【お知らせ】Apple Musicの埋め込み試聴音源がiOS13.4.1ではうまく作動しないことがあります。iOS側の対応を待つしかないようです。

歌声解説 男性シンガー

ゲスの極み乙女 川谷絵音の声や歌い方についての分析

更新日:

今回は大人気バンド、ゲスの極み乙女のボーカル 川谷絵音さんの歌声について書いていきたいと思います。

ゲスの極み乙女と言えば、ものすごい人気を持つバンドですよね。ボーカルの川谷絵音さんは素晴らしい作曲センスと特徴的なボーカルをお持ちの方ですね。

一聴しただけでわかるほどの特徴的な声をしていますね。あの声そして楽曲に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや低めくらいの音域で、声帯の鳴りの強い咽頭共鳴寄りの声質

地声・話し声の音域はやや低めくらいの音域ですね。やや低めくらいの声帯を持っているような気がします。

声質は声帯の鳴りが強い声質ですね。息の流れよりも声帯の鳴り主体の声質と言えそうです。

共鳴は咽頭共鳴寄りで下方向への響きが強いですね。

基本的には歌声とは全然違う話し声をしています。

持っている声帯

若干低めの音域・鳴り系の声質

歌声は柔らかい鳴りのミックスボイスとファルセットを駆使する

歌声は3種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)
  • ファルセット(ヘッド)

の3種類です。

地声

低中音域は地声を使っています。

息の流れと声帯の鳴りのバランスのいい声質です。どちらかと言えば息主体の発声で軽やかな発声をすることが多いです。割と早めにミックスボイスに入るので境目がわかりにくいですね。息が多い声質が地声域の特徴です。

地声

前半ミックスボイス、後半地声です。

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。地声の延長線上くらいの発声です。

川谷絵音さんのメインの声ですね。声質は柔らかい声帯閉鎖感のあるミックスボイスです。

薄い声帯閉鎖のミックスボイスなので、軽やかな音色で優しい声質を作り上げています。

柔らかい柔軟な鳴りのミックスボイスを広い音域範囲でコントロールしています。

ミックスボイス

前半ミックスボイス、後半地声。

ファルセット

高音域はファルセットを使っています。

ファルセットはかなり使うタイプです。

ファルセットあっての川谷絵音さんの歌声とも言えそうなほど、自由に使い熟しているファルセットです。切り替えも非常に上手く、声区を自在に切り替えています。サビでも多用されることも多いですね。声質的には息も綺麗に流れつつ、しっかりと芯のあるファルセットです。

ファルセット

歌声

バランスのいい地声域・柔らかい鳴りのミックスボイス・綺麗なファルセット

どういう歌い方か

共鳴や音色

基本的に明るい浅めの響きの発声で歌っています。口や口の中の空間は横方向への意が強めで、共鳴も上方向(鼻腔や軟口蓋)への響き中心です。

ビブラート

ビブラートはほとんどかけることなく、まっすぐに歌っています。

フレージング・歌い回し・歌唱力

明るい音色を語るように言葉を置いていくような歌い方ですね。あまりフレーズを伸ばすことも少なく、軽やかでリズミカルに切るタイプの歌い方です。

どういう練習をすれば川谷絵音のように歌えるのか

川谷絵音さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点を絞って練習することで近づく近道になります。

川谷絵音さんのように歌うポイント

ポイント

ファルセットを自由にコントロールする

ミックスボイスからファルセットまで綺麗に繋げる

この二つが重要ですね。では練習方法を紹介します。

とにかくファルセット

ファルセットをトレーニングします。裏声のことですね。裏声が必須の歌い方をされているのでまずはそこを鍛えていくことをオススメします。

そこを耐えていくとミックスボイスへの移行がしやすくなったり、単純にピッチがよくなったり声が出しやすくなったりします。練習法はひたすらにファルセットを出す・ひたすらファルセットで歌うことです。

というと雑ですね。

ひたすら出すとすぐ飽きちゃうという人はタングトリルでやってみたり、ハミングでやってみたり色々やってみるといいですね。裏声というのは歌唱力に主に関わってくるのでここを鍛えることは重要です。

裏声と地声を交互に切り替えたりする練習を頻繁にやっていると裏声が上手くなってきます

川谷絵音さんの歌声は特にファルセットが重要です。

ファルセットを鍛えて自在にコントロールすることで近づくことができるでしょう。裏声は鍛えて損はないのでぜひ鍛えましょう。

リップロールでミックスから裏声までを繋げる

リップロールの練習も必須です。

特にミックスボイスの練習には効き目抜群なのでリップロールをしっかりと練習しましょう。ミックスができるようになってきたらミックスボイスから裏声までいったりきたりする練習をします。こうすることでミックスボイスと裏声の切り替えがかなりやりやすくなります。

まずは両方出せるようになってからそこから繋げていく・切り替えをうまくしていくという練習に入ってください。

切り替えがうまくなれば川谷絵音さんのような歌声に近づいているはずです。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

 

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについてです。 この記事は 効率よくボイトレする 普段かけられない負荷をかける 楽にトレーニングする など歌が上手くなるため ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『普通の記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人にある ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.