歌声解説 歌声解説 男性シンガー 音楽

ASKAの歌い方・歌唱力 強く太い共鳴のミックスボイスが声量を生む【歌声解説】

更新日:




今回はチャゲ&飛鳥のASKAの歌声について書いていきたい思います。

CHAGE&ASKAと言えば、日本のみならずアジアを中心に世界中の人を魅了しているアーティストですね。

日本の音楽史に残るような名曲を生み出していますね。

なんと言ってもASKAさんの歌声は唯一無二で最高レベルの歌唱力を誇っています。

あの歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなASKAさんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質か・声の出し方か

話し声・地声はハスキー気味で結構低い

歌声はかなり高いのですが、実は話し声は結構低く

さらにハスキー気味というか少し枯れているような声質です。

歳を重ねるにつれてどんどんその傾向が強くなっているのですが、昔の話し声を聞いても結構低くカラッとしているという印象を受けます。

歌声とは大きく違い声帯の閉鎖が少ないハスキーな声です。

 

歌声は強く滑らかなミックスボイス

話し声とは打って変わってかなり綺麗かつ滑らかな強いミックスボイスです。

その滑らかさゆえ、よく粘っこい・粘着質な声という言われ方をしたりしますが、それが素晴らしいんですよね。

鼻にかかっているような歌い方もかなり特徴的で一聴するだけでASKAさんの歌声とわかってしまいます。

 

非常に高音域まで自由かつ伸びやかな歌声です。

倍音がすごい

ASKAさんの歌声はその声の中に倍音をかなり含んでいます。普通の人よりかなり多いです。だいたい歌が上手い人はこの倍音の成分が多い人が多数なのですが、その上手い人達の集合体「プロ」という世界でも屈指の倍音の持ち主です。

また母音を重視した歌い方をするため。さらに倍音が効きやすい歌声となっています。

 

この倍音は声帯の閉鎖、咽頭による倍音が主な成分です。

ものすごく鳴りがいいです。共鳴は上方向へも下方向へも響いています。

ある程度閉鎖的にした声帯に息の圧をかけて音を鳴らしているような音です。トランペットのような声です。

 

どういう歌い方か

特徴的な歌い方ですね。音程は流れるように、ダイナミクスはしぼんだり膨らんだりするような歌い方です。

ロングトーンや音のブレーキもかなりバリエーションがあり、メリハリがあり聴くひとを飽きさせない歌唱です。

リズムも拍の裏を縫うようなそんな歌い方です。

ビブラートもかなり深いのが特徴的です。

どういう練習をすればASKAさんのように歌えるか

ASKAさんのように歌うには多くの音楽的な要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点を絞れば近づく近道になります。

 

ASKAさんのように歌うポイント

  • 強いミックスボイスを身につける
  • 綺麗なビブラートを身につける

この二つが重要です。

では書いていきたいと思います。

 

強いミックスボイスを身につけるには

リップロール・タングトリルを強めの声で練習

音域がかなり高いのでミックスボイスは必須です。しかしミックスにしてはかなり強くかつ膨らむような声なので強い声で練習しなければいけません。

このとき締め気味になってしまうとB'zさんのような発声になってしまうので(それが悪いわけではありませんが今回はASKAさんを目指しているので)しっかりと喉を開くことを意識しましょう。

この二つの練習で強めの声をコントロールする練習をしましょう。

 

タングトリルについて詳しくはこちら

タングトリルで舌を鍛えて歌唱力UP!ミックスボイスを強化

 

 

リップロールについて詳しくはこちら

【リップロールの効果】高音域やミックスボイス・歌唱力UPに欠かせないトレーニング

グッグトレーニングで強いミックス練習

グッグトレーニングは太いミックスボイスを身につけるのに最適です。

特に強い発声で喉を開くときにいい練習です。

このトレーニングで高音域までミックスボイスを操れるようにするのがよいでしょう。

 

グッグトレーニングについて詳しくはこちら

ボイトレ「グッグ」トレーニングで強いミックスボイスに鍛える

 

喉仏を下げることを意識

音域が高いので喉仏が上がってしまいがちですが、喉仏は下げましょう。上がってもいいのですが、ASKAさんの声に近づくには上がってプラスになることはないのです。

 

倍音は喉・鼻腔・胸腔の響きから来ています。喉仏を下げることでしっかりした倍音を維持できるでしょう。

 

よくASKAさんは声量がすごいから肺活量がすごいと言われていることが多いのですが、ASKAさんはそこまで肺活量を必要としていないように感じます。肺活量せ鳴らすより喉のコントロールで鳴らしているはずです。だからロングトーンがかなり伸びます。

息を実はあまり使っていないから。

 

深い響きのある声を身につけて、通る声を身につけるトレーニング 喉仏の位置が重要

 

深いビブラートを身につけるには

ASKAさんの大きな特徴の一つに深いビブラートがあります。

特に強い高音域のビブラートは圧巻ですね。

 

ビブラートの練習方法はこちら

ビブラートを身につけたい! 練習法は?

 

まとめ

ASKAさんのように歌うには

  • 強いミックスボイスを身につける
  • 綺麗なビブラートを身につける

が重要です。まずはここから練習しましょう。

 

 

他のアーティストの歌声解説はこちらです

 







-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー, 音楽

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.