歌声解説 男性シンガー

amazarashi 秋田ひろむの声や歌い方についての分析

投稿日:2018年2月23日 更新日:

今回はamazarashiのボーカル、秋田ひろむさんの歌声・歌い方についての分析です。

話し声の特徴

話し声の音域はやや低めくらいの音域

音域的にやや低めの声帯を持っているように思います。

 

話し声の声質はカラッとしたエッジ感のある「息」と「鳴り」の混ざり合った声質

声帯を省エネで鳴らすような感じでカラッとした「エッジボイス」と「息っぽさ」が交互に来るような混ざり合ったような声質を持っていますね。

持っている声帯

やや低めの音域・息っぽくもエッジ感のある声質

歌声の特徴【発声方法】

チェストボイス(地声)

低中音域は地声(チェストボイス)。

基本的には話し声同様に息っぽさの混じった声質の発声を使うことが多いです。

 

息の成分(倍音)が多いのですが、時折ザラッとした声帯の鳴りの成分が入っています。

このザラッとした鳴りは声帯を鳴らす時に鳴りやすく、少し特殊な鳴りを持つ声です。

 

地声

 

ミドルレンジ(地声)

地声の中高音発声。

太い響きを作ってパワフルな鳴りの中高音発声です。

 

声帯に強い息の圧力をかけることで強い鳴りの発声を生み出しています。秋田ひろむさんの声は強く声帯を鳴らすとザラッとした鳴りの倍音成分が強まります。

 

ミドル域ではかなりその成分が強くなり独特のザラッとしたようなガラッとしたような声質を作り上げています。

咽頭共鳴をしっかりと保つので、太い響きの音色になっています。

中高音

 

ファルセット(裏声)

高音域は裏声(ファルセット)。

高音の抜きどころで使うことが多いですね。息の多いさらりとした澄んだファルセットです。

ファルセット

歌い方

共鳴や音色

秋田ひろむさんの声の特徴は深い響き(咽頭共鳴)が特徴です。

深みのある響きは太い音色やパワフルな音色を作り出します。

 

ビブラート

フレーズにもよりますが、基本的にビブラートはそこまでかけるタイプではないですね。

 

フレージング・歌い回し

独特の語るような歌い回しとパワフルな表現力が魅力的な歌い方です。

 

どういう練習をすれば秋田ひろむさんのように歌えるか

秋田ひろむさんのように歌うポイント

ポイント

太い高音発声を身につける

これが重要でしょう。

太い高音発声を身につけるには

秋田ひろむさんの歌声は

  • 太い音色
  • 力強いザラついた倍音

みたいな部分が重要になるでしょう。

 

太い発声を身につけるには「グッグトレーニング」が最適です。

グッグトレーニングは特に高音域まで太い声質を維持したいときにとてもいい練習になります。

 

そこに特殊なザラッと・ガラッとした声帯の鳴りがあるのですが、これは個人個人の持っている声帯の要素が大きいので真似したくてもできないかもしれませんね。

 

ただ理屈的には声帯を息の圧力で押しのけて割れるようなニュアンスの鳴り方をしています。

 

エッジボイスなどで声帯閉鎖を鍛えてそこに強い息を通して声を割るような練習をすると近づけるかもしれません。

また、太い音色は咽頭共鳴をも大きく影響しています。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.