ボイストレーニングを中心に音楽技術向上に関する様々なことを書いています

音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】

歌声解説 歌声解説 男性シンガー

スキマスイッチ 大橋卓弥の歌い方・歌唱力 鼻腔共鳴の強いミックスボイス【歌声解説】

更新日:

今回は大人気ユニット「スキマスイッチ」のボーカル大橋卓弥さんについて書いていきたいと思います。

好きなスイッチといえばバラードからロック調の曲までなんでも歌いこなしてしまうボーカルですね。

オールラウンドかつ特徴的な歌声で今も第一線で活躍しています。

一度聞いただけで大橋卓弥さんの歌声とわかってしまうほどに特徴的なボーカルです。

スキマスイッチの歌声が好きな方も多いのではないでしょうか?

そんな大橋卓弥さんの歌声について解説していきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

話し声や地声は普通の高さ

大橋卓弥さんは歌声は割と高音域のを歌うことも多いのですが、地声はそこまで高くなく普通といったところですね。

ただ、骨格的に喉の奥に空間ができやすいのでしょう。地声もその辺りに響きが入っているように感じます。

歌声はミックスボイス

綺麗に閉鎖しているミックスボイスで聴き心地の良い歌声です。

喉の奥や、鼻の方へ響きがいっています。

久保田利伸さんなんかも同じタイプですね。

www.shoheihey.com

息があまり多めではない声帯がしっかりと閉じて綺麗に声になっているミックスボイスです。

かなり高い音域までミックスボイスで歌いこなしています。

f:id:shoheihey:20171110194832j:plain

どういう練習をすれば大橋卓弥のように歌えるか

「N」「ん」の発声練習で喉の奥・鼻の奥を響かせる練習

「ん」の言葉で発声練習をしていきます。

ハミングなんですけどハミングとは少し違います。

ハミングをどう定義するかというとこれまた難しい話になるのですが、僕の中ではハミングは「M」「む」の発声です。

なのでハミングの練習は口の中をニュートラルにして発声します。

その結果口の中に綺麗な空洞ができて軟口蓋は上がり閉じている唇にビリビリとした響きがくるはずです。

この「N」「ん」の発声は唇びは響きがいきません。

「なにぬねの」行は舌を上アゴにつけないと発声できません。なので当然この「N」の練習も舌は上アゴにつけて練習します。もちろん口は閉じていますよ。

そうすると唇に響きがいかず喉の奥や鼻の方に響きがいくはずです。

発生してみるとわかると思うのですが、この時の発声法は大橋卓弥さんにかなり近いものがあると感じるはずです。

「M」「む」通称ハミング

  • 口の中に空間ができる
  • 唇がビリビリ震える

「N」「ん」練習法

  • 上アゴに舌をつける
  • 喉の奥・鼻の奥に振動がくる

この「ん」のままピアノで音階練習をしてみたり、スキマスイッチの曲を歌ってみたりして練習してみてください。続けていくとかなり近づくはずです。

ボイトレ ハミング練習法は2種類ある〜響きを身につけよう〜

 

リップロールでミックスボイスをしっかりと練習

大橋卓弥さんはかなり完成されたミックスボイスを使いこなしています。

かなり音程も激しいのでしっかりとミックスが使えるようにならないと歌いこなすのは難しいです。

ミックスボイスの練習はリップロールの練習が効果的です。

特に強くも弱くもないナチュラルなミックスボイスはリップロールが一番おすすめです。

歌唱力アップ『リップロールの効果』

 

まとめ

大橋卓弥さんの歌声は喉の奥や鼻の上への響きをしっかり持ちつつミックスボイスで歌っていることで近づいていくはずです。

両方とも一朝一夕では手に入れられないでしょうが、練習していけば必ず近づけるはずです。

 

他のアーティストの歌声解説はこちらです

他のアーティストの歌声解説はこちら

 







-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.