歌声解説 女性シンガー

安室奈美恵の歌声や歌い方についての分析

更新日:

安室奈美恵さんと言えば、長く日本の音楽界のトップで活躍してきたミュージシャン。

引退されてしまい、もうあの歌声が聴けなくなると思うと寂しいですね。

今回はそんな安室奈美恵さんの歌声について。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや低めの音域で、声帯閉鎖によるエッジ感のある声質

地声・話し声の音域はやや低めの音域ですね。

音域的にやや低め〜普通くらいの音域帯の声帯を持っているように思います。

 

声質は声帯の鳴りが強めの声質です。エッジ感のある鳴りが随所に見られ、鳴りの成分の多い声です。

その分、息が多く流れるタイプではなく、鳴りのエッジ感で話すような話し声です。

 

歌声は綺麗なバランスのいい発声

チェストボイス

低中音域は地声

地声を活かしているのですが、話し声のように鳴り系の声ではなく息が綺麗に流れるバランスのいい発声をしています。

おそらく元々は鳴りやすい声帯を持っているでしょうから、息を綺麗に流すイメージで歌っているかと思われます。

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

綺麗なバランスのいいミドル。

地声低音域と比較するとやや声帯の鳴りを強めているような発声ですが、そこまで大きな変化をさせずに中高音まで滑らかに登っています。

 

ファルセット

中高音域はファルセット(裏声)。

そこまで使われることもないのですが、時々高音域の抜きどころで使っています。

前半部分「はためいるよ〜」

どういう歌い方か

共鳴や音色

共鳴はどちらかと言えば鼻腔や軟口蓋などの上方向主体の共鳴中心です。

ただ、フレーズ次第ではやや下方向気味にクールに鳴らすような音色作りもしています。

 

ビブラート

ビブラートはそこまでかけるタイプではないですが、自然にかかっているフレーズもあります。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

ダンスナンバーの楽曲が多いので、リズミカルに均一的な歌い方が大きな特徴です。

もちろんバラードなどもあるのでそれはそれに合わせた歌い方をしていますが、ダンスナンバーでの歌い方は安室奈美恵さんらしさが出ているような気がします。

 

声のアタックやアクセントをしっかりと取るのですが、それをできるだけ話すような語るようなニュアンスのまま表現します。

つまりピッチ感やリズム、声の輪郭をしっかりと持たせたまま、さらりと力まずに歌っているような感じです。

 

声質も音域の変化に対して均質な声を保ったまま高音域まで上がっていくタイプなので、ニュアンスを崩さずに歌うことができるのでしょう。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.