歌声解説 歌声解説 男性シンガー

エレファントカシマシ 宮本浩次の歌い方・歌唱力 地声系の高音は抜群の声量 【歌声解説】

投稿日:2018年1月8日 更新日:

MUSIC PLANETボーカルオーディション2018

今回は大人気バンド エレファントカシマシのボーカル、宮本浩次さんについて書いていきたいと思います。

エレファントカシマシと言えば、長く音楽シーンで活躍している人気バンドですよね。

 

CM曲にも多く使われ、誰もが一度は聞いたことがあるバンドだと思います。

そのボーカル、宮本浩次さんの熱い歌声に魂を揺さぶられている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな宮本浩次さんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域でややハスキーかつ声帯のガラッとした感じがある

地声の音域は普通の音域と言えそうです。もしかしたらやや高めと言えるかもしれないですが、男性の平均的な音域の高さくらいでしょう。

 

声質が特徴的で、若干のハスキーな性質とガラッとした閉鎖感があります。

 

若干ハスキーでガラッとしているので、いかにもパワフルな歌に向いていそうな声をしています。(そういう歌い方をしてきたから、そういう声になっていったのかもしれないですが。)

 

歌声は張り上げ系やシャウト系のパワフルな歌い方がメイン

歌声は主に2種類の歌声をメインで使っています。

地声とミックスボイスでほとんどの楽曲が歌われていますね。

 

低中音域は地声を使っています。話し声同様に若干のハスキーな性質とガラッとした(カサっとした感じもある)閉鎖感のある鳴りが随所に感じられる声です。しかし、表現次第では息っぽく綺麗に歌ったりもしています。

 

中高音域はミックスボイスを使っています。地声の性質とほとんど変わらないようなミックスボイスですが、声帯の閉鎖感と鳴りが若干強くなります。

ミックスボイスを使うときはガラッとした声帯の鳴りを強調させたような強い歌声を使うことが多いです。

 

ハスキー系や特殊な性質の声の人は地声からミックスボイスの境界線がわかりづらいことが多いです。宮本浩次さんも綺麗に一本化された声で地声からミックスボイスまで繋がっています。(本人にも切り替えている意識もないのではないでしょうか。)

 

どういう歌い方か

張り上げ系ですが、ピッチがかなりいいので音楽的に綺麗に聞かせています。

もちろん綺麗に聞かせる楽曲もあるのですが、ロックな楽曲が多いですね。

 

とりあえず、声の綺麗さなんて求めずに、どこまで声を届けるか・どれだけ感情を伝えるか・どれだけ歌詞を伝えるかに特化した歌い方だと感じます。

 

その状態でもピッチさえ綺麗にあっておけば、音楽的には成立します。というか、熱く綺麗な歌声になります。

ただ、そういう歌い方でピッチをしっかり合わせるのはとても難しいんです。

 

その点、やはり宮本浩次さんはすごいですね。

 

実際の歌声で確認

「ハナウタ〜遠い昔からの物語〜」で地声・ミックスボイス・ファルセットを確認

 

声の種類

地声:黒字

ミックスボイス:黄色マーカー

ファルセット:赤色マーカー

フレーズ

さんびゃくろくじゅうごにちのおとをあつめて これは〜 おれからのおくりものだよっていえたの いっしゅんでつながる〜このときめきのおもいは〜 ふたりのときゆきかう メッセージ〜

 

ミックスボイスと地声とを完全に線引きすることはできませんが(中間色は存在するので)、だいたいはこんな感じでしょう。

 

ミックスボイスはやや強く鳴るのですが、声区の切り替えが非常にわかりにくい声ですね。

 

ファルセットは基本的にほとんど使うことはないのですが、ここでは使っています。完全なファルセットというよりミックスボイスとファルセットの中間の音色をかなり息っぽくしたような音色の声ですが、ファルセットの仲間でしょう。

 

どういう練習をすれば宮本浩次さんのように歌えるか

宮本浩次さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの訓練は必要ですが、要点を絞れば近づく近道になります。

 

    宮本浩次さんのように歌うポイント

ポイント

    強い閉鎖系の高音ミックスボイスを習得する  

 

ますは、これが一番重要ですね。

では書いていきたいと思います。

 

地声からのアプローチで高音を開発していく

宮本浩次さんの高音もミックスボイスなのですが、かなり地声性質です。

 

もともと声質が似ている人なら、ミックスボイスの練習をするだけで近づくでしょうが、普通の人だとそうはいきません。

ミックスボイスを開発しようとすると、どうしても声帯の閉鎖感が先行してしまい、宮本さんの歌声時からは遠ざかっていってしまいます。

 

宮本さんの高音はもちろん声帯の閉鎖があるのですが、ハスキーな性質の分閉鎖しきれず、いい感じに開いています。

これを普通の声の人が寄せていくには、地声から高音を開発していく方がいいでしょう。

 

多少、がなる感じや無理に出す感じがあっても、その方が宮本浩次さんの歌い方に近いはずです。

地声からの高音開発は声帯に負荷がかかる分きついです。

 

閉鎖系ミックスボイスは「ネイ」「ヤイ」トレーニング

強いミックスボイスを手に入れるボイストレーニング〜「ネイ」「ヤイ」トレーニング〜

今回は強いミックスボイス・声帯閉鎖系の高音を手に入れるトレーニング「ネイ」・「ヤイ」トレーニングについて書いていきたいと思います。   特に鳴りの強い声や閉鎖系の声を鍛えるのにいいトレーニン ...

続きを見る

 

地声での音階練習

だいたい歌手の歌声に寄せるためにはミックスボイスの練習になるのですが、今回は地声からの高音拡張です。

単純にピアノを使っての音階練習でいいと思いますが、必ず地声で押し通すことです。

 

自分の地声の限界から2音くらい上がったと感じるようになったらそこからミックスボイスの練習をするといいと思います。地声の感覚が強くなっているはずですから。

 

太い・強いミックスボイスはグッグトレーニング

グッグトレーニング|強いミックスボイスや太いミックスボイスのボイストレーニング

今回はボイストレーニングでは「グッグトレーニング」について書いていきたいと思います。 世界的に有名なボイストレーナーのロジャー・ラブ氏の著書にあるトレーニングで有名なグッグトレーニング。 グッグトレー ...

続きを見る

 

エッジボイス

エッジボイスで声帯閉鎖のコントロールをしっかりとできるようになることも重要です。

特にシャウト系の発声というのはエッジボイスの声帯閉鎖の延長線上にあります。

 

エッジボイスについて詳しくはこちら

【エッジボイス】で声帯閉鎖を鍛えてミックスボイスをコントロール

今回は「エッジボイス」について書いていきたいと思います。 エッジボイスというのは聴き慣れない方もいると思いますが、声の出し方の名称であり、ボイストレーニングにもなります。 エッジボイスはこんな方におす ...

続きを見る

 

シャウト系の発声について

シャウト系の発声は練習してい人はしても良いでしょうが、やはり少し喉に無理が生じますね。

やりたい人はやれば良いのです!

 

シャウト系の発声について詳しくはこちら

シャウト系の発声の仕方について

今回はシャウト系の発声について書いていきたいと思います。 シャウト系の発声は歌の中で強烈なインパクトを与えるものですよね。   まぁ気持ちとテンションでシャウト系の発声はある程度できるのです ...

続きを見る

 

まとめ

宮本浩次さんのように歌うには

  • 強い地声系の高音ミックスボイスを習得する

ですね。

声質が似ている人ならいいのですが、やはり普通の声の場合いかに地声の成分を強めていくかが大きなカギになります。






-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.