歌のスキル・テクニック

歌における抑揚のつけ方について【音に大小の起伏をつける】

投稿日:2021年1月8日 更新日:

この記事は

  • 歌の”抑揚”についての概要
  • 歌の抑揚のつけ方について

という内容です。

歌における”抑揚”の考え方

抑揚とは本来『発する音の調子の上げ下げのこと=音程の起伏』のことであり、英語で言う”イントネーション”になります。

 

ただ歌は基本的に音程が決まっているものなので、”歌の抑揚”とは

  • 『声量差・大小表現=ダイナミクス』のこと

を指します。

 

つまり歌に抑揚をつけるには、

  • 声の『小と大』『静と動』を表現する
  • 声の音量差をつけること

と言えるでしょう。

 

わかりやすい例(*再生位置〜)↓

ささやくような発声からガツンと張る発声まで音色の大小の落差がとても大きく、お手本のような抑揚の付け方ですね。

 

このように抑揚をつけるということの考え方そのものはシンプルで『音の大小を作る

歌に抑揚がない、歌が棒読みっぽくなるという場合はこの『音量の起伏』を意識するといいのですね。

歌の抑揚のつけ方

抑揚をつけるときは3層で考える

抑揚をつける上で大事なポイントは発声を大きく3層に分けるということでしょう。

 

発声は大きく区分すると、

  1. ささやくような発声=小
  2. 普通くらいの発声=中
  3. 大きく張る発声=大

という3つの層に分けられる。

このようにざっくりでいいので、自分の意識を3つに分けましょう。

 

そして「小中大」の声量を行ったり来たりする=『抑揚を作る』になります。

音量を押したり引いたりすることで音量の階層(落差)を作っているのですね。

 

このように声量の階層をつけてフレーズを歌い、抑揚を生み出しています。

抑揚をつけるポイントに大きな決まりはありませんから、自分で色々と工夫しましょう。

 

とは言え、いきなり「小・中・大をコントロールしろ」と言われてもできないかもしれません。

これを上手くコントロールするには

  1. 小の発声
  2. 大の発声

の片方・もしくは両方をコントロールできるようになる必要があると考えられます。

①小の発声を磨く

”単に音量を下げて小さな声・ささやく声を作ること”自体はそこまで難しいことではないと言いますか、おそらく誰にでもできることでしょう。

 

しかし、『それが歌に使えるかどうか』ということを考えると途端に難しくなるはず。

要するに「小の発声」は音量自体は小さくなっても、声自体はマイクによく通る発声をしないと歌に使えなくなるのですね。

これを攻略しないと上手く抑揚をつけられなくなります。

 

なので、「よく通る小さな発声」いわゆる『ウィスパーボイス』という発声を極める必要がある

 

ウィスパーボイスをよく通る発声にするためには”息の流れ”が最も重要です。「とにかく綺麗にたくさん息が流れる発声はよく通る」と言えるでしょう。

 

詳しいトレーニングはこちら↓

ウィスパーボイスの出し方や練習方法について

続きを見る

②大の発声を磨く

まず「大きな声」に関しては小さな声とは違い、人によって得意・不得意があるということを頭に入れておくべきでしょう。

 

例えば、「大声を出せ」と言われた時にすぐできる人とすぐにはできない人がいるでしょうし、さらにすぐにはできない人の中にも

  1. 練習すればできるようになる人
  2. 練習してもできない人

がいるはずです。

 

どうしてもできない人

やはり「どうしても声が張れない」という声帯を持つ人は普通にいますし、大きな声を出せてもそれを歌に活かすとなると難しかったりもします。その場合はすんなり諦めて「小・中」で起伏を作るスタイルに徹した方がいいのかもしれません。そういうスタイルの偉大なシンガーもたくさんいますから。

 

鍛えられる余地がある人は鍛えましょう。

 

大の発声を鍛える

大きな声量を生み出すには

  1. 強い息の力
  2. 強い声帯の鳴り

という二つが必要です。

 

簡単に言えば、「強く息を吐いてそれを声帯でしっかりと支えて鳴りに変換する」ということです。

 

小の発声は『息の流れを声帯が華麗に受け流すイメージ』ですが、大の発声は『より強く息を吐いてそれを声帯で受け止めるイメージ』です。

 

「声帯をしっかりと鳴らす能力」と「息の圧力をしっかりとかける能力」の二つを鍛えていけばガツンと鳴らせるようになるでしょう。

力強い歌声の出し方について

続きを見る

-歌のスキル・テクニック

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.