歌声解説 歌声解説 男性シンガー 音楽

玉置浩二 日本一の歌唱力を持つ歌声【歌声・歌い方解説】

更新日:




今回は今や日本一の歌声と言われることも多い玉置浩二さんの歌声について解説していきたいと思います。

玉置浩二さんといえば、歌唱力は天下一品の実力の持ち主です。

歌唱力以外にもリズム感や作曲能力・演奏の能力において天才と言われることも多い人物です。

音楽的に全ての能力が限りなく高いのです。

まさに天才! 羨ましいですね。

それでは玉置浩二さんの声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質か?

話し声=地声は低いタイプ

地声は低い音域で話すタイプです。しかし、あまり低いと感じない理由は胸に響きがあまりいかない点です。

胸に響きが全くないわけではないのですが、むしろあるのですが。笑

主に話し声の響きは鼻腔に集まっています。声が鼻に抜けるのです。話しているだけで鼻腔共鳴しているのがわかります。

普通なかなか話し声から鼻腔に声を通すのは難しいです。日本人であれば特に。

しかし、玉置浩二さんは鼻の方に声が抜けます。低い声でもです。生まれ持ったものなのでしょう。才能、、という言葉はあまり好きではないのですが、才能ですね。笑

まさに歌うために生まれてきた人ですね。

歌声解析

玉置浩二さんの歌声最大の特徴はなんといっても「息」ですね。

息の量が尋常ではないです。日本で一番出ているのではないでしょうか。笑

その息によって歌声の中の倍音を増やして魅力的な声を作っています。

また、主に地声とファルセットで歌っています。

厳密にいうと高音域は強いミックスボイスなのですが、かなり地声よりのハイパワーなミックスボイスです。若い頃より最近の方がその傾向は強いですね。

また共鳴が凄まじくあらゆる共鳴に長けています。

ささやくウィスパーボイスですらマイクにものすごく通ります。

他のアーティストと一緒に歌っているとその声量(響き)のすごさに驚かされます。

音域も実はかなり広いのですが、基本的に最近の音楽の中では低い方です。

しかし、ピッチが極めていいため日本一と言われているのでしょう。

本当にピッチがものすごくいいんです。

どういう歌い方か

話すように歌う

歌を「話す」ように歌います。「語る」とも言えますね。

僕はこれを歌の最終到着点だと思っています。歌を極めてくといずれはここにたどり着くのではなかろうかと思っています。

ただ話しているような言葉・声に音階やリズムを乗せる・ただそれだけ。

しかし、その音階やリズムが限りなく音楽的であれば、音楽になり得るのでしょうね。

まさに玉置浩二さんにしかできない歌い方ですね。

どういう練習をすれば玉置浩二のように歌えるか

玉置浩二さんのように歌うのは、それはもう尋常ではないスキルが必要です。

ですが要点を絞ることで、近づく近道になりえます。

玉置浩二さんの歌声の要点は

  • 息のある声でウィスパーボイスを身につける
  • 強い高音域を身につける

この二つが重要ですね。

では書いていきます。

ドッグブレスで声に息を乗せる

ドッグブレスで声に息を乗せる練習は効果的です。

ドッグブレスは犬のように「ハッハッハッハッハ」と横隔膜を意識して声を出し続ける練習です。連続で1分行うとかなりきついです。

ドッグブレスで息と声を連動させることを意識し身につけていきます。

この練習を続けていくとウィスパーボイスもできるようになってくるでしょう。

ウィスパーボイスに音程を乗せるのって結構難しいんですよ。

 

ドッグブレスについて詳しくはこちら

【ドッグブレス】で声量アップ。通る声を身につける

ファルセットも息多めで

玉置さんの歌はファルセットもかなり多いです。そのファルセットはかなり美しいです。そしてファルセットも息多めです。笑

芯のあるファルセットより乾いた息のあるファルセットをよく使います。

ファルセットでたくさん息を混ぜられるように練習しましょう。

ファルセットでドッグブレスしてみると良いです。

 

ファルセットについて

裏声(ファルセット)の重要性を紐解く

 

 上の歯で歌う

上の歯で歌うというのはそういう意識を最大限持つということです。

そうすることで上アゴが上がり口の中の響きを広げることができます。

また、これを意識するだけで、玉置浩二っぽさが出てくると思われます。

 

高い地声は胸に響かせる

玉置さんは先ほど鼻腔共鳴で話す人と書きました。そうなのですが、高音域になると逆に胸のほうに響きがきます。

話す声や低中音域を歌う時は鼻腔に抜けて、高音は胸に響いています。

普通は逆なんですけどね。笑

これにより低音域は綺麗に。高音域はダイナミックに。

という歌唱を実現させています。

高音を胸に響かせるには喉仏をしっかりと下げる練習をすると良いです。

 

深い響きのある声を身につけて、通る声を身につけるトレーニング 喉仏の位置が重要

 

強い高音を身につけるトレーニング「ネイ」「ヤイ」トレーニング

その名の通り「ネイ」「ヤイ」でトレーニングする練習法です。

ピアノに合わせて「ネイ」「ヤイ」で高音域まで練習しましょう。

 

強いミックスボイスを手に入れるボイストレーニング〜「ネイ」「ヤイ」トレーニング〜

 

太いミックスボイスはグッグトレーニング

グッグトレーニングは太いミックスボイスを身につけるのに最適です。

高音域まで強い発声を身につけるには、ミックスボイスをあらゆる角度から鍛えて行くことが重要ですね。

 

グッグトレーニングについて詳しくはこちら

ボイトレ「グッグ」トレーニングで強いミックスボイスに鍛える

 

 

玉置浩二の天才性

よく天才と言われ業界の中でも様々な人が玉置浩二さんを天才と称しています。

個人的にもそう思います。

 

なぜ天才なのか?

 

もちろん音楽的にあらゆる能力が長けている点もそうですが

僕は玉置さんには「即興性」があるということが天才と言われている要因に感じます。

即興性があるというより即興性にとても優れているですね。

 

玉置さんはよくフェイクを使います。歌も日々変化します。音程リズムなど同じ歌でも日々変化しています。原曲通りに歌え という人もいるでしょうが、玉置さんの場合その変えた歌い方がいいという場合がほとんどです。

 

本人は気分と流れでやっているのでしょう。もちろん変化させない時もあるので同じ歌を聴いても今日はどう歌うのだろうと楽しみになるわけですね。飽きないです。

 

また、作曲においてはよくTVなどで即興で作曲していることが多いのですがクオリティーが日本一です。適当な言葉で歌っているのですが、それだけで素晴らしい曲になっています。

 

ある番組でKinKi Kidsの前で作曲した時にそばにいた高橋みなみさんが感動で泣いてしまったということがありました。僕はそれをみて歌詞なんてなくても感度させるほどの歌唱力と作曲力に衝撃を受けたのをおぼえています。

即興にしてはあまりにすごいクオリティーだったのです。

蔦谷好位置さんが1度弾いた長い演奏(サビまるまる)を一度だけ聴いた後に全部に歌をつけてしまうみたいなことが、ある番組でありました。

 

それを見た時も人間こんなことができるんだと衝撃を受けました。笑

その即興性が天才と言われる理由なのでしょう。

玉置さんのオススメ曲はこちらです。

www.shoheihey.com

www.shoheihey.com

 







-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー, 音楽

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.