歌声解説 男性シンガー

星野源の声や歌い方の分析

投稿日:2017年10月27日 更新日:

星野源さんと言えば、絶大な人気を持つミュージシャン(俳優)。

多彩な音楽性と素晴らしい歌声と歌唱力で多くの人を魅了しています。

今回はそんな星野源さんの歌声について。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、バランスのいい声質

地声・話し声の音域は普通です。

若干高めとも言えるかもしれませんが。高くも低くもないという感じの声帯を持っているような印象です。

 

声質は息と声帯の鳴りのバランスがいい声質です。

どちらかと言えば、声帯の鳴りよりも息の流れが強いような印象です。さらりとした軽やかな声質ですね。

 

歌声はやや太めのバランスのいい発声

チェストボイス

低中音域は地声

声質はバランスのいい発声で、息も綺麗に流れつつ声帯も程よく鳴っているような声質です。

ハスキー系の声ではないのですが、息の倍音がしっかりと乗っている心地の良い声です。

 

口の空間や喉の空間が広いので、やや太さや膨らみを感じるような音色の声です。

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

低音域からグッと息の圧力と鳴りを強めて中高音を発声しています。共鳴腔をしっかりと保ったような発声で太さと広がりのあるミドル。

 

そこまで高音域を押し切るようなタイプではなく、一定のレンジ以降は綺麗にファルセットへ移行するようタイプです。

中高音

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)。

歌の要所要所でしっかりと抜けるファルセットを使っています。綺麗なファルセットを使いこなしています。

ファルセット

 

星野源さんの歌い方

共鳴や音色

口の空間が広く発音がくっきりと明るく聞こえるのが特徴です。

それでいて共鳴は比較的深い響き(咽頭共鳴)を保ったまま歌うので、太くクールな暗さもあるような音色作りです。

 

ビブラート

基本的にビブラートはあまりかけずにまっすぐに歌うタイプです。

 

フレージング・歌い回し

  • 直線的でリズミカル
  • 素朴なアタック(出だし)感

歌い回しやフレージングは直線的でリズミカルという印象です。

どちらかと言えば、音を滑らかにつなげるよりも直線的に切るタイプでしょう。

特にリズムのブレーキがしっかりと効いており特有のグルーヴ感がありますね。

 

アタック感は素朴な優しさがある感じと言いましょうか、うまく言葉で表現できないのですが、どちらかと言えばアタックに重みがある歌い方なのですが、そっと素朴に出す感じ。

 

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.