【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

各種ボイストレーニング方法

力まず強い高音を出すための「ネイ」「ヤイ」トレーニング

更新日:

今回は強い中高音発声を手に入れるトレーニング、「ネイ」「ヤイ」トレーニングについてです。

この記事は

  • 「ネイ」「ヤイ」トレーニングとは
  • 「ネイ」「ヤイ」トレーニングのやり方・練習方法
  • 「ネイ」「ヤイ」トレーニングの効果

についての内容です。

「ネイ」「ヤイ」トレーニングとは

「ネイ」「ヤイ」トレーニングとは似たような効果を持つ二つのトレーニングをまとめて勝手にそう呼んでいます。

  • 「ネイ」
  • 「ヤイ」

この二つの発音を使ったトレーニングのことです。

 

「ネイ」トレーニング

その名の通り「ネイ」の発音で発声するトレーニングです。

この発音をすることにより舌がしっかりと動きます

 

舌の動きが「ネ」で前に出て「イ」で奥に引っ込むような動きになります。この動きが舌根をしっかりとほぐしてくれるのです。

舌根をほぐすことで余計な力が入りにくくなります。

つまり舌根をほぐすことが脱力につながるということです。

 

ココがポイント

「ネ」も「イ」も声帯をしっかりと鳴らしやすい発音です。

つまり声帯が閉鎖しやすい発音ということです。

この二つの発音を連続的に繰り返すことで舌根をほぐしながら閉鎖的な発音のトレーニングができるということです。

 

また連続的な「ネイネイ」という発声は顎の力みもほぐします。

さらに、「ネイ」の発音は上方向へ響きを集めやすいです。(というより下方向へ響かせにくい。)

 

特に閉鎖的な高音の発声は金属的になりがちです。

この時、あまり鋭い発声にしないためにも上方向への響き(鼻腔や軟口蓋)が重要になってきます。

そういう点でもこの「ネイ」の発音はいいですね。

ちなみになぜ「ナニヌネノ」の中で「ネイ」なのか?それは「ネイ」がその中では一番舌を前に出すからです。

 

ポイント

「ネイ」の発音は舌根をほぐすことで脱力を促し、声帯の鳴りの強い高音発声を練習しやすい

 

「ヤイ」トレーニング

その名の通り「ヤイ」の発音で発声するトレーニングです。

「ヤイ」も「ネイ」と同じような理屈で舌根をほぐしてくれるので、脱力の効果があります。

 

舌が動くので舌根をほぐしながら高い声の練習ができるのです。

また、「ヤイ」の発音もアゴはしっかりと動くので、アゴをほぐしてくれる効果もあります。

 

ココがポイント

「ヤイ」「ネイ」と比べると口をに開かなくては発音しにくい発音です。

特に「ヤ」の発音ですね。

ただ、「ヤ」の発音も声帯が鳴りやすい発音なので閉鎖的な声で口を開けるトレーニング効果が「ネイ」よりも高いです。

アゴの力みをほぐす効果が高いです。

 

「ヤ」の発音は「ア」の母音なので基本的には喉を開く力が強いです。

その喉を開く力が強い状態で閉鎖的な声帯の動きのアプローチをかけることで、鳴りの強い声をコントロールできるようになるのですね。

 

ポイント

「ヤイ」の発音は舌根をほぐすことで脱力を促し、声帯の鳴りの強い高音発声を練習しやすい。「ネイ」に比べると口の開きが縦方向へ開くので、開くという動きに対しての声帯の閉鎖的な動きのアプローチになる

 

余談ですが、強い高音を歌えるシンガーってヤイヤイ言いがち、、?笑

 

「ネイ」「ヤイ」トレーニングのやり方・練習方法

ピアノや音源に合わせて音階をたどっていくのが一番いい練習法だと思います。

練習方法

ピアノの

  • 「ドレミファソファミレド」

などに合わせて

  • 「ネイネイネイネイネイネイネイネイネイ」
  • 「ヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤイ」

みたいな感じです。

  • 「ネイヤイネイヤイネイヤイネイヤイネイ」

と混ぜてもいいですね。

 

音階は自分で工夫してください。

もちろんピアノなしで好きな音階でひたすらに練習してもいいです。ただ、ピアノがあった方がピッチ感も同時に鍛えられるのでおすすめというだけです。

 

練習音源

音源に困っている方は『「ネイ」「ヤイ」トレーニング用練習音源ページ』を活用してみてください。

 

注意点

しっかりと「ネイ」と「ヤイ」の発音をすることです。曖昧に発音していては効果は半減してしまいます

また、舌の動きをしっかりと意識して普段よりも若干オーバーに舌を動かしましょう

舌根をしっかりと動かすための「ネイ」「ヤイ」の発音ですからね。

 

「ネイ」「ヤイ」トレーニングの効果

二つのトレーニングは若干の違いがあるのですが、大きな点でまとめていきます。

このトレーニングの効果

  1. 舌根をほぐしながらのトレーニングなので、脱力を促す
  2. 顎を動かしながらのトレーニングなので、脱力を促す
  3. 上方向へ響きが通りやすい発音なので高音域を上に響かせる
  4. 鳴りが強い発音なので鳴りが強い声のトレーニングになる

このような効果が考えれらます。

 

このトレーニングの大きな核の部分である、『舌根という部分。

ここをしっかりと動かしながら発声することで、声帯の動きと切り離します。

 

 

強い高音開発にもおすすめ

これらの特性から、強い高音発声のトレーニングにも活用できます。

例えば、ハイトーンボイスと言われるような高音練習にも役立つでしょう。

 

 

-各種ボイストレーニング方法

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.