歌声解説 歌声解説 男性シンガー

Mr.Children 桜井和寿の歌い方・歌唱力 声帯閉鎖の強いミックスボイスが倍音を生み声量を生む【歌声解説】

投稿日:2017年11月28日 更新日:




今回は大人気バンドMr.Childrenの桜井和寿さんについて書いていきたいと思います。

Mr.Childrenと言えば日本の音楽界のトップに常に君臨している大人気バンドですよね。

 

その楽曲はもちろんのことながら、詩の世界観、歌声は唯一無二の存在です。

やはり桜井和寿さんという天才がミスチルというバンドをここまで大きくしたと言えるでしょう。

今回はそんな桜井和寿さんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めでナチュラルな声帯閉鎖感がある

桜井和寿さんは地声はやや高めです。あまり高さを感じる声ではないのですが、音域としては高いです。

なぜ高さを感じさせないかというと、独特の声帯閉鎖感があるからです。

 

声帯を閉鎖させて喉を鳴らしているような感じです。

あまり息を必要としないような声ですね。もちろん息も流れてはいますが、閉鎖の方が強いです。

閉鎖感が低さを感じさせるのですが、地声からやや高めの音域です。

 

歌声は閉鎖の強いミックスボイス

歌声は主に3種類ですね。

地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類ですね。

主にミックスボイスを使うことが多いです。基本的に一本の声質で歌うタイプです。

 

低中音域は地声を使っています。地声は低音域から閉鎖の鳴りの強い声を使うことが多いです。息を使う発声をするときもあるのですが、基本的に閉鎖の倍音が低音域からしっかりと鳴ります。

 

閉鎖の具合はかなり強くエッジボイスの延長線上くらいの閉鎖のニュアンスを柔らかくコントロールしています。

普通の人が真似をすると結構しんどいくらいの閉鎖感を出しています。が、桜井さんは問題なく閉鎖させた声をコントロールします。

 

この地声は性質がミックスボイスと同じニュアンスなので声の切り替えはほとんどわかりませんね。息を使ったニュアンスの時に地声を使っているなとわかることがあるくらいですね。桜井さん自身もそこまで意識してないかもしれませんね。

 

中高音域はミックスボイスを使っています。このミックスボイスも地声の性質と同じように声帯閉鎖感の強いミックスボイスです。閉鎖系・母音系の倍音がかなり強く鳴る声です。

 

声帯閉鎖による閉鎖の倍音の強さはトップクラスなのではないでしょうか。ジリジリとした倍音がものすごく鳴る声です。

また、少し浅めの響きで口は横方向への開きが強く、明るい響きのあるミックスボイスです。

 

声帯を閉鎖させた状態のまま、しっかりと音を鳴らし続けるのは相当難しい技ですね。本人の才能はもちろんあるでしょうが、喉のコントロールを相当練習しないとできないでしょうね。

 

さらに高音域はファルセットを使います。

このファルセットは非常に綺麗な鳴りをしています。地声やミックスボイスのジリジリとした倍音とは違い綺麗に抜けるファルセットで、あまり使われはしないですが音色は非常に美しいです。

 

桜井和寿さんの歌声の鍵は閉鎖系の声を低音域から高音域までコントロールすることですね。

 

実際の歌声から解析

「名もなき詩」でわかる声の均一な性質

黒字:地声

赤字:ミックスボイス

 

あるがま〜ま〜のここ〜ろで〜

 

いかに地声とミックスボイスの声質が同化して繋がっているかがわかるようなフレーズですね。

 

普通に聞くと全部地声とも取れるし、全部ミックスボイスとも取れるニュアンスの作り方です。ミックスボイスの声質に地声を寄せているような感じでしょうか。

 

「君が好き」でわかる地声

 

わかりやすい地声はこちらです。

最後のフレーズ「自販機で二つ缶コーヒーを買って」は全て地声ですね。それ以外はほとんどミックスボイスです。

地声の音域にはほんの少し息が混ざるようなニュアンスになります。少し閉鎖感が弱まるのですね。

 

「365日」でわかるファルセット

 

黄色マーカー:地声

ミックスボイス:黒字

ファルセット:赤字

 

こちらはわかりやすいファルセットです。

 

途中のフレーズ

 

ことばをもたぬブレター

こころのなかのキャンドルにふぅーっとかぜがふいても〜

 

単音だけ切り替える非常に難しいファルセットを綺麗に切り替えて綺麗にミックスボイスに戻ってくるのはさすがの一言です。

 

そして後半のフレーズ。瞬間的に地声のようなニュアンスが垣間見えます。「っとかぜ」のところですね。

「ふぅー」の優しい綺麗なニュアンスを崩さないようにそのあと息っぽい地声を入れることで柔らかさを保っています。

 

すごい歌唱力です。

 

どういう歌い方か

ビブラートは深くかける時とまっすぐ歌う時と臨機応変に使い分けている感じです。

フレーズに対しての字数の詰め込みかたや伸ばし方が絶妙なのが特徴的ですね。すごく詰め込んだり、伸ばしたりとある意味トリッキーなフレージングを閉鎖的な声でガツンと届けるからオンリーワンなのでしょう。

 

語尾で音を跳ね上げたり、声帯閉鎖を解いて息を混ぜたりと、語尾のニュアンスの作り方も非常に情感のある歌い方です。

 

全体を閉鎖系の鳴りの強い声で歌うのでピッチのコントロールも難しそうですが、ピッチ感も非常にいいです。

 

どういう練習をすれば桜井和寿さんのように歌えるか

桜井和寿さんのように歌うにはもちろん、たくさんの練習が必要です。

しかし、要点を押さえていくことで近づくてための近道になりますし、練習方法もしっかりと決めることができます。

 

桜井和寿さんのように歌うポイント

ポイント

強いミックスボイスを身につける

エッジボイスで声帯閉鎖を完璧にマスターする

 

これが重要です。

では書いていきたいと思います。

 

強いミックスボイスは「ネイ」「ヤイ」トレーニング

桜井和寿さんの歌声を身につけるにはまず、強いミックスボイスが必要です。

強いミックスボイスを手に入れるには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。

特に桜井さんのように閉鎖が強い声に最適です。

このトレーニングはその名の通り「ネイ」と「ヤイ」で発声するトレーニングです。

 

「ネイ」「ヤイ」トレーニングについて詳しくはこちら

強いミックスボイスを手に入れるボイストレーニング〜「ネイ」「ヤイ」トレーニング〜

今回は強いミックスボイス・声帯閉鎖系の高音を手に入れるトレーニング「ネイ」・「ヤイ」トレーニングについて書いていきたいと思います。   特に鳴りの強い声や閉鎖系の声を鍛えるのにいいトレーニン ...

 

エッジボイスで声帯閉鎖を身につける

桜井さんのような閉鎖感のある声を身につけるにはエッジボイスの練習が最適です。

エッジボイスは声帯の閉鎖をコントロールする練習です。

 

桜井さんの声の出し方はエッジボイスの延長線上にある声の出し方ですね。

エッジボイスの練習に注意点は喉に力を入れてはいけないところです。

喉に力を入れてしまうと途端に喉がしまっている印象を与えてしまいます。

喉はリラックスして締めていいところだけを締めるのがエッジボイスの練習です。

 

エッジボイスについて詳しくはこちら

【エッジボイス】で声帯閉鎖を鍛えてミックスボイスをコントロール

今回は「エッジボイス」について書いていきたいと思います。 エッジボイスというのは聴き慣れない方もいると思いますが、声の出し方の名称であり、ボイストレーニングにもなります。 エッジボイスはこんな方におす ...

 

ベルティング発声について

地声のように聴こえる強い高音域の音をベルティング発声と言います。

これは強い高音発声でほとんどの人が目指す声です。

 

ベルティング発声について詳しくはこちら

「ベルティング発声・唱法」のやり方・解説|ベルティングはミックスボイス?

今回はベルティング発声・ベルティングボイスというものについて書いていきたいと思います。 このベルティングボイスはミックスボイス同様になんだか定義がふわふわしているものです。   日本ではあま ...

 

まとめ

桜井和寿さんのように歌うには強いミックスボイスと声帯の閉鎖が重要です。

もちろんそれ以外にも要素はたくさんあるのですが、この二つを押さえていけばある程度寄せることができるでしょう。

  • 強いミックスボイスを手にいれる
  • エッジボイスで声帯閉鎖を完璧にマスターする
created by Rinker
¥2,789 (2018/11/17 19:24:23時点 Amazon調べ-詳細)






-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.