ボイストレーニング

力まず強い高音を出すための「ネイ」「ヤイ」トレーニング

投稿日:2017年11月19日 更新日:

今回は強い中高音発声を手に入れるトレーニング、「ネイ」「ヤイ」トレーニングについてです。

この記事は

  • 「ネイ」「ヤイ」トレーニングとは
  • 「ネイ」「ヤイ」トレーニングのやり方・練習方法
  • 「ネイ」「ヤイ」トレーニングの効果

についての内容です。

「ネイ」「ヤイ」トレーニングとは

「ネイ」「ヤイ」トレーニングとは似たような効果を持つ二つのトレーニングをまとめてそう呼んでいます。

  • 「ネイ」
  • 「ヤイ」

この二つの発音を使ったトレーニングのことです。

「ネイ」トレーニング

その名の通り「ネイ」の発音で発声するトレーニングです。

この発音をすることにより舌がしっかりと動きます

舌の動きが「ネ」で前に出て「イ」で奥に引っ込むような動きになります。この動きが舌根をしっかりとほぐしてくれるのです。

舌根をほぐすことで余計な力が入りにくくなります。

つまり舌根をほぐすことが脱力につながるということです。

ココがポイント

「ネ」も「イ」も声帯をしっかりと鳴らしやすい発音です。

つまり声帯が閉鎖しやすい発音ということです。

この二つの発音を連続的に繰り返すことで舌根をほぐしながら閉鎖的な発音のトレーニングができるということです。

また連続的な「ネイネイ」という発声は顎の力みもほぐします。

さらに、「ネイ」の発音は上方向へ響きを集めやすいです。(というより下方向へ響かせにくい。)

特に閉鎖的な高音の発声は金属的になりがちです。

この時、あまり鋭い発声にしないためにも上方向への響き(鼻腔や軟口蓋)が重要になってきます。

そういう点でもこの「ネイ」の発音はいいですね。

ちなみになぜ「ナニヌネノ」の中で「ネイ」なのか?それは「ネイ」がその中では一番舌を前に出すからです。

ポイント

「ネイ」の発音は舌根をほぐすことで脱力を促し、声帯の鳴りの強い高音発声を練習しやすい

「ヤイ」トレーニング

その名の通り「ヤイ」の発音で発声するトレーニングです。

「ヤイ」も「ネイ」と同じような理屈で舌根をほぐしてくれるので、脱力の効果があります。

舌が動くので舌根をほぐしながら高い声の練習ができるのです。

また、「ヤイ」の発音もアゴはしっかりと動くので、アゴをほぐしてくれる効果もあります。

ココがポイント

「ヤイ」「ネイ」と比べると口をに開かなくては発音しにくい発音です。

特に「ヤ」の発音ですね。

ただ、「ヤ」の発音も声帯が鳴りやすい発音なので閉鎖的な声で口を開けるトレーニング効果が「ネイ」よりも高いです。

アゴの力みをほぐす効果が高いです。

「ヤ」の発音は「ア」の母音なので基本的には喉を開く力が強いです。

その喉を開く力が強い状態で閉鎖的な声帯の動きのアプローチをかけることで、鳴りの強い声をコントロールできるようになるのですね。

ポイント

「ヤイ」の発音は舌根をほぐすことで脱力を促し、声帯の鳴りの強い高音発声を練習しやすい。「ネイ」に比べると口の開きが縦方向へ開くので、開くという動きに対しての声帯の閉鎖的な動きのアプローチになる

余談ですが、強い高音を歌えるシンガーってヤイヤイ言いがち、、?笑

「ネイ」「ヤイ」トレーニングのやり方・練習方法

ピアノや音源に合わせて音階をたどっていくのが一番いい練習法だと思います。

練習方法

ピアノの

  • 「ドレミファソファミレド」

などに合わせて

  • 「ネイネイネイネイネイネイネイネイネイ」
  • 「ヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤイ」

みたいな感じです。

  • 「ネイヤイネイヤイネイヤイネイヤイネイ」

と混ぜてもいいですね。

音階は自分で工夫してください。

もちろんピアノなしで好きな音階でひたすらに練習してもいいです。ただ、ピアノがあった方がピッチ感も同時に鍛えられるのでおすすめというだけです。

音源に困っている方は是非こちらを活用してみてください。

『「ネイ」「ヤイ」トレーニング練習用』トレーニング音源ページ

『「ネイ」「ヤイ」トレーニング用』ボイストレーニング音源 「ネイ」「ヤイ」トレーニング用のボイストレーニング音源です。もちろんそれ以外でも活用できますが、「ネイ」「ヤイ」がやりやすいように作っているつ ...

続きを見る

*注意点

しっかりと「ネイ」と「ヤイ」の発音をすることです。曖昧に発音していては効果は半減してしまいます

また、舌の動きをしっかりと意識して普段よりも若干オーバーに舌を動かしましょう

舌根をしっかりと動かすための「ネイ」「ヤイ」の発音ですからね。

「ネイ」「ヤイ」トレーニングの効果

二つのトレーニングは若干の違いがあるのですが、大きな点でまとめていきます。

このトレーニングの効果

  1. 舌根をほぐしながらのトレーニングなので、脱力を促す
  2. 顎を動かしながらのトレーニングなので、脱力を促す
  3. 上方向へ響きが通りやすい発音なので高音域を上に響かせる
  4. 鳴りが強い発音なので鳴りが強い声のトレーニングになる

このような効果が考えれらます。

このトレーニングの大きな核の部分である、『舌根という部分。

ここをしっかりと動かしながら発声することで、声帯の動きと切り離します。

この部分の脱力や高音発声については長くなりますので詳しくはこちらで。

舌根を柔らかくするトレーニング方法について

今回は『舌根と発声の関係性』について、また後半は『滑舌』についてです。 この記事は 舌根と発声について 舌根をほぐすトレーニング方法 滑舌について 滑舌が良くなるトレーニング方法 という内容です。 舌 ...

続きを見る

『閉鎖系のミックスボイス』の練習に最適

閉鎖系のミックスボイスの練習に最適です。

閉鎖系のミックスボイスとはつまり声帯の鳴りが強いミックスボイスや声帯を強く締めるようなミックスボイスです。

ハイトーンボイスの練習にも役立つでしょう。

『3種類のミックスボイス』の出し方や練習方法について

今回は『3種類のミックスボイスの出し方や練習方法』というテーマです。 この記事は 3種類のミックスボイスについて 太いミックスボイスの出し方・練習方法 閉鎖系ミックスボイスの出し方・練習方法 綺麗系ミ ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『しょうもない記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人 ...

-ボイストレーニング

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.