声や歌について

ミックスボイスの声帯の状態や発声原理についての考察

投稿日:2018年5月24日 更新日:

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について徹底考察します。

この記事は

  • ミックスボイスとは?
  • ミックスボイスの声帯の状態について
  • 地声からミックスボイスへの移行の流れ
  • ミックスボイスに必要なもの
  • ミックスボイスを出す感覚
  • ミックスボイスの確認・判定方法

という内容です。

一般的なミックスボイスの定義

ミックスボイスとは

  1. 特に高い声を出すときに意識的に呼気を多くする、又は声門の閉鎖を弱めた柔らかい声で(時に息を混ぜ気味にすることで)換声点(声区の変わり目)を滑らかに通過するスタイル。またそれにより得られる声色。
  2. 頭声を駆使して高音域を地声のように出すこと。またそれにより得られる声色。主に男性の唱者についていわれる。

引用元: Wikipedia「ミックスボイス」

とあります。

ウィキペディアに書いてある以上(絶対ではないが)ある程度正しいのかもしれませんね。

であれば、ミックスボイスという言葉が一人歩きしているような気がしますがどうでしょう?

世間的なミックスボイスの定義や使われ方

『地声のような高音』『裏声じゃない芯のある柔らかな高音』『裏声じゃないパワフルな高音』

など、とにかく裏声ではない高音に対して使われているような気がします。

大きくまとめると世間的なイメージとしては『裏声じゃない高音発声』と言うところでしょう。

もうその言葉を使う人それぞれの概念と化しています。

誰がいくら「これが正しいミックスボイスです。」と言ったところで、この流れは止められないでしょう。

もはや

『ミックスボイスの定義はその人の音楽の流儀により変化するもの』

と言ってしまうのが正解と思います。

さらに『ミドルボイス』とかいう言葉もあったりして、「ミックスボイスとミドルボイスって何が違うの?」って話が生まれます。

厳密に言うと違うとか色々な説がありますが、ここでは置いておきましょう。

もはや違ってもいいし、同じでもいいと思います。その人の流儀です。

そんなことより

どのようにして裏声ではない高音を発声するのか?

これが重要でしょう。

そしてそれを掘り下げていくことでミックスボイスを定義できるかもしれません。

わかりやすいミックスボイスの例

前半は地声域、サビ前からミックス中心です。

こちらも前半は地声域、後半はミックス域です。

ミックスボイスの声帯の形や状態

ミックスボイスの発声原理を読み解いていく前に、先に簡単に図で説明します(図は簡略化しているのでご了承ください。)

 

このように地声は声帯全体を使った発声で、声帯を横から見ると分厚さを保ったような状態で打ち合って音を鳴らしています。なのでしっかりとした音を鳴らすことができます。

裏声は声帯が縦に伸びる力が働いて、声帯自体が薄くなります。なので音色として薄い音色、音程は高い音が鳴るのです。

ミックスボイスは声帯の厚みを保った(地声の音色を保った)状態でなおかつ高音域を発声します。そのため一定の声帯の収縮を必要とする発声です。

これがミックスボイス(ミドルボイス)だと考えられます。

つまり地声の限界音を超える音域を地声のような音色を維持したまま出す高音発声

ということはどちらかと言えば『地声に分類されやすいもの』だと考えています。

ミックスボイスを理解するには特に地声と裏声の発声状態を理解しておくことが重要です。

地声と裏声の声帯の状態の違い

できるだけさらりと説明します。

声帯はこのように左右のひだが打ち合って振動します(正確にはベルヌーイというものですが、難しいので打ち合うと考えても損はないでしょう)。

この声帯の断面をクローズアップすると

 

このようになっています。細かい名前はどうでもよくて声帯筋という『肉』があり、それ以外は『皮』みたいなものだと考えていいと思います。

そうするとこのように分けられます。

この二つの『肉』と『皮』のうち、『肉』の打ち合いが地声

「皮』だけが打ち合うのが、裏声です。

これを断面で見ると、

このようになっています。

これが

地声と裏声の明確な差(定義)

です。

つまり地声のように聞こえるには『肉』が必要でああり、肉をなくせば『皮』だけになり裏声になるということです。

ではミックスボイスはどうなのでしょう?

ミックスボイスの声帯の状態

肉の打ち合いが地声、皮の打ち合いが裏声、ではミックスボイスはどちらに分類できるのか?

どちらかと言えば『肉』でしょう。だって裏声ではないのですから。

しかし、同時にミックスボイスというのは綺麗に線引きできないものだと感じませんか?

声帯筋がどの程度打ち合えばミックスボイスと言えるのか、その線を引くのは難しいということです。

地声と裏声は完全な定義がありますが、その中間地点には線引きできない状態がいくつも存在します。

これが「それは地声だよ、ミックスボイスだよ」みたいな問題や、「〇〇なミックスボイス」というものを作り出していると思います。

地声寄りなミックスボイス、裏声寄りなミックスボイス、柔らかいミックスボイス、パワフルなミックスボイスなどなどです。

なんにせよ

声帯筋(「肉」の部分)を働かせずに声帯靭帯などの「皮」の部分だけで発声すると裏声になってしまうので、「肉」のある発声でなおかつ高音の発声が『ミックスボイス』と呼べるのだと思います。

ということは

地声からミックスボイスへの移行の流れ

地声からミックスボイスへの流れはこのようになっているはずです。

このように声帯が伸びれば伸びるほどにそれを振動させる音が高くなっていきます。

これが輪状甲状筋による声帯の伸展ですね。ただし伸ばせる範囲には限界があります。(あくまで数字はわかりやすくするための例です。)

これ以上そのまま声帯を伸ばして音を高くすると、声帯筋が働く限界を迎えて裏声になります。

なので声帯を収縮・緊張させて声帯筋が働いたままの状態で音を高くします。

これが甲状披裂筋(こうじょうひれつきん・地声で活躍する)による声帯閉鎖(収縮・緊張)です。

この力をプラスすることで裏声にならないで中高音が発声できるのです。

このように声帯が伸びる力を維持しつつ声帯が閉鎖する力を加えて声帯自体を固くするような動きをしなければいけないのですね

この「伸びる力」と「収縮する力」という二つの相反する力の共存こそが『裏声ではない高音発声=ミックスボイス』を可能にするのだと考えられます。

声帯は縦方向に締まる?

ちなみに「声帯って横に締まるんじゃないの?」って思っている方もいると思います。

これは実質的にはいろいろな力が働いているので縦にも横にもと言ってしまうのが正解でしょうが、ミックスボイスの核となっているのは『縦方向に伸びる力』と『縦方向に締まる力』と考えらます。

もちろん声帯は開いている状態から閉じている状態に開閉します(声門閉鎖)。つまり左右に締まる。

息の状態(呼吸する状態)から声にする段階は左右に閉じる力が主役です。これは「は〜」というため息から「あ〜」という声になった時点で閉じています。

縦方向への力はここから先の主役です。

縦の動きが結果として左右への力にも働く仕組みになっています。

しかし、厄介なことに先ほどの単純に左右に閉じる役割を担っている動きも全くの無関係ではないでしょうから、それら全てを複合的に考えると頭がおかしくなりますのでやめておきましょう。

うん、やめましょう。

まぁ感覚的には縦だの横だのを感じることはできないのでどうでもいいかもしれませんが。

ミックスボイスを出すために必要なもの

2種類の縦方向の収縮

ここからがミックスボイスの核心です。

ミックスボイスの発声においてかなり重要な部分のお話になります。

 

実はこの縦方向の収縮の力。

まだ解明されていないことも多いらしいのですが、縦方向の収縮のうち外側と内側を分けて考えなければいけないのです。

青い部分は謎が多いらしいので無視してください。

オレンジと赤の2種類で考えます。簡単に言うと地声で使う『肉』の部分をさらに2分割したものです。

これら2つはそれぞれある程度独立して伸び縮みできると考えられています。

そして大抵の人はオレンジラインは収縮させることができるが、赤ラインを単体で収縮させることができるかは人による(声帯の柔軟性による)と言われています。

つまり基本的にオレンジラインは誰もが使っていて、オレンジラインの動きにくっついて赤ラインも動いている人が多いということ。しかし、声帯を上手く動かせる人は赤ラインだけを上手く動かせるというのです(特に高音発声時)。

つまり声帯が上手く動かせないとオレンジが縮めば赤も縮み、オレンジが伸びれば赤も伸びます。

しかし、声帯コントロールに長けている人は赤だけを独立して動かせるので裏声にならないと考えられています。

つまり声帯を伸ばしても地声の状態を維持できる(裏声にならない)のです。

このように高音域で赤ライン(声帯筋)を使えるようになることが質のいいミックスボイス発声への道ということですね。

以下の引用(原文ママ)は大体同じことを言ってるはずです。

低音域から中音域においては、前筋・後筋による伸展作用がそこまで強くありません。声帯は内筋と声帯筋(低音においては外側も)が全体で振動を起こします。しかし、音域が段々と高くなり、伸展作用が強くなると、声帯は外側から裏声モードに変化し、振動停止をし始めます。すると、ある高さのところで、内筋全体が裏声モードになり、振動停止状態になります。残されるは「声帯筋部分」のみ。

このとき、声帯筋が「内筋に依存しなければ機能できない状態」だと、結果、内筋とともに裏声モードになり振動ができなくなります。しかし、「独立して機能することができる状態」だと、声帯筋は内筋が裏声モードに侵食後も独自で振動のが可能となります。この状態で発せられる声こそ、高音域のミドルボイスとなります。

引用元:ボイス・リビルディング発声理論『声帯筋の働き』より

胸声は甲状被裂筋により声帯が収縮し、厚く閉じた状態で発せられる。

頭声は輪状甲状筋により声帯が薄く伸展され声帯の縁の靭帯が振動する。

中声においてこの甲状被裂筋と輪状甲状筋を仲介し、胸声と頭声の融合を可能にするのが甲状被裂筋の内側にある声帯筋である。声帯筋はその構造から緊張を自由に変えることができ、そのことによって胸声、頭声の橋渡し、あるいは、胸声を多く含んだ中声、頭声を多く含んだ中声等の様々な音色コントロールに対応することができるのである。

引用元:『声楽発声のメカニズム』より

声帯筋を働かせるには

ミックスボイスを出すには声帯筋を高音部分で働かすということが必要なのですね。

なので、

このように声帯筋を収縮させるか、場合によっては

このように外側から締めてしまって声帯筋を働かせるかしかないですね。

後者は一見悪そうな発声ですが、どうでしょう?

ジャンル次第では一概にダメとは言えないはずです。もちろん喉締めと言われるような悪いものもあるでしょう。

ミックスボイスの練習アプローチ

ミックスボイスの開発は大きくは2種類のアプローチがあると言われています。

  • 地声からのアプローチ
  • 裏声からのアプローチ

です。

一概にどちらが良いとか悪いとかはないと考えられます。なぜなら声帯は人それぞれ違うからです。

地声からのアプローチは

このようになんとか声帯筋を保つアプローチ。

裏声からのアプローチは

このように裏声から声帯筋を働かすイメージです。

人によって向き不向きがあると思われます。

ミックスボイスを出す感覚

理屈はわかったとしても「高音域で声帯筋を働かせろ!」と言われて「なるほど。こうか!」ってできる人がいたら超人ですね。

ただでさえ、人体は自由に動かすのが難しいのに、喉の中にある見えない部分なんて難しすぎますね。

ただ一つ言えることは『地声的な音色が鳴っている限りは声帯筋(内側か外側かはわからない)が使われている』ということです。

それしか言えません。

なのでミックスボイスを出す感覚は人それぞれなんです。

重要

『ミックスボイスの感覚は?』と問われると、

  • 「声帯を締めるような感覚」
  • 「喉は締めずに声帯を絞る感覚」
  • 「地声から薄皮一枚剥ぐ感覚」
  • 「地声のまま響きを頭の方向へ」
  • 「裏声にエッジを入れて締めるような感覚」

など様々な回答があります。結局は人それぞれです。

これらは全て結果的に高音域で声帯筋を働かせる感覚だと言い換えることができるのではないかと思っています。

人間が「声帯筋」を認識できない以上はそういうざっくりした感覚論でしかミックスボイスは教えられないのですね。

つまり

高音域で声帯筋を働かす感覚がミックスボイスを出す感覚と考えられます。

そしてミックスボイスを出す感覚というのは個人個人違いますし、その全てが正解であるとも言えるでしょう。

なので『ミックスボイスを出す(声帯筋を働かせる)感覚は人による』というのがある意味答えです。

ミックスボイスの確認・判定方法

step
1
自分の換声点を見つける

自分の換声点を見つけましょう。

  1. 地声で楽に「あーーー」と発声しながら高音へ登っていく
  2. 何も無理をせずに自然に裏声に切り替わる点を探す

換声点は完全な点ではないのですが、大枠でいいので自然に裏声に切り替わる音階を見つけます。

step
換声点以上を地声で無理やり出す

換声点以上の音域を地声で無理やり出します。人によっては苦しいでしょうが、裏声にしないでください(=声帯筋が働いている)。

  • 喉締め
  • 張り上げ
  • その他変な声

になった人もいるでしょうが、それは換声点以上で声帯筋が働いている以上、発声の条件的には『ミックスボイス』ですよね?

つまり、

ミックスボイスと判定する方法は

『自然な換声点以上の音域を裏声ではない発声で出している』

それだけです。

「求めているのはこれじゃねぇ」と思うかもしれませんが、考え方はこれでいいんですよ。

ミックスボイスは

  • できる
  • できない

ではなく、正確には

  • 質がいい
  • 質が悪い

です。

「できる・できない」で考えていたら、どこまでを『できている』としてどこまでを『できていない』としましょう?

明確に線引きできないですよね。

つまりあるのは『質がいい』か『質が悪い』かです。

そして質が悪いのであれば、どうすれば質が良くなるかを考えることの方が重要だと思います。

ただ、

正直その『質』を良くしていく道に関しては正しい道や間違った道など存在するでしょう。

  • このミックスボイスを練習した先にあの目標のミックスボイスがあるのか?
  • あの目標のミックスボイスは実は全然違うのではないか?

と考えることでしょう。

しかし、その道の正誤の判定こそ『人によって違う』というのがある意味答えです。

『声帯は人それぞれ』ですから。

『これがあれば正しいミックスボイスです。』という共通項はないように思います。裏声にはあるんですが。

残念ながら質を良くするのは自分で試行錯誤するのが一番ということです。

『3種類のミックスボイス』の出し方や練習方法について

今回は『3種類のミックスボイスの出し方や練習方法』というテーマです。 この記事は 3種類のミックスボイスについて 太いミックスボイスの出し方・練習方法 閉鎖系ミックスボイスの出し方・練習方法 綺麗系ミ ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『しょうもない記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人 ...

-声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.