歌声解説 女性シンガー

西野カナの歌声や歌い方についての分析

投稿日:2017年10月21日 更新日:

西野カナさんと言えば、たくさんの名曲を世に送り出している大人気アーティストですね。

何と言ってもその楽曲の素晴らしさ、そして歌声は多くの人を魅了しています。

 

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな西野カナさんの歌声について解説していきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で上方向への抜けのいい声

音域

地声の音域はやや高めの音域ですね。

音域的にやや高めくらいの声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は声帯の鳴りと息のバランスの取れた声質です。

バランスの取れた声質ですが、声帯の鳴りが綺麗でしっかりと鳴るタイプの話し声です。

 

共鳴

共鳴は鼻腔に綺麗に抜けやすい声をしています。

喉全体的にやや細めの喉を持っているので、線が細く高めな話し声です。

 

歌声は地声を活かした共鳴の強い声

地声

低中音域は地声

もともと持っている声帯の音域が高いのもありますが、結構高い音域まで地声を使って歌っています。

 

声質は細いエッジ感息の流れのある声質です。

エッジ感のある声帯の鳴らし方が洋楽シンガーっぽいですね。ただエッジ感があるだけでなく、息も綺麗に流れているので聞きやすい綺麗な声を作り上げているように思えます。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス)

 

地声に比べると鳴りが強くなりますが、声質自体は地声と変わらないような声です。

ミックスボイス(強い中高音)は要所要所で使っています。

 

ミドル

 

ファルセット

高音域は基本的にはファルセットを使うことの方が多いです。

ファルセットは綺麗に抜けて、やや芯のある綺麗な鳴りのファルセットです。

 

地声から裏声まで自由自在に移行しています。

 

ファルセット

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

鼻腔や軟口蓋への共鳴をしっかりと保ち、上アゴに声を当てるような歌い方です。

上アゴにしっかりと声を当てつつ、口はあまり縦に開かずに横方向へ開き、明るい声色を作り上げています。

しっかりと上方向へ響かせる歌声ですね。

 

ビブラート

ビブラートはあまりかけるタイプではないですが、ナチュラルなかけ方でかかっているフレーズも多いです。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

大きな癖はないのですが、オールラウンドに歌いこなす歌唱力を持っています。

ピッチ感やリズム感も非常にいいです。

 

どういう練習をすれば西野カナさんのように歌えるか

西野カナさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

ですが、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

西野カナさんのように歌うポイント

ポイント

上方向への響きを身につける

エッジ系の声を身につける

 

が重要ですね。

では練習方法を紹介します。

 

上方向への響きを身につけるにはハミング

西野カナさんは上方向への響きがとても綺麗でややエッジ系の声を上方向へ響かせることで、洋楽チックな歌声を作り出しています。

上方向への響きを身につけるにはハミング練習が最適です。

 

上方向への響きは具体的には、軟口蓋や上顎、鼻腔への共鳴です。ハミングは大きく分けて2種類「M」の発音と「N」の発音のトレーニングがあります。

2つで効果が違いますので使い分けて練習しましょう。

 

エッジボイスを完全習得

エッジボイスを完全に習得しましょう。

西野カナさんは軽やかなエッジ系の声を使いこなしますし、声帯のコントロールがかなり上手です。エッジボイスは力を入れずに練習することが重要です。

 

各種ボイトレ方法はこちら

ボイトレ一覧

発声方法・テクニックはこちら

発声・スキル

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.