【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

歌声解説 男性シンガー

久保田利伸の歌い方・歌唱力 -鼻腔共鳴で丸みのあるミックスボイス-【歌声解説】

投稿日:2017年11月9日 更新日:

今回は久保田利伸さんの歌声について書いていきたいと思います。久保田利伸さんといえば長く日本の音楽界で活躍している超実力派シンガーですね。

何と言ってもその歌唱力、グルーブ感は圧倒的ですね。多くの人の心を掴んでいることでしょう。魅了されている方も多いのではないでしょうか。今回はそんな久保田利伸さんの歌声について書いていきます。

どういう声質・声の出し方か

地声や話し声の音域は普通の音域で、鳴りと息のバランスのいい声

地声の音域は普通の音域です。音域的には高くも低くもないような標準的な音域くらいの声帯を持っているように感じます。

声質は声帯の鳴りと息のバランスのいい声質ですね。年代によって声質は変わってきていますが、基本的には鳴りもあるし息も流れるバランスのいい声質です。「どちらかと言えば」ですが、若干声帯が鳴りやすい閉鎖的な声質をしていると感じます。声帯の鳴りはジリジリとした鳴り方で、柔らかい閉鎖の鳴りが全体的にありますね。話し声の共鳴は咽頭共鳴寄り(下方向の響き)で、やや低めの感じる共鳴が多いですね。

歌声は鼻腔への共鳴中心の柔らかくも芯のあるミックスボイス中心

歌声は3種類の歌声中心に歌っています。地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類の歌声を使っています。割合は基本的にミックスボイス中心ですね。年代的には若い頃の方が地声寄りの発声を使うことが多く、現在に近づくにつれてミックスボイス系の発声で歌うことが多いように感じます。

低中音域は地声を使っています。声質は息と声帯の鳴りのバランスのいい声質です。バランスのいい発声ですがどちらかと言えば、息よりも鳴りを先行させる発声ですね。柔らかい声帯の鳴り感がある声質で、ミックスボイスへ綺麗に繋がる声です。年代によって歌い方や声が変わるのは当然ですが、若い頃は軟口蓋中心に響きがあることが多いですね。近年は鼻腔に響きがかなり集まってきており、丸みのある印象が強まっています。

中高音域はミックスボイスを使っています。声質は地声とほとんど変わらないですが、地声と比べると声帯の閉鎖(鳴り)が強まり芯の強い発声になります。芯が強くなるとは言え、閉鎖感は一定の柔らかさを保っており非常に聴きやすい鳴りのミックスボイスです。ミックスボイスを使うときは、より一層鼻腔に響きが集まります。R&B感と言いましょうか、黒人感のある柔らかく芯のある発声を作り出している要因です。

高音域はファルセットを使うこともあります。楽曲の中では抜くようにスパイス的に使うことが多いですが、しっかりと芯のあるファルセットを使うことが多いです。ファルセットの時も鼻腔にかなり響きを集めており、この鼻腔に響きを集めるスタイルが久保田利伸さんの大きな特徴ですね。

どういう歌い方か

鼻腔と喉の奥への響かせる

これが久保田利伸さん最大の特徴ですね。鼻腔や喉の奥の空間を最大限膨らませて響きを作り上げています。

鼻の奥の空間を広げたような状態で発声してることがわかると思います。声帯を柔らかく鳴らしてそれを喉の奥や鼻腔で広げて響かせるような響きの作り方です。

ブレーキがしっかりとしている

久保田利伸さんはかなりのリズム感・グルーヴ感が歌の中に出ています。これはもちろん単純なリズム感がいいということもあるのですが、声のブレーキがしっかりしていて特有のリズム感を作っているのです。

声を小出しにしたり、あえて区切り区切り歌ったりというのは声帯のコントロールを極めてないとできないですね。

ビブラートは自在にコントロールしており、深くかけたりあえて止めたりしていることがわかります。ピッチ感も非常にいいですね。

どういう練習をすれば久保田利伸のように歌えるか

久保田利伸さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

久保田利伸さんのように歌うポイント

ポイント

柔らかい鳴りのミックスボイスを身につける

鼻腔共鳴中心の歌い方を身につける

これが重要ですね。では練習方法を書いていきたいと思います。

リップロールでしっかりと高音までのミックスボイスを作る

久保田利伸さんの歌声に近づくにはまず、ミックスボイスを極めないといけません。ミックスボイスを習得する一番の近道はやはりリップロールでしょう。

このリップロールで高い音までしっかりと練習してなるべく一本の声で歌を歌う練習をしていきましょう。

【リップロール】のやり方・効果・練習方法・理屈について

ハミング練習で鼻腔共鳴を身につける

ハミング練習特に「ん・N」の発声練習は久保田利伸さんの発声にかなり近いものがあります。

ハミング練習は特に鼻腔や軟口蓋などの共鳴を身につけるのに非常に効果のあるトレーニングです。久保田さんのように丸みのある共鳴を身につけるのに最適です。

ハミング練習について詳しくはこちら

【鼻歌・ハミング練習法】のやり方・効果・練習方法について

まとめ


久保田利伸さんのように歌うには音楽的スキルもかなり必要です。ピッチやリズム感などすぐには身につけられない能力もありますが、練習法次第で近道は存在するはずです。

特に「ん」で練習することはかなり有効だと思います。久保田利伸さんだけでなくこういう響機の洋楽歌手(特に黒人系)は多いのでぜひ見につけたいスキルですね。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。それくらい歌におい ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことがあ ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.