【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

歌声解説 男性シンガー

Mr.Children 桜井和寿の声や歌い方についての分析

投稿日:2017年11月28日 更新日:

今回は大人気バンドMr.Childrenの桜井和寿さんの歌声について書いていきたいと思います。Mr.Childrenと言えば日本の音楽界のトップに常に君臨している大人気バンドですよね。

その楽曲はもちろんのことながら、詩の世界観、歌声は唯一無二の存在です。やはり桜井和寿さんという天才がミスチルというバンドをここまで大きくしたと言えるでしょう。もちろんバンドメンバーも最高です。

今回はそんな桜井和寿さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めでナチュラルな声帯閉鎖感がある

地声・話し声は普通〜やや高めの音域です。あまり高さを感じる声ではないのですが、音域としては普通〜やや高めくらいの音域の声帯を持っているように感じます。

話し声自体は歌声ほどの声帯閉鎖はないのですが、声帯は閉鎖しやすい(鳴りやすい)声質をしています。

カラッとしたようなザラッとしたような鳴り(声帯の)が常に声の中に含まれていますね。大前提声帯は鳴りやすいのですが、話しているときは息っぽく話すような話し方をさせることも多いです。つまり、「閉鎖しやすい・鳴りやすい声帯だがその中で息っぽく話している」ような印象を受けます。なので優しい印象を生み出すような話し声をされています。

話し方自体はどうあれ、もともと声帯が鳴りやすい喉を持っているのでしょう。

歌声は閉鎖の強いミックスボイス

歌声は主に3つの声区を使っています。地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類ですね。主にミックスボイスを使うことが多いです。基本的に一本の声質で歌うタイプです。

低中音域は地声を使っています。地声は低音域から閉鎖の鳴りの強い声を使うことが多いです。息を使う発声をするときもあるのですが、基本的に声帯閉鎖による声帯の鳴りの倍音が低音域からしっかりと鳴ります。

閉鎖の具合はかなり強くエッジボイスの延長線上くらいの閉鎖のニュアンスを柔らかくコントロールしています。

普通の人が真似をすると結構しんどい(喉を鳴らすので)くらいの閉鎖感を出しています。が、桜井さんは問題なく閉鎖させた声をコントロールします。この地声は性質がミックスボイスと同じニュアンスなので声区の切り替えはほとんどわかりませんね。

地声

前半地声、後半ミックスボイス。

オクターブ上のハーモニーが主旋律と同じ音量レベルなので主旋律がわかりづらいですが、オク下の主旋律は地声域。

低い音域帯であっても息系の声にせずに声帯をしっかりと鳴らすのが特徴です。

中高音域はミックスボイスを使っています。このミックスボイスも地声の性質と同じように声帯閉鎖感の強いミックスボイスです。閉鎖系・母音系の倍音がかなり強く鳴る声です。単純に声帯を強く鳴らす発声です。

この声帯閉鎖による閉鎖の倍音の強さはトップクラスなのではないでしょうか。ジリジリ・チリチリとした倍音がものすごく鳴る声です。しっかりと閉鎖させるため、少し浅めの響きで口は横方向への開きが強く、明るい響きのあるミックスボイスです。声帯を閉鎖させた状態のまま、しっかりと音を鳴らし続けるのは相当難しい技ですね。本人の才能はもちろんあるでしょうが、喉のコントロールを相当練習しないとできないでしょうね。

ミックスボイス

さらに高音域はファルセットを使いますね。このファルセットは非常に綺麗な鳴りをしています。地声やミックスボイスのジリジリとした倍音とは違い澄んだ音色で綺麗に抜けるファルセットで、使用頻度がすごく多いわけではないですが音色は非常に美しいです。低中音域との声質の変化がより一層美しさを感じる要因かもしれませんね。

ファルセット

どういう歌い方か

閉鎖系の重たい声質で響きは明るく

桜井さんの歌い方自体は明るい響きが多いですね。共鳴は鼻腔や軟口蓋など上方向への響き中心で、浅く明るい音色中心です。ただ、声質自体が非常に重たい音色をしているので、桜井さん独特の表現を生み出しているように感じます。優しい歌声から強い張り上げるような歌声まで表現は様々です。

ただ、ピッチ感リズムがいいので音楽的には美しいです。ビブラートも使い分けています。基本的にはあまりかけずにまっすぐに歌いブレーキの効いた歌い方が主流ですが、時に若干ビブラートをかけたりもしています。

ビブラート

「ふぉーえーーーば〜〜〜〜」などです。このフレーズ内では語尾に若干かけていることが多いです。

どういう練習をすれば桜井和寿さんのように歌えるか

桜井和寿さんのように歌うにはもちろん、たくさんの練習が必要です。しかし、要点を押さえていくことで近づくてための近道になりますし、練習方法もしっかりと決めることができます。

桜井和寿さんのように歌うポイント

ポイント

強いミックスボイスを身につける

エッジボイスで声帯閉鎖を完璧にマスターする

これが重要です。では書いていきたいと思います。

強いミックスボイスは「ネイ」「ヤイ」トレーニング

桜井和寿さんの歌声を身につけるにはまず、閉鎖系の強いミックスボイスが必要です。強いミックスボイスを手に入れるには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。特に桜井さんのように閉鎖が強い声に最適です。このトレーニングは強い鳴りの高音発声を脱力を促しながらトレーニングできます。

喉が締まり過ぎる人はグッグトレーニングで喉を開くようなアプローチの練習もいいかもしれません。

ベルティングボイスの練習も強い高音発声の練習になります。声帯閉鎖が強すぎて声が尖り過ぎるなど、歌声を少し柔らかくしたい場合はリップロールのトレーニングが最適です。

エッジボイスで声帯閉鎖を身につける

閉鎖感のある声を身につけるにはエッジボイスの練習が最適です。エッジボイスは声帯の閉鎖をコントロールする練習です。

桜井さんの声の出し方はエッジボイスの延長線上にあるくらいの閉鎖の鳴りを持った声の出し方ですね。エッジボイスの練習に注意点は喉に力を入れてはいけないところです。喉に力を入れてしまうと途端に喉がしまっている印象を与えてしまいます。喉はリラックスして締めていいところだけを締めるのがエッジボイスの練習です。

まとめ


桜井和寿さんのように歌うには強いミックスボイスと声帯の閉鎖が重要です。

桜井和寿さんのように歌うポイント

ポイント

強いミックスボイスを身につける

エッジボイスで声帯閉鎖を完璧にマスターする

もちろんそれ以外にも要素はたくさんあるのですが、この二つを押さえていけばある程度寄せることができるでしょう。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことがあ ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.