【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

歌声解説 男性シンガー

玉置浩二の声や歌い方についての分析

投稿日:2017年10月24日 更新日:

今回は今や日本一の歌声と言われることも多い玉置浩二さんの歌声について解説していきたいと思います。玉置浩二さんと言えば、天下一品の歌唱力の持ち主です。米国billboard誌においても「アジア最高のボーカリスト」と評されています。

歌唱力以外にもリズム感や作曲能力など様々な面で天才と言われることも多い人物です。音楽的に全ての能力が限りなく高い音楽のバケモノみたいな方ですね。音楽は表現なので比べるものではないのですが、玉置さんが他の追随を許さない点が『優れた音楽的感覚が生み出す即興性』『ピッチ感』この二つが異常に優れていると考えています。もちろんそれ以外に『発声面・リズム面』なども圧倒的ではあるのですが。この二つの要素は玉置浩二さんの凄さの核となっていると考えられます。

今回はそんな玉置浩二さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

話し声・地声はやや低め音域で、鼻腔に響きやすい声質

地声・話し声の音域はやや低めの音域ですね。もちろん年齢による音域の変化もあるのですが、相対的にやや低めという感じです。当然若い時代の話し声はやや高く感じるのですが、実際はそこまで高くないです。

高く感じる原因は響きですね。主に話し声の響きは鼻腔に集まっています。声が鼻に抜けやすいのです。話しているだけで鼻腔共鳴しているのがわかります。低音系の声帯を持つ人は下方向(咽頭共鳴)へ響きやすく、上方向(鼻腔や軟口蓋)へは響きにくいです。しかし、玉置浩二さんは鼻の方に声が抜けます。低い声でもです。さらにそれが上方向へも抜けつつ下方向へもしっかりと響きます。話し声から上下に響くのですね。

年齢を重ねるにつれ、下方向への響きも強化されているように感じますが、やはり鼻腔にもしっかりと響くのです。綺麗な上下の響きが話し声から備わっているのですね。まさに歌うために生まれてきたような人です。

歌声は3種類の声を完璧に使いこなす

歌声は主に3種類の声を使っています。地声・ミックスボイス・ファルセットですね。それぞれの声区の変化は非常にわかりやすいです。その3種類の声区がそれぞれに広範囲で自由自在に使いこなしてしまうのが玉置さんのすごいところですね。

低中音域は地声です。この地声系の発声の最大の特徴は何と言っても「息」です。

息の量がものすごく出ています。すごい息の倍音が非常にしっかりと鳴る声です。囁くようなニュアンス〜語るようなニュアンスで歌うのですが、息の量が本当にすごいために囁いてもしっかりと通るという発声です。

おそらく息の量・息の倍音の多さはトップクラスです。ハスキーボイスでもないのにハスキーボイス以上の息の倍音を鳴らしています。このウィスパーボイス系の低音域だけでも最強レベルの武器と言えるほどに研ぎ澄まされた歌声です。ちなみにこの低中音域でも響きは鼻腔に抜けています。(もちろん、低い音域は下にも響きますが上の響きを残したままなのです。)

中高音域はミックスボイスですね。地声のウィスパー系の声質とは違い、声帯をしっかりと鳴らして強い高音を出しています。ベルティングと呼ばれるような太く強いミックスボイスですね。このミックスボイスは強く鳴るので、地声とのコントラストで迫力を生み出しています声帯のみをしっかりと閉じていき喉は比較的広めに深く響かせることで迫力ある高音を生み出すのですね。

このミックスボイスは息の倍音も乗りつつ、声帯の鳴りの倍音がものすごく鳴るのですごい声になります。年代によって咽頭共鳴(下方向への響き)がだんだん深くなっています。若い頃は上方向へ尖らせるようなミックスボイスを使い、近年は下方向のニュアンスを作っています。近年の太いミックスボイスはびっくりするほど鳴ります。また、この声からシャウト系の発声につなげたりするのですが、信じられないくらいの鳴りがします(特に近年)。爆発音みたいな鳴りがします(最大級の褒め言葉)。すごいです。

高音域はファルセット歌うこともあります。このファルセットが非常に美しいのもまた圧倒的武器の一つなんですよね。特に息の量の多いファルセットは地声と似たようなニュアンスで、息の倍音が非常に多いファルセットを出しています。倍音が多いのでファルセット自体も非常によく通ります。また、自在にコントロールしているので、ファルセットのみで歌い切るフレーズなども多いですね。サビの半分がファルセットという楽曲も結構ありますね。普通のシンガーなら難しいでしょう。

この、地声・ミックスボイス・ファルセットのレベルが非常に高く圧倒的なのが、玉置さんが日本一上手いと言われる一つの要因なのでしょう。

なんといっても息の倍音」と「鳴りの倍音。この倍音の鳴りが尋常ではない、というのが玉置浩二さんの歌声の大きな特徴でしょう。

どういう歌い方か

「話す」ように歌う

歌を話すように歌います。語るとも言えますね。ただ話しているような言葉・声に音階やリズムを乗せそこに感情を乗せる。役者のセリフに音階がついたようなものですね。そして、その音階やリズムが限りなく音楽的であれば綺麗な音楽になり得るのですね。もちろんフレーズ次第で様々な表現をされていてオールラウンドにうまいですが、玉置さんの特有の表現と言えばコレですね。

これを可能にするのはピッチ感の良さだと考えています。玉置さんはピッチ感が良すぎるのですね。おそらく、音程を外す方が本人にとって難しいのではなかろうかと思えるほどに、ピッチ感が素晴らしいです。アドリブもフェイクも何をしても外さないです。このピッチ感があるから言葉を発するだけで音楽的になり、語るように話すように歌うというのが可能になるのでしょう。

ダイナミクス(音量差)がすごい

先ほどの「話すように歌う」というくらい軽い繊細な表現もありながら、声を強く張ったり大きく響かせる表現も圧倒的なのですね。この音の大小が歌の感動を生み出すのですね。「引いて押す、押して引く」と様々な表現を可能にしています。

これを可能にしているのは共鳴と発声方法ですね。素晴らしい共鳴と発声が生み出すダイナミクスも玉置浩二さんの歌声の特徴です。

音楽スキルと即興性

ビブラートは多彩にコントロールしています。かけたりかけなかったりと自由自在です。年代によって多くかけたりかけなかったりと変化させていたりしますね。

コード感・ピッチ感・リズム感など様々な面で優れていることが圧倒的な即興性を生み出しています

玉置浩二さんの素晴らしいのは「二度と同じ歌を同じようには聴けない」と言えるほど同じ楽曲を毎回のように違う歌い方や表現で歌います。常に「その時の歌」になるのですね。もちろん生で歌っている場合であれば世の中の全ての曲がそうだと言えそうですが、玉置さんの場合はメロディー・リズム・表現・アドリブ・フェイクと変化の幅が非常に広くそれを感性のままに動かしているように感じます。そういう点で即興性の次元がすごいのですね。歌詞とコードとメロディーとリズムがある程度決まっていて、そこに「その時、その瞬間の表現」を作曲しながら歌っているかのようです。

玉置浩二さんの「崩し」についての考察

上記で書いたような即興的な歌い方は、楽曲の「崩し」と言われますね。特に他人の歌をカバーして歌っている時なんかでも玉置さんは常に即興性があるのでまるで違う歌かのような、それでいてその歌だとわかる表現をします。

このような「崩し」は好き嫌いももちろんあるかと思いますが、玉置浩二さんの「崩し=アドリブ」は一般的なシンガーのものと一線を画しています(音楽は誰と比べるものではありませんが)。

「玉置さんのアドリブだけはなぜか良い」という方も多いのではないでしょうか。一般的なシンガーのアドリブとの差を考えるとなぜ素晴らしいかが見えてきますね。

玉置さんのアドリブは上下左右に動き、一貫性がなくて素晴らしい

一般的なシンガーのアドリブ

リズムは原曲に対して遅らせることが多い

ピッチが原曲に対して下で取ることが多い

あくまで僕の感覚的なものですが、上記のようなアドリブをとるシンガーは多いはずです。

リズムは原曲に対して遅らせることが多い」とは、言葉のリズムを後ろへ後ろへ持っていくようなアドリブです。このようなアドリブはスタートから一貫してやや遅らせるようなリズムを取ります。当然一貫性のある遅れはフレーズの切れ目などもそれに応じて遅れます。

これにより少しゆったりしたリズム感や流れるような表現を作りますが、人によっては原曲に対して「遅い」「のっぺりしている」など感じることもあるでしょう。

ピッチが原曲に対して下で取ることが多い」とは、原曲に対して低く歌うということですね。原曲の高いキーの部分を低く歌うようなアドリブです。ピッチがあっていればアドリブとしては成立しますし、それで良い表現も生まれることは多いです。ただ、それを一貫してやると「高い音程から逃げている」と思われたり、「歌の起伏を潰してしまう」ことになります。とは言え確かに、ピッチをアドリブで変化させるときにさらに高い音で取るのは大変なんですよね。

玉置さんのアドリブ

リズムは原曲に対して早めたり遅らせたりする

ピッチが原曲に対して上でも下でも取る

玉置さんの場合リズムが原曲に対して左右(早かったり遅かったり)に動きます。しかも一貫性がなく、それでいてフレーズの切れ目や重要なリズムの核の部分ではドンピシャで元のリズムに戻ることが多いです。この重要な部分ではドンピシャで元に戻っているのが原曲の雰囲気を保つ重要な要素だと思えますし、玉置さんの崩しの素晴らしさだと思っています。



I LOVE YOU(比較的原曲通り

今だけは悲しい歌(休符を入れて入りを送らせてそのあと言葉を詰めてドンピシャに追いつく

聞きたくないよ(前半ゆったり目で後半の素早くしてドンピシャに追いつく) 

I LOVE YOU(比較的原曲通り

 逃れ逃れ(入りに休符を入れてそのあと変形的なリズムで言葉を早めて追いつく

たどり着いた(言葉リズムを早めてゆっくりと元に戻る

この部屋(比較的原曲通り) 

何もかも許された(入りに休符を入れてスタートを遅らせたあと言葉とリズムを詰めてこの段階では原曲に対して早い状態になっている。このあと休符が入り元に戻りますね。

このようにリズムや言葉が走ってはゆっくりになり、ゆっくりになっては走り、そして重要な部分ではドンピシャに戻るということを連続的に即興的に繰り返していますね。特にフレーズの収束点(切れ目)は基本的に原曲リズムに戻ることで原曲の雰囲気(リズム)を崩さないようにしているのですね。

このようにリズムを早めたり遅らせたりそして重要な部分は常にドンピシャに戻ってくるという点が玉置浩二さんのアドリブのリズム面での素晴らしさだと考えています。

また、ピッチの面でも玉置さんは原曲に対して下はもちろん、上でアドリブを効かすことも多いです。「ロマン」「いつの日も」「あの頃へ」などライブでしか聴く事のできない原曲よりも高い音でのパワフルな高音は圧巻ですね。ファルセットでのアドリブなども使いこなすため高い音でも低い音でも自在に行き来できるのですね。こういう上下のアドリブもまた玉置さんの崩しを素晴らしいものに変えているのだと感じます。

アドリブ

民謡のような細かいピッチ感のファルセット〜地声・ミックスボイス〜芯のあるファルセット・跳ね上げ

実際の歌声で確認

歌声の種類

地声:黒字

地声とミックスボイスの中間的な音色:黄色アンダーライン

ミックスボイス:黄色マーカー

ファルセット:赤字

「出逢い」で地声を確認

フレーズ

元気でいますか 好きだったあの声 耳に残ってる そばにいな〜〜くても

すごい息の倍音が乗っている心地よい歌声です。全体を通して地声での発声です。ここですごいのが『そばにいな〜〜くても』この部分はおそらくミックスボイス音域帯なのですが、地声系の発声を維持しているのですね。おそらくこの部分はファルセットでも強いミックスボイスでもなんでも行ける音域帯でしょうね。それにしても全体的にピッチ感が良すぎますし、息が流れすぎています。

耳に残ってる〜〜〜〜」の「↑」の音を少しあげる細かい部分が非常に玉置さんらしい繊細なメロディーワークですね。コード進行がsus4からメジャーコードに解決するのに合わせた些細な音ですが、さりげなくも素晴らしい表現ですね。

美しい地声域

「ALL I DO」で地声とミックスボイスを確認

フレーズ

あの頃の二人は〜 いつだって傷ついてた 名前を呼ぶこだけ 優しさまで伝わるのに だから

若い頃の歌声です。非常に綺麗な歌声ですね。息主体の発声の地声やや閉鎖感が強まるミックスボイスです。この頃のミックスボイスは鼻腔や軟口蓋への響きを重視したような上アゴに声を当てるような感覚が強いですね。

息系の地声域から一気に鳴り系の声に移行するので、ダイナミクスが素晴らしく感じます。声質の差と音量の差が大小の大きな波を生み出しています。玉置さんの歌の大きな鍵の一つですね。

最後の部分「だから」の「だ」なんてほとんど吐息で歌っています。

現在のミックスボイスは太い

フレーズ

さよなら〜 本当に さよなら〜 許されるのなら〜 この心に〜 あなたのほほえみ

現在のミックスボイスは下方向へもよく響かせる深い声ですね。非常に喉の空間が広いのがわかります。「許されるのなら〜」このミックスボイスへの入りは非常にわかりやすいですね。グッと鳴りが入ったような声帯がしっかりと鳴るような声へと変換しています。「あなたのほほえみ」の「あなた」あたりは地域ですが、前のミックスボイス域の流れから声帯をややエッジ気味に鳴らしてその後優しい地声へと収束していってます。

ファルセットを確認

フレーズ

いの〜ちの〜な〜が〜れも〜とまるくらい こお〜らせ〜てほしいと あなたはいう

とても綺麗な息の量の多いファルセットです。しかも地声との境目が非常に綺麗に繋がっていて芸術的なファルセットです。まさに氷のような音色を作り出しています。

いの〜ちの〜な〜が〜れも〜」「こお〜らせ〜てほしいと」と非常に綺麗に自然にファルセットから地声域へと声区が切り替わっています。切り替わった先の地声もファルセット並みに息が出ているので境目を限りなくナチュラルにしているのですね。

ファルセット


玉置浩二の天才性

3時間で30曲作る

若い頃(安全地帯)3時間で30曲を作ったという伝説があります。3時間で30曲ということは1時間で10曲。一曲にかける時間は6分しかないですね。ほとんどが即興で作らないと間に合わないペースですね。恐ろしいほどの天才です。その即興性が天才と言われる理由なのでしょう。

TVなどでみる即興曲の精度の高さ

よくTVなどで即興で作曲していることが多いのですがクオリティーが半端じゃないですね。適当な言葉で歌っているのですが、それだけで素晴らしい曲になっています。ある番組でKinKi Kidsの前で作曲した時にそばにいた元AKBの高橋みなみさんが感動で泣いてしまったということがありました。僕はそれをみて歌詞なんてなくても感動させるほどの歌唱力と作曲力に衝撃を受けたのをおぼえています。即興にしてはあまりにすごいクオリティーだったのです。

他にも、蔦谷好位置さん(音楽プロデューサー)が1度弾いた長い演奏(サビまるまる)を一度だけ聴いた後、その全部に歌をつけてしまうみたいなことが、ある番組でありました。圧倒的クオリティーでしたね。自分で弾く場合はある程度好きなコード進行に向かって好きなように歌うことはできるのでしょうが、一度聞いているとは言え人のコード進行に自分のメロディーを乗せるのはそれよりも難しいはずです。一度コード進行を聴いた後に玉置さんが言ったセリフが忘れられませんね。「わかった!!」と。笑

タモリさんと二人で歌う即興曲の精度も圧倒的ですね。

このような即興性と感動を生み出す天才性は『優れた音楽的感覚が生み出す即興性』『ピッチ感』が圧倒的に優れているからできるのですね。

どういう練習をすれば玉置浩二のように歌えるか

玉置浩二さんのように歌うのは、それはもう尋常ではないスキルが必要です。

ですが要点を絞ることで、近づく近道になります。

玉置浩二さんのように歌うポイント

ポイント

息のある声でウィスパーボイスを身につける

強い高音域を身につける

この二つが重要ですね。では書いていきます。

ドッグブレスで声に息を乗せる

ドッグブレスで声に息を乗せる練習は効果的です。ドッグブレスは犬のように「ハッハッハッハッハ」と横隔膜を意識して声を出し続ける練習です。連続で1分行うとかなりきついです。ドッグブレスで息と声を連動させることを意識し身につけていきます。この練習を続けていくとウィスパーボイスもできるようになってくるでしょう。

ドッグブレスについて詳しくはこちら

ファルセットも息多めで

玉置さんの歌はファルセットもかなり多いです。そのファルセットはかなり美しいです。そしてファルセットも息多めです。芯のあるファルセットより乾いた息のあるファルセットをよく使います。ファルセットでたくさん息を混ぜられるように練習しましょう。ファルセットでドッグブレスしてみると良いです。

また、ファルセット自体の練習は地声と裏声の交互発声がオススメです。

 上の歯で歌う

上の歯で歌うというのはそういう意識を最大限持つということです。そうすることで上アゴが上がり口の中の響きを広げることができます。上方向への響いが広がるのですね。また、これを意識するだけで、玉置浩二っぽさが出てくると思われます。

高音域は胸に響かせる

玉置さんは先ほど鼻腔共鳴で話す人と書きました。そうなのですが、高音域になると逆に胸のほうに響きがきます。話す声や低中音域を歌う時は鼻腔に抜けて、高音は胸に響いています。普通は逆なんですけどね。

これにより低音域は綺麗に。高音域はダイナミックに。という歌唱を実現させています。高音を胸に響かせるには喉仏をしっかりと下げる練習をすると良いです。深い響きのトレーニングはこちら

まとめ

玉置さんのように歌うポイントは

玉置浩二さんのように歌うポイント

ポイント

息のある声でウィスパーボイスを身につける

強い高音域を身につける

ですね。とは言えこれに関わらずあらゆる要素を圧倒的に高めていかなければいけないでしょう。頑張りましょう。

そんな玉置さんのオススメ曲を紹介しています。

玉置浩二マニアが選ぶオススメ曲◇10選×3テーマ〜初心者・歌唱力・隠れ名曲〜

今回は玉置浩二さんのオススメ楽曲を安全地帯・ソロ曲と混合で紹介していきたいと思います。全30曲を紹介していきたいのですが、 玉置浩二初心者・特に若者にオススメの楽曲10選 玉置浩二の歌唱力が存分に味わ ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことがあ ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.