歌声解説 男性シンガー

久保田利伸の歌声や歌い方についての分析

更新日:

久保田利伸さんと言えば、日本が誇るスーパーシンガーの一人。

ジャパニーズR&Bの先駆者であり、多くの名曲を生み出しています。

何と言ってもその歌声や歌唱力は圧巻ですね。

今回はそんな久保田利伸さんの歌声について。

どういう声質・声の出し方か

地声や話し声の音域は普通の音域で、鳴りと息のバランスのいい声

地声の音域は普通の音域です。

音域的には高くも低くもないような標準的な音域くらいの声帯を持っているように感じます。

 

声質は声帯の鳴りと息のバランスのいい声質ですね。

年代によって声質は変わってきていますが、基本的には鳴りもあるし息も流れるバランスのいい声質です。

「どちらかと言えば」ですが、若干声帯が鳴りやすい閉鎖的な声質をしていると感じます。

 

声帯の鳴りはジリジリとした鳴り方で、柔らかい鳴りが全体的にありますね。

 

話し声の共鳴は咽頭共鳴寄り(下方向の響き)で、やや低めの感じる共鳴が多いですね。

 

歌声は鼻腔への共鳴中心の柔らかくも芯のある発声

チェストボイス

低中音域は地声

声質は息と声帯の鳴りのバランスのいい声質です。

バランスのいい発声ですがどちらかと言えば、息よりも鳴りを先行させる発声ですね。

 

柔らかい声帯の鳴り感がある声質です。

年代によって歌い方や声が変わるのは当然ですが、若い頃は軟口蓋中心に響きがあることが多いですね(声が斜め前に当たる傾向)。

近年は鼻腔に響きがかなり集まってきており、丸みのある印象が強まっています(声が真上に当たる傾向)。

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

低音域からそのまま綺麗に中高音域へと登っていきます。

低音域帯と比較すると息の圧力がしっかりとかかっているためやや鳴りが強まる発声ですが、一定の柔らかさを保っているような滑らかで真のあるミドルレンジ。

響き的にもより一層上方向への当たりが強まるような感じです。

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

楽曲の中では抜くようにスパイス的に使うことが多いですが、しっかりと芯のあるファルセットを使うことが多いです。

ファルセットの時も鼻腔にかなり響きを集めており、この鼻腔に響きを集めるスタイルが久保田利伸さんの大きな特徴ですね。

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

上方向への共鳴(鼻腔共鳴)主体です。

声を鼻の奥に当てるような音色作りで、綺麗な抜け感と柔らかさや丸みを作り出しています。

 

そこまで下方向へ声を当てるフレーズが多くはないですが、時々グッと下方向へ当てた深みのある音色を織り交ぜているのも特徴的です。

 

ビブラート

ビブラートは自在にコントロールしており、深くかけたりあえて止めたりと多彩に使い分けています。

かなり気を配っているところだと思われます。

 

フレージング・歌い回し

  • 基本的にリズム重視のフレージング
  • 伸ばす・切るのグルーヴ感

みたいなところが特徴だと思われます。

フレージングはかなり洋楽的で音の歯切れの良さとリズム感を最重視したような感じです。

「音の出だし」と「区切り」が生み出すグルーヴ感。この「出だし」と「区切り」の両方とも重要なのですが、特に「区切り」の方に久保田利伸さんらしさみたいなものを感じます。

 

こういうグルーヴは単純なリズム感がいいということもあるのですが、自在にコントロールできる発声あってのものでしょう。

声を小出しにしたり、あえて区切り区切り歌ったりというのは声帯の柔軟性があるからこそ。

 

ピッチ感も非常に良く素晴らしい歌唱力を持っています。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.