歌のスキル・テクニック

歌に抑揚をつける方法について

投稿日:2021年1月8日 更新日:

今回は歌の抑揚について。

抑揚とは本来『発する音の調子の上げ下げのこと=音程の起伏』のことであり、英語で言う”イントネーション”になります。

例えば、抑揚のある話し方と言った場合は「音程の上げ下げのある話し方」という意味合いでしょう。

 

ただ歌は基本的に音程が決まっているものなので、”歌の抑揚”は意味合いが少し変わり『声量差・大小表現=ダイナミクス』のことを指すことが多いです。

今回はそういう”声量差・大小表現”=ダイナミクスという意味での抑揚を掘り下げます。

歌における抑揚の付け方

歌における抑揚は、

  • 『小と大』『静と動』を表現すること
  • 声の音量差をつけること

と言えるでしょう。

 

わかりやすい例(*イヤホンで聴くとよりわかりやすい)↓

ささやくような発声からガツンと張る発声まで音色の大小の落差がとても大きく、お手本のような抑揚の付け方ですね。

このように抑揚をつけるということの考え方そのものはシンプルで『音の大小を作ればいいということだけです。

 

歌に抑揚がない、歌が棒読みっぽくなるという場合はこの『音量の起伏』が作れていない場合がほとんどでしょう。

抑揚は3層で考える

抑揚で大事なポイントは

  • 普通の声量からの押し引きで考える
  • 大きく3層に分ける

というのが大事でしょう。

 

先ほどのマライアの発声を声量で区分すると、

  1. ささやくような発声=小
  2. 普通くらいの発声=中
  3. 大きく張る発声=大

という3つの層に分けられると思います。

普通から押したり引いたりすることで音量の階層(落差)を作っているのですね。

 

この音量の階層を作るという考え方が重要で、階層によってそれぞれ「小・中」「中・大」「小・大」の抑揚が生まれるので抑揚表現の幅が広がる。

 

多くのシンガー達はこの声量の階層を行ったり来たりするようにしてフレーズを歌い、抑揚を生み出しています。

 

つまり、『3つの階層を行ったり来たりすることが抑揚を付ける』と言ってもいいと思います。

もちろん、ざっくり2層で表現するという考え方もできます。

例えばジャズ系は『小・中』のみ、ハードロック系は『中・大』のみというイメージになることもあるでしょうが、人それぞれに必ず『小・中・大』は必ず存在するでしょうから感覚的には3層で考えて表現すればいいと思います。

 

で、『中』の声量はその人の普通なので、鍛えるところは『小』と『大』を磨けば抑揚が磨かれるということになる。

小の発声・引きの声量

「小の発声、引くこと」は実は極めるのはかなり難しい。

が、音量を下げること自体は簡単なので誰にでもできるという特性があると思います。

 

先ほどのお二人に共通していることとして『静かに歌うフレーズの通り具合がすごい』『囁いているのに音がよく通る』ということがあると思います。

つまり、引くとボリュームが小さくなるが、音としては通る音でなければいけないという点で難しい。

 

厳密には難しいというよりも、多くの人が『そういう声の出し方に慣れていない』とも言えるのかもしれません。

おそらく多くの人が長年教育で受けてきた歌というものは”合唱スタイル”で、基本「押す歌声」です。そういう点で押す方ばかりに慣れています。

また、日本語そのものも「押す言語(喉を固く鳴らす言語)」です。

つまり、普段そういう声の使い方をしないので、ささやくような音量で通る音色を生み出すのは訓練しないと難しいということです。

最初は単純に小さくするくらいから始めてもいいと思います。

 

小の発声を鍛えるには

小の発声を鍛えるとは『静かに歌うフレーズをよく通るようにすること』

では、静かに歌うフレーズをよく通すにはどうすれば?という話になります。

 

これは先ほどのお二人の動画をよく聴けばわかると思いますが、

  • 倍音が多い発声をする
  • 息がたくさん流れる発声をする

ということになるでしょう。

とにかく「息が綺麗に流れる」。これに尽きると思います。

 

ただし、歌が苦手な人がとりあえず息をたくさん吐いても同じような音色にはならないという点が厄介です。これは先ほどの”慣れ”のお話にも通じるのですが、その息を声帯が上手く活かせないのですね。

結局、その息の流れを活かす声帯の柔軟性(連動性)が必要になってきます。

大の発声・押しの声量

パワフルにガツンと声量を出すということはわかりやすく抑揚が作れますが、誰にでもできることではないのかもしれません。

やはり「どうしても声が張れない」という声帯を持つ人は普通にいるでしょうし、大きな声を出せてもそれを歌に活かすとなると難しかったりもします。

 

大の発声を鍛える

大きな声量を生み出すには

  1. 強い息の力
  2. 強い声帯の鳴り

という二つが必要です。

 

簡単に言えば、「強く息を吐いてそれを声帯でしっかりと支えて鳴りに変換する」ということです。

 

小の発声は『息の流れを声帯が華麗に受け流すイメージ』ですが、大の発声は『より強く息を吐いてそれを声帯で受け止めるイメージ』です。これも先ほどのお二人の「張る発声」を聴くとイメージしやすいと思います。

 

こちらも結局のところ、「息」と「声帯」の連動性が重要になってくるでしょう。

確実だとは言えませんが、小の発声を極めようとすると息と声帯の連動性能が上がり、結果的に大の発声が後から付いてくるでしょう。小をよく大を制すとは実は歌でも言えるのかも。

関連記事
息に声を乗せる【”息の重要性”とその連動について】

続きを見る

-歌のスキル・テクニック

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.