【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌声解説 男性シンガー

西城秀樹の歌声や歌唱力について【深い共鳴の力強い発声】

更新日:

今回は西城秀樹さんの歌声について書いていきたいと思います。西城秀樹さんと言えば、圧倒的な歌唱力と唯一無二の存在感で圧倒的人気の大スターですね。

 

なんといっても歌唱力。あの迫力から「絶唱型」と呼ばれていたそうですね。

「絶唱型」というと息も絶え絶えに全力で歌っているような言葉のイメージですが、言葉のイメージとは裏腹にものすごく声をコントロールしています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通くらいの音域で、ザラッとした鳴り系の声質

音域

地声の音域は普通くらいの音域です。

音域的には普通くらいの音域の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質はザラッとした鳴り系の声質です。鳴り系の声質なのですが、どこか息の空気感もあるような声質です。

ハスキーボイスではなのですが、ザラッとした少し特殊な鳴り方の声質を持っています。

 

持っている声帯

普通くらいの音域・ザラッとした鳴りの声質

 

西城秀樹さんの歌声の分析【発声方法】

歌声は太い響きの発声が特徴的

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミドル(≒ミックスボイス)

 

地声

低中音域は地声

バランス良く息が流れる発声を使うことが多いですね。

もちろんフレーズによるのですが、息の倍音がしっかりと乗った息が綺麗に流れる発声です。高音に行くにつれて鳴り系の声を使うことが多いです。

 

深い発声が特徴的な西城秀樹さんですが、低音域帯は高音域帯に比べて深めの響きを作らないので、より一層高音域帯の太さが際立ちます。

 

普通は逆の響きで作ることが多いですね。

低音域は深く、高音域は上方向へ響かせる。

そちらの方が簡単というか、構造上そうなりやすいのですね。

高音域帯で深い響きを作るのは非常に難しいのです。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス。地声の延長線上の中高音発声。

太く強い鳴りの発声です。

 

さらに若干特有のハスキーな倍音がザラッと乗っているので、非常に個性的で深い響きのミドルを生み出しています。太い綺麗な鳴りの発声からシャウト気味な少し声帯を割るような発声まで使いこなしています。

 

特徴的なのはやはり深い響き(咽頭共鳴)ですね。高音域でありながら非常に深く下方向へ響くので、太い鳴りのパワフルな声を生み出しています。

 

このような強く太い発声で歌うことが多いことから「絶唱型」という風に言われていたのでしょうね。

特に当時はそういう風に歌う人があまり多くなかったと言われています。

 

今ではこういう発声も主流の一つですが、西城秀樹さんほど太く深い共鳴の高音域をコントロールして芸術的に鳴らしている人はそうはいないような気がします。

歌えているのと歌いこなしているのは違うというところでしょう。

 

ミドル

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

高音域になるにつれて膨らむような咽頭共鳴(下方向への響き)が特徴です。

強い高音域で深みのあるパワフルな音色と低中音域の優しい音色作りが特徴です。

 

高音で膨らむ咽頭共鳴

 

さらに空気を鼻に抜くような独特なニュアンスがあるのも西城秀樹さんの大きな特徴です。

深い下方向への音色が特徴的ではあるのですが、随所に鼻抜けのニュアンスがあり音色の上下の広がりを一層感じる音色の作り方です。

 

鼻に抜けるようなニュアンス

中盤「ふたりの心は」終盤「ときを戻せたら〜」などわかりやすいです。

 

ビブラート

何と言っても特徴的なのが、かなり深くやや細かいビブラート(音はしっかりと揺らし、揺らすスピードは速め)です。

 

このビブラートを低音域だろうが高音域だろうが綺麗にかけています。

特に高音域帯のビブラートは、西城秀樹さんの歌声とすぐに認知できそうなほど印象的ですね。

 

ビブラートは高音域でかけるのが難しいものです。

 

低音域は比較的自由にビブラートをコントロールできるのですが、高音域はどんな人であれ低音域よりは緻密なコントロールが必要です。

その上でビブラートをかけるということは、それだけ声帯を自由にコントロールすることが必要がありますね。

 

このビブラートがより一層高音域の深みやパワフルさを膨らませているように感じます。

高音域帯のパワフルな深いミックスボイスにビブラートをかけたあの声こそ西城秀樹さんだけの圧倒的武器という感じがします。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

歌に躍動感があるのが特徴です。

リズム感と強弱のコントロールと響きのコントロールが非常にうまいので躍動感がつくのですね。

「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」なんて楽曲自体はシンプルで簡単そうな楽曲ですが、西城秀樹さんじゃないとダメなんですよね。あの躍動感は出ないのです。

どういう練習をすれば西城秀樹さんのように歌えるか

西城秀樹さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

西城秀樹さんのように歌うポイント

ポイント

太い発声を身につける

深い響きを身につける

深いビブラートを身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を紹介します。

 

太い発声を身につけるには

太い発声を身につけるにはグッグトレーニングが最適です。

 

このトレーニングは強めの発声や太い発声(喉を開いたような)を身につけるのに最適です。

このトレーニングで強い高音域を身につけましょう。

 

深い響きを身につけるには

西城秀樹さんはかなり深く太い共鳴を持っています。

あそこまで共鳴させられる人もそうそういないでしょう。

 

深い響きとは下方向(咽頭や胸の方向へ)への響きですね。これは喉の開き方や特に喉仏の位置が重要になってきます。

喉仏の位置をコントロールすることで、例えば高音域でも深い響きの声を作ることができるのです。

 

深い響きを身につけるトレーニングはこちら

 

深いビブラートを身につけるには

深いビブラートを身につけると歌の安定感や増します。

というのも音程をまっすぐにピッチを「全くブラさずに」伸ばすというのは非常に難しいことなのです。機械出ない限りは難しいのですね。その結果まっすぐ伸ばすとピッチが微妙にずれたりしてしまいます。

 

それを防ぐためにの能動的に音程を揺らすことでピッチのブレを防ぎ、聴き心地をよくしているのがビブラートです。

ビブラートのトレーニングはこちら

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.