ボイストレーニング 声や歌について

【ミックスボイスの考察】出し方・感覚・練習方法について

投稿日:2018年5月24日 更新日:

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうなんだ?ミックスボイス出したいと。実はミックスボイスというものはかなり漠然としているものですね。人によって様々な捉え方があります。意見も様々です。音楽においては「ロック」とは何か?という疑問に匹敵するレベルです。

それくらい曖昧かつ人それぞれなものです。が、個人的にはある程度の見分け方や考え方はあると思っています。最終的には個人の感覚になると思いますが。まぁミックスボイスについて知りたい人は大抵、「高音を出したい」という思いで勉強していることでしょう。僕も同じです。おそらく、

高音出したい人

『すごい綺麗な高音で歌う歌手がいるな』→→『あんな風に自分も高音出してみたいな』→→高音の出し方で検索→→検索結果「ミックスボイスを身につけよう」→→『よし、ミックスボイスを練習しよう!』→→『・・・で、ミックスボイスってなに?どうするの?』

みたいな感じの経過をたどっているのではないでしょうか。冒頭で言うのもなんですが、ミックスボイスという言葉にとらわれすぎるのも良くないと思います。ミックスボイスを練習しようしようとするあまり道を見失う人も多いのではないでしょうか。ミックスボイスって名称もなんだかぼやけてわかりづらいですね。特殊技能のような感じがするのもなんだかよくない気がします。

外国の有名な誰が言い出したのかは知りませんが、きっとこんなやり取りがあったのでしょう。「その強い高音ってどうやって出してるんですか?地声ですか?」「いや、地声の感覚でもないんだよな。でも裏声でもないし。なんか中間的な感覚だよ。ミックスさせている感じ。まぁミックスボイスってとこかな。」みたいな感じで広まったんじゃないでしょうか(適当な推測ですが)。なのであんまり気にしない方が身のためです。人の声帯はそれぞれ違うのです。

とは言え、高音を出したいことには変わりないでしょう。そんな中高音域=ミドルボイス=ミックスボイスについて詳しく考察していきたいと思います。

ミックスボイス(ミドルボイス)とは

ミックスボイスというのはWikipedia(参照)では

  1. 特に高い声を出すときに意識的に呼気を多くする、又は声門の閉鎖を弱めた柔らかい声で(時に息を混ぜ気味にすることで)換声点(声が裏返ること)を隠すスタイル。またそれにより得られる声色。
  2. 頭声を駆使して高音域を地声のように出すこと。またそれにより得られる声色。主に男性の唱者についていわれる

とあります。うーん、なんとも難しい感じですね。

ここで浮かんでくる疑問

【疑問その1】『高い声を出すときに意識的に息を多くする』息の多い高音系の地声?

【疑問その2】『声門の閉鎖を弱めた柔らかい声で完成点を隠す』閉鎖が弱まるのでやはり息っぽい声?

【疑問その3】『頭声を駆使して高音域を地声のように出す』頭声(ヘッドボイス)はファルセット(裏声)の閉鎖を高めた声です。うーん、ファルセットはいくら閉鎖させてもファルセットの域を越えられないと思います。個人的にはです。だって、「B’zの稲葉さんの歌声って裏声なの?」「ワンオクのTakaさんの歌声は裏声なの?」ってなります。「そもそもあれはミックスボイスと言わないのか?」とか考えてしまいます。

この説明に対して、あくまで個人的に受ける印象ですが、これだとファルセットに切り替えやすいような音色に変化させている息の多い地声というニュアンスに感じます。もしくは芯の強いファルセット。しかし、ウィキペディアに書いてある以上(絶対ではないが)ある程度正しいのでしょう。正確にはそういうものなのかもしれません。

であれば、ミックスボイスという言葉が一人歩きて、もはや定義できないものになっている気がするのは僕だけでしょうか?様々なところで「ミックスボイス」というものが語られているのですが、もはや個人個人それぞれにミックスボイスというものがあって、明確な実態のつかめないものになっている気がします。

そもそもミドルボイスとかいう言葉もあったりして、「ミックスボイスとミドルボイスって何が違うの?」って。厳密に言うと違うとか色々な説がありますが、ここでは置いておきましょう。気にするだけ無駄な気がするので、ここでは同じものとします。と言うか、同じでしょう。

個人的なミックスボイスの定義

そういうことでミックスボイスは歌において、実態が曖昧な言葉になっています。なのであくまで個人的なミックスボイスの定義を書きたいと思います。

個人的なミックスボイスの定義

声帯の使い方が地声ではない

声帯の使い方がファルセットではない

主に地声とファルセットの中間の音域に存在する声(間を埋めているということではなく、そのあたりが一番出しやすいということ)

個人的にはこのように思っています。地声でなく、ファルセットでもない声帯の使い方。もちろん音色も違います。そういう声の出し方、音色の声をミックスボイスと言う気がします。

なので上記3つに当てはまればいいのですから、結構いろいろな声がミックスボイスと言えそうです。こういう定義や認識の人も多い?と思います。(違う!という方はすみません。)「どう聞いても地声じゃない声だけど、どう聞いても裏声には聞こえない。でも高い音まで歌っている。あれがミックスボイスか」という感覚ですね。それでいいと思います。

『認識するより出せる方が重要』でしょう?強い高音を出している本人はミックスボイスと認識すらしてないことは多々あります。

ここでのポイント

ミックスボイスの定義は曖昧だが、ここではミックスボイスの定義を広く取る

『地声』とは

ここでどうしても考えておかなければいけないことがもう一つありますね。それは「地声とは?」と言う問題です。特に地声とミックスボイスは何が違うのかというところは非常にわかりにくいところですから。

この二つの定義が曖昧だからミックスボイスとは?と言う疑問が生まれている原因とも言えるでしょう。さすがにファルセットについてはわかりやすいですし、文章では長くなるのでここではやめておきます。図説は後ほどあります。ファルセットについてはこちら

Wikipedia参照

日本語の地声 (じごえ)は文字通り「地の声」であり、元来は「普段平素で喋るときの声」といった意味である。 歌唱においては胸声あるいは実声に似た意味で使われるがその場合、声区的に用いられることが多い。 また、歌唱のために調整された声に対して声区に関係なく「地声」という場合があり、これには「喉声」(生声などともいわれる)に近い意味合いがあり、「喉が狭い、デックンされていない」ことを指す。

コトバンク参照

人間の音声の分類用語。生理学,音声学,音楽学などでその概念定義に差がある。普通,人声の音域のうち低音域の胸声を意味し,高音域の頭声すなわち裏声に対するものとされるが,胸声,頭声とも共鳴の場所は同じである。地声は声帯筋の緊張により起きるもので,声帯は全長全幅にわたり振動する。これに対して裏声は輪状甲状筋の収縮のために輪状甲状関節が移動し,声帯は前後に引張られて声帯全長の一部のうち内縁の一部が振動する。ただし,音楽的な発声においては,地声と裏声の境を判然としないように移行することもあり,その境の部分を中声ともいう。また地声は音楽としての発声 (歌声) によらない会話などの発声 (話し声) をいうこともあり,さらに,男声において特殊な発声による特に高音域の裏声に対して,単に普通の音楽的な発声をいうこともある。その他洋楽のベルカントの発声に対して邦楽的な発声をさしていうこともある。

と書かれています。まぁなんだか難しく書かれていて、色々な意味があります。日常的には「話し声」のことを言うし、音楽的には「裏声でない声」というところでしょうか。(だとすると、ミックスボイスも地声ですね。そう言い出すと本筋からズレるのでやめておきます。中声というワードもありますね。これがミックスボイスでしょうか?)

ここでは『その人の話し声で使うときの声帯の使い方=地声』としておきましょう。

地声・ミックスボイス・裏声を出している時の声帯の形

実際に声帯の動きを映像などでみると音程や音色によってその動きに違いが見られます。

それぞれの声区の声帯の状態

地声というのは声帯全体を使って出す声

裏声というのは声帯の一部を使って出す声

ミックスボイスというのは地声と裏声で使う部分の中間くらいの割合で出す声

と言われています。当然喉や声帯には個人差がありますし、この説が正しいとは限りません。ただ定説として世に出回っている説です。特にこのミックスボイスの部分は曖昧ですね。「中間くらいの割合」とはどれくらいだ?と疑問が湧きます。これもまたミックスボイスがふわふわしている理由の一つでもあります。あらゆる人の声帯の映像を調べ尽くすこともできませんから、難しい問題ですね。

ただ、世界的なロックシンガー、スティーブン・タイラーさんの声帯映像はとても参考になります。この上記の定説もそれなりには正しいと考えられます。まずは一度見てみてください。内視鏡のようなもので見る喉の中の映像なのでそういうのが苦手な人は注意してください。序盤は地声中盤はミックスボイス終盤はシャウト気味に強い息の圧力をかけたファルセット(ヘッドボイスとも言えそうです。ハスキー気味な割れ感も生まれている特有の声)ですね。

なんかちょっとグロテスクな映像ですが、すごい興味深い映像ですね。普段目では見れない部分がどう動いているのかが詳しくわかります。ましてや世界的ロックボーカリストの喉です。貴重な映像です。

さて、これを参考にして説明してきます。声帯というのは2枚の弁です。弁が合わさってそれに息を通すことで音が鳴ります。この弁が左右に開いたり閉じたりするような形で動きます。

僕のイメージする声帯の動きはこうです(実際スティーブンタイラーさんの声帯はこういう動きが見て取れます。もちろんそれ以外の方も基本的にはこうでしょう。保証はできませんが。)*絵が下手なのでニュアンスで捉えてください。すみません。

地声の声帯の形

まずは地声からです。(動画の中では序盤の声です。)

真ん中の2本線が声帯です。この声帯部分をフルに使って発声している発声なので「地声」なのですね。この声帯の使い方のまま上下に伸びる力を使って音の高低を決めています。この「地声の声帯の使い方」では縦に伸ばせる範囲に限界があるのもわかりますね。なので「高音で歌うならミックスボイスを身につけなさい」と言われます。

ファルセットの声帯の形

次にファルセット(裏声)です。(動画の中では終盤の声です。スティーブンタイラーさんのはヘッドボイス気味で声帯の動きが若干わかりづらいですが。)

このように声帯の一部を使うので、高音の音色になるのですね。ただし一部を使うことで音階は高音になるのですが、空いている隙間も増えるために息が漏れるので、基本的に息系の音色になります(もちろん度合いによる)。当然地声に対して弱い声となります。これがファルセットの声帯の使い方ですね。

ミックスボイスの声帯の形

次がミックスボイスです。(動画の中では中盤・歌っているときの声です。)

スティーブンタイラーさんの動画をよく見てみるとわかるのですが、仮声帯と呼ばれる部分(声帯の手前部分)が左右から盛り上がってきて声帯にある一定の閉鎖(固定)を与えているのがわかります。上記の図のように仮声帯が盛り上がってくると、その部分の声帯閉鎖が固定される、もしくは固定気味に働くはずですそうすると動く部分(音が鳴る部分)は上部が主体・メインとなるはずです(もちろん割合的にという意味です)。つまり声帯を仮声帯の閉鎖により短めに設定し(弦を短くする)その部分を地声的に鳴らすことで強い高音域=ミックスボイス発声ができるのだと考えられます。もちろんこれは『仮声帯が声帯を固定している』のか、『声帯を閉鎖させるどこかの部分が結果的に仮声帯を動かしているのか』はわかりませんが、事実としてこのような動きが確認できるということです。

これはあくまで僕の考察です。ただ、これを踏まえた上でもう一度スティーブンタイラーさんの映像を見てみてください。非常に面白いですよ。

地声とミックスボイスの違い

地声とミックスボイスやファルセットの声帯の使い方や状態の違いはわかりましたね。

でもそれが実際の歌や声ではわからないと感じますよね。これ実際に難しい問題なのですね。そもそもその人の持った声帯から出る声なので、地声とファルセットほど声質に変化はないでしょうし、人によって声帯は様々だからです。

なので正確には「その本人が地声と言えば地声。ミックスボイスと言えばミックスボイス」というのが真の答えかもしれません。(哲学的になってしまいました。)つまり、地声のつもりでミックスボイスを出している人も当然いるでしょうし、ミックスボイスのつもりで地声を出している人もいるでしょう。

ただ、個人的には区別の仕方があります。自論です

地声とミックスボイスの違い

この二つの最大の違いは『その声の出し方の状態を維持したまま』で最大限まで息っぽくした場合(音を消していく場合)

  • 限りなく息にできるのが地声(ヒソヒソ話の状態にできる)→完全に『なだらか』に息に収束することができる声帯の使い方
  • どうしても『一定の閉鎖を必要』とし、息っぽくできないのがミックスボイス(声帯が一定の閉鎖をして高音を鳴らすので、息っぽくはできるが閉鎖がある以上息にはならない)→完全に息に収束することはできず、声を弱めるとエッジボイスに収束する。無理やり息に収束させようとするなら、『完全になだらかにはならず地声もしくは裏声を経て息に収束する』。

と考えています。もしその状態を維持したままならという過程ですが、こういう違いがあると思います。

なぜこう言えるのか。それは息っぽくしていくと違いがわかります。

息っぽくするというのは「声帯の閉鎖を弱めていく」ということです。これが大前提で考えていきましょう。

「閉鎖を弱めていくと言われても、、」となりますが、声を出すだけで声帯一定の閉鎖をして音を鳴らしているのです。つまり、この場合「閉鎖を弱める=声を弱めていく=音を無くしていく=息にしていく」と考えましょう。

地声というのは声帯の全体を使っているのでしたね。その声帯の全体を使う声で閉鎖を弱めていくと当然全体的に閉鎖しなくなってくる(音が消えていく)ので最終的には息することができます。

裏声も同じです。裏声というのは声帯のほんの一部を使っているので、高い音が出るということでしたね。

声帯のほんの一部を使っている状態で、その部分の閉鎖を弱めていくと当然その一部が閉鎖しなくなってくるので最終的には限りなく息にできますね。

ミックスボイスというのは声帯の何割かを閉鎖的に使うので、中高音域が出せるのでしたよね。この「声帯の一部を閉鎖させた上で出す声」なので、その「出し方」である以上は息っぽくしていくことは難しいということなのです。もちろん息っぽいニュアンスを出していくことはできますが、ある一定の閉鎖(鳴り)は薄く残ります。完全な息にはならないのです。

なぜか? 「一定の閉鎖の上で成り立っている声=ミックスボイス(だから強い高音が出せる)という前提」があるからです。ほどいた瞬間に地声と化します。つまりミックスボイスの声帯の形を維持してない。ということになります。もし完全な息に収束することができたなら、コンマ何秒の瞬間に『ミックスボイス→地声→息』もしくは『ミックスボイス→ファルセット→息』という道を辿っています。

トンチのような話になってしまいましたが、ミックスボイスの出し方である以上(一定の声帯閉鎖がある以上)「息にできない」と言えるのです。閉鎖させている部分がエッジボイスになるのですね。それが地声との違いです。そういう点で声の種類を判別することができます。ちなみに地声・ファルセットはエッジボイスに収束させることもできますね。閉鎖したまま息だけ弱めていけばいいのですね。

まとめると

地声・ファルセットは『息に収束できる声』

ミックスボイスは『エッジボイスしか収束しない声』

自分の声の出し方が地声かミックスボイスかわからなくなった時はこれを考えてみるといいかもしれません。ただし、忘れてはいけないのが「声は人それぞれ」ということです。

ここでのポイント

地声とミックスボイスは収束させると「なだらか」に息にできるかできないかという声帯の使い方の違い。そういう声帯の閉鎖(高音を出す為の)があるかないかの違い。

ミックスボイスにはバランスがある

さて、ここでミックスボイスのバランスについて説明についても述べておかなければいけません。当然ミックスボイスにも声のバランスが存在します。声の質というのは息の量と声帯閉鎖でほとんど決まります。(あと共鳴もですが、ここでは置いておきます。)

つまりミックスボイスのバランスというのも息の量と声帯閉鎖のバランスです。

ココに注意

ただし、一つ念頭に置いておかなければいけないのが、ミックスボイスというのは一定の声帯閉鎖がある状態の声であるということです。これはどんな声質のミックスボイス(息が多いミックスボイスとか)でもそう言えます。そうじゃない場合はミックスボイスとは言えないはずです。声帯に一定の閉鎖があるから強い高音域になるのですから。

つまり、息と閉鎖の関係からミックスボイスというのは基本的には息が流れにくいことを頭に入れておかなければいけません。(でも、息が多いミックスボイスは普通にあります。閉鎖が薄いんですね。声帯を薄く使っているんです。でも、あんまり薄いのはファルセットです。)

『ミックスボイスの例』

日本のシンガーで例を挙げてみましょう。まぁ、共鳴とか様々な要素を抜きにして具体例を挙げます。「息と閉鎖のバランス」だけで考えます。

息の量が多く声帯閉鎖が弱いミックスボイス

ATSUSHIさん

息の量が少なく声帯閉鎖が弱いミックスボイス

平井堅さん

息の量(倍音)が多く声帯閉鎖が強いミックスボイス

ONE OK ROCK Takaさん(声帯が特殊。ハスキー系なので息もある)

息の量が少なく声帯閉鎖が強いミックスボイス

Mr.Children 桜井和寿さん

わかりやすい例でいうとこんな感じですね。もちろん例に挙げたシンガーさん達も全部が全部そうというわけではないですからね。フレーズによって様々な歌い方・声質を使っています。ただ、大まかなイメージとして例に挙げているということです。

『ミックスボイスの練習をする』のに必要なマインド

ミックスボイスを出したい人の多くは高い声が出したいという人だと思います。「地声では届かない音域を地声のように歌いたい」という思いから、ミックスボイスという言葉にたどり着く人がほとんどだと思います。

ココがポイント

ミックスボイスを習得したい人は、地声で「高音域を出すのが苦しい・出せない」からックスボイスを習得したいのですね。

地声が高い人や高音が出せる人でミックスボイスに執着している人はあまり多くないはずです。

つまり楽に地声のような高音域が出せるようになることが重要ですよね。それがミックスボイスだろうが何だろうがどうでもいいですよね。(楽に出せるようになった時、大抵それはミックスボイスと呼べるものですが。)

ココに注意

冒頭でも書きましたが目的を見失うと、ミックスボイスがよくわからなくなり、たどり着けなくなります。

  • ミックスボイスってどんな声なんだろう?
  • この声はミックスボイスかな?
  • 声帯をどう使えばいいんだろう?

と迷宮に入ってしまいます。

「楽に高音域の地声のような声を出せるようになる」というシンプルなことを目的に練習していきましょう。

人それぞれ声帯は違うので練習方法も違う

ではミックスボイス(中高音)は具体的にどうやって出すのか?という問題がつきまといますよね。

結論から言いますと、

「人それぞれ声帯が違うので、こうすれば出せるという明確な答えなんてないというのはない」

と言えますね。「なんだよ!期待させやがって!」となりますよね。

でもそれを理解することで練習方法を試行錯誤しようと思えるのです。人によって声が違うので、その分だけ練習方法も無限大なのです。もちろん比較的出せるようになりやすい練習方法はあります。これから紹介もします。が、人の声はそれぞれ違います。個性も様々です。

なのでこれをすれば出せると言い切れる練習法はないでしょう。「人による」ということを頭に置いておきましょう。それを理解しておくことが、ミックスボイス(中高音発声)への近道だと思います。

ただ、難しく考えてはダメですね。ただ高音を出せるようになればいいのです

ミックスボイスの練習方法【シンプル編】

基本的にはこれらのトレーニングで高音域を開発していくような練習方法になります。どの練習方法も喉をほぐしたり脱力させながら声を出す練習方法です。

『地声からのアプローチ』

上記の練習方法をなんでもいいのでやってみながら高音のトレーニングをしてみましょう。トレーニング方法を見に行くのがめんどくさい方は一旦なんでもいいので声を出してみましょう。

感覚としては地声でいいと思います。地声のままどんどん高音域に登っていきます。限界地点で苦しくなるでしょうが、少し超えてみましょう。上記のトレーニング方法が脱力の補助をしてくれます。

ココがポイント

当然脱力はできないでしょうが、それが現時点でのミックスボイスの完成度です。「苦しくて到底ミックスボイスと言えるものではない」そんなミックスボイスです。ただの苦しい高音です。

当然です。声帯がそういう使い方に慣れていないのですから、「地声かファルセットに行かしてくれ~、この動きは無理!!」ってなります。

開脚で90度しか足が開かない人が無理やり180度開こうとしても、無理ですよね。痛すぎて無理ですし、足は元に戻ろうとします。それと同じようにミックスボイスが出せない人がいきなりその音域に踏み入れても、苦しいし元に戻ろうとする力でいっぱいです。90度(地声)から180(ミックスボイス)まで少しづつ広げて行くことで楽に開くようになる(ミックスボイスが出せる)のです。

いきなりできるようになるものではないのです。そしてその補助をしてくれるのがトレーニング方法というわけです。

ここでのポイント

トレーニング方法を利用して高音域を少しづつ開発していく

『ファルセットからのアプローチ』

ファルセットからのアプローチの方がいいという考え方もありますが、それは目指すミックスボイスの音色によるでしょうし、これまでの流れから「ミックスボイスじゃなくない?」という感じですね。ファルセットに近い音色のミックスボイスが習得したいならファルセットからでもいいのでしょうけど・・・。どうなんでしょう?

個人的にはファルセットからのアプローチは正直よくわかりません。どんなに芯をつけても芯のあるファルセットにしかならない気がします。個人的にはですよ。(それでできる人もいるかも。声帯は人それぞれ。)ちなみに芯のあるファルセットは「ヘッドボイス」と言いますね。

「地声のように高音域を出したい」のならやはり地声からアプローチするべきでしょう。「裏声だけど地声のように聞こえる高音域???」ならファルセットからのアプローチがいいかもしれません。

ここでのポイント

ファルセットからのアプローチもあると言われているが、ヘッドボイス?個人次第!

アプローチの違いについて

地声のように高音域を出したい

これは声帯を締めていって音域をあげる感覚でしょう。ただし、締めていくのに合わせて喉まで締まっていくと苦しそうな声になります。これがミックスボイスをコントロールできている人だとこの状態から喉を開くことができるので声帯のみが締まっている状態で開いた音色の声を出すことも可能です。

つまり、「締めた状態から開いていく感覚」です。

裏声だけど地声のように聴こえる高音域

裏声は声帯の一部のみを使って声を出す声ですよね。その状態から使っている部分の声帯を閉鎖させていき、地声のような声にしていくのですね。(地声のようになるのか!?)

つまり、「開いた状態から締めていく感覚」ですね。(僕の感覚ではやはりどうしても芯のあるファルセットにしかなりませんね。大前提にファルセットの状態というものがあるので。)

ただこれでできる人もいるでしょうから、やはり声帯は人それぞれなのです。

高い声を出す練習方法もアプローチの仕方で成果も変わってくるのですね。もちろん個人個人の声帯は違うので、それも考慮に入れておきましょう。

ここでのポイント

自分にあったアプローチを見つけよう

ミックスボイスの練習方法【具体的編】

一口にミックスボイスといってもいろいろなミックスボイス(色々な高音の出し方)があります。強いミックスボイス綺麗なミックスボイス。人の声質に応じたそれぞれのミックスボイスがあると考えられます。各ミックスボイスの具体的な練習方法は長くなってしまいますので、下記の別記事にまとめております。

上記で紹介した練習方法を使ったかなり具体的な練習方法です。

ミックスボイス練習ページ

綺麗系のミックスボイスの出し方

【綺麗系ミックスボイス】の出し方・練習方法

今回は柔らかいミックスボイスや薄い閉鎖のミックスボイスといった綺麗系のミックスボイスの出し方・練習方法について書いていきたいと思います。ミックスボイスも色々な種類に分けられ、人によって様々です。それぞ ...

続きを見る

閉鎖系のミックスボイスの出し方

【閉鎖系ミックスボイス】の出し方・練習方法

今回は強い閉鎖のミックスボイスや鳴りの強いミックスボイスといった閉鎖系のミックスボイスの出し方について書いていきたいと思います。ミックスボイスも色々な種類に分けられ、人によって様々です。それぞれの歌声 ...

続きを見る

太いミックスボイスの出し方

【太いミックスボイス】の出し方・練習方法

今回は太いミックスボイスの出し方について書いていきたいと思います。ミックスボイスも色々な種類に分けられ、人によって様々です。色々な歌声があるように、ミックスボイスも色々な出し方があります。ただこういう ...

続きを見る

地声のように聴こえる強いミックスボイス=ベルティングボイスについて

「ベルティング発声・唱法」のやり方・解説|ベルティングはミックスボイス?

今回はベルティング発声・ベルティングボイスというものについて書いていきたいと思います。『強い地声のように聴こえる高音域』をベルティングボイスと言います。日本ではあまり聞きなれない言葉ですが、海外では音 ...

続きを見る

もちろんこれ以外にも自分に合った練習方法は存在するはずです。

『ボイトレに役立つグッズ』はこちら

ボイトレグッズ紹介ページ

※当サイトのページです

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。変わったと言うより、少しずるい方法ですが。効果は抜群です。ボイストレーニングは独学でする人も多いでしょうが、 ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いていきたいと思います。ボイトレ教室って興味が湧きますよね?ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。歌も人から習う ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-ボイストレーニング, 声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.