歌声解説 女性シンガー

安室奈美恵の声や歌い方についての分析

投稿日:2017年10月27日 更新日:

今回は安室奈美恵さんの歌声・歌い方についての分析です。

話し声の特徴

地声・話し声の音域はやや低めくらいの音域

音域的にやや低めくらいの声帯を持っているという印象です。

 

声質は「鳴りやすい」声質

ビリビリと強く鳴るという感じでもないのですが、「カリッ」としたエッジボイスのような鳴りの成分がよく入る、鳴りやすいタイプの声質と言えるでしょう。

持っている声帯

やや低めの音域・鳴りやすい声質

歌声の特徴【発声方法】

チェストボイス(地声)

低中音域は地声(チェストボイス)。

息が綺麗に流れつつも自然に鳴るようなバランスのいい発声が中心です。

おそらく元々は鳴りやすい声帯を持っているでしょうから、しっかりと息を綺麗に流すイメージで発声しているような感じでしょう。また低音域も比較的広いのが魅力の一つでしょう。

 

ミドルレンジ(地声)

地声の中高音発声(≒ミドルボイス・ミックスボイス)。

綺麗なバランスのいいミドル。地声低音域と比較するとやや声帯の鳴りを強めているような発声ですが、そこまで大きな変化をさせずに中高音まで滑らかに登っています。

 

ファルセット(裏声)

高音域は裏声(ファルセット)。高音域の抜きどころなどで綺麗に裏声を使っていますね。

0:26〜↓

歌い方

共鳴や音色

共鳴はどちらかと言えば鼻腔や口腔などの上方向主体の共鳴中心です。

ただ、フレーズ次第ではやや下方向(咽頭腔共鳴)気味にクールに鳴らすような音色作りもしています。

 

ビブラート

ビブラートはそこまでかけるタイプではないですが、自然にかかっているフレーズもあります。

 

フレージング・歌い回し

ダンスナンバーの楽曲が多いので、リズミカルに均一的な歌い方が大きな特徴です。

もちろんバラードなどいろいろな楽曲があるのであるのでそれはそれに合わせた歌い方をしていますが、ダンスナンバーでの歌い方は安室奈美恵さんらしさが出ているような気がします。

 

声のアタックやアクセントをしっかりと取るのですが、それをできるだけ話すような語るようなニュアンスのまま表現します。

つまりピッチ感やリズム、声の輪郭をしっかりと持たせたまま、さらりと力まずに歌っているような感じです。声質も音域の変化に対して均質な声を保ったまま高音域まで上がっていくタイプなので、ニュアンスを崩さずに歌うことができるのでしょう。

どういう練習をすれば安室奈美恵さんのように歌えるか

安室奈美恵さんのように歌うポイントは

  • リズム感のいい発声を身につける

というところが重要でしょう。

リズム感のいい発声を身につける

安室さんは音が細切れで音程落差の小さいダンスナンバーも多いです。

音程落差は小さい曲は一見歌いやすく感じるのですが、その分リズムよく歌わないとかっこ悪くなってしまいます。なのでリズム感を鍛えることが重要でしょう。

もちろん、そのリズムに合わせてピッチの正確性も必要になってきます。

 

ピッチ感とリズム感を同時に鍛えるトレーニングはドッグブレス「ク」トレーニングがおすすめです。

この二つのトレーニングは音のアタック(出だし)を鍛えるのに最適なのですが、この出だしの精度を上げていくと自然とリズム感も良くなっていくはずです。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.