歌声解説 男性シンガー

星野源の歌声や歌い方の分析

投稿日:2017年10月27日 更新日:

星野源さんと言えば、知らぬ人はいないであろう大人気のシンガー(俳優)。

 

あの歌声と楽曲に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな星野源さんの歌声について。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、バランスのいい声質

音域

地声・話し声の音域は普通です。

若干高めとも言えるかもしれませんが。高くも低くもないという感じの声帯を持っているような印象です。

 

声質

声質は息と声帯の鳴りのバランスがいい声質です。

どちらかと言えば、声帯の鳴りよりも息の流れが強いような印象です。さらりとした軽やかな声質ですね。

 

歌声はやや太めの明るい発声

地声

低中音域は地声

 

声質はバランスのいい発声で、息も綺麗に流れつつ声帯も程よく鳴っているような声質です。

ハスキー系の声ではないのですが、息の倍音がしっかりと乗っている心地の良い声です。

 

口の空間や喉の空間が広いので、太い声質でかつ明るい響きの地声です。

基本的な音域帯はこの地声を使って歌っています。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス)

地声系の発声で、そこまで高音域に突入するというよりは一定のレンジで綺麗にファルセットへ移行するタイプです。

 

やや強めに息の圧力をかけて力強く高音域を鳴らしています。

よく響くのも特徴です。

 

中高音

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

歌の要所要所でしっかりと抜けるファルセットを使っています。

息の成分が多いファルセットです。

 

ファルセット

 

星野源さんの歌い方

共鳴や音色

口の空間が広く発音がくっきりと明るく聞こえるのが特徴です。

 

共鳴は比較的深い響き(咽頭共鳴)を保ったまま歌うので、太い声質の声になっています。

太い声質のまま明るい響きでまっすぐに歌うというのが星野源さんの特徴ですね。

 

ビブラート

ビブラートはあまりかけずにまっすぐに語りかけるようなタイプです。

 

フレージング・歌い回し

  • 直線的でリズミカル
  • 素朴なアタック(出だし)感

歌い回しやフレージングは直線的でリズミカルという印象です。

特にリズムのブレーキがしっかりと効いており特有のグルーヴ感がありますね。

 

アタック感は素朴な優しさがある感じと言いましょうか、うまく言葉で表現できないのですが、どちらかと言えばアタックに重みがある歌い方なのですが、そっと素朴に出す感じ。

 

何が言いたいのかわかりにくいですね。笑

絶妙なバランスということです。

 

どういう練習をすれば星野源さんのように歌えるか

星野源さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点を絞ることで近づく近道になります。

 

星野源さんのように歌うポイント

ポイント

太い音色の発声を身につける

 

これが重要ですね。

 

太い音色の発声を身につける

星野源さんの発声や音色はやや太めな音色を優しく軽やかに歌うというのが重要なポイントでしょう。

ただ、発声の音色の太さなどは自分の持っている喉に左右されるものでもあるのでそこは考慮に入れて練習しましょう。

 

太い声の練習には

  • グッグトレーニング

がおすすめです。

 

このトレーニングは高音域でも喉を開けるようになるトレーニングです。また、ミックスボイスなどの高音開発にもつながるトレーニングです。

 

太い音色や深い音色は下方向への響きも重要です。深い響きに重要なポイントは喉仏の位置です。

  • 咽頭共鳴を身につけるトレーニング

をしっかりと取り組みましょう。

 

特有のグルーブ感やフレージングなどはよく聴いて真似していきましょう。

 

各種ボイトレ方法はこちら

ボイトレ一覧

発声方法・テクニックはこちら

発声・スキル

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.