歌声解説 歌声解説 男性シンガー

GLAY TERUの歌い方・歌唱力 ハスキーな性質のミックスボイス【歌声解説】

更新日:




今回は日本を代表するロックバンドGLAYのボーカルTERUさんについて書いていきたいと思います。

TERUさんといえばロックな歌からバラードまで幅広く歌い上げるシンガーであり、あの高音域は普通の男性が歌うのはなかなか大変ですね。

そんなすごい歌唱力を持ったTERUさんについて書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声と歌声がほとんど同じ性質でハスキー気味

TERUさんの声はもともとハスキー気味です。ガサガサとかカサカサっていう感じでもなのですが、声帯が擦れている感じが出ていてハスキーな声質をお持ちです。

なので話し声も音域は高めです。というより低いところにあんまりいけないはずです。

ハスキーな声質の人は低い音が苦手なのです。

ミックスボイスなのか?

おそらく本人の感覚ではほとんどが地声ですごい高い音域で張るところとかはミックスボイスなのだと思います。

亀田音楽学校という番組に出演していた時に、地声・ミックスボイス・ファルセットの違いを実演してくれていました。

この時かなり高いところまで地声で出していました。本人が地声といえば地声なのでしょう。笑

まぁ確かにミックスというよりはハスキーな特殊な声と言えますもんね。

あまり声の出し方どうこうじゃない個性的な声です。

どういう練習をすればTERUさんのように歌えるか

TERUさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

TERUさんのように歌うポイントは

  • 強い高音域ミックスボイスを身につける
  • 息の多い発声を身につける

この2つが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

「ヤイ」や「ネイ」の発声トレーニングで頭の後ろ側に響かせる練習

その名の通り「ネイ」や「ヤイ」の言葉で発声練習をするのです。

このトレーニングは強い高音域を開発するのに向いているトレーニングです。

響きが後ろの方や上の方に行きやすくなるのでこの言葉での音階練習などがおすすめです。

強いミックスボイスを手に入れるボイストレーニング〜「ネイ」「ヤイ」トレーニング〜

息の多い発声を身につけるには

息の多い発声を身につけるには「スー」「ズー」トレーニングが最適です。

このトレーニングは息と声を連動させる点や横隔膜を鍛える点で有効なトレーニングです。

「スー」「ズー」トレーニングで通る声を手に入れよう

ハスキーボイスになれるのか? 練習法はない。がそう聴かせる方法はある

下顎を固めた歌い方

TERUさんの歌い方の特徴として下顎中心で歌っています。

本来あまりここに力を入れるべきでないと声楽では習うのですが、かなり力が入っています。(ガチガチということではないですよ。)これは氷室京介さんの歌い方に近いですね。本人も大好きみたいなので影響されたのでしょう。

下顎に力を入れると口の中に空間を作りやすくなります。

気持ちアゴをしゃくるようにして歌を歌う練習をすると良いでしょう。

 

 

まとめ

TERUさんの声は地声要素が強くもともとの声質で決まってしまうような歌声なので、真似するのはなかなか難しいですね。

ですが諦めず、練習すれば必ず近づけるはず!

 







-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.