歌声解説 男性シンガー

Mr.Children 桜井和寿の歌声や歌い方の分析

投稿日:2017年11月28日 更新日:

Mr.Childrenと言えば日本の音楽界のトップに常に君臨している大人気バンドですよね。

その楽曲はもちろんのことながら、詩の世界観、そして歌声は唯一無二の素晴らしさですね。魅了されている方も多いと思います。

 

今回はそんなミスチルの桜井和寿さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通〜やや高めの音域で、柔らかい鳴り系の声質

音域

地声・話し声は普通〜やや高めの音域です。

音域としては普通〜やや高めくらいの音域の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は声帯が鳴りやすい鳴り系の声質です。

ジリジリとした倍音が鳴りやすい声帯を持っていると思います。

 

ただ大前提声帯は鳴りやすいのですが、話しているときは息っぽく話すような話し方をされることも多いですね。つまり、「鳴りやすい声帯だがその中で息っぽく話している」ような印象を受けます。

 

共鳴

共鳴は上方向(鼻腔や軟口蓋)へ響きやすい喉を持っているように思います。

 

歌声は鳴りの倍音が圧倒的に強い発声

地声

低中音域は地声

地声は低音域から鳴りの強い声を使うことが多いです。

 

息を使う発声をするときもあるのですが、基本的に声帯の鳴りの倍音が低音域からしっかりと鳴るのが特徴です。

かなり強い鳴りでエッジボイスの延長線上くらいのニュアンスを柔らかくコントロールしていますね。この鳴りのチリチリ/ジリジリとした倍音成分が非常に強いので、人の耳にものすごく届くと思います。

 

この倍音の多さが多くの人に支持される理由の一つでしょう。

 

地声

しっかりと鳴る独特な鳴り。ジリジリ。

息系の地声域も時々使います(裏声もある。綺麗。)↓

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス)

 

このミドルレンジも地声の性質と同じように鳴りの強い声質です。

 

強く鳴る中高音の倍音は圧倒的ですね。ジリジリ・チリチリとした倍音がものすごく鳴る発声です。

一定の声帯閉鎖感を保ちつつ声帯に強い息の圧力をかけることで、力強い高音域をハイトーンまで歌い上げています。

 

ミドル

高音域まで柔軟に伸びます。

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

このファルセットは非常に綺麗な鳴りをしています。

 

地声やミックスボイスのジリジリとした倍音とは違い澄んだ音色で綺麗に抜けるファルセットで、使用頻度がすごく多いわけではないですが音色は非常に美しい音色です。

 

低中音域との声質の変化がより一層美しさを感じる要因かもしれませんね。

 

ファルセット

「あた〜まのどこかで」「わすれえぬひとがそ〜っとほほえんでいて」

これはわかりやすいですね↓

 

歌い方

共鳴や音色

共鳴は鼻腔や軟口蓋など上方向への響き中心で、浅く明るい音色中心です。

 

声の方向性は斜め上方向主体ですが、フレーズ次第では時々下方向へ落っことすような響きも使っています。

 

現在はそうでもないですが、昔の歌い方は『気だるい』ニュアンスみたいな感じがありますが、こういうニュアンスは咽頭腔や口腔にあまり空間を作らずに鼻腔中心に声を当てることで生まれます。

 

上方向へ声が強く当たっています。

 

ビブラート

ビブラートも使い分けています。

 

基本的にはあまりかけずにまっすぐに歌いブレーキの効いた歌い方が主流ですが、時に若干ビブラートをかけたりもしています。

 

ビブラート

「ふぉーえーーーば〜〜〜〜」などです。このフレーズ内では語尾に若干かけていることが多いです。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

とにかく表情豊かな歌い回し、表現力の持ち主ですね。

優しいフレーズから激しいフレーズまで多彩に歌い上げています。

 

倍音が多い声質が人に耳に届きやすいという音色的な面も感動を生み出す要因の一つではあるのでしょうが、それ以上に些細な語尾のニュアンスだったり、言葉につける温度のようなものの付け方が非常に上手いですね(わかりにくくてすみません。笑)

 

声の演技力みたいなものにも長けているのが桜井さんですね。

もちろんピッチ感やリズム感も素晴らしいです。

 

どういう練習をすれば桜井和寿さんのように歌えるか

桜井和寿さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になるはずです。

 

桜井和寿さんのように歌うポイント

ポイント

強い鳴りの発声を身につける

エッジボイスで声帯の鳴りを鍛える

これが重要です。

では練習方法を紹介します。

強い鳴りの発声を身につける

桜井さんのように歌うにはまず高音域まで強い鳴りの高音発声をすることが必要になるでしょう。

 

ただし、桜井さんは元々比較的鳴りやすい声帯を持っていてのあの発声です。

自分の持っている声を考慮しながら練習することも必要だと思います。

 

強い鳴りの高音トレーニング

強い鳴りの高音トレーニングは「ネイ」「ヤイ」トレーニングがおすすめです。

このトレーニングは強い鳴りの高音発声を脱力を促しながらトレーニングできます。

 

特に桜井さんのような発声の特徴

  • 鳴り系
  • 高音
  • 上方向で明るい音色

には最適なトレーニンだと思います。

 

喉が締まり過ぎる人はグッグトレーニングで喉を開くようなアプローチの練習もいいかもしれません。

 

エッジボイスで声帯の鳴りを鍛える

桜井さんのような鳴り系の発声をコントロールするにはエッジボイスの練習もオススメです。

エッジボイスは声帯をコントロールする練習になります。

ただ、単純に桜井さんの真似をしようとするとおそらく喉を締めてしまうでしょうから、喉は締めずに声帯をうまく締めるみたいなところを意識するといいと思います。

 

各種ボイトレ方法はこちら

ボイトレ一覧

発声方法・テクニックはこちら

発声・スキル

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.