歌声解説 男性シンガー

MY FIRST STORY Hiroの歌い方・歌唱力【歌声解説】

投稿日:2019年2月9日 更新日:

今回はMY FIRST STORYのボーカル Hiroさんの歌声について書いていきたいと思います。

MY FIRST STORYと言えば、大人気のロックバンドですね。

 

何と言ってもその演奏・楽曲の素晴らしさ、歌声の素晴らしさは多くの人を魅了していますね。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

 

ボーカルのHiroさんはONE OK ROCKのボーカルTakaさんの弟ですね。

今回はそんなMY FIRST STORYのボーカル Hiroさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は高めの音域で、軽やかな声質

地声・話し声の音域の高めの音域ですね。もともと持っているかなり声帯が高めの声帯ですね。

 

声質は息と鳴りのバランスのいい声質ですね。どちらかと言えば、息が主体の息が流れやすい声質ですね。

少しザラついた若干のハスキー感のある声帯の鳴りのある息の流れやすい声質と言えそうです。

 

共鳴は鼻腔共鳴寄りの響きですね。

 

歌声はザラついた声帯閉鎖とハスキー感のあるミックスボイスが特徴

歌声は地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類の歌声を使っています。

主に地声・ミックスボイス中心の発声ですね。シャウト系の発声も使っています。

 

低中音域は地声を使った発声です。地声の音域の声質は息の綺麗に流れる発声を使うことが多いです。また、その発声にエッジボイスのような声帯の鳴りを含ませた声を使うことも多いですね。ミックスボイスがエッジボイスの延長線上に出し方をしているので、それが低音域でも随所に使われて、情感のある歌声を生み出しているように感じます。エッジボイスはHiroさんの大きな特徴です。

低中音域とは書きましたが、Hiroさんの低中音域であって、普通の男性ならば高めの音域帯ですね。地声が高いからこそなせる技ですね。

 

中高音域はミックスボイスを使っています。ミックスボイスはかなり特徴的な声質ですね。

声帯閉鎖をかなり強めた閉鎖系のミックスボイスが主体なのですが、独特のハスキーなザラザラした声帯の鳴りの倍音が混ざっています。これは声帯の不完全な閉鎖(ハスキー)によるもので、ざらついた息の倍音が鳴っています。

これはもともと持っている声質の影響が強く出ていますね。お兄さんのTakaさんも同じように鳴っています。

このミックスボイスはかなりの高音域まで出すことができ、シャウト系の発声もこのミックスボイスに息の圧力を高めて出しています。楽曲にもよるのですが、息の圧力をかなり高めてシャウトに近い鳴りで歌うことは多いですね。

 

高音域は息の成分が多いファルセットを使うこともあります。かなり高音まで強い音を出せることと、楽曲がロックなのもあり、そこまで使う頻度は多くないですが、綺麗なファルセットを持っています。

 

どういう歌い方か

エッジボイス主体で歌う

もちろん楽曲によってフレーズや歌い方も変わるのですが、エッジボイスを軸に歌うことが多いですね。

エッジボイスの声帯閉鎖からミックスボイスを出しているので(エッジボイスから息を押し出す)、その喉の形を基本形に歌うような歌い方ですね。なので、押出さなくていい時(低音)でもエッジボイスが入った歌い方になるのですね。

 

ビブラートはあまりかけるタイプではなく、まっすぐにロックに歌うタイプですね。ただ、ピッチ感は非常にいいので上手いですね。

 

実際の歌声で確認

「REVIVER」で地声を確認

 

声の種類

地声:黒字

ミックスボイス:黄色マーカー

ファルセット:赤字

 

フレーズ

Always you’re there with me when my real story moves on We will keep on fighting (エッジボイス)all the time

 

 

このフレーズは全て地声で歌っています。息が綺麗に流れるさらりとした地声です。ここではエッジ感は少なめですが、それでもエッジボイスは入っていますね。

 

「Home」でミックスボイスを確認

 

フレーズ

何が起きたかも分からないまま離れ離れになる時間が来ても僕は何も出来ずに泣いてた ただ何度でも ただ何度でも この夢が叶うまでは迷わずに進んで行くと決めたから

 

地声とミックスボイスの違いがわかりやすいフレーズですね。

ここでの地声はエッジボイスのオンパレードですね。エッジボイスに息を通して声にしているような歌い方なのがわかると思います。

 

ミックスボイスは声帯の鳴りと息の圧力を高めた鳴りでザラッとした・ガサっとした割れ感のあるミックスボイスです。非常にノイジーな(いい意味で)倍音が乗っています。

 

「ACCIDENT」でファルセットを確認

 

フレーズ

Blah Blah Blah  Oh Oh Oh  不幸か幸の決定は Oh Oh Oh 二分の一じゃない 成功は Hi-Five 失敗は good-bye 何かも今手に入れたいなら 最終的

 

ファルセットの部分は赤字ですね。 ここでのミックスボイスはあえて黄色のアンダーラインにしました。地声よりなミックスボイスと言うか、鳴らし方はミックスボイスだけど音域帯は地声ですね。まぁ低いミックスボイスとも言えますし、鳴りの強い地声とも言えます。中間的な音色ですね。

 

どういう練習をすればHiroさんのように歌えるか

Hiroさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

Hiroさんのように歌うポイント

ポイント

エッジボイスを身につける

閉鎖系のミックスボイスを身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

エッジボイスを身につける

Hiroさんはエッジボイスからミックスボイスを出していますし、歌の中でも多く使われるのでエッジボイスを身につける必要があります。

エッジボイスのトレーニングは声帯閉鎖のコントロール能力向上にもつながるので、必須トレーニングです。

 

エッジボイスについた詳しくはこちら

【エッジボイス】のやり方・効果・練習方法について

 

閉鎖系のミックスボイスを身につける

閉鎖系のミックスボイスとは声帯を強く閉鎖させて鳴らすミックスボイスですね。

Hiroさんはエッジボイスの閉鎖感から声を出しているので、かなり強い閉鎖です。強い閉鎖は声帯だけが締まれば問題ないのですが、訓練していないと喉も一緒にしまってしまい苦しい声になってしまいます。

 

そのために喉の脱力が必要になってくるのですね。

脱力と閉鎖系の鳴りが強い声のトレーニングは「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。

【「ネイ」「ヤイ」トレーニング】のやり方・効果・練習方法について

 

 

まとめ

Hiroさんのように歌うポイントはエッジボイスを身につけて声帯閉鎖をしっかりとコントロールすることです。

ただ、ハスキーさに関しては生まれ持った要因が大きいですので、そこは練習でもなかなか難しいかもしれませんね。

その他シンガーの歌声解説はこちら

アーティスト歌声解説一覧

※タグの集合ページです

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。変わったと言うより、少しずるい方法ですが。効果は抜群です。ボイストレーニングは独学でする人も多いでしょうが、 ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いていきたいと思います。ボイトレ教室って興味が湧きますよね?ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。歌も人から習う ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.