【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌声解説 女性シンガー

安室奈美恵の歌い方や歌唱力についての分析

更新日:

 

安室奈美恵さんと言えば、長く日本の音楽界のトップで活躍してきたミュージシャンですね。引退されてしまい、もうあの歌声とダンスが聞けなくなると思うと寂しいですね。楽曲は永遠に残るのですが、新曲が聴けないのは寂しいですね。

安室奈美恵さんと言えば、楽曲・歌声・ダンス、もはや存在自体が人を魅了しますね。かっこいい歌声とキレのあるダンスに心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな安室奈美恵さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや低めの音域で、声帯閉鎖によるエッジ感のある声質

地声・話し声の音域はやや低めの音域ですね。音域的にやや低め〜普通くらいの音域帯の声帯を持っているように思います。

声質は声帯の鳴りが強めの声質です。エッジ感のある鳴りが随所に見られ、鳴りの倍音の多い声です。

その分、息が多く流れるタイプではなく、鳴りのエッジ感で話すような話し声です。

持っている声帯

やや低めの音域・鳴り系の声質

歌声は綺麗なバランスのいい発声

歌声は3種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)
  • ファルセット(ヘッド)

の3種類です。

地声

低中音域は地声を活かした発声です。

地声を活かしているのですが、地声のように閉鎖系の声ではなく息が綺麗に流れるバランスのいい発声をしています。おそらく元々は鳴りやすい声帯を持っているでしょうから、息の綺麗に流すイメージで歌っているのでしょう。

地声

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。地声の延長線上くらいの発声です。

綺麗なバランスのいいミックスボイスです。地声と比較するとやや声帯の鳴りを強めているような鳴りです。声帯をやや強く鳴らすようにして発声していますが、地声との区別がつきにくく、地声の延長線上のような感じの発声です。

話し声ではかなりエッジ感のある話し声なのですが、歌声ではそれが入らずに綺麗なバランスの良い鳴りで歌います。

ミックスボイス

後半部分。

ファルセット

高音域はファルセットを使っています。

そこまで使われることもないのですが、時々高音域の抜きどころで使っています。

ファルセット

前半部分「はためいるよ〜」

歌声

地声・ミックスボイス・ファルセット

どういう歌い方か

共鳴や音色

共鳴はどちらかと言えば鼻腔や軟口蓋などの上方向主体の共鳴中心です。

ビブラート

ビブラートはあまりかけるタイプではないですが、自然にかかっている時もあります。

フレージング・歌い回し・歌唱力

ダンスナンバーの楽曲が多いので、リズミカルに均一的な歌い方が大きな特徴です。もちろんバラードなどもあるのでそれはそれに合わせた歌い方をしていますが、ダンスナンバーでの歌い方は安室奈美恵さんらしさが出ているような気がします。

声のアタックやアクセントをしっかりと取るのですが、それをできるだけ話すような語るようなニュアンスのまま表現します。つまりピッチ感やリズム、声の輪郭をしっかりと持たせたまま、さらりと力まずに歌っているような感じです。

声質も音域の変化に対して均質な声を保ったまま高音域まで上がっていくタイプなので、ニュアンスを崩さずに歌うことができるのでしょう。

どういう練習をすれば安室奈美恵さんのように歌えるか

安室奈美恵さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になるはずです。

安室奈美恵さんのように歌うポイント

ポイント

均一な声質を身につける

リズム感のいい発声を身につける

この二つが重要ですね。では練習方法を紹介していきたいと思います。

リップロールで均一に綺麗に歌う練習

安室奈美恵さんはあまり歌の中で声質を変化させたりしません。なのでいろんな音程を均一の声質で歌えるように練習しましょう。そのために最適なのはリップロールです。

なるべく音程の広い範囲で同じ声質で歌えるようにリップロールで音域を開拓していきましょう。特にもともと声質が低い方はリップロールで声質をマイルドにすることができます。

音程の取り方に気をつける

安室奈美恵さんは音が細切れで音程落差の小さいダンスナンバーも多いです。

音程落差が小さいのは歌いやすいのですが、細切れでリズムよく歌わないとかっこ悪くなってしまいます。

実は音が細切れの曲はピッチを取るのが難しく最初に出した音が綺麗にその音に合ってないと上手く聞こえません。音の幅が短いので修正する暇がないのです。なので音を単発でしっかりピッチを合わせていく練習が必要です。

細かい音のピッチを合わせるにはドッグブレスの応用で練習するといいです。ドッグブレスは、横隔膜を意識して「ハッハッハッハ」と発声することですよね。

それくらい音を細切れにした状態でまんま歌いたい歌を歌ってみるのです。決して音を伸ばしてはいけません。歌っていいのは音の出発点だけ。それをドッグブレスの感覚で練習します。

そうすると、音の出だしのピッチが合うようになってきます。

音の出だし(アタック)を鍛えるには「ク」トレーニングもオススメ。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.