歌声解説 歌声解説 男性シンガー

西城秀樹の歌い方・歌唱力【歌声解説】

投稿日:2018年5月18日 更新日:

今回は西城秀樹さんの歌声について書いていきたいと思います。

西城秀樹さんと言えば、圧倒的な歌唱力と唯一無二の存在感で圧倒的人気の大スターですね。

なんといっても歌唱力。あの迫力から「絶唱型」と呼ばれていたそうですね。

 

日本中を魅了しているシンガーです。

今回はそんな西城秀樹さんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、若干のハスキーな性質

地声の音域はやや高めの音域です。高めと言っても高さを感じるほどでは無いですがやや高めです。

声質は若干ハスキーっぽい息が流れやすい声質をしていますね。これもはっきりハスキー系と言えるくらいのハスキーではなく、若干のハスキーというくらいの声質ですね。普通の声質です。

 

歌声は太い響きの強いミックスボイスメイン

歌声は深い響きの強いミックスボイスメインで歌っています。非常に深い響きで強く共鳴するミックスボイスをメインに使っています。喉の空間にミックスボイスを強く共鳴させて、迫力ある声を実現させています。

低音域は地声を活かしてナチュラルに歌う。中高音域は強いミックスボイス。時に声が割れるくらいのシャウト気味の発声を聞かせてくれます。

 

かなり強い発声で歌うことが多いことから「絶唱型」という風に言われていたのでしょうね。特に当時はそういう風に歌う人があまり多くなかったと言われています。

 

「絶唱型」というと息も絶え絶えに全力で歌っているような言葉のイメージですが、言葉のイメージとは裏腹にものすごく声をコントロールしていますよ。太く強いミックスボイスを完全にコントロールしています。

ここまでコントロールできる人もなかなかいないだろうというくらいに歌声を操っています。

 

どういう歌い方か

かなり深いビブラートが特徴的です。このビブラートを低音域だろうが高音域だろうが綺麗にかけることができます。

 

ビブラートは高音域でかけるのが難しいものです。低音域は比較的自由にビブラートをコントロールできるのですが、高音域はどんな人であれ低音域よりは緻密なコントロールが必要です。その上でビブラートをかけるということは、それだけ声帯を自由にコントロールすることが必要がありますね。

 

また歌に躍動感があるのも特徴です。リズム感と強弱のコントロールと響きのコントロールが非常にうまいので躍動感がつくのですね。

 

どういう練習をすれば西城秀樹さんのように歌えるか

西城秀樹さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

西城秀樹さんのように歌うポイント

  • 太いミックスボイスを身につける
  • 深い響きを身につける
  • 深いビブラートを身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

太いミックスボイスを身につけるには

太いミックスボイスを身につけるには「グッグトレーニング」が最適です。

このトレーニングは強めのミックスボイスや太いミックスボイス(喉を開いたような)を身につけるのに最適です。

このトレーニングで強い高音域を身につけましょう。

 

グッグトレーニングについて詳しくはこちら

ボイトレ「グッグ」トレーニングで強いミックスボイスに鍛える

 

ベルティング発声について

地声のように聴こえる強い高音域の音をベルティング発声と言います。

これは強い高音発声でほとんどの人が目指す声です。

ベルティング発声について詳しくはこちら

「ベルティング発声・唱法」のやり方・解説|ベルティングはミックスボイス?

 

深い響きを身につけるには

西城秀樹さんはかなり深く太い共鳴を持っています。あそこまで共鳴させられる人もそうそういないでしょう。

 

深い響きとは下方向(咽頭や胸の方向へ)への響きですね。これは喉の開き方や特に喉仏の位置が重要になってきます。

喉仏の位置をコントロールすることで、例えば高音域でも深い響きの声を作ることができるのです。

詳しくはこちら

深い響きのある声を身につけて、通る声を身につけるトレーニング 喉仏の位置が重要

 

深いビブラートを身につけるには

深いビブラートを身につけると歌の安定感や増します。というのも音程をまっすぐにピッチを「全くブラさずに」伸ばすというのは非常に難しいことなのです。機械出ない限りは難しいのですね。その結果まっすぐ伸ばすとピッチが微妙にずれたりしてしまいます。

それを防ぐためにの能動的に音程を揺らすことでピッチのブレを防ぎ、聴き心地をよくしているのがビブラートです。

詳しい練習法はこちら

ビブラートの練習方法|出し方は?喉を使う?横隔膜を使う?

 

まとめ

西城秀樹さんのように歌うポイントは

  • 太いミックスボイスを身につける
  • 深い響きを身につける
  • 深いビブラートを身につける

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。

アーティストの歌声解説一覧はこちら



オススメ記事

1

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。 変わったと言うより、少しずるい方法ですが。。  効果は抜群です。   ボイストレーニングは独学で ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本を書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学で独りでやっていくというのは難しいですよね。 「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。 グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリッ ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いて行きたいと思います。 ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。 いい声で話したいですよね。カラオケでうまく歌い ...

5

今回はミックスボイスについて書いていきたいと思います。 ミックスボイスというものについて多くの疑問を持っている人は多いと思います。   そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はど ...

-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.