歌声解説 男性シンガー

コブクロ黒田俊介の歌い方・歌唱力 【歌声解説】

投稿日:2017年11月4日 更新日:

今回はフォークデュオ「コブクロ」のメインボーカル黒田俊介さんの歌声について書いていきたいと思います。黒田さんといえばコブクロのメインボーカルとして活躍されていますね。

もちろん相方の小渕さんの歌唱力もすごいのですが、黒田さんの歌声も圧巻ですね。そんな二人の歌声が合わさるのですから、恐ろしいですね(いい意味で)。

今回はそんなコブクロの黒田俊介さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声の音域はやや高めで、太い声質

地声・話し声の音域はやや高めの音域です。よく黒田さんは「コブクロの声が低い方」とか言われたりするのですが、実はそんなに低くありませんね。むしろほんのすこし高いくらいです。低いと言われるのは小渕さんと比べられたり、声の太さのせいだったりします。身長も大きいので低い印象がありますが、男性の中ではやや高めというくらいでしょう。ただ、声質や喉が太いのですね。なので鳴っている音が太めの声質です。これが低さを感じる要因でしょう。

声質は閉鎖や息のバランスのとれた声質です。共鳴はこれも意外でしょうが、鼻腔共鳴がかなりしっかりとあります。

歌声は太く倍音がしっかりと鳴る歌声

歌声は大きく分けて3種類の歌声を使っています。地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類です。

低中音域は地声を使っています。低中音域とは言ってもかなり高い音域まで地声を使っています。ミックスボイスを使うのは割と一部の高音だけであとは地声で引っ張っていけちゃう歌声を持っています。(小渕さんもいるので、高いところは任せられるというのもあるのでしょう。)

地声の声質は息と鳴りのバランスが良く、太い共鳴のある声質です。あまり印象としてはないかもしれませんが、実は息が綺麗に流れています。太い声質で声帯もバランス良く鳴らしているので「分厚いフカフカの布団」みたいな声ですね。柔らかく分厚く。

やはり地声だからこそしっかりと鳴る綺麗な息の倍音というものをフル活用している歌声だと感じます。共鳴は咽頭共鳴で深い響きを保ちつつ、鼻腔にも綺麗に響いています。

高音域はミックスボイスを使っています。地声の延長線上にある声なので、判別は難しいですが、高音で張る時などに使っていることが多いです。やや声帯の閉鎖感が強くなるのが特徴ですね。

高音域はファルセットも使っています。ファルセットはさらりと抜けるような綺麗なファルセットです。しっかりと芯もあり、息も流れるファルセットです。太い喉から出るファルセットですが、非常に綺麗な音色をしているのが特徴です。

どういう歌い方か

声質や声にはものすごく特徴があるのですが、歌い方自体は大きな癖はなくベーシックな歌い方です。ビブラートは綺麗にかかります。

もともと持っている声というものあるのですが、基本的には深い響き(咽頭共鳴)を保ちながらが歌っています。これが黒田さんの特徴と言えるでしょうね。

実際の歌声で確認

声の種類

地声:黒字

ミックスボイス:黄色マーカー

地声とミックスボイスの中間色:黄色アンダーマーカー

ファルセット:赤色マーカー

「STAY」で地声とミックスボイスとファルセットを確認

フレーズ

め〜た〜 もうにどと〜あえないはず〜の あ〜なたが〜 ぼくのなまえをよんでる〜 ふりかえるばしょもない きこえたのはきっと ぼくのこころのなかだけ〜 いつも

おそらくこのような感じでしょう。黒田さんの歌声は大抵地声での発声です。結構高いところまで使っているのがすごいですね。太く・優しく・力強く鳴るのですね。ミックスボイスは声帯閉鎖が強まり、息の倍音が少し消えるような感じですね。(その分鳴りの倍音が強まる)途中どっちともつかない中間色のような音色の声もあります。

ファルセットは非常に綺麗な音色のファルセットですね。

「君という名の翼」で地声とミックスボイスを確認

フレーズ

あきれるほどまっすぐに〜 はしりぬけたきせつを〜 さがし〜てまだ〜 くはいきてる まちがいだらけのあのひびにおとしたなみだとこたえを〜 (むねいっぱいにかきあつめて もういちどあのなつぞら あのかぜ)

ほとんどミックスボイスを使っていないですね。ほんの一部高い音だけミックスボイスっぽい鳴りになっています。『ぼ』ですね。高い音域まで地声で歌えるのは非常に心地よく綺麗に聴かせられるということですね。

どういう練習をすれば黒田俊介さんのように歌えるか

黒田俊介さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

黒田俊介さんのように歌うポイント

ポイント

地声の高音域を鍛える

太いミックスボイスを身につける

深い響きを身につける

これが重要ですね。では練習方法を書いていきたいと思います。

地声の高音域を鍛える

黒田さんのような自然な発声は地声が占める割合が多いからこそ生まれるものですね。ミックスボイス、ミックスボイスと言いますが、地声で高音域まで歌える方が断然いいのです。(自由が利くから)まぁ、黒田さんはもともとやや高めの声帯を持っているからこそできることなのかもしれませんが。

地声の最高音を鍛えるトレーニングは「ブッ」トレーニングが最適です。

【「ブッ」トレーニング】のやり方・効果・練習方法

今回は地声の高音域を鍛える「ブッ」トレーニングというものについて書いていきたいと思います。 声区や声の種類として地声・ミックスボイス・ファルセットというのが音楽においてよく使用される声ですね。 ポップ ...

続きを見る

太いミックスボイスを身につける

地声での高音域には限界があるので(持っている声帯によって違う)、それ以上はミックスボイスを身につける必要があります。黒田さんのように歌うには太いミックスボイスを身につける必要があります。

太いミックスボイスを身につけるには「グッグ」トレーニングが最適です。

【グッグトレーニング】のやり方・効果・練習方法について

深い響きを身につける

黒田さんのように太い声には深い響きがあります。深い響き=太い印象と言えるものです。

深い響きを身につけるには「ボイ」トレーニングが最適です。このトレーニングは喉仏を下に落とす効果があります。

【深い響きのある声を身につけるトレーニング】

今回は咽頭共鳴や胸腔共鳴と呼ばれるような低い位置での響き(下方向への響き)について書いていきたいと思います。鼻腔での共鳴は歌の中では特に重要ですが、低い位置での響きも重要です。特に歌声の中に深みを作る ...

続きを見る

まとめ


黒田さんのように歌うには

黒田俊介さんのように歌うポイント

ポイント

地声の高音域を鍛える

太いミックスボイスを身につける

深い響きを身につける

が重要です。まずはここから練習しましょう。もちろんこれ以外の要素も圧倒的なので、頑張りましょう。

コブクロ小渕健太郎の歌い方・歌唱力【歌声解説】

今回はコブクロの小渕健太郎さんに歌声について書いていきたいと思います。コブクロの小渕健太郎さんといえば主にコブクロのハモリ担当として活躍されています。 しかし、実力的にはハモりだけするのはもったいない ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。変わったと言うより、少しずるい方法ですが。効果は抜群です。ボイストレーニングは独学でする人も多いでしょうが、 ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いていきたいと思います。ボイトレ教室って興味が湧きますよね?ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。歌も人から習う ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.