【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌声解説 男性シンガー

米津玄師の歌声や歌い方について【アタックが美しい発声】

更新日:

今回は米津玄師さんの歌声について書いていきたいと思います。

米津玄師さんと言えば、絶大な人気を誇るミュージシャンですよね。

 

その独特の楽曲と世界観、そして歌声で多くの人を魅了しています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

米津玄師さんの声の特徴【持っている声帯】

まずは米津玄師さんの話し声の特徴を大枠で捉えましょう。

  • 話し声の特徴≒どんな声帯を持っているのか

を掴むことは発声を分析するベースになります。

地声・話し声の音域は低めで声帯閉鎖が強めの声質

音域

地声や話し声の音域は低めの音域ですね。

音域的に低め〜やや低めくらい音域の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は声帯の鳴りがしっかりとある鳴り系の声質です。重たいエッジボイスのような鳴りの成分を持つ話し声です。

 

共鳴

話し声の共鳴は咽頭共鳴(下方向の響き)主体です。

 

持っている声帯

低め〜やや低めの音域・鳴り系の声質

 

米津玄師さんの歌声の分析【発声方法】

歌声は柔らかい鳴りと息のバランスのとれた発声

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミドル(≒ミックスボイス)
  • ファルセット(ヘッド)

 

地声

低中音域は地声

声質は息の流れと声帯の鳴りのバランスがいい発声ですね。

どちらかと言えば声帯の鳴りが強い印象ですが、軽やかでバランスのいい発声と言えそうです。

 

話し声と大きく違うのは、共鳴をあまり深い位置でとらないことです。つまり咽頭共鳴をあまり作らずに、鼻腔や軟口蓋中心の響きになることです(もちろん、フレーズによる)。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス。地声の延長線上の中高音発声。

 

低音域と比べると声帯の鳴りが強くなり、ややガラッとした鳴りの倍音がある声質です。

声帯を柔軟に伸展させてしっかりと息の圧力をかけることでバランスよく力強い中高音を発声しています。

 

ミドル

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

綺麗なファルセットで高音域をするりと抜くようなフレーズで使われることが多いです。

 

切り替えも非常に美しく高音の抜きどころでよく使っています。

 

ファルセット

非常に綺麗なファルセット。

 

米津玄師さんの歌い方の傾向

共鳴や音色

基本的には上方向(鼻腔や軟口蓋)主体の音色作り。

特に上アゴへ声が当たるニュアンスが強いのが特徴ですね。

 

声を上方向へバランスよく当てることで広がりのある音色を作っています。

 

ビブラート

ビブラートはフレーズ次第ですが、語尾などで綺麗にかけたりしていますね。

基本的にはそこまでかけるタイプではないです。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

やはり特徴的なのは

  • フレーズのアタック(出だし)の美しさ・軽やかさ

みたいな部分でしょう。

 

息と言葉のアクセントが綺麗に重なっているので、言葉が軽やかに出てきますね。

速いフレーズもスラスラと歌っています。

声のアタックのピッチ感や発音が非常に綺麗で、音がまっすぐに軽やかに鳴っています。これが結果的にリズム感やグルーヴも生み出していますね。

 

言葉が非常に綺麗でリズミカル。

 

どういう練習をすれば米津玄師さんのように歌えるか

米津玄師さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん多くの練習や訓練が必要になってきます。

ですが、要点を絞ることで歌声に近づくための近道になります。

 

米津玄師さんのように歌うポイント

ポイント

軽やかなバランスのいい発声を身につける

声のアタックを強化する

 

これが重要ですね。

では練習法を書いていきたいと思います。

軽やかなバランスのいい発声を身につける

米津玄師さんのようなバランスのいい発声は「息」と「鳴り」のバランスが大事です。

 

息を鍛える

息が綺麗に流れる発声は歌声の軽やかさや柔らかさを生み出します。

息が綺麗に流れる発声を身につけるには息と声との連動が大切です。

 

息と声の連動のトレーニングはドッグブレスやが最適です。息系のトレーニングは日々の声の通りにも活きてくるのでやって損なしのトレーニングです。

 

鳴りを鍛える

声帯の鳴りを鍛えるトレーニングはエッジボイスのトレーニングや「ネイ」「ヤイ」トレーニングがおすすめです。

エッジボイスは主に声帯のコントロール、「ネイ」「ヤイ」トレーニングは鳴り系の発声での高音トレーニングに向いています。

 

声のアタックを強化する

声のアタックは声の出だしのことです。

特に声の出てくるスピードやピッチ感は歌の聴き心地に大きく影響します。

特に米津玄師さんのような字数の多いフレーズは音の輪郭がぼやけてしまうので、声のアタックが重要です。

 

声のアタックを強化するには「ク」トレーニングが最適です。

 

また、先ほどのドッグブレスもオススメですし、「ブッ」トレーニングなんかもアタック感が鍛えられるかもしれません。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.