歌声解説 男性シンガー

エレファントカシマシ 宮本浩次の歌声や歌い方の分析

投稿日:2018年1月8日 更新日:

エレファントカシマシと言えば、長く音楽シーンで活躍している人気バンドですよね。

CM曲にも多く使われ、誰もが一度は聞いたことがあるバンドだと思います。

 

そのボーカル、宮本浩次さんの熱い歌声に魂を揺さぶられている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなエレファントカシマシのボーカル、宮本浩次さんについて書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方

地声・話し声は普通の音域で、ややハスキーかつガラッとした鳴りの声質

音域

地声の音域は普通の音域と言えそうです。

もしかしたら若干高めと言えるかもしれないですが、男性の平均的な音域の高さくらいでしょう。

 

声質

声質が特徴的で、若干のハスキーな性質とガラッとした鳴りがあります。

若干ハスキーでガラッとしているので、いかにもパワフルな歌に向いていそうな声をしています。(そういう歌い方をしてきたから、そういう声になっていったのかもしれないですが。)

 

歌声は特有のハスキーは発声

チェストボイス

低中音域は地声

話し声同様に若干のハスキーな性質とガラッとした(カサっとした感じもある)鳴りが随所に感じられる声です。

表現次第では息っぽく綺麗に歌ったり、柔らかく鳴らしたりと多彩な表現です。

 

地声

倍音の多い声質ですね↓

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

声帯に強い息の圧力をかけて強く鳴らす中高音です。

 

強く鳴らすので、ガラッとした声帯の鳴りを強調させたような強い音色になっていますが、それと同時にハスキーな倍音成分も強調されて独特の音色を生み出しています。

高音域までグンッと引っ張り上げるような声帯のコントロール能力持っています。

 

ミドル

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

しっかりと鳴りの芯があるファルセットで、抜くような高音域で使っています。

使用頻度はそこまで多くはないですね。

 

ファルセット

後半部分です。

 

歌い方

共鳴や音色

基本的には鼻腔や軟口蓋など上方向中心の音色作りですが、特に高音域にいくにつれて下方向(咽頭共鳴)へ当てるニュアンスが強くなっています。

これにより太さと迫力のある音色を生み出しています。

 

ビブラート

ビブラートは楽曲次第ではありますが、あまりかけるタイプではなく、まっすぐに歌うタイプです。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

基本的には

  • 低音は素朴
  • 高音はがっつりパワフル

という感じです。

 

ロックな楽曲、歌い方多いですね。

声の綺麗さなんて求めずに、どこまで声を届けるか・どれだけ感情を伝えるか・どれだけ歌詞を伝えるかに特化した歌い方だと感じます。

 

しかし、実はピッチ感が非常にいいのですね。

  • パワフルなロックボイス
  • 音楽的美しさ

の融合が宮本浩次さんの歌唱力の素晴らしさですね。

 

どういう練習をすれば宮本浩次さんのように歌えるか

宮本浩次さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの訓練は必要ですが、要点を絞れば近づく近道になるかもしれませんね。

 

宮本浩次さんのように歌うポイント

ポイント

鳴りの強い中高音発声を習得する

 

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

鳴りの強い中高音発声を習得する

宮本さんの歌声のポイントは

  1. 特有のハスキーボイス
  2. 強い鳴りのパワフルな発声

というところでしょう。

 

だた、ハスキーボイスという点に関して宮本さんはもともと少し特殊な声帯を持っているからこそその要素が大きく出るのであって、ハスキーボイスではない人がハスキーボイスになるのは基本的には難しいです。

 

なので、自分の持っている声帯を対話しながらトレーニングしましょう。

 

強い鳴りの高音トレーニング

強い鳴りの高音をトレーニングするには

がおすすめです。

 

これらのトレーニングは脱力を促しながら強い鳴りや太い鳴りのトレーニングになります。

 

声帯を強く鳴らしたり声帯を割るような音色のようなシャウト系の発声は、息の圧力とそれを支える声帯コントロールが必要です。

エッジボイスのような状態から息を押し出して声帯を割るように鳴らします。喉に負担がかかるので気をつけながら練習しましょう。

 

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.