歌声解説 女性シンガー

西野カナの歌い方・歌唱力【歌声解説】

投稿日:2017年10月21日 更新日:

今回は西野カナさんの歌声について解説していきたいと思います。西野カナさんと言えば、たくさんの名曲を世の送り出している大人気アーティストですね。

何と言ってもその楽曲の素晴らしさ、そして歌声は多くの人を魅了しています。心掴まれている方も多いのではないでしょうか。今回はそんな西野カナさんの歌声について書いていきます。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は高めの音域で上方向への抜けのいい声

地声の音域は高めの音域ですね。音域的に高めの声帯を持っているように感じます。

声質は声帯の鳴りと息のバランスの取れた声質です。バランスの取れた声質ですが、声帯の鳴りが綺麗でしっかりと鳴るタイプの話し声です。共鳴が鼻腔に綺麗に抜けやすい声をしています。喉全体的にやや細めの喉を持っているので、線が細く高めな話し声です。

歌声は地声を活かした共鳴の強い声

歌声は主に3種類の歌声を使っています。地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類です。主に地声とファルセットを使う割合が多いように思えます。

低中音域は地声を使っています。もともと持っている声帯の音域が高いのもありますが、結構高いところまで地声を使って歌っています。声質は細いエッジ感息の流れのある声質です。エッジ感のある声帯の鳴らし方が洋楽シンガーっぽいですね。ただエッジ感があるだけでなく、息も綺麗に流れているので聞きやすい綺麗な声を作り上げているように思えます。

高音域で強く歌うときはミックスボイスです。地声に比べると鳴りが強くなりますが、声質自体は地声と変わらないような声です。ミックスボイスは要所要所で使っています。

高音域は基本的にはファルセットを使うことの方が多いです。

ファルセットは綺麗に抜けて、やや芯のある綺麗な鳴りのファルセットです。地声から自由に移行しているので、ミックスボイスなしでも大抵の曲は歌えるでしょう。

どういう歌い方か

鼻腔や軟口蓋への共鳴をしっかりと保ち、上アゴに声を当てるような歌い方です。上アゴにしっかりと声を当てつつ、口はあまり縦に開かずに横方向へ開き、明るい声色を作り上げています。

しっかりと上方向へ響かせる歌声です。

ビブラートはあまりかけるタイプではないですが、ナチュラルなかけ方でかかっているフレーズも多いです。

実際の歌声で確認

声の種類

地声:黒字

ミックスボイス:黄色マーカー

ファルセット:赤色マーカー

「君って」でファルセットを確認

フレーズ

きみって〜 きみって〜 ないたりしないんだね〜 おもいだして ごらんよ〜 わたしは〜 わたしは〜 ぶきようだどいまは〜 すべて〜を うけとめたい〜から ここにいるよ〜

このフレーズはファルセットが非常にわかりやすいフレーズですね。非常に綺麗でしっかり芯のあるファルセットです。地声とミックスボイスの境目はわかりにくいですが、このフレーズのミックスボイスは強い鳴りのある声質になっています。

「Always」で地声とミックスボイスを確認

フレーズ

あいというかたちな〜いもの〜 すべてをつつむおおきな〜もの〜 ちゃんとここにあるから〜 いつもそばにあるから〜 やさしいきもちがあふれて〜くる〜 あいというかぎりな〜いもの〜

地声とミックスボイスは綺麗に「ココ!」線引きできるものではない(その中間色は存在する)のですが、大体はこんな感じでしょう。わかりにくいですが、声帯の鳴りがやや強くなるのが特徴です。

どういう練習をすれば西野カナさんのように歌えるか

西野カナさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。その分多くの練習や訓練が必要です。ですが、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

西野カナさんのように歌うポイント

ポイント

ミックスボイスを身につける

上方向への響きを身につける

エッジ系の声を身につける

が重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

ミックスボイスを身につけるにはリップロール

西野カナさんは地声の発声でかなり高いところまで出しているのですが、ミックスボイスも使いこなしています。ミックスボイスを身につけるにはリップロールの練習が最適です。リップロールはミックスボイスの導入にぴったりの練習ですし、綺麗なミックスボイスが身につきます。

リップロールの練習方法について詳しくは別記事にまとめています。興味のある方は読んでみてください。

【リップロール】のやり方・効果・練習方法・理屈について

上方向への響きを身につけるにはハミング

西野カナさんは上方向への響きがとても綺麗でエッジ系の声を上方向へ響かせることで、洋楽チックな歌声を作り出しています。

上方向への響きを身につけるにはハミング練習が最適です。上方向への響きは具体的には、軟口蓋や上顎、鼻腔への共鳴です。ハミングは大きく分けて2種類あります。「M」の発音と「N」の発音のトレーニングがあります。2つで効果が違いますので使い分けて練習しましょう。

ハミングの練習方法について詳しくは別記事にまとめています。興味のある方は読んでみてください。

【鼻歌・ハミング練習法】のやり方・効果・練習方法について

エッジボイスを完全習得

エッジボイスを完全に習得しましょう。西野カナさんはエッジ系の声を使いこなしますし、声帯の閉鎖感のコントロールがかなり上手です。エッジボイスは力を入れずに練習することが重要です。続けるうちに声帯のコントロールができるようになるので、しっかりと練習しましょう。

エッジボイスの練習方法について詳しくは別記事にまとめています。興味のある方は読んでみてください。

【エッジボイス】のやり方・効果・練習方法について

まとめ

西野カナさんのように歌うポイント

ポイント

ミックスボイスを身につける

上方向への響きを身につける

エッジ系の声を身につける

が重要です。まずはここから練習して、他の練習に移っていきましょう!

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。変わったと言うより、少しずるい方法ですが。効果は抜群です。ボイストレーニングは独学でする人も多いでしょうが、 ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いていきたいと思います。ボイトレ教室って興味が湧きますよね?ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。歌も人から習う ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.