歌声解説 男性シンガー

GLAY TERUの声・歌い方・歌唱力についての研究

投稿日:2017年11月12日 更新日:

今回はGLAYのボーカル、TERUさんの歌声・歌い方・歌唱力についての研究分析です。

声質・発声方法について

話し声・持っている声帯の特徴

地声・話し声の音域は普通くらいの音域

声帯の音域のタイプはバリトン(男・中音)くらいだと思われます。

 

声質は少し特殊なハスキーボイス系の声質ですね。

息っぽくもあり、鳴りやすくもある特殊なハスキー。

ザラッとしたようなジャリっとしたような独特な成分(倍音)が声の中に含まれています。また、ハスキー特有の息漏れ感もあり、すごく個性的で特殊な声質ですね。

 

骨格や喉の作り的に鼻腔や咽頭腔などの共鳴が広い印象を受けます。

 

歌声の特徴

チェストボイス(地声)

低中音域

息の成分が非常に多い発声ですが、ニュアンス的には鳴りと息のバランスのいい発声で歌うことが多いです。

 

つまりハスキー系の声帯を持っているので息系の倍音を多く含んでいるということです。

特別息を多く含ませるようなニュアンスはないのですが、特殊な声帯なので声帯の鳴りの成分が少なく、息の倍音が多く漏れる感じですね。

 

この倍音の乗り方がエアリーで明るいシンセみたいな倍音の乗り方なんですよね。

まぁ非常に表現が難しい特殊な鳴り方の声である、ということです。

 

共鳴は喉の奥にしっかりと空間があり、共鳴していますね。

鼻腔や軟口蓋中心の上方向のニュアンスが強いです。

 

地声

 

ミドルレンジ(地声)

中高音域(≒ミドルボイス・ミックスボイス)

 

低中音域に比べると、強い息の圧力をかけて声帯を強く鳴らすようにして中高音を発声しています。

一般的な声質の人ならここで鳴りの倍音へと変換されるのですが、TERUさんの場合ハスキーな声帯を持っているので、鳴りの成分と同時にハスキーな息の倍音成分も漏れ出ていますね。

 

いくら鳴らそうと特殊なハスキー感のある鳴りを生み出しています。

 

ミドル


 

ファルセット(裏声)

高音域。

ファルセットもハスキー感のあるファルセットで息の成分が多いファルセットです。

 

ファルセットへの移行感が少ないのもTERUさんの声の特徴です。

声区の切り替えが滑らかな人でも声帯の使い方が移行する感じ(ニュアンス・声帯の動き)が出るのですが、 TERUさんはそれが少ないですね。これも特殊な声帯だからかもしれません。

 

とりあえず、切り替えが綺麗ということです。

 

ファルセット

 

どういう練習をすればTERUさんのように歌えるか

TERUさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

TERUさんのように歌うポイント

ポイント

強い高音発声を身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を紹介します。

 

強い鳴りの発声を身につける

まずはTERUさんの特殊な声帯の部分は置いておいて、音域面だけに焦点を絞ります。

するとやはり高音域帯を強く鳴らすような発声も多いので、ここを練習する必要がありそうです。

 

高音トレーニング

TERUさんのような強い鳴りの声量ある高音域を身につけるには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。

このトレーニングは声帯をしっかりと鳴らす強い発声でかつ余計な力を抜くトレーニングになります。

 

喉がしっかりと開いた状態での強い高音発声のトレーニングにはグッグトレーニングもいいですね。

高音域を脱力しながら開くような太い発声のトレーニングになります。

 

「ハスキーな声質」について

大前提理解しておかなければいけないのは、

ということです。

 

ハスキーボイスは声帯が細かい部分で綺麗に閉鎖せずに息っぽい鳴りになってしまったりするのですね。

TERUさんの声も非常に特殊でなかなか同じような声の人もいないだろうと思えるほどの声質です。

 

TERUさんの発声は地声要素が強くもともとの声質で決まってしまうような歌声なので、人によっては真似するのはなかなか難しいかもしれません。

一旦ハスキーな声質の部分は置いて、まずは高音域までミックスボイスを身につけることをお勧めします。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.