【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

歌声解説 男性シンガー

T.M.Revolution 西川貴教の声や歌い方についての分析

投稿日:2017年11月21日 更新日:

今回はT.M.Revolutionの西川貴教さんについて書いていきたいと思います。西川貴教さんと言えば高い歌唱力で日本の音楽界の一線を走り続けているミュージシャンですね。

何と言ってもその歌声!パワフルで広がるのある声は一度聞くと忘れられないほど素晴らしい歌声ですね。

「声量お化け」なんて言われていたりします。今回はそんなパワフルな声を持っている西川貴教さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めで、ザラッとした鳴りの声質

地声・話し声の音域はやや高めの音域です。高めの音域帯の声帯を持っていると言えそうです。

声質はザラッとした声質ですね。ザラッとしたというと言い方が微妙ですが。声帯の鳴りがガラッと鳴りつつ息がしっかりと流れているのでザラッとした声質を生んでいるように感じます。

声帯が良く鳴り、かつ息も流れるのでかなりよく通る声です。口も大きく発音も明瞭なので、まさに歌うためにあるような声です。

歌声はパワフルな太いミックスボイス(ベルティングボイス)

歌声は主に2種類の歌声を使っています。地声・ミックスボイスの2種類ですね。たまにファルセットも使いますが、ほとんど使いません。

低中音域は地声を使っています。深い響きを保ったまま発声するのが特徴です。太いミックスボイスとの声質差を滑らかにするために地声も深めに響きを作って太い声質を作り出しているように感じます。ミックスボイスとの差は声帯の鳴り(閉鎖)が少ない分、ほんの若干息っぽくなることくらいですね。区別しにくい一本化された声です。

地声

中高音域はミックスボイスです。太く強く鳴るミックスボイスで、ベルティング系の発声と言えそうです。強い鳴りの倍音が特徴で、その強い鳴りに合わせてビブラートをかけるので強烈な迫力のある声を生み出しています。また、このミックスボイスは咽頭共鳴をかなり深く作って発声するのも特徴です。

これが「声量お化け」と呼ばれる理由だと思います。このミックスボイスは声帯の強い閉鎖喉の解放、そして声帯を押し切る息の圧力が必要になります。

ミックスボイス

冒頭のロングトーンはわかりやすいですね。

どういう歌い方か

ビブラートは語尾で強く発声するときになどに深くかけます。特に強い発声になればなるほどにビブラートで音を増幅・安定させるような歌い方です。

言葉の発音も非常に明瞭で、明るい音色の声色を保ちながら深めに響かせるので明るく太い声を生み出しています。基本的にはパワフルに押し切るような歌い方です。がピッチ感などは非常に良く、発声も綺麗なので「パワフルに強く綺麗」そんな歌い方ですね。

どういう練習をすれば西川貴教のように歌えるか

西川貴教さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

西川貴教 さんのように歌うポイント

ポイント

強い高音ミックスボイスを身につける

深い共鳴を身につける

深いビブラートを身につける

この3つが重要でしょう。では練習方法を書いていきます。

強いミックスボイスの練習「ネイ」「ヤイ」トレーニング

西川貴教さんのような鳴りの強いミックスボイスを身につけるには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。

このトレーニングはその名の通り「ネイ」と「ヤイ」の発音で練習していくものです。「ネイ」や「ヤイ」には舌根をほぐしながら喉の余計な力を使わなくさせる効果があります。強い高音を練習するのに非常に最適というわけです。

このトレーニングは主に「鳴り」をつけます。

太いミックスボイスの練習は「グッグトレーニング」

西川貴教さんは鳴りの強いミックスボイスを太い発声で発声しています。太い鳴りは喉の開きが重要になってきます。

グッグトレーニングはその喉の開きと高音のトレーニングに最適です。

深い共鳴を身につける

深い共鳴は太い声や迫力のある声を生み出します。特に西川貴教さんは全体的に深い響きですし、高音域までそれを保っています。

深い響き(下方向への響き=咽頭共鳴)は喉仏のコントロールが重要になってきます。喉仏をしっかりとコントロールすることが、深い響きを得ることにつながるのです。

深い響きの練習方法についてはこちら

ビブラートの習得

ビブラートの習得に関して一番いい練習方法は「真似する」ということなんですよね。ビブラートは歌い手の数だけ個性が出るポイントでもあります。特に強い発声でのビブラートは声帯のコントロール能力もいるので練習が必要です。

ますは、西川貴教さんのビブラートをしっかり聞いて真似をするというのがいちばんの練習法です。

ビブラートについて詳しい練習方法はこちら

まとめ

西川貴教さんのように歌うには強いミックスボイスと共鳴、ビブラートの練習というアプロートから仕掛けていくといいでしょう。かなり強い声なのですぐには手に入れられないでしょうが、練習していけば近づけるかもしれません。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。 ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。 歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことが ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.