ボイストレーニング

『グッグトレーニング』で太く強い高音発声を身につける

投稿日:2017年10月22日 更新日:

今回は「グッグトレーニング」についてというテーマです。

この記事は

  • 「グッグトレーニング」とは
  • 「グッグトレーニング」のやり方・練習方法
  • 「グッグトレーニング」の効果

についてです。

「グッグトレーニング」とは

世界的に有名なボイストレーナーのロジャー・ラブ氏の著書にある世界的に有名になったトレーニングです。

その名の通り「グ」の発音で発声練習していく練習法です。

もともと英語圏のトレーニングなので「GOOG」ですかね。

この「グっ」発音で音階トレーニングを行えば基本的にはこのトレーニングはできます。

グッグトレーニングのやり方・練習方法

具体的なやり方

口を「グッ」の形を作ります

ピアノの音階

  • 「ドレミファソファミレド」

などに合わせて

  • 「グッグッグッグッグッグッグッグッグ」

と音階に合わせて発声していきます

もちろんピアノなしで練習してもいいですね。

ただひたすらにテキトーな音階でやってみてもいいと思います。ただ音階があるとピッチ感も一緒に鍛えられるのがいいところです。

トレーニング用音源に困っている方はぜひこちらを活用してください。

『グッグトレーニング練習用』トレーニング音源ページ

『グッグトレーニング用』ボイストレーニング音源 グッグトレーニング用のボイストレーニング音源です。もちろんそれ以外でも活用できますが、グッグトレーニングがやりやすいように作っているつもりです。トレーニ ...

続きを見る

しっかりと

「グッグ」と発音することを心がけましょう

ありがちなのが、高音になるにつれて「グェ」となったり、「グァ」となったりしてしまうことです。

それでも悪くはないと思うのですが、この場合「G」の子音と「U」の母音をしっかりと維持するのが重要なのですね。

「グッグトレーニング」の効果

「グッグトレーニング」には

  1. 舌根をほぐす
  2. 鳴りの強い発声を身につける
  3. 喉を開く効果
  4. 太い中高音発声(地声・ミックスボイスなど)が身につきやすい

以上のような効果があると考えています。

舌根をほぐす

この「グッ」の発音は「グッグッグ」と発音する度に舌の上下運動があるはずです。

特に舌の奥の方を使います。

なので、舌根が前に出てまた引っ込むと言うような動きをするはずです。この動きが舌根をほぐす効果があり、舌根をほぐしながらのトレーニングによって脱力ができるようになるのです。

厳密に言えば「ほぐす」というよりも舌根を動すことで声帯の動きと舌根を切り離すという感じでしょう。

舌根を柔らかくするトレーニング方法について

今回は『舌根と発声の関係性』について、また後半は『滑舌』について書いていきたいと思います。舌根とは舌の付け根のところですね。 この舌根の動きは発声に関して重要な要素となっています。重要ということは当然 ...

続きを見る

グッグトレーニングは舌根に働きかけて、脱力を促す。高音開発トレーニングに良い。

鳴りの強い発声を身につける

「グッ」と発音するためには「G」の子音と「ウ」の母音が必要です。

この「グッ」の発音自体が子音も強い鳴りをしているし母音自体もしっかりと鳴る発音です。

ココがポイント

母音の発音は「ウ」ですね。この「ウ」がどちらかと言えば「ウ”」に近く、しっかりと声帯も鳴らさないと「グ」の発音はできないと言うことです。

しっかりと鳴らさないと発音できないという点でこのトレーニングはいいのですね。

「グッグ」の発音はしっかりと声帯を鳴らすトレーニングにもなる

喉を開く効果

「グッ」という発音は喉に広い空間を作りやすい発音です。

連続的に発音することで、喉仏はやや下がり気味に作用するでしょうし、喉の空間も広がります。

つまりグッグの発音は喉を開く作用があると考えられます。

試しに

「ゲ」の発音でやってみると違いがわかるかもしれません。

「ゲッゲッゲッゲ」と発音すると浅い響きになり喉はあまり開かないのが確認できるでしょう。

その後「グッグ」をやってみると、全然違うことがわかるはずです。喉仏が下気味に作用するのですね。

「G」の子音の舌の動きと「ウ」の母音が喉の空間を広げる・喉仏を下げる作用を生み出しているのでしょう。

「グッグ」は喉を開く作用がある(深めの響きになりやすい)

太い中高音発声が身につきやすい

上記3つの効果

  1. グッグトレーニングは舌根に働きかけて、脱力を促す。高音開発トレーニングに良い。
  2. 「グッグ」の発音はしっかりと声帯を鳴らすトレーニングにもなる
  3. 「グッグ」は喉を開く作用がある(深めの響きになりやすい)

を考えると、太い音色の中高音発声(地声・ミックスボイスなど)の練習に最適であると言えそうです。

高音になれば鳴るほどに喉はしまってしまうので、そこで声帯だけを締めることできれば(喉が広い空間を保っていられれば)太い声での高音が実現できます。

『3種類のミックスボイス』の出し方や練習方法について

今回は『3種類のミックスボイスの出し方や練習方法』というテーマです。 この記事は 3種類のミックスボイスについて 太いミックスボイスの出し方・練習方法 閉鎖系ミックスボイスの出し方・練習方法 綺麗系ミ ...

続きを見る

「グッグ」は太い中高音発声開発に向いている

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『しょうもない記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人 ...

-ボイストレーニング

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.