声や歌について

『裏声の声量』が上がらない原因について

投稿日:2019年12月18日 更新日:

今回は裏声(ファルセット)の声量が出ない、声量が小さくなってしまうという状態についてです。

最近は歌の中でも裏声を多用するような楽曲も増えてきましたので、裏声を使わなければいけない場面も多いはずです。

裏声だけ急に声量が小さくなってしまう裏声の声量を上げるように練習しても全然上がらないという方もいると思います。

今回はそんな裏声の声量についてのお話です。

裏声の声量について

裏声の声量は小さくなるものではない

裏声の声量は基本的に小さくなるものではないです。

地声と変わらない音量を出すことができますし、通る声という点に関して言えば地声より通ることも多いのではないでしょうか。

例えば

ジェットコースターの叫び声やライブ会場での「フォーーー!!」みたいな声はどれも辺り一面に響き渡りますね。

そういう点で言えば裏声の方が実は声量・音量自体は出しやすいとも考えることはできます。

裏声が小さく聴こえることもある

例えば裏声の前のフレーズがものすごく強い高音発声で声量バリバリの状態で次に裏声を発する場合はどうしても声質の関係上裏声が小さく聴こえることもあります。

実はその裏声自体の声量がしっかりとあったとしてもその前後の発声次第では小さく聴こえることもあるということです。

しかし、おそらく裏声の声量に悩んでいる人はその次元ではなく、明らかに裏声で声量が消失するような悩みが多いと思います。

裏声の声量が小さくなる原因として考えられるもの

裏声の声量が小さくなる原因として考えられるのは二つです。

裏声の声量が小さくなる原因

  • 真の裏声でない
  • 裏声の練習不足

という二つです。

一つ目は『裏声と思って発しているその裏声は裏声ではない可能性がある』ということです。

もう一つは単純に『裏声の練習不足・裏声を発声する能力が足りない』というものです。

真の裏声でない

おそらく裏声を鍛えても鍛えても声量が出ないとか、声量が上がる気配がない人はこれである確率が非常に高いですね。

真の裏声でないと言っても、ボイストレーニング業界には「〇〇ファルセット」や「ヘッドボイス」みたいな感じでファルセットにも種類や名前をつけて非常に複雑になっています。

そんな中「真の裏声」とか言って、またさらに複雑にしてしまうような感じがありますが、そういうわけではないのです。

むしろできればもっと簡単に考えたいのですが、どうしても素通りできない『裏声もどき』が存在しているのでそこに注意すべきだと考えています。

僕は裏声(ファルセット)を大きく二つに分けています。

この二つを「犬ファルセット」「猫ファルセット」と名付けています。

ファルセットには正しいファルセットの「犬ファルセット」、そしてあまり良くないファルセットの「猫ファルセット」が存在するのです。

*ちなみにこの「犬」とか「猫」とかは僕の完全な造語で世間では通用しないので気をつけてください。

ここでは簡潔に

「犬ファルセット」とは「犬や狼の声っぽいファルセット」

「猫ファルセット」とは「猫の声っぽいファルセット」

と説明しておきます。

公園でもライブ会場でもどこでもいいのですが、広い空間で「フォーー」と叫んだ場合、辺り一面に響き渡る「フォーー」が言える場合は犬ファルセットですね。辺り一面に響き渡らない場合は猫ファルセットである可能性があります。

もしも

「猫ファルセット」である、もしくはそう感じるのならばその時点で裏声の声量を上げることは非常に難しいです。

犬の鳴き声は遠くまでよく通り、猫の鳴き声は近くじゃないと聞こえないように「猫ファルセット」である場合いくら鍛えても大きな音を生み出すには限界があります。

声帯の使い方が違うのですね。

なので自分の裏声が猫っぽくて声量が上がらないのだと感じるのであればそれは根本の出し方から改善する必要があります。

「犬ファルセット」と「猫ファルセット」の違いと正しいファルセットの練習方法についてはこちらの記事にみっちり書いているので参考にしてください。

裏声(ファルセット)についての考察と正しい裏声の出し方

今回はファルセット(裏声)についての考察を書いていきたいと思います。 ファルセットは『正しいファルセット』が出せることがすごく重要です。 僕は正しいファルセットを『犬ファルセット』・悪いファルセットを ...

続きを見る

裏声の練習不足

もしも犬ファルセットが出せている場合であり、なおかつ裏声の声量がない場合はそれは単なる『鍛え不足』もしくは『息の量の不足』の可能性が高いです。

「鍛え不足の場合」

「鍛え不足」の場合は、まだその犬ファルセットが開発されていない・開発の余地が多くある状態だと考えられます。

この場合話は単純でその裏声を使い続けることが重要です。使い続けていると自ずと大きな音で出せるようになるはずです。

地声と裏声を交互に発声する練習

『地声と裏声の交互切り替えトレーニング』で輪状甲状筋を鍛える

今回は「地声と裏声の交互発声」について書いていきたいと思います。地声と裏声を交互に切り替える練習をすることはとてもいいボイストレーニングになります。 地声と裏声交互発声で 輪状甲状筋を鍛える 声区の切 ...

続きを見る

タングトリル

タングトリルの主な効果は『舌根を固定して声帯の動きと切り離すこと』

今回は「タングトリル」というボイストレーニングについて考察していこうと思います。 タングトリルはボイストレーニング界では有名なトレーニングの一つですね。他にも「タントリル」と言ったり、「巻き舌トレーニ ...

続きを見る

などで裏声を鍛えていくのがオススメです。

この正しい裏声を出せている場合であれば、練習したぶんだけ成長するはずなので練習量がものを言うでしょう。

「息の量が不足」

「息の量が不足」している場合も考えられます。

というのも「犬ファルセット(普通のファルセット)」は息の量に比例して声量が増減します。ところが猫ファルセットはある一定ラインからいくら息を強く吐いても声量自体が大きくなりません。

正しいファルセットが出せている場合は息をしっかりと吐くだけで声量あるファルセットになるはずです。簡単ですよね。

ジェットコースターを下る時の「ヒャーーー」やライブ会場での「フォーーー」のように息を強く吐くとその分だけ周りに響くほどに鳴らせるはずです。

結論

裏声というものは本来声量小さく鳴るものではないが、フレーズや場合によっては小さく聴こえることもある

それを通り越して明らかに声量が小さい場合に考えられる原因は二つ

正しい裏声ではない

裏声の練習不足である

この二つが考えられます。

決めつけることはできませんが、自分の裏声の声量がない場合はほとんどの場合正しい裏声でない「猫ファルセット」である可能性が高いと考えられます。

声量を上げるトレーニング方法5選と声量についての考察

今回は声量を上げるトレーニング方法を紹介したいと思います。 「歌における声量」と「話し声における声量」で若干目指す指標が変わったりもしますが、どちらにしても息系のトレーニングはオールラウンドに効果的で ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。 ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 当サイトでは歌唱力アップのための様々なトレーニングや研究考察などを紹介しています。 例えば「〇〇のためには〇〇トレーニングがいい」みたいな感 ...

5

今回はオススメの音楽配信サービスアプリについての紹介です。 音楽配信アプリは当然音楽を聴くもので、単純に考えると娯楽の範囲でしょう。ですが、「音楽的感覚・感性」という部分の成長は音楽をたくさん聴くこと ...

-声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.