歌声解説 男性シンガー

サンボマスター 山口隆の声や歌い方についての分析

投稿日:2018年1月20日 更新日:

今回はサンボマスターのボーカル、山口隆さんの歌声・歌い方・歌唱力についての研究分析です。

話し声の特徴

地声や話し声の音域はやや高めくらいの音域

音域的にやや高めくらいの声帯を持っていると言えるでしょう。

 

声質はカサっとしたハスキーボイスタイプ

カサカサ・シャリシャリとしたようなかすれたハスキーな成分を多く持つ声質の声帯を持っていますね。

乾いたノイズ感(*いい意味で)の中にどこか透明感を感じるような声質です。

歌声の発声方法

チェストボイス(地声)

低中音域は地声(チェストボイス)

地声域はハスキー系の声質でウィスパーボイスっぽく歌うようなニュアンスが特徴的です。

もちろん楽曲次第でいろいろな歌い方をしていますが、息っぽくも柔らかく声帯を鳴らすような綺麗な声質を使っています。

地声

 

ミドルレンジ(地声)

地声系の中高音発声(≒ミックスボイス・ミドルボイス)。

特有のガリガリ・バリバリしたような声帯の鳴りの成分を持つ声です。

声帯を強く鳴らすとこの特徴的な成分(倍音)が鳴るのが山口さんの中高音域の特徴ですね。

 

シャウト系の発声という感じでしょうか。声が少しくらい割れようが御構い無しに鳴らすところが魅力です。

 

ミドル

 

ファルセット(裏声)

高音域は裏声(ファルセット)

そこまで多く使う発声ではないのですが、高音の抜きどころなどで使っています。

ハスキー感のあるファルセットを鳴らすのが特徴です。

 

ファルセット

歌い方

静と動・ダイナミクス

山口隆さんは低音域帯の柔らかさと高音域の強さの落差が大きいです。

こういう落差のある表現をダイナミクスがあると言ったりします。

 

低音域は囁くようなニュアンスで歌い、高音域は魂の叫びとも言えるくらい声をぶつけるくらいの歌い方ですね。

 

怒鳴るに近いような鳴らし方ですが、音程が結構しっかりしているので音楽的になっています。

感情を伝えるには技術が必要ですが、技術を超えた歌というものを感じさせてくれる気がします。

 

どういう練習をすれば山口隆さんのように歌えるか

山口隆さんのように歌うポイント

ポイント

息の多い低音域を身につける

シャウト系の発声を身につける

この二つが重要でしょう。

息の多い声を身につけるには

山口さんの低音域は息のニュアンスが強いです。

 

ドッグブレスを練習することで息の多い声を身につけることができます。

声に息が乗せられるようになってくると自然とウィスパーボイスはできるようになってきます。

 

声と息が連動するまでがなかなか大変ですが、しっかりと練習しましょう。

 

シャウト系の高音を身につける練習

シャウト系の発声練習はとても難しいです。

というのもシャウトというのは何も訓練していない人が出すとコントロールができずに音程が取れないことが多いです。

 

鳴りの強い発声を習得してから、そのあとで声帯で支えられないほどの息の圧力をかけていくというアプローチで練習していくのがいいと思います。

 

鳴りの強い発声は「ネイ」「ヤイ」トレーニングで練習しましょう

 

ただ、これを身につけただけではただ、強い高音が出せるだけですね。

シャウトしないと魂の歌声は出せませんよね。

 

そこでその強い発声の状態からのどの下の方から唸る練習をしましょう。

唸りというのは声帯に圧力がかかり声が割れてしまっている状態です。

この状態を色々な音域で練習することでシャウト系の発声を少しづつコントロールできるようになってくるでしょう。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.