歌声解説 男性シンガー

星野源の声や歌い方についての分析

投稿日:2017年10月27日 更新日:

今回は星野源さんの声・歌い方についての分析です。

話し声の特徴

地声・話し声の音域は『普通』くらいの音域

音域的に高くも低くもない普通くらいの声帯を持っているという印象です。

 

声質は鳴りやすいタイプの声質

軽やかな鳴りですが、ジリジリとしっかりと鳴るタイプの声帯という感じですね。

持っている声帯

普通の音域・鳴りやすい声質

歌声の発声方法

チェストボイス(地声)

低中音域は地声(チェストボイス)。

声質はバランスのいい発声で、息も綺麗に流れつつ声帯も程よく鳴っているようなバランスの良い声質の発声です。息の成分(倍音)もしっかりと乗っている心地の良い歌声ですね。

口の空間や喉の空間が広いので、やや太さや膨らみを感じるような音色の声です。

 

ミドル(地声)

地声の中高音発声(≒ミドルボイス・ミックスボイス)。

低音域と比較するとしっかりと鳴らすような発声ですが、こちらもバランスの良い発声という感じです。咽頭共鳴腔(下方向の響き)をしっかりと保ったような発声で太さと広がりのあるミドル。

0:44〜から中高音が増えていきます↓

基本的には高い音域帯まで地声でずっと押し切るようなタイプではなく、一定のレンジ以降は綺麗にファルセットへ移行するようタイプという感じです。

 

ファルセット(裏声)

高音域は裏声(ファルセット)。歌の要所要所、綺麗な抜け感のあるファルセットを使いこなしています。このファルセットをたくさん使うのも星野さんの魅力の一つでしょう。

歌い方

共鳴や音色

歌声の共鳴は上アゴ方向へ声を当てるような明るい爽やかな音色が特徴です。

また下方向(咽頭共鳴)へも響きを保つような音色作っているので、上下に広がりのある太く明るい音色の歌声になっています。

この『音色の太さ』に関しては共鳴というのはもちろんありますが、元々の喉の作り(形)という面もあります。

 

ビブラート

基本的にビブラートはあまりかけずにまっすぐに歌うタイプ(*あくまで傾向)。

 

フレージング・歌い回し

  • 直線的でリズミカル
  • 綺麗なアタック(出だし)感

歌い回しやフレージングは直線的でリズミカルという印象です。どちらかと言えば、音を滑らかにつなげるよりも直線的に切りまっすぐに歌うタイプと言えるでしょう。特にリズムのブレーキがしっかりと効いて特有のグルーヴ感があるのが特徴。

音のアタック(出だし)がまっすぐではっきりとしているのも特徴でしょう。スムーズに直線的に切り込むようなアタックは『まっすぐな印象』の歌い回しを作り出していますし、歌声全体の歯切れの良いリズム感を生み出す原動力になっているように思います。

どういう練習をすれば星野源さんのように歌えるか

星野源さんのように歌うポイントは

ポイント

太い音色の発声を身につける

これが重要でしょう。

太い音色の発声を身につける

星野源さんの発声や音色はやや太めな音色を優しく軽やかに歌うというのが重要なポイントでしょう。ただ、発声の音色の太さなどは自分の持っている喉に左右されるものでもあるのでそこは考慮に入れて練習しましょう。

太い声の練習には

がおすすめです。このトレーニングは高音域でも喉を開けるようになるトレーニングです。また、ミックスボイスなどの高音開発にもつながるトレーニングです。

太い音色や深い音色は下方向への響きも重要です。深い響きに重要なポイントは喉仏の位置です。

をしっかりと取り組みましょう。特有のグルーブ感やフレージングなどはよく聴いて真似していきましょう。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.