歌声解説 歌声解説 男性シンガー

ゆず 岩沢厚治の歌い方・歌唱力 声量ある超高音ミックスボイス【歌声解説】

投稿日:2017年9月25日 更新日:

MUSIC PLANETボーカルオーディション2018

今回はゆずのサブリーダー高音担当の岩沢厚治さんの歌声について書いていきたいと思います。

ゆずと言えば、多くの名曲を残しているフォークデュオですね。

 

岩沢厚治さんと言えば、何と言ってもあの高音ですね。そうそう出せるものではないほどの高さです。

あの圧倒的な高音域に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな岩沢厚治さんの歌声について書いていきたいと思います。

 

 どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、柔らかい声質

岩沢厚治さんはその歌声の高さから地声が低いと言われたりすることもありますが、そこまで低くはなく普通くらいの音域です。むしろ少しだけ高いくらいだと思われます。

しかし、歌声で使用する音域とはかけ離れているため地声は歌の中でほとんど使用していません。

 

声質は柔らかな声帯閉鎖感が特徴で丸みのあるような声をしています。鼻腔の空間が広く鼻腔や軟口蓋へ響きやすいので丸いような印象のある声になっているのでしょう。

 

歌声は柔らかく芯のある高音ミックスボイス

歌声は主に2種類の歌声を使っています。

ミックスボイスとファルセットですね。

歌声のほとんどがミックスボイスで歌われていて、地声はほとんど使われていないですね。

 

全音域帯でミックスボイスを使っています。

低音域のミックスボイスは柔らかく息のニュアンスもあるミックスボイスですね。

岩沢さんの声の当たり方は高音域で強く鳴るので、低音域のミックスボイスではそこまで強く鳴る音にはならないですね。

 

中高音域のミックスボイスはどんどん音の鳴りが強まっていきます。声帯は締まっていっているのですが、喉や喉の空間自体はどんどん開くようにして歌声を高音域で膨らませていきます。

 

この高音のミックスボイスは声帯閉鎖による強い鳴りがあるミックスボイスであまり息が流れないミックスボイスです。

膨らむような声質は声帯以外が綺麗に開いているので実現できる声です。ほとんどの歌声の中で声帯閉鎖による倍音が比較的太い鳴りで聞き取れます。

 

このミックスボイスをかなりの高音域まで使いこなしていて、かつとても平然と歌ってしまうのが岩沢厚治さんのすごいところですね。

 

ミックスボイスだけでかなりの高音域を出してしまうのですが、さらに上の音域やさらりと歌声を抜くときはファルセットを使っています。

非常に綺麗なファルセットで芯もあり、息も綺麗に流れる、そんなファルセットです。

 

岩沢厚治さんの歌声の鍵は太い高音ミックスボイスで歌うということですね。

 

どういう歌い方か

ビブラートはあまりかけるタイプではないですね。やや細かくかけることもあります。

まっすぐ歌うタイプですが、フレーズをあまり切らずに滑らかに歌っています。

 

あまり深い響きを作らずに、明るい響きで聞き取りやすい発音で歌っていますね。

歌い方自体に大きなくせはないのですが、声質や声にすごく特徴のあるシンガーだと言えるでしょう。

 

実際の歌声で確認

「from」でミックスボイスとファルセットを確認

 

声の種類

ミックスボイス:黄色マーカー

ファルセット:赤色マーカー

 

フレーズ

あれから〜いくつの〜よるをこえたろう〜 あいかわらずの〜 きみとぼくだけど〜 いつわりだと〜 めをうたがような〜 かなしみにだって〜であってしまうだろう〜 

 

岩沢厚治さんはあまりファルセットは使わなくてもいいほどの高音が出せるのですが、このフレーズは結構たくさん使っています。綺麗なファルセットでミックスボイスとの切り替えも非常に上手いですね。

 

一切地声を使っていませんね。そもそも地声を使うような低い音域は北川さんが歌ってしまったりしますからね。

 

こちらの歌もファルセットがわかりやすいですね。

 

フレーズ

きっといつか ゆめをつかむそのひまで〜 しんじてくれた きみのためになんどで なんどでも〜 ひとりじゃない こころのなか どんなときも〜 with you〜〜

 

非常に綺麗なファルセットですね。

ファルセットに移行する声区のポイントが完全に女性レベルです。すごい高音です。

 

どういう練習をすれば岩沢厚治さんのように歌えるか

岩沢厚治さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

    岩沢厚治さんのように歌うポイント

ポイント

   閉鎖系の柔らかい高音ミックスボイスを身につける   

 

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

ミックスボイス習得のためにまずリップロール

まずはしっかりとリップロールの練習をしてミックスボイスを習得していきましょう。

岩沢さんはかなり高い音域なので相当な高音までミックスの音域で歌わないといけません。

リップロールをするときに力を入れずにお腹を意識して楽に声を出すようにしましょう。なおかつ高いところまで。なかなか厳しいですが、継続は力なりです。

 

リップロールについての詳しい練習方法はこちらの記事に書いていますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

【リップロールの効果】高音域やミックスボイス・歌唱力UPに欠かせないトレーニング

今回はリップロールについて書いていきたいと思います。 ボイストレーニング界では有名なものなのですが、歌がうまくなるための近道とも言えるトレーニングなのです。   もちろん歌だけでなく、声を仕 ...

続きを見る

 

閉鎖系(芯のある)のミックスボイスにするには

閉鎖系のミックスボイスの練習は「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。このトレーニングは閉鎖系の声の高音域を余計な力を抜きながら練習するトレーニングです。

 

「ネイ」「ヤイ」トレーニングについての詳しい練習方法はこちらの記事に書いていますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

強いミックスボイスを手に入れるボイストレーニング〜「ネイ」「ヤイ」トレーニング〜

今回は強いミックスボイス・声帯閉鎖系の高音を手に入れるトレーニング「ネイ」・「ヤイ」トレーニングについて書いていきたいと思います。   特に鳴りの強い声や閉鎖系の声を鍛えるのにいいトレーニン ...

続きを見る

 

ミックスボイスを太くする

岩沢さんの歌声は太くはないのですが、声帯以外はしっかりと開いていて気持ちの良いふくよかな高音を出しています。

 

太いミックスボイスや喉を開くミックスボイスの練習にはグッグトレーニングが最適です。

このトレーニングは太い声や強い響きのミックスボイスを練習するトレーニングです。

 

グッグトレーニングについての詳しい練習方法はこちらの記事に書いていますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

グッグトレーニング|強いミックスボイスや太いミックスボイスのボイストレーニング

今回はボイストレーニングでは「グッグトレーニング」について書いていきたいと思います。 世界的に有名なボイストレーナーのロジャー・ラブ氏の著書にあるトレーニングで有名なグッグトレーニング。 グッグトレー ...

続きを見る

 

まとめ

岩沢厚治さんのように歌うには

  • 閉鎖系(芯のある)のミックスボイスを太く柔らかく使う

が重要ですね。

まずはここから練習しましょう。

 

北川悠仁さんの歌声解説はこちら

ゆず 北川悠仁の歌い方・歌唱力 強く太い閉鎖系ミックスボイスと声量のある声【歌声解説】

今回は人気グループ「ゆず」のリーダー北川悠仁さんについて書いていきたいと思います。 ゆずと言えば、多くの名曲を残している大人気フォークデュオですね。   ゆずのリーダーと言えば北川悠仁さん。 ...

続きを見る

created by Rinker
¥6,428 (2018/12/18 14:02:14時点 Amazon調べ-詳細)






-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.