【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

ボイストレーニング

『こぶし』の出し方・練習方法|歌の中での瞬間的なビブラート

投稿日:2018年9月22日 更新日:

今回は歌のテクニックとして使われる「こぶし」について書いてきたいと思います。

特に演歌や民謡には必須のテクニックですが、カラオケの採点項目にも入っているので一度は聞いたことがあるという人も多いはずです。また、洋楽(特にR&B)でよく使われるテクニックとして音階を瞬間的に素早く動かすピッチの取り方をするテクニック(フェイクと言われることが多い)もありますね。あれも日本的に言えば「こぶし」に仲間です。

「こぶし」を身につけると

  • 歌が上手くなる(上手くないとできない)
  • 表現力が向上する(テクニック)

今回はそんな「こぶし」について書いていきたいと思います。

「こぶし」とは

こぶしとは簡潔にいうと瞬間的に音程を動かす」ことです。

もっとわかりやすいニュアンスで言うと、「瞬間的にビブラートをかける」ことです(厳密にはビブラートではないのですが、意識としてはそういう意識がわかりやすい)。余計にわかりにくくなってしまったという方すみません。

しかし、この「瞬間的にビブラートをかける」と言うニュアンス(意識)「こぶし」を使う上でとても重要なのです。

通常のビブラートについての記事はこちらにあるので、興味のある方は読んでみてください。

ビブラートは声帯以外では生み出せない?|出し方や練習方法

今回はビブラートについての考察や、やり方・練習方法について書いていきたいと思います。歌の技法として誰もが知っているであろうビブラート。やはりビブラートがかかっている歌声って上手く聴こえますし、かっこい ...

続きを見る

それでは詳しく説明していきます。

「こぶし」と「ビブラート」の違い

まずは「こぶし」と「ビブラート」の違いについて簡単に理解してみましょう。

ビブラート

ビブラート

「あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

と言う感じです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜の部分がビブラートですね。

こぶし

こぶし

「あーーーーーーーーーーーー」

「~」の部分がこぶしです。

なんとなく、わかったという感じでしょうか?

まぁこの「」の部分も厳密には波のようなものではなく、直線的な『階段状』の音階変化なっているのですが、ここでは置いておきましょう(これが厳密にはビブラートと言えない理由の一つ)。瞬間的に音を変化させるので意識としては「〜(波)」のような意識でもいいと思います。

「こぶしとビブラートの違い」を具体的に説明します。

こぶしとビブラートの違い

ビブラートはある音に対して連続的な音の波(上下)を作り出すことです。

この音の上下の波を作り出すことで直線的なピッチよりも音の安定感を作り出すことができるのです。

こぶしは瞬間的な音の階段(上下)を作り出すことです。

ここで重要なのが瞬間的な音の上下なので、その前後は直線的なピッチを辿らないとこぶし」を綺麗に表現できないと言うことですね。つまりビブラートのど真ん中に「こぶし」を生み出すことはできないと言うことです。(厳密にはできますが、こぶしとしての良い表現にならない

これがこぶしとビブラートの違いですね。

こぶしのお手本

細川たかしさん

「今夜の恋はタバコの先に火をつけてくれた人 絡めた指が運命のように心を許すー(よく聴くと最後にもう一回入れてます)」

ビヨンセさん

「But I know〜〜〜〜(こぶし的なものの連続=階段状の細かい音階変化) Nothing's perfect but it's worth it After fighting through my teaーーrs(ここは細かく2回くらい入れてます。) and finally you out me first.......................」

こぶしの練習方法

こぶしの練習方法

ピアノを用意します

なんの音でも良いので出しやすい音をピアノと一緒に出します(ここでは ド にします。)

「ドーーーー」に合わせて「あーーーー」と発声します

次にピアノで「ドーーーード#ドーーー」と一瞬だけ半音上げてすぐに戻します

これに合わせて声を出します(「あーーー」で練習します。)

この時、なるべく音程の切り替えを素早く(瞬間的に)するように練習します

これをひたすら練習します

これだけでも瞬間的に音程を切り替えて戻すことができれば綺麗なこぶし的な表現になります。

演歌的な表現にするならば「ドーーーード#シドーーーー」と半音下の階段も追加して練習します

この練習を繰り返すことでこぶしを歌の中で入れられるようになってくるはずです。

この練習では半音差で練習していますが、なんの音で練習してもいいですね。実際はコードに沿った音階で使います。例えばCメジャーコードなら「ド・ミ・ソ」という感じです。音階差の大きいこぶしも難しいですが、できるとかっこいいですね。

良い「こぶし」とは

こぶしは瞬間的な音程の上下です。この定義に当てはまれば、なんでもこぶしになるのですが一流のこぶしは本当に芸術的です。

良いこぶし

揺らす音程が階段のように正確

より短い時間(瞬間的に)で音程を動かす

と言うのが「良いこぶし」のように思えます。

まずはこぶしを入れる前後のピッチ感が正確であればあるほどこぶしが活きてきます。さらに、そのこぶしを入れる時間が短ければ短いほど(音程を切り替えるスピードが速い)に音楽的に綺麗に聞こえるこぶしのように感じます。

結局これを可能にするのは、喉が柔らかくてピッチ感に優れている人=歌唱力がある人と言うことになるのですね。なので歌が上手い人はこぶしができるのですね。逆にこぶしができると歌が上手いと言い換えられます。

島唄や民謡特有のこぶし

最後に島唄や民謡特有のこぶしについて書いておきます。

島唄・民謡のこぶしは原理は変わらないのですが、音程を揺らした先の声を『裏声(ファルセット)など』にするという高レベルなこぶしです。瞬間的に音程と一緒に声の種類(声区)も切り替えてしまうのです。ファルセットへの切り替えが相当うまくないとできない芸術的スキルです。

瞬時に声区も切り替える

これの練習は地声と裏声の交互発声の練習からアプローチをかけるといいでしょう。高度なテクニックですが、身につけるとかっこいいですね。

『地声と裏声の交互切り替えトレーニング』で輪状甲状筋を鍛える

今回は「地声と裏声の交互発声」について書いていきたいと思います。地声と裏声を交互に切り替える練習をすることはとてもいいボイストレーニングになります。 地声と裏声交互発声で 輪状甲状筋を鍛える 声区の切 ...

続きを見る

『ボイトレに役立つグッズ』はこちら

ボイトレグッズ紹介ページ

※当サイトのページです

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。 ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。 歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことが ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-ボイストレーニング

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.