声の悩み・歌の悩み

歌うとき下顎が力んでしまう原因について

投稿日:2021年11月20日 更新日:

今回は歌う時に下顎に力が入ってしまう原因とそれに対する改善策というテーマです。

歌うとき下顎が力む原因

下顎が力む原因としては

  1. 高音の限界を超えたとき
  2. 声量の限界を超えたとき
  3. 癖になっている
  4. 声変わり・変声期

というものが考えられます。

①高音の限界を超えたとき

基本的に下顎が力んでしまう原因の根本は喉(声帯)にあることがほとんどだと思われます。

根本的原因は『声帯の能力不足』にあって、声帯を支えるために『喉周りが力み』、喉周りを支えるために『顎が力んでいる』という風に順番に力んでいるかと。

そして、喉が力む原因として一番多いのは『現状の能力における高音の限界を超えたとき』でしょう。

 

基本的に高音を出すときは声帯を伸ばしていきます。この伸ばす能力が限界を迎えたとき喉が締まります。

そして、この喉の締まりの力をさらに外部から支えようとして顎に力が入るのですね。

 

つまり、この場合の解決策は『高音を出す能力を鍛える』ということになります。

しかし、高音は無限に鍛えられるわけではないのでその点は注意です。どんなにすごい人でも音程を上げていけばいつかは力みますから。なので、鍛えられる範囲までを鍛えて、それ以降は諦める(適正な音域ではないと考える)のがベストでしょう。

地声の高音域を広げる方法【結局、地道なトレーニングが一番いい】

続きを見る

 

②声量の限界を超えたとき

上記の「高音」と同じように声量の限界を超えたときも喉の力みに合わせて顎が力みます。

理屈としては

  • 声量を大きくしようとする→息を強く吐く→息の勢いに声帯が耐えられなくなる→声帯を支えようと喉周りが締まる→喉の力みを支えるために下顎に力が入る

という感じです。

特に普段の声が小さい人は歌う時に日常では使わないレベルの声量が必要になるので喉が力みやすく、それによって顎が力みやすくなることも多いでしょう。

 

これも解決策はしっかりとした声量に耐えられる声帯の能力をつけるということになりますが、こちらも誰しも限界というものがありますのでその点は考慮に入れておきましょう。

声量を上げるトレーニング方法について

続きを見る

 

③癖になっている

喉や声帯に力が入っていないのに顎だけが力んでしまうという状態もある。これは顎に力が入るのが癖になっている可能性が高いです。

しかし、これは喉の力みによって誘発されたものではないので、癖を取り除くのにそこまで大きな苦労はしないだろうと思われますし、意識次第ではすぐに改善できるのではないかと思われます。

 

トレーニングは後半にて。

 

④声変わり・変声期によるもの

声変わりが原因で下顎に力が入りやすくなってしまうというものです。

声変わりの時期は声帯が大きく変化している最中なので、様々な喉の不調や声が出しにくいなどの問題が起こりやすいです(*個人差がある)。

声帯そのものが不安定なので、喉周りはもちろん下顎にも力が入ってしまうということもあるでしょう。

 

この場合の解決策は「何もせずに声変わりが終わるまで待つ」が実は一番良かったりもするかもしれません(*一概には言えないでしょうが)。

下顎の力みを取り除くトレーニング

下顎の力みを取り除くトレーニング方法は

  • 「アイアイアイ・・・」
  • 「エイエイエイ・・・」
  • 「オイオイオイ・・・」

を連続して発声するというものです。

 

母音が合えば子音は何でもOKです。例えば、当サイトでも紹介している「ネイ」「ヤイ」トレーニングは「エイ」と「アイ」を活かしたものです。

 

ポイントはアゴが開く母音からアゴが閉じる母音(「イ」)へと連続で繰り返すことで強制的にアゴをカクカクと動かすというところにあります。アゴをほぐしながら発声するということですね。

これによってだんだんと顎に力に頼らない発声が身についてくると考えられます。

 

今までアゴの力に頼っていた分だけ最初のうちは上手く発声できないかもしれませんが、継続するうちに顎に頼らなくてもいいような能力が身についてくるでしょう。また「顎だけが力む癖」がある人はこれで比較的早く改善できるはずです。

歌における喉の「脱力」について【力まず歌うために】

続きを見る

-声の悩み・歌の悩み

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2023 All Rights Reserved.