【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

発声方法

ミックスボイスとは?|一般的な意味や本来の語源について

更新日:

今回は『ミックスボイスとは?』というテーマです。

この記事は

  1. ミックスボイスの一般的な使われ方
  2. ミックスボイスの本来の語源
  3. ミックスボイスが曖昧な理由
  4. ミックスボイスの一番お得な解釈

という内容です。

ミックスボイスとは

一般的には

ミックスボイスとは

『主に裏声ではない発声で高音域の声を出す発声方法』

を指す言葉です。

また同じ意味として、『ミドルボイス』とも言われたりします。

 

主に

  1. 地声=胸声=チュエストボイス(Chest)
  2. 中声=ミックスボイス/ミドルボイス(Mixed/Middle)
  3. 裏声=頭声=ファルセット/ヘッドボイス(Falsetto/Head)

このような声区の区分の真ん中の部分を指す言葉として『ミックスボイス』という言葉が使われるのが一般的です。

しかし、特に特定の音階や音色の特徴なども決まっていないために非常に曖昧な言葉で多くの語り口があり、世界的にみても正式な定義のないものとなっています。

 

本来の語源・由来

『ミックスボイス』という言葉の由来はフランス語を英語に変換した時に生まれたものとされています。

原語はフランス語のヴォワ・ミクスト(voix mixte)であり、英語の mixed voice もその訳語のようである。

引用元: Wikipedia『ミックスボイス』

このフランス語のヴォワ・ミクスト(voix mixte)というのは『声区融合』という意味なので、それを訳した英語のミックスボイス(mixed voice )も『声区融合』という意味になるのが本来は正しいのでしょうし、元々はそういう使い方の言葉だったのかもしれませんね。

 

声区融合とは

  • 『地声から裏声までを滑らかに移行すること』

を指すことが多い言葉です。

地声と裏声を融合させる・混ぜ合わせる(mixed)という意味合いなのでしょう。

勘違いしやすいのですが、『移行する境目の発声を指す言葉』ではなく、その『滑らかに移行するという発声様式全体を指す言葉』です。

 

つまりミックスボイスとは本来、

  • 君は”ミックスボイス”だね
  • 君は”声区融合”してるね
  • 君は”地声から裏声まで滑らかに移行”してるね

という状態を指す言葉だったと予想されます。

 

しかし、

その言葉の曖昧さのせいで多くの解釈を生んで、言葉だけが一人歩きした結果として、

  • 君は”ミックスボイス”だね
  • 君は”裏声ではない高音”を出してるね

という感じで使われるのが一般的になっていると思います。

 

まぁ言葉は時代の流れによって使い方が変わっていったりしますから、「本来は〜」とか「厳密には〜」とか言ったところで、、、結局はその流れに乗るのが一番かもしれませんね。

 

なぜ一般的に使われるミックスボイスは曖昧になるのか?

この理由は明白だと思っています。

『声区として明確に線が引けない』

からです。

 

簡単に言えば、「ここからここまでが〜」と範囲を決める時の「ここ」の場所をはっきりと示すことができないと考えられます。

特に「ここから」の部分。

 

地声・裏声はできる

地声と裏声ははっきりとそれができるんです。

かなり難しく長くなってしまうのでここでは詳しくは説明しませんが、

  • 地声=声帯筋(甲状披裂筋)が働く発声
  • 裏声=声帯筋(甲状披裂筋)が働かない発声

と明確に線が引けるのですね。

参考

詳しくは記事『声が裏返る仕組みや原因について』で書いてます。

 

ミックスボイスは曖昧

ものすごい高い音を地声のように発声している場合、

「ミックスボイスだよ」

と言いやすいのかもしれませんが、その音を下げていったときに

「あれ?どこまでがミックスでどこまでが地声?」

みたいな風なことが起こります。ここでいろいろな説が生まれるのだと思います。

 

声区の考え方は人それぞれ

結果として、声区の区分は「厳密には〇〇」「正しくは〇〇」のように色々な意見があります。

ミックスボイスに関しては、

  • ミックスボイスは地声だ
  • ミックスボイスは裏声だ

という風にミックスボイスの存在そのものを地声か裏声に分類してしまうという考え方もあります。

結果、「ミックスボイスは存在する/存在しない」という問題も生み出します。

ややこしいですね。笑

 

これらは結局一つのことを頭に入れておけば悩まずに済むと思います。

声区の考え方は

  • その人の「流派」
  • その人の「声帯」
  • その人の「感覚」
  • その人の「意識」

によって異なる。

つまり『人それぞれ』ということです。

 

これらは全ての人が完全に同じということはありえないので、その一つ一つの差が声区の捉え方にも差を生んでいると思います。

なので、これを頭に入れておけば、深く考えなくてもいいと思います。

 

大きく括ってもいい

声帯の構造上では、一番大きな分類は

  1. 地声(甲状披裂筋・声帯筋が使われる発声)
  2. 裏声(上記が働かず、声帯靭帯・声帯上皮での発声)

の2つの分類になるはずです。

しかし、人それぞれの色々な違いでどこまでをどう分類するかが変わってくるんですね。

難しく考えたくない人は一番大きな分類『地声・裏声』で考えておいてもいいのかもしれません。

 

ミックスボイスの一番お得な解釈

どう考えるにしても「ミックスボイス」という言葉自体は普通に使われるので、自分の中で解釈をある程度決めておくといいと思います。

 

ミックスボイスとは

『自然な換声点以上の音域の裏声ではない発声』

換声点・・・地声と裏声が切り替わる点。「自然な」という言葉がついているのは換声点は”一点”ではなく、いくらでもズラせるので、「一番楽で最適な」という意味で「自然な」と書いています。

と考えるのが一番お得なように思います。

 

お得というのは

  • 使われるとしたらそういう場合を指すことが多いので、大枠の意味を捉えやすい
  • 定義に線引きできるとしたらこれしかないから考えやすい

という点でお得です。

 

こう考えると会話にもついていけますし、一般的に使われる意味を捉えていると思っています。

個人的にもこのような意味で使っています(本当は使わない方が簡単で良いと思っていますが、みんなが使うから。笑)

 

そして

もし、

『ミックスボイス=自然な換声点以上の音域の裏声ではない発声』

とするのならば、

ミックスボイスとは

自然な換声点以上の音域で声帯筋が働いた発声

*声帯筋(甲状披裂筋)・・・地声で働いて、裏声では働かない部分。

と言い換えられます。

 

ということは『ミックスボイスは地声の仲間』と考えることができるはずです。

 

ミックスボイスは地声の仲間?

これは掘り下げるとかなりマニアックな内容で、『どういう原因で裏声ではない高音を出せるのか?その原理は?』という部分に繋がります。

マニアックな部分を追い求めたい方は記事『ミックスボイスの声帯の状態と発声原理』をどうぞ。

 

「難しいことはいいよ」という方は

ミックスボイスとは

  • 『裏声ではない発声で高音域の声を出す発声方法』を指す言葉として多く使われるもの
  • 本来は別の意味であったようで、定義や意味が曖昧で一人歩きしているもの
  • 『自然な換声点以上の音域の裏声ではない発声』と考えるとお得

としておけばいいと思います。

 

大事なのは出せるか出せないか

大事なのは『裏声ではない中高音域が出せるか/出せないか・どうすれば出せるか』でしょう。

記事『3種類のミックスボイスの練習』や僕のnote『ミックスボイスを身につける手順書(導入編)』にて練習方法を書いていますので、興味のある方はどうぞ。

-発声方法

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.