歌声解説 歌声解説 男性シンガー

米津玄師の歌い方・歌唱力 柔らかく強い閉鎖系のミックスボイス【歌声解説】

投稿日:2018年2月8日 更新日:




今回は米津玄師さんの歌声について書いていきたいと思います。

米津玄師さんと言えば、大人気のミュージシャンですよね。

 

その独特の楽曲と世界観、そして歌声で多くの人を魅了しています。

あの優しいイケボに魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな米津玄師さんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声の音域は低めで声帯閉鎖が強めの声質

地声の音域は低めですね。歌声とは違いなかなかの低音ボイスをしていますね。

響きは下方向への響きの方が強いです。咽頭や胸の方への共鳴ですね。鼻腔への共鳴も結構あるので、低く太く響くような声をしています。

 

また、声質は声帯閉鎖が強めで息が流れるタイプというよりは、声帯を鳴らすタイプという感じです。

エッジ感とまではいかないですが、それに近い声帯の閉鎖の倍音で声を鳴らすタイプです。

 

歌声は柔らかい閉鎖系のミックスボイス中心

歌声は主に3種類の声を使っています。

地声・ミックスボイス・ファルセットですね。

割合はミックスボイスの割合が多いように感じます。

 

地声はバランスのいい声で歌うことが多いです。息と閉鎖のバランスのいい声質で、ミックスボイスとの区別はつきにくいですが、少し閉鎖感が弱いのが特徴です。

 

特徴的なのはミックスボイスですね。声帯閉鎖系のミックスボイスを柔らかく使っているのが特徴です。閉鎖による鳴りの強さを柔らかくコントロールしているようなミックスボイスです。

若干カラッとしたような、ガラッとしたようなニュアンスの鳴りがあるミックスボイスです。

強めの発生は息の圧力で押し出すようなニュアンスで歌っています。

 

このミックスボイスは浅い響きで上方向への響きを強めて歌うことが多いです。声を上向きに当てるように閉鎖系のミックスボイスを出すと近いニュアンスが出せると思います。

鼻腔への響きが鍵ですね。

 

 

ファルセットも楽曲によっては使っていますね。

綺麗なバランスのいいファルセットで切り替えも非常にうまいのが特徴です。

 

実際の歌声で確認

「LOSER」で地声とミックスボイス確認

 

歌声の種類

地声:黒字

ミックスボイス:黄色マーカー

 

歌のフレーズ

アイムアルーザー どうせだったら とおぼえだっていいだろう もういっかい もういっかい いこうぜ ぼくらの声

 

非常に声区の変化がわかりにくく、綺麗に繋がっているのですが、おそらくこんな感じでしょう。

ミックスボイスの方はやや浅めの響きで、ガラッとしたような柔らかい閉鎖感があるのが特徴です。地声もそこまで声質の変化がなく綺麗に繋がっている歌声です。

 

どういう歌い方か

口はそこまで大きく開けずに自然な状態での発声です。

どちらかといえば、口を縦に開けるよりも横に開けるニュアンスが強い発声ですね。

フレーズに言葉がたくさん入ることが多く、言葉をどんどん飛ばしていくような歌い方です。

言葉の発音と細かいピッチ感が非常に綺麗なので早いフレーズを魅力的に歌うことができるのですね。

 

ビブラートは若干かかっていますが、基本的にはほとんどかけていませんね。

 

ミックスボイスで言葉を語るという感じの歌い方ですね。

どういう練習をすれば米津玄師さんのように歌えるか

米津玄師さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん多くの練習や訓練が必要になってきます。

ですが、要点を絞ることで歌声に近づくための近道になります。

 

米津玄師さんのように歌うポイント

ポイント

柔らかい閉鎖系のミックスボイスを身につける

鼻腔共鳴を身につける

声のアタックを強化する

これが一番重要ですね。

では練習法を書いていきたいと思います。

 

薄い閉鎖系のミックスボイスを身につけるには

薄い閉鎖系のミックスボイスはバランスが重要ですね。

リップロール「ネイ」「ヤイ」トレーニングの両方の要素が必要です。

 

リップロールというのは柔らかいミックスボイスや綺麗なミックスボイスを身につけるのに最適です。澄んで声質のミックスボイスを身につけやすい練習がリップロールです。

また、ミックスボイスの導入に、とても向いている練習です。

 

リップロールについて詳しくはこちら

【リップロールの効果】高音域やミックスボイス・歌唱力UPに欠かせないトレーニング

今回はリップロールについて書いていきたいと思います。 ボイストレーニング界では有名なものなのですが、歌がうまくなるための近道とも言えるトレーニングなのです。   もちろん歌だけでなく、声を仕 ...

 

閉鎖のあるミックスボイスを手に入れるには

閉鎖のあるミックスボイスを手に入れるには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。

「ネイ」「ヤイ」トレーニングは屁さの強いミックスボイスの練習になります。

舌根をほぐしながら、声帯の締めていいところだけ締めるトレーニングになります。

ただし、米津玄師さんの歌声は閉鎖感の具合が強くはないのでそこは練習でバランスを取る必要がありますね。

 

 

「ネイ」「ヤイ」トレーニングについて詳しくはこちら

強いミックスボイスを手に入れるボイストレーニング〜「ネイ」「ヤイ」トレーニング〜

今回は強いミックスボイス・声帯閉鎖系の高音を手に入れるトレーニング「ネイ」・「ヤイ」トレーニングについて書いていきたいと思います。   特に鳴りの強い声や閉鎖系の声を鍛えるのにいいトレーニン ...

 

鼻腔共鳴を身につける

米津玄師さんのミックスボイスは特に鼻腔に響きを集めています。

鼻腔に響きを集めることで独特のニュアンスを作っています。鼻腔に響きを集めながら、上アゴをあげるような感じで声を出すと近いニュアンスになるでしょうか。

 

上方向へ響きを集めると明るい響きになるのですが、米津玄師さんはもともと持っている声が暗めの声質だからか、なんとも言えない哀愁を持った明るさの声になる気がします。

 

鼻腔共鳴や軟口蓋への響きのトレーニングはハミング練習が最適です

鼻歌・ハミング練習法は2種類ある〜響きを身につけよう〜

今回はハミングというボイストレーニングについて書いていきたいと思います。 ハミングといえば鼻歌ですね。でも鼻歌って口を閉じて歌うこと全てが鼻歌でしょうか?   それは人によっては「YES」 ...

 

声のアタックを強化する

声のアタックは声の出だしのスピードやピッチ感です。

特に米津玄師さんのような字数の多いフレーズは音の輪郭がぼやけてしまうので、声のアタックが重要です。

声のアタックを強化するには「ク」トレーニングが最適です。

 

詳しくはこちらに

声の出だしのピッチとスピード・出しやすさを鍛える「ク」トレーニング

今回は声のアタックを強化するトレーニング:「ク」トレーニングについて書いていきたいと思います。 声のアタックというのは声の出だしですね。 声の出だしというのはどんなフレーズでも非常に重要となってきます ...

 

まとめ

米津玄師さんのように歌うには

  • 柔らかい閉鎖系のミックスボイスを身につける
  • 鼻腔共鳴を身につける
  • 声のアタックを強化する

が重要です。まずはここをしっかりと練習してから、ほかの練習に取り組みましょう。

created by Rinker
¥2,935 (2018/11/14 23:10:47時点 Amazon調べ-詳細)






-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.