は、普通の発声より少なからずダメージがあります。

シャウト系の発声をたくさん練習したい人は喉のケアをしっかりとする必要性がありますね。

 

 

-発声方法

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.