歌声解説 男性シンガー

山下達郎の歌声や歌い方についての分析

投稿日:2017年10月30日 更新日:

今回は山下達郎さんの歌声について書いていきたいと思います。

山下達郎さんと言えば、多くの名曲を生み出しているミュージシャンですね。

 

CMなどで使われることも多いのでとても有名です。

メディアに出ることはほとんどないですが、知らない人はいないというほどのミュージシャンだと思います。

何と言ってもあの楽曲、そして歌声は最高ですね。あの歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、柔らかい声帯の鳴りと鼻腔共鳴が強い声質

音域

地声の音域は普通〜やや高めの音域ですね。

普通〜やや高めの音域を持つ声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は柔らかい声帯の鳴りがある声質です。

息よりも声帯の鳴りが先行しているような鳴り主体の声です。

 

共鳴

共鳴は鼻腔にかなり響きやすいのが特徴的ですね。

鼻の奥に声が向かっているというか、当たっているというようなニュアンスです。

 

意識することなく、自然な話し声として斜め後ろ方向へ声が響きやすい声です。

この響きが特徴的な話し声、歌声を作っている大きな要因だと思います。

 

歌声は鼻腔にとてもよく響く柔らかで芯のある発声

チェストボイス

低中音域は地声

非常に柔らかい声帯の鳴りが特徴で、芯がしっかりありウェットな鳴りの成分がある声質です。

芯がくっきりとあり、鳴りが強いのですがトゲトゲしくない、むしろその逆の柔らかな印象を受ける不思議な声質です。

 

話し声からそういう声質だという面ももちろんあるのでしょうが、この柔らかな鳴りを引き出しているのが、鼻腔共鳴だと感じます。

 

鼻腔の奥の方(斜め後ろ方向をイメージ)へ声が響き柔らかで丸い声の印象を作り出しています。

これは話し声からそうですが、歌声になるとより強まり丸みのある独特な声を作り出しています。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

やや強く鳴らすようにして中高音域を発することもありますが、基本的には地声域の声質のまま伸びやかに中高音を発声しています。

 

ミドル

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)。

このファルセットの声質もくっきりと芯があり、柔らかな丸みのあるファルセットです。息主体ではなく、鳴り主体のファルセットです。

 

切り替えも非常にうまく、自由自在に使いこなしていますね。

フレーズのほとんどをファルセットで歌うようなフレーズも多くあり、圧倒的ファルセット使いです。

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

全ての発音がというわけではないのですが、鼻の方へ息を流しており、その全てが鼻に通り切らずに軟口蓋と鼻腔で息を2分したようなニュアンスになることが多いです。

 

言葉では非常に説明しづらく、余計にわかりにくいかもしれません。

わかりやすいものだと、「に」という発音が「にひ」になったりするようなニュアンスがあるということです。最初は鼻腔に当たり屋やななめ前にこの方向が降りていき、そこに息が通るので「にひ」になるのですね。

 

そこまで大げさではないのでが、そういう独特のニュアンスがあります。

これは当然ながら鼻腔方向へガンガンに声が飛んでいるからですね。その方向にしか飛んでないと言っても過言でないくらい声の方向は上です。

 

ビブラート

ビブラートはかけないようなフレーズが多いですが、かけるときはがっつりかけています。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

音の滑らかさとブレーキのメリハリのついた歌い方が特徴ですね。

基本形は流れるようなフレージングですが、語尾は音にブレーキをかけてしっかりと早めに切ります。語尾以外は滑らかに、語尾はスパッと切るようなニュアンスがあります。

 

ピッチ感やリズム感が圧倒的に良く、素晴らしい歌唱力を持っています。

 

どういう練習をすれば山下達郎さんのように歌えるか

山下達郎さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

山下達郎さんのように歌うポイント

ポイント

鳴りと柔らかさのある発声を身につける

芯のあるファルセットを身につける

鼻腔共鳴を身につける

 

この3つが重要ですね。

では練習法を紹介していきたいと思います。

 

鳴りと柔らかさのある発声を身につける

山下達郎さんの歌声は柔らかくもくっきりと鳴るという二つの要素が融合しています。

もともと持っている声質によって練習は変化してくるでしょうから、自分の声帯と向き合いながらトレーニングする必要があるでしょう。

 

鳴りのトレーニング

芯のある発声を身につけるには

が最適です。

「ネイ」「ヤイ」トレーニングは鳴りの強い発声を余計な力を脱力しながら練習できます。

この発声は鼻腔の方へ響きがいくので山下達郎さんの発声に近いものがあると思います。

 

柔らかい鳴りのトレーニングは

がおすすめです。

 

強いファルセットが必要

山下達郎さんのファルセットはとても強いファルセットで歌います。

強いというか、鳴りがしっかりとあるファルセットです。

 

ファルセットを鍛えるにはまずファルセットをたくさん使うことが重要です。

ただし、正しいファルセットである必要があります。

 

正しいファルセットが出せるようになったら、あとはひたすらに使うだけです。

地声と裏声の交互発声のトレーニングがおすすめです。

 

鼻腔に響かせるには

山下達郎さんは声が斜め後ろ方向へ当たっているニュアンスが強いです。(そこを意識するだけで少し真似できますね)これは鼻腔共鳴を鍛える必要があります。

 

鼻腔や軟口蓋へ響かせる練習はハミング練習が最適です。

ハミング練習は大きく分けて2つの練習法があります。

「M」の発音での練習と「N」の発音での練習があります。2つとも効果が違いますので、使い分けて練習しましょう。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.