歌声解説 男性シンガー

布施明の歌声や歌い方の分析

投稿日:2018年1月18日 更新日:

今回は布施明さんの歌声について書いていきたいと思います。

布施明さんと言えば、長く日本の音楽界で活躍するシンガーですね。多くの名曲を生み出しています。

 

何と言っても素晴らしいのがその歌声・その歌唱力ですね。心掴まれている方も多いはずです。

どういう声質・声の出し方

地声・話し声は低めの音域で、良く響く鳴り系の声質

音域

地声や話し声の音域は低めの音域です。低いというよりは太いというタイプですけど、音域的には低めくらいの声帯を持っているように思います。

 

声質

声質は声帯がしっかりと鳴る鳴り系の声質です。

息の流れよりの声帯の鳴りが先行する声です。

 

共鳴

共鳴に空間が全体的に広い印象を受けます。口の空間や鼻腔の空間、喉周りの空間などです。

こういう空間の広さが声の太さや良く響く声を生み出しています。

 

歌声は深い響きの発声

チェストボイス

低中音域は地声

地声域はさらりと息が流れるような発声を使うことが多いです。

 

もちろん声帯もバランスよく鳴っていますが、布施明さんの話し声の声質を考えるとかなり息主体の発声にして澄んだ音色の発声を作り上げています。

低い音程で音を落とす時に深い響きと鳴りを作り、深みのある表現を生み出しています。

 

地声

冒頭地声からミドル域へ↓

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

 

声帯を伸びやかに伸展させて、強く広がりのある鳴りを持つ特徴的な高音発声です。

喉の空間はしっかりと開いているので強い鳴りの高音域を開放的に鳴らしています。このような発声をベルティングボイスと言ったりします。

 

この中高音は咽頭共鳴(下方向への響き)がしっかりとあることで広がりのある太い深い高音域を作り出しています。

 

ミドル

 

ファルセット

高音域はファルセット

綺麗な音色のファルセットを使うこともありますが、時代的にもファルセットを使わない楽曲が多いのでなかなか聴ける機会が少ないです。

試聴音源も残念ながらいいのがありませんでした。残念。

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

深い響きをしっかりと保つ歌い方が特徴です。

特に高音域に行けば行くほどに下方向への響きをしっかりと保つような太いパワフルな音色を作っています。

低音域帯は逆に鼻腔や軟口蓋などへ澄んだ高音系の響きを作ることも多いです。

 

低音域は上方向へ、高音域は下方向へと響かせることを意識することが重要です。

ビブラート

深いビブラートを綺麗にかけています。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

多くな癖はなくオールラウンドに上手いタイプです。

静かなフレーズから声量あるパワフルなフレーズまでダイナミクスに富んだ圧倒的歌唱力です。

ピッチ感やリズム感も素晴らしいですね。

 

どういう練習をすれば布施明さんのように歌えるか

布施明さんのように歌うにはかなり多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの訓練や練習が必要です。

ですが、要点を絞ることで近づく近道になります。

 

布施明さんのように歌うポイント

ポイント

太い高音発声を身につける

 

これが重要だと考えます。

では練習方法を書いていきます。

 

太い高音発声を身につける

布施明さんの中高音は綺麗でかつパワフル

  1. 太い音色
  2. 強い高音

という面を両立させなければいけませんね。

 

トレーニング

太い音色・強い発声のトレーニングには

  • グッグトレーニング

がおすすめです。

 

グッグトレーニングは喉を開くようにして強い鳴りを作れるので太い音色の発声を鍛えるのに向いています。

 

また、深い響きのトレーニングも欠かせません。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.