ボイストレーニング 声や歌について 音楽

ミックスボイスは簡単?出し方・感覚を確認して正しい練習法でトレーニングしよう

更新日:




今回はミックスボイスについて書いていきたいと思います。

ミックスボイスというものについて多くの疑問を持っている人は多いと思います。

 

そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうなんだ?ミックスボイス出したい。と。

 

ミックスボイスというものはかなり漠然としているものですよね。

人によって様々な捉え方があります。意見も様々です。音楽においては「ロック」とは何か?という疑問に匹敵するレベルです。笑

 

それくらい曖昧かつ人それぞれなものです。が、個人的にはある程度の見分け方はあると思っています。

今回はそんなミックスボイスについて書いていきたいと思います。

ミックスボイスとは

ミックスボイスというのはWikipediaでは

  1. 特に高い声を出すときに意識的に呼気を多くする、又は声門の閉鎖を弱めた柔らかい声で(時に息を混ぜ気味にすることで)換声点(声が裏返ること)を隠すスタイル。またそれにより得られる声色。
  2. 頭声を駆使して高音域を地声のように出すこと。またそれにより得られる声色。主に男性の唱者についていわれる

とあります。

うーん、なんとも難しいですね。

 

  • 高い声を出すときに意識的に息を多くする→息の多い高音系の地声ですかね?
  • 声門の閉鎖を弱めた柔らかい声で完成点を隠す→閉鎖が弱まるのでやはり息っぽい声なのですかね?

あくまで個人的に受ける印象ですが、これだとファルセットに切り替えやすいような音色に変化させている息の多い地声というニュアンスに感じます。なんか限定的ですね。

 

  • 頭声を駆使して高音域を地声のように出す→頭声(ヘッドボイス)はファルセットの閉鎖を高めた声です。うーん、ファルセットはいくら閉鎖させてもファルセットの域を越えられないと思います。個人的にはです。だって、B’zの稲葉さんのミックスボイスって裏声ですかね? ワンオクのTakaさんのミックスボイスは裏声ですかね?ってなります。

しかし、ウィキペディアに書いてある以上(絶対ではないが)ある程度正しいのでしょう。正確にはそういうものなのでしょう。

 

であれば、ミックスボイスという言葉が一人歩きして、もはや定義できないものになっている気がするのは僕だけでしょうか?

様々なところで「ミックスボイス」というものが語られているのですが、もはやそれぞれにミックスボイスというものがあって、明確な実態のつかめないものになってはいないでしょうか。

 

個人的なミックスボイスの定義

そういうことでミックスボイスは歌において、実態が曖昧な言葉になっています。

なのであくまで個人的なミックスボイスの定義を書きたいと思います。

 

僕個人が思うミックスボイスとは

  • 声帯の使い方が地声ではない
  • 声帯の使い方がファルセットではない
  • 主に地声とファルセットの中間の音域に存在する声(間を埋めているということではなく、そのあたりが一番出しやすいということ)

個人的にはこんな風に思っています。

 

地声でなく、ファルセットでもない声帯の使い方。もちろん音色も違います。そういう声の出し方、音色の声をミックスボイスと言える気がします。

 

なので上記3つに当てはまればいいのですから、結構いろいろな声がミックスボイスと言えそうです。こういう定義の感覚の人も多いと思います。

 

「地声じゃない声だけど、どう聞いても裏声には聞こえない。でも高い音まで歌っている。あれがミックスボイスか」という感覚ですね。

それでいいと思います。

 

認識するより出せる方が重要でしょう?出している本人はミックスボイスと認識すらしてないこともありますからね。

 

ミックスボイスはどうやって出す?

ではミックスボイスはどうやって出すのか?という問題がつきまといますよね。

 

結論から言いますと、

「こうすれば出せるという明確な答えなんてないというのはない」と言えますね。

 

もちろん比較的出せるようになりやすい練習方法はありますが、人の声はそれぞれ違います。個性も様々です。

なのでこれをすれば出せると言い切れる練習法はありません。

「人による」が答えですね。

 

期待させやがって。。ですかね。すみません。

でもそれを理解することで練習方法を試行錯誤しようと思えるのです。

 

なぜミックスボイスを出したいかを考えると練習法が見えてくる

ミックスボイスが出したい人の多くは高い声が出したいという人だと思います。「地声では届かない音域を地声のように歌いたい」という思いから、ミックスボイスという言葉にたどり着く人がほとんどだと思います。

 

ミックスボイスを習得したい人は、地声で「高音域を出すのが苦しい・出せない」からミックスボイスを習得したいのですね。

 

地声が高い人でミックスボイスに執着している人はあまり多くないはずです。

つまり楽に地声のような高音域が出せるようになることが重要ですよね。それがミックスボイスだろうが何だろうがどうでもいいですよね。(楽に出せるようになった時大抵それはミックスボイスですがね)

 

目的を見失うと、ミックスボイスがよくわからなくなり、たどり着けなくなります。

  • ミックスボイスってどんな声なんだろう?
  • この声はミックスボイスかな?
  • 声帯をどう使えばいいんだろう?

と迷宮に入ってしまいます。

「楽に高音域の地声のような声を出せるようになる」というシンプルなことを目的に練習すればいいのです。

 

練習方法は

これはいつもオススメしているこちらの練習方法で練習していけばいいのです。

リンク先で練習方法を詳しく書いています。

 

どの練習方法も喉をほぐしたり脱力させながら声を出す練習方法です。

 

感覚としては地声でいいと思います。地声のままどんどん高音域に登っていきます。限界地点で苦しくなるでしょうが、トレーニング方法が脱力の補助をしてくれます。

 

当然脱力はできないでしょうが、それが現時点でのミックスボイスの完成度です。「苦しくて到底ミックスボイスと言えるものではない」そんなミックスボイスです。

 

当然です。声帯がそういう使い方に慣れていないのですから、「地声かファルセットに行かしてくれ~、この動きは無理!!」ってなります。笑

 

開脚で90度しか開かない人が無理やり180度開こうとしても、無理ですよね。痛すぎて無理ですし、足は元に戻ろうとします。

それと同じようにミックスボイスが出せない人がいきなりその音域に踏み入れても、苦しいですし元に戻ろうとする力でいっぱいです。

90度(地声)から180(ミックスボイス)まで少しづつ広げて行くことで楽に開くようになる(ミックスボイスが出せる)のです。

 

いきなりできるようになるものではないのです。

そしてその補助をしてくれるのがトレーニング方法というわけです。

 

ファルセットからのアプローチの方がいいという意見もありますが、それは目指すミックスボイスの音色によるでしょう。ファルセットに近い音色のミックスボイスが習得したいならファルセットからでもいいのでしょうけど。

 

個人的にはファルセットからのアプローチは正直よくわかりません。どんなに芯をつけても芯のあるファルセットにしかならないです。個人的にはですよ。(それでできる人もいます)

「地声のように高音域を出したい」のならやはり地声からアプローチするべきでしょう。「裏声だけど地声のように聞こえる高音域」ならファルセットからのアプローチがいいでしょう。

難しい違いですが、感覚は違うと思います。

 

  • 「地声のように高音域を出したい」→これは声帯を締めていって音域をあげる感覚でしょう。ただし、締めていくのに合わせて喉まで締まっていくと苦しそうな声になります。これがミックスボイスをコントロールできている人だとこの状態から喉を開くことができるので声帯のみが締まっている状態で開いた音色の声を出すことも可能です。つまり、「締めた状態から開いていく感覚」です。
  • 「裏声だけど地声のように聞こえる高音域」→裏声は声帯の一部のみを使って声を出す技術です。実は地声よりも声帯自体は開いている状態なのです。(ちなみに地声は声帯全部を使う)その状態から使っている部分の声帯を閉鎖させていき、地声のような声にしていくのですね。つまり、「開いた状態から締めていく感覚」ですね。(僕の感覚ではやはりどうしても芯のあるファルセットにしかなりません。(ToT)

各種ミックスボイスの出し方・練習方法

【綺麗系ミックスボイス】の出し方・練習方法|柔らかさや薄さのあるミックスボイスについて

今回は柔らかいミックスボイスや薄い閉鎖なミックスボイスといった綺麗系のミックスボイスの出し方について書いていきたいと思います。 ミックスボイスも色々な種類に分けられるのですが、今回は一番ミックスボイス ...

【閉鎖系ミックスボイス】の出し方・練習方法|鳴りの強い声や金属的なミックスボイスについて

今回は強い閉鎖のミックスボイスや鳴りの強いミックスボイスといった閉鎖系のミックスボイスの出し方について書いていきたいと思います。 ミックスボイスも色々な種類に分けられるのですが、今回強い鳴りがするミッ ...

【太いミックスボイス】の出し方・練習方法|喉を開くようなミックスボイス

今回は太いミックスボイスの出し方について書いていきたいと思います。 ミックスボイスも色々な種類に分けられ、人によって様々です。   色々な歌声があるように、ミックスボイスも色々な出し方があり ...

まとめ

個人的にはミックスボイスはやはり、どちらかと言えば地声の仲間だと思っています。その名称から地声と裏声の合体・中間的なニュアンスが強いのですが。

そんなわけで少しづつ地声の高音域をトレーニング方法を駆使して練習して行くと、出せるようになってくると思われます。

 

 

 

ボイストレーニングに必要な【おすすめグッズ】

呼吸・横隔膜を鍛える『POWER breath パワーブリーズ』

こちらのグッズは呼吸、特に横隔膜にかなりの負荷を与えてくれます。

スポーツにも使われるグッズです。

普通のボイストレーニングでは実現できない負荷があるので、呼吸を鍛えるのにはぜひお勧めできる最強グッズです。

 

種類によって超重負荷・重負荷・標準負荷・中負荷・低負荷とありますのでお好みで選んでください。

歌は「息」で決まります。↓

 

Be−Vo[ビーボ]

発声練習を手助けしてくれるボイトレグッズです。よく割り箸をくわえてトレーニングするとか言いますが、商品だけあって割り箸より100倍いいです。割り箸は箸ですもんね。

 

使い方やトレーニング方法も記載されているので自分でトレーニングすることができます。

使い方も豊富で値段も安いので、『声を良くしたい・滑舌を良くしたい・表情筋を鍛えたい』という方にはピッタリのアイテムです。↓

同じような商品です。Be−Voとあまり変わりませんが、こちらはケース付きです。

個人的にはBe−Voがオススメですが、まぁお好みで。↓

 

肺活量グッズ

『パワーブリーズ』以外にも肺活量・呼吸を鍛えるグッズはあります。

パワーブリーズは最強グッズなのですが、お値段がそこそこしますので、「そこまで本気じゃないんだよなぁ」という方もいるはずです。

 

「でも声はよくしたいから、安くて鍛えられる商品が欲しい」という方にオススメです↓

 

 

BeQu 鼻筋セレブ ノーズアップピン

こちらはボイトレグッズではなく、本来は美容グッズです。

鼻筋を綺麗にするという『amazonベストセラーの大人気美容グッズ』なのですが、実はこれがボイストレーニングに使えます。

 

というのも装着中はほとんど鼻をつまんでいる状態になります。この状態で声を出したり、ボイストレーニングすることで「逆ハミング練習」ができるのです。歌には必須の鼻腔共鳴を鍛えることができます。

いいトレーニングだけに道具があると楽ですね。

『逆ハミング練習』についてはこちら

 

まぁ、自分の手で鼻をつまめばできるんですけどね。そんなこと言ってしまうと、パワーブリーズだって手でできますし、Be−Voだって指を噛めばできます。笑

便利ゆえに道具を使うのです。

 

とりあえず、鼻腔共鳴+鼻筋綺麗一石二鳥です。

本来は美容グッズですが、ボイトレにも活用できるのがいいんです。

ボイトレしながらイケメンや美女になりたい方にオススメです↓

 

もちろんただの鼻栓でもいいんですよ↓

でも、どうせなら少しでも『付加価値』があった方がいいじゃないですか。笑

 

ボイストレーニング本

ボイストレーニング本で声について詳しく学ぶことやトレーニング方法について詳しく学ぶことは歌がうまくなる近道です。

本に書いてあることを学び・実行していけば、100%歌が上手くなるとは言い切れないですが、間違いなくプラスになるでしょう↓

 

オススメのボイトレ本ランキングはこちら

 

BELTBOX

こちらはボーカリストのための防音グッズですね。

なかなか大きな声を出せない環境や近所に迷惑をかけられない環境にいる方も多いのではないでしょうか。

練習したくても声量が気になってできないという時にオススメのグッズです↓

 

自宅でカラオケ練習ができるグッズ

歌の練習に最適な自宅でできるカラオケグッズです。

かなりの高機能・高音質で一人で楽しみたい人からみんなで盛り上がりたい人まで楽しめるグッズです。

 

カラオケマイク・Bluetoothスピーカー・録音マイクの機能を持ち、ワイヤレスでも有線でも楽しめるAmazonベストセラーのグッズです。

カラーバリエーションも豊富です↓

類似商品。こちらは防音機能が特徴

おすすめ記事

-ボイストレーニング, 声や歌について, 音楽

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.