【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌声解説 男性シンガー

鈴木雅之の歌声や歌唱力について【深みと倍音豊かな発声】

更新日:

鈴木雅之さんといえば高い歌唱力で多くの人を魅了しているシンガーですよね。

 

何と言ってもその歌唱力!歌声!本当に歌が上手いですよね。

魅了されている方も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんな鈴木雅之さんの歌声について

鈴木雅之さんの声の特徴【持っている声帯】

まずは鈴木雅之さんの話し声の特徴を大枠で捉えましょう。

  • 話し声の特徴≒どんな声帯を持っているのか

を掴むことは発声を分析するベースになります。

地声・話し声はやや低めの音域で、息の成分が多い声質

音域

地声・話し声の音域はやや低めの音域です。

やや低めの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は息の成分が多く深みある声質です。

声帯も柔らかく鳴っているのですが、それ以上に息の成分が非常に多く息の倍音が多い声質です。声帯の鳴りよりも息の倍音が多い声質と言えるでしょう。

 

共鳴

喉の空間が広く深みのある声が生まれています。

共鳴は偏りなくフラットな感じですが、鼻腔の空間が広い印象を受ける深みある声ですね。

 

持っている歌声

やや低めくらいの音域・息の成分が多い声質

 

鈴木雅之さんの歌声の分析【発声方法】

歌声は独特の深みある歌声

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミドル(≒ミックスボイス)
  • ファルセット(ヘッド)

 

地声

低中音域は地声系の発声

話し声同様に息の成分が多い声質です。

もちろん声帯もバランス良く鳴っていますが、息が先行するような声質を使うことが多いです。

 

ただ、鈴木雅之さんの歌声はそこまで息っぽさを感じることはないと思います。

これは独特の深みある発声がそうしているように感じます。

 

共鳴の空間・喉の空間が広く個性的な深みや共鳴を生み出しているように思えます。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス。地声の延長線上の中高音発声。

低音域の地声の発声に比べると鳴りの成分が強くなります。

 

声帯に強めに息の圧力をかけて、高音域を出しているのがわかります。

地声域から自然に声区変化させています。

 

強く鳴らす時や唸るようなニュアンスを出す時などで使うことが多いです。

 

ミドル

後半部分。

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

綺麗に抜けるバランスの良いファルセットです。

喉の作りからファルセットも独特の深みあるファルセットに感じます。

 

このファルセットが非常に綺麗なのも鈴木雅之さんの上手さの一つですね。

 

ファルセット

 

鈴木雅之さんの歌い方の傾向

共鳴や音色

鈴木雅之さんの独特の共鳴は骨格的な面などの影響も当然あるでしょう。

 

鼻腔あたりが広いようなそんな印象を受ける声です。

当然ながら咽頭共鳴(下方向の響き)もあり、喉の空間の太さを感じます。

 

この共鳴が鈴木雅之さんの個性を作っているように感じます。

 

ビブラート

ビブラートは綺麗にかけるタイプです。

歌声の安定感を生み出しています。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

滑らかなフレーズからリズミカルなフレーズまで自在にコントロールする素晴らしい歌唱力です。

リズム感やピッチ感も非常いいです。

 

鈴木雅之さんの歌声に近づくためには

鈴木雅之さんのように歌うにはかなり多くの練習が必要です。

しかし、ある程度要点を絞っていけば、近づく近道になります。

 

鈴木雅之さんのように歌うポイント

ポイント

上下の共鳴コントロールする

 

これが重要です。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

上下の共鳴をコントロールする

鈴木雅之さんは上下の共鳴コントロールが非常に美しいので、ここを鍛えていきましょう。

  • 上方向への共鳴(鼻腔や軟口蓋)
  • 下方向への共鳴(咽頭腔)

両方とも声を当てる方向性を頭の中で意識するだけでも変わってきます。

 

上方向

鼻腔共鳴を鍛えるにはハミング練習がおすすめです。

 

ハミング練習は『M』の発音と『N』の発音の2種類あるので、使い分けて練習しましょう。

共鳴のトレーニングはあくまで最適化するだけで、共鳴空間が増えるわけではないのでそこは注意しましょう。

 

下方向

下方向への響き(咽頭共鳴)を身につけることで、深みのある太い発声が出せるようになります。

鈴木雅之さんの場合は元々の話し声から深みある発声なので羨ましいですね。

 

咽頭共鳴の練習方法はこちら

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.