ボイストレーニング

シャウト系の発声のやり方・練習方法について

投稿日:2018年7月7日 更新日:

今回はシャウト系の発声について書いていきたいと思います。

シャウト系の発声は歌の中で強烈なインパクトを与えるものです。ロック系やメタル系の歌では使われることも多いですね。気持ちとテンションでシャウト系の発声はある程度誰でもできるのですが、コントロールできるのとできないのとでは大きく違いますね。

シャウト系の発声ができると

  • 歌の表現の幅が広がる
  • 激しい曲や熱い曲が歌える
  • 高音が怖くなくなる

今回はそんなシャウト系の発声について書いていきたいと思います。

シャウト系の発声の種類

一言にシャウト系の発声と言っても色々ありますね。単純に叫んでいるような発声ファルセットに近いシャウトデスボイス系の発声など様々な種類の発声があります。シャウト業界ではもっと細分化されています。

まぁ「シャウト=叫び」という意味ですので、叫びのようなものをシャウトと言いますね。結構漠然とした定義ですが、声の世界はそんなものです。

ここでは大きく3つに分けたいと思っています。

シャウト系の発声

  • 地声系のシャウト
  • 裏声系のシャウト
  • デスボイス

この3つに分けたいと思います。

シャウト系の発声の仕方

シャウトはそれを出したい人以外にはあまりオススメできない発声ですね。

どれだけコントロールできている人でもやり過ぎは禁物です。やはり少なからず喉の負担がかかっているものですし、声帯を痛める可能性があります。

なぜなら、声帯が割れるほどの強い息の圧力を声帯にぶつけるので、かなり強い負荷が声帯にかかります。また、シャウト系の発声のやり過ぎで普通の発声に影響してくることも考えられるはずです。

なのでハードロック系やメタル系の発声を目指している方は「気をつけて頑張る」それ以外の方は「より一層気をつけて程々に」というくらいがちょうどいいと思います。

『地声系のシャウト』

地声系のシャウトはその名の通り地声でのシャウトです。

地声系シャウトのやり方

喉をエッジボイスの状態にします。エッジボイスの状態でそのままの喉の形を意識します。そのままの喉の形を意識した状態で息を思いっきり吐きます。おそらく声が割れるでしょう。

これが地声系のシャウトの原理ですね。

ただ単純に「叫ぶ」というものですね。まぁここまで具体的にやり方を考えなくても、本能のまま何も気にせず思いっきり叫べば大抵は地声系のシャウトになると思います。

『裏声系のシャウト』

裏声系のシャウトは裏声の状態で叫びます。地声系のシャウトに比べると、高い音域のシャウトになります。

裏声系のシャウト

甲高い叫び声のようなものですね。これは裏声でエッジボイスの状態(裏声を出す準備状態)を作ります。声帯を裏声を出す形にするということですね。

そこから息を思いっきり吐きます。おそらくできると思います。ジェットコースターの高いところから下る時の「キャーーーーーー」とか「フォーーーーー」に近いですね。

裏声の状態で呼気圧を高めて、割れ気味に裏声を強く発するみたいな感じです。

この裏声シャウトで息の圧力をそのままに声帯閉鎖を強めて割れないほどの閉鎖を身につけるとそれがホイッスルボイス系の発声になってくるはずです。

ホイッスルボイスについての考察|出し方・練習方法

今回は「ホイッスルボイス」というものについての内容です。 ホイッスルボイスとは超高音の声の出し方で、笛のような音が鳴ることからホイッスルボイスと呼ばれます。 有名なホイッスルボイスの使い手と言えば、マ ...

続きを見る

『デスボイス系のシャウト』

デスボイス系のシャウト

デスボイスの定義は実は細かく分けるといろいろあるみたいで、裏声系のシャウトもデスボイスと言ったり言わなかったり。そもそもシャウト系の発声をデスボイスに分類したりと。厄介ですね。ここではその辺は置いておきます。

なんか僕が基本的に想像するのは太い低い唸りのようなものなのですが、みなさんもそんな感じではないでしょうか。デスボイス界では「グロウル」と呼ばれるものですね。

グロウルは少し特殊な声帯の使い方をします。響きを極限まで下げるような発声の仕方をするのですね。

グロウルのやり方

  • ファルセットを出します(ファルセットができない人は地声でもいいです。)
  • その音をだんだん下げていきます
  • ファルセットで出しきれないところまで下げてきたら普通は地声に戻るでしょうが、ここでファルセットの喉の形を維持したまま音程を下げます。(地声に戻ってはダメ)
  • 当然、ファルセットにはならず声が割れていきます
  • ここでグロウル系の発声になるはずです
  • この時、喉仏は下がってきているでしょうが、さらに下げていくとすごい唸り系の発声になります

これは普通のシャウトとは種類が違うのです。

普通のシャウトとグロウルの違い

普通のシャウト声帯が割れるほどの、息の圧力をかけて声帯を割れ気味に発声するというものです。

グロウル息の圧力で割るのではなく、声帯が簡単に割れる状態を作り上げている発声です。

簡単に割れる状態とはここでは、ファルセットを維持できないほどの低音域にファルセットの状態のまま入ることです。つまり声帯の閉鎖している部分(音を鳴らしている部分)を無くし、声帯がある程度開いた状態で無理やり鳴らすみたいな発声法です。アプローチとしては地声からで音程を下げても入れるのですが、ファルセットの状態のまま下げた方がわかりやすくできると思います。

仮声帯(かせいたい)を考える必要性

ここまではややこしくなってくるので仮声帯を無視したような書き方で書いてきましたが、シャウト系の発声において仮声帯は無視できないものであると言えるでしょう。

そもそも「声が割れる」という時点で「仮声帯」が作用している可能性が非常に高いです。声帯が息の力に押し負けないように作用するのが仮声帯だからです。

シャウト全般、特にデスボイス系の発声は「仮声帯」が音色を作っている場合がほとんどでしょう。

この仮声帯は知っていなければ全く感覚として意識することができないのですが、知っていれば「これか!」となるような部分で、日常誰もが使っている部分です。

仮声帯についてはここでは長くなってしまうので詳しくは別記事にて。

がなり声の出し方【仮声帯発声についての考察】

今回は「がなり声の出し方」ついて考察していきたいと思います。 がなり声とはガラガラ・ゴロゴロした声帯の鳴りを持つ声のことですね。まぁ別の言い方をすれば「唸り声」とも言えるでしょう。正式には仮声帯発声な ...

続きを見る

シャウト系発声の喉の負担

これに関してはなんとも言えないところです。

当然人によってはシャウトし続けても平気な人もいますが、そういう人はハードロックやメタル系の発声をメインにしていることが多いので、ポップスのような普通の発声に影響がないかと言われるとどうなのでしょうか。

おそらく、「普通に声を出すよりは負担が大きい」と言えるでしょう。

声を割るという発声は、普通の発声より少なからずダメージがあります。ただ、やりすぎは危険ですが、適度にする分には大丈夫でしょう。

シャウト系の発声をたくさん練習したい人は喉のケアをしっかりとする必要性がありますね。

声帯にいい飲み物と悪い飲み物について

今回は声や声帯にとっていい飲み物・悪い飲み物について考察していきます。歌などの発声面における声と飲み物との関係性についてのお話です。 なので「風邪などによる喉や声帯の炎症に効く」という健康面でのお話で ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。 ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 当サイトでは歌唱力アップのための様々なトレーニングや研究考察などを紹介しています。 例えば「〇〇のためには〇〇トレーニングがいい」みたいな感 ...

5

今回はオススメの音楽配信サービスアプリについての紹介です。 音楽配信アプリは当然音楽を聴くもので、単純に考えると娯楽の範囲でしょう。ですが、「音楽的感覚・感性」という部分の成長は音楽をたくさん聴くこと ...

-ボイストレーニング

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.