歌声解説 男性シンガー

ジャスティンビーバーの声・歌い方・歌唱力についての研究

投稿日:2018年2月8日 更新日:

今回はジャスティンビーバーさんの歌声・歌い方・歌唱力についての研究分析です。

声質・発声方法について

話し声・持っている声帯の特徴

地声や話し声の音域は普通くらいの音域

若干高めに寄っているかなという感じもありますが、大枠声帯の音域のタイプはバリトン(男・中音)くらいだろうと考えられます。

 

声質はバランスのいい「鳴りやすい」タイプの声質

息もしっかりと流れますし、声帯もしっかりと鳴るバランスのいい声質と言えるでしょう。

カリッとしたエッジボイスのような鳴りが多く含まれる声質です(*声質と言うか、英語圏の人はほとんどこういう声帯の使い方をします)。

 

歌声の特徴

チェストボイス(地声)

低中音域

息の流れに乗せて声帯を軽やかに鳴らすような息主体の発声をメインに使っています。

多くの息の倍音を含み、澄んだ心地よい発声を作り出しています。

 

基本的にはこの地声域を使ってある程度の音域帯まで発声してそれ以降はファルセットに切り替えるというスタイルです。

 

地声

 

ミドルレンジ(地声)

中高音域(≒ミドルボイス・ミックスボイス)

地声をそのまま息の圧力で押し上げたような英語圏に多い柔軟な発声です。

 

ミドル

 

ファルセット(裏声)

高音域

このファルセットが非常に綺麗なのもジャスティンビーバーさんの特徴です。

高音域で自在に使いこなし切り替えも非常に美しいです。

 

ファルセット

非常に綺麗なファルセットを自在に使いこなしています。

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

鼻腔や軟口蓋などの上方向主体の響きの作り方です。逆に下方向への響きを作ることは少ないです。

 

ビブラート

ビブラートはあまりかけないタイプですが、自然にかかっているフレーズもあります。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

ピッチ感やリズム感が非常にいいのも特徴です。特にピッチがいいので歌声が全体的に美しく聞こえます。

 

どういう練習をすればジャスティンビーバーのように歌えるか

ジャスティンビーバーさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん多くの訓練や練習が必要になってきます。

しかし、要点を絞ることで近づくための近道になります。

ジャスティンビーバーさんのように歌うポイント

ポイント

息がしっかりと連動する発声を身につける

ファルセットを鍛える

これが重要ですね。

では練習方法を説明していきます。

息がしっかりと連動する発声を身につける

ジャスティンビーバーさんのように歌うには息に乗せるようにして発声することが重要です。

息と声との連動が重要ということです。

息と声との連動のトレーニングはドッグブレスが最適です。

 

息系のトレーニングでしっかりと息を吐けるようになりましょう。

 

エッジボイスもしっかりと使えるようにするのも欠かせません。

 

声帯を軽くカラッと鳴らすようなニュアンスを多く使っています。

そもそも英語圏の人はエッジボイスの延長線上のような声の出し方で話すことが多いです。

ファルセットを鍛える

ファルセットをしっかりと鍛えて自在に使いこなせるようになることも重要です。

 

ファルセットのトレーニングはまず正しいファルセットをたくさん使う」ということが大事です。

ファルセットのトレーニングは

  1. 裏声の低音域・高音域トレーニング
  2. 地声と裏声の交互発声

がオススメです。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.