歌声解説 女性シンガー

BiSH アイナ・ジ・エンドの歌声や歌い方について

投稿日:2019年12月19日 更新日:

BiSHと言えば『楽器を持たないパンクバンド』と称される大人気のアイドルグループですね。

何と言っても歌声、ダンス、そして時に優しく、時に強烈な楽曲は多くの人を魅了していますね。

心を掴まれている方も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんなBiSHのアイナ・ジ・エンドさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや低め〜普通くらいの音域で、ハスキー系の声質

音域

地声・話し声の音域はやや低め〜普通くらいの音域ですね。

やや低め〜普通くらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質はハスキー系の声質です。

サラサラ・カサカサしたような倍音が鳴る典型的なハスキー系の声質です。ハスキー系の特有の息の倍音成分が多く含まれています。

歌声同様に話し声からカサっとしたハスキーな成分を多く含んでおり、非常に魅力的な通る声を持っています。

 

歌声はハスキーな声質を活かした発声

地声

低中音域は地声

基本的には息を主体とした息系の発声です。息の上に声を乗せるようにして発声するスタイルが多いですね。

息系やノイズ系の倍音成分を多く含む発声です。

持っている声帯自体がハスキー系なので、声帯を鳴らそうとするといい意味で綺麗に鳴らないです。なのでカラッとしたエッジボイスやカサっとした成分ハスキー成分が出て非常にカッコよく聞こえますね。

 

この倍音成分の多さは心掴まれますね。

 

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

やや強めに声帯を閉鎖・息の圧力をかけて強く鳴らしています。

 

ハスキー系の声帯を強めに鳴らして発声しているので独特な鳴り方で随所にハスキーな成分やガラッ・カサっとした成分が鳴っています

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

息の倍音を多く含む綺麗なファルセットです。

 

地声域もファルセット系の発声と同じくらい息の倍音が多いので声区移行がわかりにくいですが、自然に綺麗に移行しています。

 

歌い方

共鳴や音色

鼻腔や軟口蓋などの上方向への共鳴中心の発声です。

声を当てる方向性は斜め前上方向主体という感じです。

 

ビブラート

基本的にはビブラートはかけずにまっすぐに歌うタイプです。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

静かに囁くようなフレーズからパワフルな歌声まで表現の幅広い歌い方です。

  • 息が綺麗に流れるウィスパー系の発声
  • 特有のハスキーな成分が強く出てくる強い中高音発声

のコントラストが魅力的ですね。

 

フレージングなど大きな癖はないのですが、持っている声質やそれによる独特の倍音成分などが魅力的な表現を生み出しているように思います。

素晴らしい歌唱力。

どういう練習をすればアイナ・ジ・エンドさんのように歌えるか

アイナ・ジ・エンドさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

アイナ・ジ・エンドさんのように歌うポイント

ポイント

ハスキー系の息を意識する

これが重要だと考えられます。

では練習方法を書いていきたいと思います。

ハスキー系の息を意識する

大前提ですが、アイナさんのようにハスキー系の歌声はハスキー系の喉を持っていないと成立しません。

 

似たように聞かせることはできるのですが、残念ながら基本的にハスキーボイスは真似しようと思ってできるものではないでしょう。

 

普通の声帯を持っている人は声帯を鳴らせば綺麗に閉じて普通の音が鳴るのですが、ハスキーボイスは声帯を閉じても息と特有のノイズが漏れるのです。

 

息のトレーニング

ハスキーボイスになれないのは大前提ですが、息を綺麗に流すことで似た成分を持つことができますし、何よりアイナさんは綺麗に息を流す発声も多く使っています。

 

息と声の連動のトレーニングは

が最適です。

 

これらのトレーニングでまずは息の上に声を乗せるような練習、例えばため息を吐くようにして歌う練習などもいいと思います。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.